毛利元就さんの末裔の方はご健在なのでしょうか? また毛利さん以外の戦国時代の有名人の末裔(現在何をされているのか)等非常に興味があります。教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

・毛利さんの子孫のことははっきりしませんが、伊達さんの末裔の方は以前テレビで、信長から頂いた香木を披露なされていました。


・徳川さんの末裔の方は、愛知県で徳川美術館をなさっています。
・NHKの松平アナウンサー(その時歴史が動いた等)は、定知という名前からして、松平定信(田沼意次の後、老中として参政)の末裔と思われます。
・元首相の細川さんは、熊本(54万石)の細川藤孝、忠興の末裔です。

元大藩の子孫の方々は、明治維新後、77銀行の役員をするなど、現在も大手企業の役員として名前を連ねている方々もいますね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

大変参考になりました!

お礼日時:2008/05/20 14:06

毛利元就の末裔は健在ですよ、ただ養子だと思いますけど、戦国武将や後の大名家の末裔も殆ど直系ではなく傍系や養子が多いようです。


数を上げたら切りが無いのであえて答えませんが、Googleなどで「○○ 系譜」や「○○ 子孫」で簡単に調べられますよ。(○は人名)
現在の有名人で言えば柳生宏さんや細川元首相やフィギャーの織田選手などは有名武将大名の子孫ですよね。
    • good
    • 0

他にも居るとは思いますが。



ミュージシャンの吉川晃司さんは元就の三男である
吉川元春の子孫なんだとか。

ほかで有名なのは、フィギュアスケートの織田信成選手。
先祖は織田信長です。
    • good
    • 1

 源義仲の末裔です。

普通に暮らしてます。
    • good
    • 8

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧華族の子孫と使用人の子孫、旧大名の子孫と家来の子孫の様に、今も主従関

旧華族の子孫と使用人の子孫、旧大名の子孫と家来の子孫の様に、今も主従関係が続いているケースはありますか?(例=会社社長と社員、主人と使用人など)ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>今も主従関係が続いているケースはありますか

ありますよ。
旧華族については、不明ですが・・・。

愛知県犬山市にある「犬山城」は、旧名古屋藩付け家老である成瀬家が2004年まで個人所有していました。
現在は、財団法人犬山城白帝文庫(理事長は、成瀬家子孫)に所有権を移転しています。
昔、ここの職員に旧家臣の子孫がいると聞いた事がありますね。

他にも、旧藩主が持っていた古文書・美術品などを保存管理している「○○家公益会」「○○家美術館」などに、旧主従関係が続いている事があるようです。

幕府旗本家臣団の子孫の集まりである「柳営会」は、今でも徳川宗家と交流を続けています。

Q戦国時代って(戦国時代に限らず)大勢の人間同士で本当に戦ってたんでしょ

戦国時代って(戦国時代に限らず)大勢の人間同士で本当に戦ってたんでしょうか?今まで放送されてきたドラマや映画などで、そういうイメージを植えつけられてるだけのような気が・・・もし仮に本当にそれだけの大人数同士が戦っていたのなら、当時使用していた刀や槍、その他の物はどこへ行ったんでしょう?いくら時代が相当な昔とはいっても、相当な数ですよね?戦国時代だけではなく、他の時代も刀などを使っていたんでしょうし、それを考えたらハンパな数じゃありませんよね?小判などにしても・・・でも現代にはそこまで多くの物は残ってませんよね?海にでも沈んでるんでしょうか?それも考えにくいかも・・・

Aベストアンサー

何かの資料で読んだ記憶がありますが
死者の武器や武具は味方の装備品にされたそうです。

農民などを集めて挙兵する時に
一人一人に鎧や刀などを新調するだけの資金がないとか
調達が間に合わないなどの理由で
そうしたものの使いまわしは普通に行われていたそうです。

そうしたものを集める役目の人もいたそうですし
売りさばく商売もあったらしいです。

それ以外のものは燃料にされたり
金属は溶かして別の用途に使われたりしたらしいですから
結局、カタチとして残っているものが少ないのでしょう。

実際の戦国時代の兵隊たちの格好は
ドラマで見るようなピシッと揃ったものではなく
乞食のような格好だったらしいです。
長い棒を持っただけの兵士も多かったようです。

Qよく〇〇の子孫という有名人がいますが

身近なところでは スケートの織田某は織田信長の子孫といいますがそうでしょうか?
信長の子孫ということは直系ということですよね?しかし信長の直系の子孫は孫の三法師(長男信忠の子 のちの秀信)で途絶えたはずです あくまで男系の子孫でですが…

確かに信包や有楽斎の子孫はちゃんと今も存在していますし…
ということは 織田某 君の先祖は信長でも 兄弟の誰かでもなくなりますよね

さらに プロ野球 現巨人の真田祐貴投手は あの真田幸村の子孫といいますがこれも違いますよね?
幸村の子孫は息子の大助(幸昌)で途絶えたはずです  多分兄信幸の子孫です ならなぜ真田信幸の子孫 といわないのか?信幸がマイナーだから?

