ある本に、「生物は、真正細菌と古細菌と真核生物に3大別される。」と書かれているのですが、別の本には「原核生物と真核生物」と分類されています。真正細菌と古細菌=原核生物ととっていいのでしょうか? また、真正細菌と古細菌の違いは何ですか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

真正細菌+古細菌=原核生物でいいと思いますよ。



えーと、古細菌というのは生物分類に新しい方法が取り入れられてから
考えられるようになったグループです。

この方法は16SrRNA(リボソームRNAにうちの16S部)の塩基配列を
比較して分類を試みる方法なのですが、この方法を用いると、
いままでバクテリア(=原核生物)として分類されていたものが
二つの大きなグループに分けられる事が判りました。
【イリノイ大学のWoeseによる】

それが、真正細菌と古細菌です。

判りやすい違いは、
古細菌には特殊な環境で生育しているものが多いという事でしょうか。

《結構あっつい所(80℃以上とかも!)で生育する『好熱菌』とか
 お塩が大好きな『好塩菌』といった顔ぶれ》

あとは、生化学的な違いですね。

細かな点は、
専門書(たいていの微生物学書にはきちんと書いてあると思いますよ)を
読んでいただくと大丈夫だとは思うのですが、一応簡単に書かせて頂くと、、、

■リボソームの細かな構造が違う
■細胞壁の脂質の構成が、真正細菌ではエステル(結合)型、
 古細菌ではエーテル(結合)型となっている。

                       などです。

ちょっと自分の怪しい記憶で書かせて貰ったので、間違っているかも・・・
だとしたら本当にごめんなさいね。

もっと知識のある方がお答えになった方がいいと思うので、
僕のは参考程度で・・・

ではでは。
でも、けっこう古細菌には面白い細菌が多いですよ。(^^)
    • good
    • 9
この回答へのお礼

分かりやすい回答をありがとうございます。古細菌には面白い細菌が多いんですか。もっと、勉強してみたくなりました。

お礼日時:2001/03/01 11:49

回答はでているようですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「図1:生物の進化系統樹」

http://mukb.medic.kumamoto-u.ac.jp/AAA/minirev/m …
(ATP依存性プロテアーゼ群の分子進化)
http://toppy.health.uoeh-u.ac.jp/environ/st7.htm
(メタン生成細菌に関する研究)
http://www.ffpri-kys.affrc.go.jp/situ/TOK/akema/ …
(菌類と細菌との違い)

ご参考まで。

参考URL:http://bio.tokyo.jst.go.jp/symposium/11/main1102 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/03/01 11:53

古細菌はリボソーム小サブユニットRNAの相同性により真核生物とも真正細菌とも最も根本的に区別される一群の原核生物のことです。

以下岩波の生物学事典を参考にしてます。C.R.Woese(1977)はリボソーム小サブユニットのRNA(原核生物では16S rRNA)の類似性の解析により,メタン生成細菌と他の細菌との類縁性が,細菌と真核生物との類縁性と同程度に小さいこと,すなわち,メタン生成細菌,それ以外の細菌,真核生物が生物の三大グループを形成することを発見したしました。当初の系統分析法では無根系統樹しか作ることができず,三大生物群とその共通の祖先との関係は不明であったが,1989年重複遺伝子を用いることにより有根系統樹がつくられ,Woese(1990)はこれを取り入れて新しい系統樹を提案し,これが三大生物群の関係を示すものとして現在広く用いられています。これによると古細菌は真正細菌よりは真核生物に近いところに位置しています。Woeseはこの三大生物群に対して分類学上の界(Kingdom)より上の階級としてdomainを創設し,古細菌は細菌でない,ということを明確にするためにarchaebacteriaに替えてArchaeaという名称を提唱した.これに伴い,真正細菌(eubacteria)は単にBacteria,真核生物(の細胞質部分)をEucaryaと称しました。さらにArchaeaの中にCrenarchaeota(硫黄代謝好熱古細菌など)とEuryarchaeota(メタン生成細菌や高度好塩菌など)の2界をおくことを提案した.ただし,古細菌は形態的には原核生物であり真正細菌と区別がつかないので,系統分類的にはArchaeaとなっているが,archaebacteriaという名称も広く使われており,その学名も細菌と関係の深い名が広く見られます(Halobacterium, Methanosarcina, Pyrococcusなど).また古細菌は,RNAの相同性による系統関係の特別な位置によってだけでなく,数多くの独特な生化学的性質によっても特徴づけられます。例えば,細胞質膜の脂質がグリセロールとイソプレノイドアルコールのエーテル結合を基本とする骨格で形成されていること(真正細菌や真核生物ではそれはグリセロールと脂肪酸のエステル結合による),ムレイン細胞壁がないこと,多くの抗生物質に非感受性であること,リボソームの大きさは真正細菌と同じ70Sタイプでありながら蛋白質生合成,核酸生合成の機構で真核生物と類似した数多くの性質をもつことなどが明らかになっている.メタン生成機構や超好熱菌のエネルギー代謝などほかで見られない数奇の生化学機構もある.この中で,エーテル脂質は古細菌と真正細菌を区別する最も例外のない,かつ容易に検出できるマーカーの一つである.生育環境の異常性,生化学的独自性,系統樹上での位置などのために古細菌研究に急速に関心が寄せられ,それは生命の誕生以来の原始細胞,細胞の初期進化,生化学機構の進化などの探究に向かう手がかりを与えようとしています。
ながながとなりましたがいかがでしょう?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とても詳しい回答をありがとうございます。ただ・・・私の今の知識ではわからないことがあったので、もっと勉強してから読み返してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/01 11:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原核生物から真核生物への進化

