最新閲覧日:

最近、ときどき小説でも見かけるようになりましたが、もともとはおそらくマンガのセリフ表現ではないかと思います。
「○○とか○○とか○○とか」という同じものを3回繰り返す言い回し。

使用例
貧しくていつも腹をすかせている主人公のところへ、友人がやってくる。
友「おー、アブク銭が入ったんで、ゴチソーしてやるよ。何がいい?」
主「焼き肉とか焼き肉とか焼き肉とか!」

この言い回し、いつ頃、誰が始めたんでしょうか?

個人的には、70年代の吾妻ひでお、和田慎二、あるいはそれ以降で、高橋留美子、長谷川祐一、竹本泉あたりが頭に浮かぶのですが、全く検証できていません。意外と、マイナーな少女マンガあたりが発祥かもしれません。

※ふつうに、違うものを“とか”で並立する表現「○○とか△△とか××とか~」という使い方自体、比較的新しいもののようです。戦後くらい?


何か手がかりになる情報がありましたら、教えてください。
多少おぼろげでもかまいませんが、誰の何年の作品に使われているというのがわかれば、よりありがたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

おくまで個人的な主観なのですが、こういった言い回しは竹本泉が初めてのような気がします。


それまでこのような表現は見たことがなかったので、驚いた記憶があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おー、やはり竹本作品にありましたか。実際に手元にあるのは10冊程度ですので、あまり自信がなく、パラパラ見た程度では見つからなかったんですが。もしかして、『あおいちゃんパニック!』あたりで出てきてるのかしらん。
貴重な証言、ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/10 22:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