教えて下さい

Aベストアンサー

とりあえず、織田の方から
織田信長 - 初代:信高(七男) - 2代:高重 - 3代:一之 - 4代:信門 = 5代:信倉(養子) = 6代:信直(養子) - 7代:長孺 - 8代:長裕 - 9代:信真 - (10代から13代は不明)- 14代:重治 - 15代:信義 - 信成(次男)
織田信長の七男・信高の系統は、徳川幕府の旗本となり、後に高家旗本になった。近江国内で2,000石余りを領有し、9代・信真で維新を迎えている。フィギュアスケート選手の織田信成は、現15代当主・信義の次男である。
Wiki...で調べるとこうなっていました。間に養子があるということですが、血の繋がった女の子に婿をとったのなら、織田信長の血がつながっていますが、他家から養子を迎え、それに嫁をとったのなら、血はつながっていないということですね。

Q戦国時代の装束で質問があります。

戦国時代の戦いの場面などでよく見かける、斥候?かなにかでしょうか、陣に戦況などを報告に来る兵が腰に差している 「ヤクの白い毛か何かがで施されてる羽のような二本の棒」は、いったい何と呼ばれているのでしょうか?

また、それを差している兵はそれを差している事によって、何かメリットなりあったのでしょうか。あんなに目立つものを着けていて…。例えば、習わしでそれらの兵は攻撃対象外だったとか。
詳しく知らないもので、ご存知の方がいらっしゃいましたら、どうぞご教授下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

再度お邪魔します。

羽のようなものは「旗指物」(はたさしもの)、または指物と呼ばれていました。

これは戦場を早馬で駆け抜け、自陣の総大将の近くまで進める一種の通行許可の様な物で、この目印のある伝令は無条件に自陣を進む事が出来たようです。

当然、敵からは攻撃目標とされ、「母衣」を膨らませて弾丸の防御を行っていたそうです。

羽の様なヒラヒラは、色々な形状・材質があったようです。

Q有名人の娘の子孫の方は「我は誰々という有名人の子孫なり」といわないのでしょうか

あるとき、公家の子孫が会話の話題になったとき、私は近衛文麿を母方の祖父に持つ細川護煕の名を上げた時に、その会話に入っていた人間の一人が、「ああ、ガラシャの子孫ね。」と言ったので、私は「そうか、明智光秀の子孫でもあるんだな。」と言って会話に花を咲かせていたのですが、考えてみると、「我は織田信長の子孫、織田信成なり。」と言うように、よく耳にするのは有名人の息子の子孫が誰々の子孫と言うものばかりです。

通常、有名人の娘の子孫は誰々の子孫とは言わないのでしょうか。

例を挙げると、宇喜多秀家と豪姫の子孫の方が「我は備前宰相宇喜多秀家の子孫なり。」とは言っても、「我は加賀宰相前田利家の子孫なり。」とは言わないのでしょうか。

Aベストアンサー

日本に限らず、たいていの社会は「父系社会」です。

即ち、歴史のある家系であれば、父、祖父、曽祖父、高祖父…と家系を「父系」で辿っていけるわけですが、母系は「父の妻はAの娘」「祖父の妻はBの娘」程度しか分からず、それ以上に母系を辿れないのが普通です。即ち、母系では一代しか先祖を辿れないのが普通、ということです。

大名家のように、相互の家系がはっきり分かっている場合は別ですが。この場合、「父の妻はA伯爵の娘。A伯爵の家系は・・・」と、
「母系を、妻の父の父系で辿る」ことになります。
やっぱり「先祖は父系で辿る」ことになるわけです。

質問文の

「近衛文麿を母方の祖父に持つ細川護煕の名を上げた時に、その会話に入っていた人間の一人が、「ああ、ガラシャの子孫ね。」と言ったので、私は「そうか、明智光秀の子孫でもあるんだな。」と言って会話に花を咲かせていた」

