表通りを嫌い裏通りが好きになり、裏通りを彷徨う様になっに歩いていた「私」は、表通りでも裏通りでもなく、キッチュともいえる奇体な京極を下っていきます。このような「私」の変化は「檸檬」によってもたらされたものですが、「私」にとって「檸檬」はどのような意味をもったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「檸檬」の一節でこう書かれています。



実際あんな単純な冷覚や触覚や嗅覚や視覚が、ずっと昔からこればかり探していたのだと言いたくなったほど・・・・云々

昔から漠然と梶井の求めていたものであったと推測できます。檸檬に出てくる「私」とは勿論、梶井自身の事ですが、梶井はこの檸檬を書いた当時、「肺病」にかかっています。梶井にとっては「昔から漠然と探してきたもの」であり、同時に「安らぎ」だったと思います。当時は肺病は不治の病でした。ですからその檸檬に安らぎを求め、同時に自分の命が爆発する様な衝動に駆られ、丸善の本の上にチョコンと置き爆弾に見立てたと思います。

書いた本人にしか分からない「檸檬の意味」ではありますが、作品全体から察するに、上記の様な意味合いだったのだろうと思われます。
    • good
    • 4

非日常を生み出した、ということでしょう。


毎日同じ生活をしてその退屈さに辟易していた作者は、
まずレモンのもつ生命力のみずみずしさに惹かれます。
そしてそれを丸善の本の上に置き新鮮な空間を作りだし、さらにそれを置き去りにする行為が、それが病んだ精神によい刺激となり、心がうきうきしたということだと思います。
    • good
    • 3

うつ状態にあった「私」にとっての「檸檬」の意味を教えることはできないが、


それとは別にして、我が校では考査におけるこのような不正は決して許されることではない。
だから、きみのような自分で解答を考えない生徒の現代文の中間考査は0点とする。
よく反省し、今後このような不正を断じて行わないように。
    • good
    • 5

梶井基次郎の「檸檬」では、なぜ丸善を爆破しようとしたのか。


http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1183598.html

梶井基次郎作品「檸檬研究」
http://contest.thinkquest.jp/tqj2000/30191/index …
    • good
    • 2

それは小説に書いてありますよ。


面白い事をしたから面白い気分になって変わった行動をとった
ということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

表通りと裏通りは対象的な存在に位置づけられているように思うのですが、「キッチュで奇体」な京極はそれらに対して何を象徴しているのか教えていただけませんか?

お礼日時:2008/05/13 21:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q梶井基次郎「檸檬」の中の”瀬山極”・・・

梶井基次郎の「瀬山の話」の中の挿話「檸檬」の中に登場する”瀬山極”という名前は何て読むんですか?

本には「ポール・セザンヌをもじった」と書いてあったので、”せざん ぽーる”と読むのか、そのまま”せやま きわむ”と読むのか気になります。

学校の課題で必要なので、困っています。
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

…学校にいると、なんにでも「正しい答え」がつねにあるように思わされるので大変ですね(^ ^)

「答え」を知ることも大事だけど、相手が納得する理屈を見つける練習が大事なんですね。

“瀬山極”は“せやまきわむ”でしょうね。タイトルは「せやまのはなし」でしょ?

教科書(?)にはお節介にも「ポール・セザンヌをもじった」なんて書いてあるけど、作品として発表する場合は注意書きなんかつけませんよね。

もともとは作家のウィットですよ。セザンヌの名前も作中に出しているし、気がついた人がにやりとして喜べば成功ということでしょう。

だからまずは“せやまきわむ”と読まされて、気が利く読者は「なんだ、セザンヌか」と笑う。そうしたらこんどは“セザヌ ポール”と読んで遊ぶこともできます。

学校でおそわると「遊び」もかたっくるしいね。

Q「しゃっしゃり」の意味わかる方いますか?

子供に子守唄を歌っていてふと思ったのですが・・
「しゃっしゃり」とはどういう意味でしょう??
色々調べたのですが出てきません。
出てくる歌の歌詞はこんな感じです。

「ねんねこ しゃっしゃりませ 寝た子の可愛さ
起きて泣く子の ねんころろん つら憎さ
ねんころろん ねんころろん」

また、他にも時代劇などで
「火の用心~しゃっしゃりましょう~」
と言ってるのですが・・・

どなたかわかる方いらっしゃりましたら
お願いします。気になって仕方がないので・・

Aベストアンサー

専門家じゃないんですけど…
しゃっしゃりの最初の「しゃ」は「さ」だと思うのです。
「さっしