これから官民一体の波は首都圏を中心に全国に急速に広まっていくだろうと言われています。そこでみなさんにそれについて情報を集いたいと思います。
例:官民一体で行われた事例。今何故、官民一体なのか?

A 回答 (1件)

うがった見方ですが


本来、民だけでやれることを官の生き残り策として一緒にやるのではないですか。
民にとってのメリットは官の特権を利用できることでしょう。

民と官の意味については私は良く知りませんが...
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q急速なGMの復活はなぜ?

風前の灯だったGMが急速に復活していますが、これはなぜなのでしょうか?何が変わったのでしょうか?
負債を軽減したとは言え、元々売上げ不振だったハズです。
それとも今回も同じく見せかけの売上げアップなのでしょうか?

車自体や販売網がそんなに急速に変わるとも思えないのですが、中国では最高売上げを記録し、北米では大幅増産とのことです。

どなたか事情に詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

日本でも行いましたが、燃費の良い車を購入すると、
政府から還付金がもらえる制度を実施して、買い替え
を促進したからです。車の売り上げが増加したからです。

Qいつから格差が広まった?

いま日本は所得格差で二極化していて
貧乏人と、裕福に暮らせる人が別れてると言いますが
いつからわかれたのでしょうか?

バブルが弾けた時ですか?
派遣社員が増えた時ですか?

Aベストアンサー

私の父は終戦後シベリア抑留を経験しています。
収容所では、関西出身の兵隊が少ない米の配給品を節約しておにぎりを作ってバザーで売り、かなりの金を稼いでいたそうです。ただし、その金を日本に持ち帰ることができたかどうかは解りません。

この話を聞いて、どのような過酷な状況下にあっても人間というもの、生きるために必死になり、頑張った者には富が蓄積し、頑張らなかった者には富は蓄積しないということを改めて知りました。

金儲けに失敗して他人のせいにしたり、頑張らなくても富は欲しいと願う気持ちの人間が増えた時から格差社会が始まったのではと思います。

回答としては、バブル景気後退時期からではないかと思います。

Q日本の製造業大企業の急速な失速について

最近気になるのですが、
中国が急速にgdpを伸ばしています。
http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2011/2011honbun/html/i1110000.html
もりもり成長してます。

一方ソニーやシャープなど大企業企業、いや、衰退しつつある企業の株価の推移を10年単位でみるといずれもびっくりするほど急落しています。大企業がグローバルの名の下に中国など人件費が安いところにわんさか進出してきたのは有名です。
http://info.finance.yahoo.co.jp/history/?code=6758.T&sy=1998&sm=9&sd=1&ey=2004&em=10&ed=1&tm=m&p=2
ヤフーの株価検索で時系列、期間を限定すると見れます。
誰もがあこがれた?ソニーなどは最盛期3万もあったのにいつの間にか900円に。

何か因果関係はあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に日本はここ20年、デフレの泥沼で横ばいです。衰退というより横ばいです。
グローバルな製造業系大企業利益の多くは利益をそれなりに拡大させてもいます。中国などを中心に途上国の経済発展により全体のパイが拡大されているため日本のグローバル活動をしている大企業利益は利益は着実に拡大させています。が、シェアで見ると縮小し劣勢ともなっています。

また質問者さんのリンク先の10年のチャートにもあるように米国バブル崩壊によって大きく株価は下落しています。米国バブル崩壊後、投機による泡銭が消えた分もありますが、世界的な不景気でモノが売れなくなっておりその影響もかなりあり日本の家電など大企業の株価は大きく落ち込んでいます。これまでSONY等の製造業へ流れていた投資資金は、現在では穀物やエネルギーなどの関連債権へと流れています。日本のような資源小国はこのような経済情勢には非常に脆弱であるということです。

例えば、ザックリ日本とアメリカの関係で考えた場合、日本は家電や車など資源を加工して米国へ輸出し、米国は広大な農地を使い穀物や食肉などを日本に輸出しています。このような交換関係にあるのが日米です。不況下では食料などの生活必需品の消費はそれほど大きくは変わりませんが、テレビやカメラなどの売れ行きは大きく落ち込みます。アメリカは不景気だから日本の物は買い控え、日本は不景気だけど生活必需品だから買い続ける、という関係となりますので株価もそれを反映した結果と言えます。

基本的に日本はここ20年、デフレの泥沼で横ばいです。衰退というより横ばいです。
グローバルな製造業系大企業利益の多くは利益をそれなりに拡大させてもいます。中国などを中心に途上国の経済発展により全体のパイが拡大されているため日本のグローバル活動をしている大企業利益は利益は着実に拡大させています。が、シェアで見ると縮小し劣勢ともなっています。

また質問者さんのリンク先の10年のチャートにもあるように米国バブル崩壊によって大きく株価は下落しています。米国バブル崩壊後、投機による泡銭が...続きを読む

Q不動産の売買事例のデータベースについて

不動産屋さんとか見ている過去の中古マンションの売買事例などデータベースがあるかと思います。もちろん、有料だとは思いますが、いくらくらいで閲覧できるものなのでしょうか?(月ごとなのか、閲覧毎なのかもよく分かっていません)

Aベストアンサー

ほとんどの不動産屋は「レインズ」で過去の売買事例をチェックし、大手はデーターベース化していると思います。

残念ながら、不動産屋でなければその「レインズ」というのは閲覧できない仕組みになっています。

ですから、一般の方が過去の売買事例を知るというのはひじょうに難しいと思います。

一般の方も閲覧できるようにするべきだと思うのですが・・・

Q急速な日本経済冷え込みの打開策について

現在、円高による国内自動車産業をはじめ海外輸出向けの企業が大打撃を受けていますが、なぜ円高であるこの時期に日本銀行は紙幣を大量に刷って円をばら撒き円安方向にもっていかないのでしょうか??

Aベストアンサー

>なぜ円高であるこの時期に日本銀行は紙幣を大量に刷って円をばら撒き
>円安方向にもっていかないのでしょうか??

FRBは、とうとう本格的なリフレ政策に乗り出しましたね。
ゼロ金利にして世界中にドルをばら撒く方針のようです。

では、日本がなぜ同じことができないのか。
これは、日銀の問題と思われます。
日銀には「物価の番人」という別名があるように、物価上昇を嫌う傾向があります。
インフレを招く政策には、どうも及び腰のようです。

しかし、FRBがゼロ金利にすることで、とうとう日米の金利が逆転しました。
円高がいっそう進み、製造業の大企業からは悲鳴が上がっています。

ひょっとしたら、マスコミも含む国内の声に負け、ゼロ金利・量的緩和と、FRBの後に続くかもしれません。

参考:IZA『田村秀男の経済がわかれば、世界が分かる』-『日銀は日本の好機をつぶすのか』
 http://tamurah.iza.ne.jp/blog/entry/807280/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報