すいません質問させてもらいます。
原核生物から真核生物への進化の過程を「別系統の細胞の共生」の観点から説明をお願いします。

Aベストアンサー

質問文の意味がいまいちよく分りませんが、何か入試問題か何かの問題文でしょうか。そうであれば細胞内共生説の概要を求められているのだと思います。

原核生物(原核細胞)に、
好気性細菌が侵入・共生⇒ミトコンドリアになる
ラン藻類が侵入・共生⇒色素体(葉緑体)になる
という過程で、真核生物(真核細胞)が誕生した…という話です。

そういう仮説が考えられた根拠として
・ミトコンドリアや葉緑体は独自のDNAを持ち、蛋白合成を行える
・ミトコンドリアや葉緑体は二重膜構造を持つオルガネラである
といった事実が知られています。

あとは「共生説」で検索すれば色々関連サイトが出てくるかと思います。

Q原核生物の転写と真核生物の転写

こんばんは。真核生物の転写はスプライシングの過程を受けるため、エキソン-イントロンの遺伝子構成により、同じ遺伝子から複数の蛋白質生成が可能であるそうですが、原核生物の転写にはスプライシングの過程がないので、一つのmRNAからは一種類のタンパク質しか合成できないのですか。

Aベストアンサー

真核生物の場合はエクソン(E)とイントロン(I)が混ざっていますよね。
あるタンパク質をコードする遺伝子があったとするとその中には
EIEIEIEIEIEI→EEEEEE→翻訳へ
    スプライシング
となります。
しかし、原核生物の場合はイントロンがないので当然スプライシングという作業もありませんね。
ただ、ひとつのmRNAからひとつのタンパク質を合成するかというとそうでもありません。
原核生物の場合は遺伝子がオペロンという構造を作っていて、ひとつのプロモーター(P)が複数の遺伝子の転写を制御しています。
つまり
プロモーター-遺伝子1-遺伝子-2遺伝子3
という具合に並んでいて、mRNAも遺伝子1-遺伝子2-遺伝子3という具合に並び、タンパク質も3種類合成されます。
有名なのでは大腸菌のlacオペロンがありますので、教科書などで調べてみてください。
たいていの遺伝学や分子生物学の教科書に載っています。

Q真核生物由来の遺伝子を原核生物で発現させたいとき

真核生物由来の遺伝子を大腸菌のプラスミドDNAに組み込み、
そのプラスミドを大腸菌に形質転換し、
得られたタンパク質を精製してSDS-PAGEでサイズの確認を行いました。

その結果、目的のタンパク質の分子量を示す位置にバンドが得られたため、
実際に活性測定を行ったのですが、
酵素活性は検出されませんでした。

この結果について、以下のように考察しました。
真核生物の発現調節はとても複雑なため、
原核生物である大腸菌で発現させた場合、
実際に得られたタンパク質と目的のタンパク質の分子量と一致したとしても、
正しいフォールディングが取れていないことがある。
このため、酵素としての活性が検出されなかった。

