アメリカの大学に進学して、政治学・ジャーナリズムを学びたいと思っている高校生です。

NCN米国大学機構を利用しようかと考えているのですが、評判はどうなのでしょうか?

特に気になる点としては
1,斡旋する大学の質
2,カウンセリングの良し悪し

です。よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

実際にNCNを利用して留学した者です。



1,斡旋する大学の質
  大学の質に関しましては、それほど悪いとは思いません。ほとんどが、その地域ごとにある程度の規模を確立している4年制大学です。NCNを利用して、コミュニティーカレッジに行っている人は、実際極希です。それ以上のレベルを目指されるのであれば、いくらでも転学は可能ですが、それに伴う努力は仕方がありません。NCNに入るのは、ある程度渡米直前まで遅らせることが可能ですので、もしもっとレベルの高い大学への進学を希望されるのでしたら、ご自分で直接興味のある大学に連絡を取り、必要書類を集めて応募してみると良いかもしれません。自力では無理と判断された場合、NCNを使ってみるということも可能です。

2,カウンセリングの良し悪し
  これは学生次第です。そもそもどの大学にもNCN以外にアドバイザーというものが存在します。これは学生が授業を履修していく上で、最低限の情報を提供してくれますし、留学生として何か困れば、留学生オフィスでも様々な情報を得ることが可能です。自分が常に目的を持って4年間を頑張れるのでしたら、卒業までにNCNのカウンセリング(アドバイジング)はあまり付加価値をつけるものではないでしょう。将来のビジョンをアメリカに置くのであれば、他のアメリカ人と同じように授業を履修し、就職活動を行えばいいわけですから。外国人ということで様々な不備は出てきますが、それはNCNを使っていても特に変わりはありません。ただ、日本で活躍されることも視野に入れているのでしたら、NCNはとても大きな情報源になります。簡単にいうと、NCNを使うことで、アメリカの大学にいながら日本での就職活動の情報も得ることができるわけです。これは思いのほか大きいものです。実際留学してみると、日本での就職活動においてほぼ無知に等しい状態に陥ります。就職活動のノウハウはNCNが持っていますので、そういった情報を引き出すという目的においては、アドバイジングは良いものであると思います。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

実際にNCNで留学経験したものです。



まあ、結論から言えばあなたしだいですね。
一応カウンセリングなどもありますけど、一般的なアドバイスが多いですね。ですから当然最後に決断するのはあなたになります。留学して半年ほどの間は知らないことも多いですから助けてもらうことも比較的多いですが、その後は基本的に自分でやっていけます。後は就職のときですね。これはやる気をだして、どんどん質問や相談にいけばかなり丁寧に対応してくれます。最近はNCNの学生対象の選考を実施する企業もあります。世界トップの企業に就職する人もかなりいますね。

斡旋する大学の質はまあまあです。というよりピンきりかな。これは最初にNCNで試験を受けてその結果決まります。しかし、一番上の大学でも中の上といったところでしょうか。ですからそれ以上を目指す人は途中二年目ほどで転学します。これは努力しだいですね。数はそれなりにいますよ。

ただネックとなるのはやっぱりお金です。これは正直高い。今の相場は分かりませんが、400~500万くらいかと。その値段に見合うかどうかは分かりません。入学する大学によっては奨学金を多数用意しているところもあるので、優秀ならばかなり負担は減ります。

まあ、このように善し悪しありますけど、もし自分で書類等すべて管理でき、調べものにも自信があるということなら自分でやることをお勧めします。NCNつかった俺がいうのもなんですけど、そっちのほうがバイタリティーもつきますし。