という話も、結局は
「細川護煕は、熊本藩54万石の細川家の現当主である」
「細川護煕の先祖を辿ると、細川忠興・明智玉(通称;細川ガラシヤ)夫妻に行き着く」
と、「細川護煕氏の『父系の先祖』の話」をしているに過ぎないわけです。
(※ 大名家は江戸時代の途中で養子が入って血が途絶えていることが多いのですが、細川家は忠興・玉の血筋が分家を経由しながらも絶えずに明治を迎えているようです)
http://www.asahi-net.or.jp/~ME4K-SKRI/han/kyushu/kumamoto.html
を参照して下さい。

明智玉は、明智光秀とその正室の間に生まれたのは間違いないようですが、光秀の正室の出自が良く分からないので、母系をそれ以上辿ることは出来ません。

私の家は某藩の上士の家系でして、江戸時代初期まで先祖を辿ることが出来ます。ただし、母方の先祖は、大正以降に嫁いで来た人の実家のことが分かる程度で、それ以前は系図に「妻は**氏」と書いてあるだけです。

私の祖母は1899年生まれで2000年に亡くなったのですが、祖母の生家との付き合いは、祖母の死をもって終わっています。世の中はだいたいそんなものではないでしょうか?

日本に限らず、たいていの社会は「父系社会」です。

即ち、歴史のある家系であれば、父、祖父、曽祖父、高祖父…と家系を「父系」で辿っていけるわけですが、母系は「父の妻はAの娘」「祖父の妻はBの娘」程度しか分からず、それ以上に母系を辿れないのが普通です。即ち、母系では一代しか先祖を辿れないのが普通、ということです。

大名家のように、相互の家系がはっきり分かっている場合は別ですが。この場合、「父の妻はA伯爵の娘。A伯爵の家系は・・・」と、
「母系を、妻の父の父系で辿る」ことにな...続きを読む

Q日本の鎧。戦国時代、戦うときは仮面を付けて戦ったんですか???

http://image.www.rakuten.co.jp/yoroi/img10591179777.jpeg

このような仮面を
戦っている最中も
付けていたんですか???

Aベストアンサー

こんにちは

戦う時の仮面は呼称、形状は時代によって変化していますが、平安・鎌倉時代から幕末まで継続して存在します。

ご質問の戦国期以降は、面頬(めんぽう)と呼ばれる物が主流で、顔全体を覆うものから顎のみ覆うものまで様々な形状があり、また、その表面の仕上げ(表情)も様々で、表情により呼び方も変わります。

さて画像の物は、鼻も覆う「目の下頬」で、その表情から「隆武面頬」と呼ばれる物です。

面頬は戦闘では顔の防具ですから常に付ける事を基本としていましたが、実際には下卒の足軽雑兵の装備は主君から貸し与えられるので、数が足りずに装着できない事もあったようです。

なお、顔全体を覆う「総面」とか画像の面頬の類は、視界が妨げられたり、皮膚への付着感がわずらわしいかったりの理由で、実際には鼻の覆われていない「半頬」の類が好まれました。

ラストサムライ等の時代劇では、大将クラスは面頬を装着しないで戦っている場面が描かれている事も多いですが、あれば、俳優の顔を目立たせる為の行為です。

Qロバと馬は子孫ができる。ロバとキリンは子孫ができる。しかし、キリンと馬は子孫ができない。←こんな例ないですか?

こんにちは。

ロバと馬は子孫ができる。ロバとキリンは子孫ができる。しかし、キリンと馬は子孫ができない。←こんな例ないでしょうか?

