在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

よく飛んで、作るのが簡単なもの、またなるべく安価なものがあれば、紹介していただけないでしょうか??

gooドクター

A 回答 (3件)

No.1さんのおっしゃるように、ハンドランチグライダーは、手軽ですね。


ただ、奥は深いですが・・・
材料は、主翼用に3~5mmのバルサ 80x600mm 一枚
    尾翼用に 1.5~2mmバルサ80x600mm 一枚
    胴体用に ヒノキ棒 3x5x900mmくらい 一本
それに、釣り用の板おもり、接着剤(セメダインC)
紙ヤスリ #180、240、360程度
あれば、ラッカー(最初は塗らなくてもいいです)
をそろえれば 、2機はできますよ。
材料費にして、千円も掛からないと思います。

キットもありますけど。
模型飛行機クラブ ランチャーズ 作ってみようハンドランチグライダー
http://www.yp1.yippee.ne.jp/launchers/hlg/hlgind …
に詳しく作り方が出ていますよ。

模型飛行機クラブ ランチャーズ
http://www.yp1.yippee.ne.jp/launchers/

やまめ工房
http://blog.zaq.ne.jp/yamamecoubou2/

あとは、ライトプレーン (竹ヒゴ、ヒノキ棒、紙でつくるもの)はキットが手に入り易いです。
(残念ですが、先日、有名なユニオンモデルがなくなってしまいましたが・・・)

いずれにしても、模型飛行機をよく飛ぶようにするのは、調整次第です。
根気よく調整すれば、無風時でも、30秒以上。上昇気流に乗れば何分もの飛行も可能(時には見えなくなってしまう事も)ですよ。

参考URL:http://www.yp1.yippee.ne.jp/launchers/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/11 13:23

訂正)


誤)主翼用に3~5mmのバルサ 80x600mm 一枚
正)主翼用に3~5mmのバルサ 80x900mm 一枚
の方が、一般的なサイズかな。

(小型機なら、長さ 600mmでも二機作れます)
    • good
    • 0

「ハンドランチ」という種類があります。

「手投げグライダー」と言ったところで、動力なしです。厳密には材料は木だけではありませんが、詳しくは「ハンドランチ」で検索してください。

この回答への補足

これらは、市販品を買うというのが普通になっているのでしょうか?ネットで型紙やらを購入する、ということもありえるのでしょうか?

補足日時:2008/05/09 19:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/05/09 19:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング