ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

私は値段的に安い事と、カロリーを控えるために、よく発泡酒を飲んでいますが
ビールと発泡酒の違いってどんなものなんでしょうか?
製法とか原料が違うんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ビールは麦芽とホップと酵母と水から作られます。

麦芽の代わりに米、コーンスターチなどの副原料も使えますが麦芽の重量の50%を越えるとビールではなく発泡酒になります。
製法は同じです。
ドイツでは「ビール純粋法」(1516年ドイツで発令された法律)が有り“ビールとは、水・麦芽・ホップ・酵母だけを使って醸造したもの”と定義されています。

参考URL:http://www.sapporobeer.jp/lib/lib.html
    • good
    • 5
この回答へのお礼

この方の欄に書かせてもらいますが、皆さん、回答ありがとうございます。
あまりにも早く回答が返ってきたのでビックリしました。

お礼日時:2002/11/10 22:58

ビールと発泡酒の違いは


「原料の違い」と「麦芽使用料の違い」と2タイプあります。

麦芽使用料が約67%以上であれば「ビール」になります。
が、これにあてはまってもビールの原料としては
使用できない物が入っていれば「発泡酒」扱いになります。果汁入りなどがこれにあてはまります。
    • good
    • 5

下記URL参照。



因みにカロリーは発泡酒とビールだからといって違いはあまりありません

参考URL:http://www.sapporo.nta.go.jp/5/5_4_2.html
    • good
    • 3

ビールは麦芽、ホップ、酵母、水など決められた原料を使い、 麦芽の使用比率が66.7%以上(3分の2以上)のものをさします。

麦芽以外に使用する原料の種類も決められています。

一方発泡酒は、麦芽を原料の一部とした発泡性を有する酒類のことです。麦芽以外の原料の種類は決められていないため、主原料に麦を1%でも使用していれば発泡酒になります。

なお、カロリーは両方ともほとんど変わりません。
    • good
    • 0

ビールに含まれる麦芽の量です。


ある一定以上だと、ビール、それ以下だと、発泡酒です。
    • good
    • 5

麦芽量の違いですね。

(酒税法の関係です。)

http://www.rarara.co.jp/kawaraban/kako/2001/0313 …
http://beer-daisuki-hp.hp.infoseek.co.jp/bkiji1. …

参考URL:http://www.rarara.co.jp/kawaraban/kako/2001/0313.html,http://beer-daisuki-hp.hp.infoseek.co.jp/bkiji1. …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生ビールと発泡酒の違い

常識なのかもしれませんが、バイト先でお酒を出す上で知っておきたいことなので質問します。

ビールには生ビールと発泡酒がありますよね?
その違いってどこにあるのでしょうか?(製造過程とか?)
また、お店ではビンと缶で売られていますが、どちらにも生と発泡酒の二種類があるんでしょうか?
その違いはどのように明記されているのでしょうか?(「これは生ビールです」とか・・・?)

今更人には聞けないし、未成年ですので知らないことばかりです。まったくの無知なので詳しい説明よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ビールっていうのはもともと麦芽とホップと水を使って作るものなのね。本場ドイツなんて法律で「麦芽とホップと水以外を使って造ったものはビールとして販売できない」って決まってるぐらい。だから本場ドイツビールから学んで造られたサッポロのヱビスビールなんかは今でも麦100%なわけ。

でも日本のビールの主流は、米やコーンなどを副原料に使った飲みやすいタイプなの。スーパードライとか一番搾りとかね。

で、麦芽の使用率を低くしたり、認められていない副原料を使った場合は(オレンジピールとかミントとか)酒税法上「発泡酒」という分類になるの。
細かく言うと発泡酒は麦芽使用率で3段階にわかれているんだけど、価格が高い発泡酒はやっぱり売れなくて、今市場に出ている「発泡酒」は最も麦芽比率の少ない「25%未満」規格の発泡酒だけなの。

ビールと発泡酒の違いはそんなとこ

次 「生」の説明
ビールはもともと滅菌のため熱処理をしていたんだけど、技術の進歩で熱処理を加えなくてもビールは造られるようになったの。それがいわゆる生ビール。
現在生じゃないビールはサッポロラガーとキリンクラシックラガーの2種類しか製造されておらず、発泡酒は全て生なんだね。よって瓶でも缶でも(さっきの2種類以外は)全部生ビールと生発泡酒だよ。
(1の人も書いてたけど瓶を飲むのは味にこだわる人だから瓶の発泡酒って存在自体が微妙なため、淡麗とか一部の銘柄しか発泡酒の瓶は作ってないです)

違いは明記されてるよ。違うものだから。ラベルにビールならビール、発泡酒なら発泡酒と麦芽使用比率が書いてあるはず。
でも銘柄は覚えるほか無いと思うよ。
ビールがスーパードライ 一番搾り ラガー 黒ラベル ヱビス
発泡酒が淡麗 本生 生搾り マグナムドライ
とかね。

追記だけど最近テレビでよく見る「のどごし生」とか「新生3」とかはビールでも発泡酒でもない「第3のビール」と呼ばれるカテゴリーで麦芽を全く使ってない偽物なの。どれも味はほとんどしないように作ってるんで止渇飲料としてはそこそこ飲めるけど賛否両論わかれています。

だいぶ長くなっちゃったけど謎は全て解けた?