ロバとキリンが子孫できるかどうかは不明ですが、
このような例があったら教えてください。

Aベストアンサー

ライオンと豹の合いの子レオポンと
ライオンとトラの合いの子ライガー
は報告されていますが、

豹とトラの間に合いの子が生まれないという報告が見当たりません。
もし生まれないとしたらあなたの探している例になるのではないでしょうか。

Q戦国乙女2 『茜さす契り』

戦国乙女2挿入歌
毛利モトナリ(CV.能登麻美子) 『茜さす契り』の歌詞で

一番の『ことのは~ふわりと』の次の歌詞を教えて下さい
お願いします

Aベストアンサー

これでしょうか。


「茜さす契り」

茜色に染まる夕焼け
契し友と駆け抜けた日々

今掴みと取った勝利を抱いて
また歩きだそう
道なき道を I walk alone

暖かい風が頬優しく撫ででくれる
輝けるこの瞬間(とき)に祝福の鐘が響く

言の葉ふわりとこの世などはと憂いても
あらがう事など出来ないとわかっている
でも嗚呼・・・


茜色に染まる夕焼け
契し友と駆け抜けた日々
今掴みと取った勝利を抱いて
また歩きだそう
道なき道を I walk alone

うつろいゆく時代に咲き誇る華のように
色とりどりの夢を謳(うた)え心の向くまま

言の葉ふわりと旅路の果てに何がある?
揺蕩(たゆた)う思ひはとどまることを知らずに巡るよ


茜色の空を追いかけ
流れ流れて行く場所いずこ
やっと手にいれた安らぎ二度と離しはしないだろう
黄昏の道 I stand alone


茜色の空を追いかけ
流れ流れて行く場所いずこ
やっと手に入れた安らぎ二度と離しはしないだろう
黄昏の道 I stand alone

作詞 斎木蔵葉
作曲 斎藤愁弥
編曲 斎藤愁弥・田中俊裕

これでしょうか。


「茜さす契り」

茜色に染まる夕焼け
契し友と駆け抜けた日々

今掴みと取った勝利を抱いて
また歩きだそう
道なき道を I walk alone

暖かい風が頬優しく撫ででくれる
輝けるこの瞬間(とき)に祝福の鐘が響く

言の葉ふわりとこの世などはと憂いても
あらがう事など出来ないとわかっている
でも嗚呼・・・


茜色に染まる夕焼け
契し友と駆け抜けた日々
今掴みと取った勝利を抱いて
また歩きだそう
道なき道を I walk alone

うつろいゆく時代に咲き誇る華のように
色とりどりの夢を謳(う...続きを読む

Q織田信長の子孫

フィギィアスケートの織田信成さんは織田信長の子孫と言う事ですが、
信長の子孫て本当なんでしょうか。
信長の子孫は途絶えたんじゃないんでしょうか?

詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

信長の七男の子孫だということです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B9%94%E7%94%B0%E4%BF%A1%E9%AB%98_%28%E6%88%A6%E5%9B%BD%E6%AD%A6%E5%B0%86%29

Q戦国無双・戦国バサラ・三国無双・無双オロチ・・何が一番?

戦国無双・戦国バサラ・三国無双・無双オロチ・・・の中で、
何が一番面白いですか?(PSP版)
どんな違いがあるのかわかりません。

教えてください。

Aベストアンサー

ざっと説明しますと
「激・戦国無双」
基本はPS2版の戦国無双と同じ。けれどタクティカルパートの部分で面白いかどうか個人差があります。キャラは戦国時代のキャラがメインです。

「戦国バサラ」
まだ発売していないのでなんとも言えませんが、基本はPS2版とおなじはず。戦国無双、無双オロチ、三国無双とはメーカーが違うためシステムが違います。こちらはどちらかというとアニメが好きな女の子向けで有名な声優を起用しているのが特徴です。またこちらの方が現実離れいている点が多いです。しかし基本は育成アクションゲームです。キャラは戦国時代のキャラがメインです。

「三国無双」
基本はPS2版の三国無双ですが、やはりタクティカル部分が気に入るかどうかで左右されます。キャラは三国志時代のキャラがメインです。

「無双オロチ」
激・戦国無双や三国無双と違い、PS2版のものをほぼそのまま移植しています。そのためタクティカル部分はありません。おそらく上記の3タイトルよりもキャラが多いためボリュームが大きいです。個人的にPS2版では上記のタイトル中一番でした。今出ているPSP版のものの中でも
一番面白いです。欠点としてはストーリーが歴史を完全に無視しているところです。キャラは戦国と三国のキャラがどちらも登場します。

結論としては戦国無双、三国無双を買うなら無双オロチを買うべきだと思います。個人的にバサラよりもいいと思います。
また、無双オロチに+αされた無双オロチ魔王再臨の方がもっと面白いです。αの部分は若干のシステム変更とキャラ追加です。

ざっと説明しますと
「激・戦国無双」
基本はPS2版の戦国無双と同じ。けれどタクティカルパートの部分で面白いかどうか個人差があります。キャラは戦国時代のキャラがメインです。

「戦国バサラ」
まだ発売していないのでなんとも言えませんが、基本はPS2版とおなじはず。戦国無双、無双オロチ、三国無双とはメーカーが違うためシステムが違います。こちらはどちらかというとアニメが好きな女の子向けで有名な声優を起用しているのが特徴です。またこちらの方が現実離れいている点が多いです。しかし基本は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報