合っているでしょうか・・・?
他にも何か原因があるようでしたら教えてください。

Aベストアンサー

タンパク質を発現し精製したとのことですので、
1.封入体Inclusion bodyを形成の可能性も低い
2.目的のタンパク質であることは、精製の過程で確認できている
としましょう。大腸菌のフォールディングは一般にアミノ酸がつながっていく順番になされていくとされ、真核生物はドメイン構造ごとにシャペロンによってなされていくと言われています。そのため高次構造がちゃんととれないで活性を持たないことがあるといわれています。
が、いっぽうで生成過程で失活させてしまっていたり、入れてはいけない試薬を入れて精製していたりなど、操作上の問題で活性をもてない場合も少なからずあります。どのような酵素なのかわかればもう少し具体的な議論もできるかもしれませんが、ここまでの情報であれば
1. 正しいフォールディングがなされなかった可能性
2. 精製途中で失活させてしまった可能性
3. 溶媒が失活または反応の阻害をしている可能性
4. 大腸菌にはない、翻訳後修飾が必要な可能性
5. 真核生物でもほ乳類の場合には問題ないですが、昆虫や魚類など低温で生息する生物の場合は、温度によっても正しい活性基を形成できない場合もあります。
大腸菌の培養条件なども考慮に入れた方がいい場合もありますね。

こんなところでしょうか。

タンパク質を発現し精製したとのことですので、
1.封入体Inclusion bodyを形成の可能性も低い
2.目的のタンパク質であることは、精製の過程で確認できている
としましょう。大腸菌のフォールディングは一般にアミノ酸がつながっていく順番になされていくとされ、真核生物はドメイン構造ごとにシャペロンによってなされていくと言われています。そのため高次構造がちゃんととれないで活性を持たないことがあるといわれています。
が、いっぽうで生成過程で失活させてしまっていたり、入れてはいけない試薬を入...続きを読む

Q原核生物と真核生物のゲノムの違い

原核生物と真核生物の間には一体どのような特徴の差があるんでしょうか?
詳しく知りたいんです・・・。なにか、解説しているサイトをご存知の方、教えてください!!

Aベストアンサー

(1) 真核生物の核(nucleus)は核膜に囲まれた複数の染色体を持ち、有糸分裂をする。
(2) 原核生物の核様のもの(nucleoid)は、一つの環状染色体より成り、核膜がなく、有糸分裂をしない。
(3) 真核生物は細胞内小器官(organelles)をもち(ミトコンドリアやリゾチーム)、大きなリボゾーム(80S)をもつが、原核生物は細胞内小器官をもたず、リボゾームは小さい(70S)。
(4) たいていの原核生物は細胞壁にペプチドグリカンをもつが、真核生物はもたない。
(5) 真核生物の細胞膜はステロール(sterols)を含むが、原核生物は含まない(例外:Mycoplasmaは含む)。

違いはこのぐらいですね。参考URLは以下の通りです。

http://web-mcb.agr.ehime-u.ac.jp/bunnshi/celltype.htm
http://www4.ocn.ne.jp/~bio/sinkaku.htm

Q原核生物と真核生物のたんぱく質合成について

原核生物と真核生物のたんぱく質合成について異なる点を3つ知りたいのですが、1つしか分からず「原核生物は転写されたものが、そのままタンパク質になるが、真核生物は複雑であるためならない。」です。
色々調べたのですが、よく分かりませんでした。よかったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>原核生物と真核生物のたんぱく質合成について異なる点を3つ
とのことですが、違いはいくらでも挙げられるのでとりあえず考えられる点を挙げておきます

・原核は転写後修飾を受けない、真核は修飾を受けた後翻訳される
・原核は転写と翻訳を行う場所が一緒(細胞質)なのに対し、真核は核→細胞質
・開始のアミノ酸はN-ホルミルメチオニンに対しメチオニン
・原核には開始コドンの周辺にシャイン・ダルガーノ配列がある
・真核の方がリボソームが大きいし、複雑
・原核は2つの終結因子で3つの停止コドンを認識しているが、真核は1つ

こんなものでしょうか


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報