ビールっていうのはもともと麦芽とホップと水を使って作るものなのね。本場ドイツなんて法律で「麦芽とホップと水以外を使って造ったものはビールとして販売できない」って決まってるぐらい。だから本場ドイツビールから学んで造られたサッポロのヱビスビールなんかは今でも麦100%なわけ。

でも日本のビールの主流は、米やコーンなどを副原料に使った飲みやすいタイプなの。スーパードライとか一番搾りとかね。

で、麦芽の使用率を低くしたり、認められていない副原料を使った場合は(オレンジピールと...続きを読む

Qビールと発泡酒が身体に影響を及ぼす違いについて

ビールと発泡酒の違いについてこちらで検索をしてみましたが、知りたい点がわからなかったので教えていただきたいのです。
ここ数年、味と価格の違いだけかと思っていました。
しかし、どうもそれだけではないように思えます。
発泡酒の方がビールと比べて身体になんらかの害があるのでは?と疑問が出てきました。害といってもたとえば悪良いするかしないか程度だと思いますが。でも、なにか僅かでも身体的に及ぼすものに違いがあるように感じます。気のせいなのでしょうか。どのようなことでもご存知な方、教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

えっと、おそらく質問者さんが言っている発泡酒というのは、本来的な発泡酒(つまり、ビールやサワーを含めた、発泡するお酒全般)ではなく、ビールもどきとしての発泡酒だと考えて回答しますね。
まず発泡酒(第3のビール)というのは、いわば「脱税酒」なんですね。別に違法とかそういうわけではなくて、簡単に言えば、ビールにかけられている高い酒税を、企業努力(つまり、過去には麦の使用量を減らす、現在では麦を使わないでビールっぽい味のものに近づけたりなど)によって作られた「ビールもどき」なわけですね。おそらく、だから質問者さんはなんらかの害があるのでは?と思っているのかと思います。
ちょっと成分を考えて見ましょう。
まず、発泡酒(ビールもどき)でちょっと名前のあるドラフトワン
成分:ホップ・糖類・エンドウたんぱく・カラメル色素
アルコール度数5%
栄養分(350mlあたり)エネルギー147kcalたんぱく質0.10~0.46g脂質:0g糖質11.6g食物繊維0~0.35gナトリウム0mg
だそうです。(数字は私が3.5倍しました。)
次に、ビールとしても混ぜ物がない、正当なビールと呼べるヱビスビールを見てみると
成分:麦芽・ホップ
アルコール度数5%
栄養成分(350mlあたり):エネルギー147kcalたんぱく質1.8g脂質0g糖質10.5g食物繊維0.35~0.7gナトリウム0mg

製造過程については、ビールについてはご存知だと思います。麦芽のでんぷんが分解されてできた糖質をアルコール発酵させるわけですね。
発泡酒については、麦芽の代わりに、えんどう豆たんぱく質(えんどう豆からとったたんぱく質)と糖質ですね。麦芽では、麦芽内のでんぷんが酵素で糖質にかわるのですが、それがないので、ようは砂糖をアルコール発酵させるわけです。で、それだけでは色がないので、カラメル色素(プリンの底にあるカラメルの色です。焦がし砂糖から抽出した色素ですね。ちなみにコーラの黒はこれです)を放り込んでいるわけです。
こうやってみれば、別に化学物質由来の危険なものは放り込んではいないという結論が出ますね。

成分で見れば、まずアルコール度数は同じ(大体発泡酒もビールも4.5~5.5くらい)なので、飲む量が同じなら、極端に酔い方が変わるわけではないと思われます。
カロリーも、変わりませんね。脂質はどちらも0です(まあ、材料に脂肪分がないわけですから、当然ですが)。糖質も、極端な差はありません(発泡酒のほうが、たんぱく質が少ない分糖質がす多いですが)。
さて、ちょっと数値に大きな開きが出ているのが、たんぱく質です。このたんぱく質、聞いたことがあると思うのですがプリン体というやつがはいっているのですね。痛風の原因になるとかいわれているやつです。
で、これは麦芽に多く含まれているらしく、キリンのHPによれば、発泡酒では半分程度の量らしいです。
つまり、痛風で考えれば、むしろビールのほうが身体に害があるといえなくもないのではないでしょうか?
結論としては、とりあえず、気のせいではなかろうかと思います。

参考URL:http://www.kirin.co.jp/customer/qa_prn.html

えっと、おそらく質問者さんが言っている発泡酒というのは、本来的な発泡酒(つまり、ビールやサワーを含めた、発泡するお酒全般)ではなく、ビールもどきとしての発泡酒だと考えて回答しますね。
まず発泡酒(第3のビール)というのは、いわば「脱税酒」なんですね。別に違法とかそういうわけではなくて、簡単に言えば、ビールにかけられている高い酒税を、企業努力(つまり、過去には麦の使用量を減らす、現在では麦を使わないでビールっぽい味のものに近づけたりなど)によって作られた「ビールもどき」なわけで...続きを読む


人気Q&Aランキング