もし、説明会いくつもりでしたら説明会終わってしばらく頭を冷やしたほうが良いです。代表の説明はほんとに上手い。これは洗脳に近いくらい上手いです。

アメリカで学ぶという選択肢自体はとても良いと思います。やりたいとおもえばなんでもやらせてくれるので、そういった環境に向いてる人ならどんどん伸びるでしょう。

頑張ってください、応援してます。
    • good
    • 5

NCNは値段が高い。

質が高い。なので真面目に留学したい学生には最高だと思います。

何人か友達がNCNを通してアメリカ留学をしていたのですが、みんな優秀でした。UCLA&USCに通う留学生の大半がNCNを通してきてました。みんな優秀ですね。

http://www.ucla.edu/
http://www.usc.edu/

学校を卒業した後も大手外資系の会社に入社する学生さんが沢山いました。

ACCENTURE
ERNST&YOUNG
DELOITTE
DEUTCHE BANK

などなど。

留学生NPO団体のJAPANESE STUDENT NETWORK でもNCNの学生が多くいました。

http://www.jsnla.org/

みんな優秀でした。
    • good
    • 3

結論から言えば、コミュニティーカレッジや3~4流の州立大学に入ることが目標の人向けの語学プログラム運営会社です。

会社の運営組織は闇に包まれています。アメリカ側で関わっている人物、組織も闇に包まれています。日米双方の税務機関が調査に乗り出さないのが不思議です。さて・・・・・・・・・・・・・・

昨日「大いなる陰謀」というアメリカ映画を見ましたが、ロバートレッドフォードが演じるUC-Berkeleyの大学教授と政治学を専攻する学生のやりとりが出てきます。一度、ごらんになってください。学生のうち1人はアフリカンアメリカン、もうひとりはヒスパニック。教授からGraduate Schoolいきを進められたのですが、軍隊に入り、アフガニスタンの無謀な戦術追行の犠牲となってしまします。 

翻って、この質問を読んだ時の気持ちの落差があまりにも大きく、言葉になりません。

日本人はあまりにも幼く、ナイーブです。何をするにも、おどおどとし、枝葉末節なことに心を砕き、大きくジャンプすることができない。
そういった日本人が毎年毎年NCNに500人も入り、1年ほど「アメリカの大学もどき」の授業などを受け、それで何とかアメリカでやっていけるかもしれないと暗示をかけられるようです。その後4年生大学に入ってもSATやTOEFの点数が低いので、「誰が応募しても誰でも合格する」レベルの大学にしか行けないようです。ほとんどは、実に馬鹿げたことにコミュニティーカレッジに行くようです。
留学生とNCNとの関係は、実はここまでです。

NCNのHPで「私はCCからUCLAやBerkeleyにTransferできた」というような宣伝が掲載されていますが、CCからUCLAやBerkeleyに入れたのは、その人がCCのII~3年で努力をしたからです。NCNとは何の因果関係もありません。

以上のようなことが、読み取れない洞察力、判断力がないようであれば、アメリカの大学でジャーナリズムを学ぶ資質そのものが問われるような気がします。


 
    • good
    • 3

一度NCNを使って大学留学をしようと思っていた者です。

金銭面の都合が合わず、結局違う業者を使って留学しましたが…
説明会にも行ったことがあります。

1,斡旋する大学の質
質問者様がどのようなことを指して「質」とおっしゃっているかは分かりませんが学力的な質から言わせていただければ比較的というかかなり良いと思います。中には有名大学のハーバード大学と肩を並べるくらいのレベルを持った大学もあるようです。

2,カウンセリングの良し悪し
これも自信を持って言うことはできませんが出国前の語学的なカウンセリングも含めて充実はしているでしょう。ただし出国後のカウンセリングについてはよく分からないです。(なんせ私が説明会に行ったのは10年以上前の話ですから…)

ご参考までに。
    • good
    • 5

利用したことがないので良し悪しはいえませんが、NCNは「留学斡旋業者」の一つです。

特定の業者が大学を「斡旋」するということはありません(あくまでも入学手続きのサポートをするだけです)ので、大学の質(どのランクの大学に進学するか)は自分で決めるものではないでしょうか?

留学(特に進学など正規留学の場合)は、業者を通さずに個人で進路選択、手続きをする人が多いです(それくらいの留学基礎知識や英語力、自立心がないと、正規留学で生き残れないからです)。

まずはこちらを読んでみてはいかがでしょうか?
http://www.fulbright.jp/study/res/faq19.html
(業者を利用する場合の注意点も書かれています)

日米教育委員会のサイト(http://www.fulbright.jp/study/index.html)は個人で手続きする人には必見ですし、毎月無料の説明会や大学フェアなども定期的に開催されているので利用する価値大です。ご参考まで。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報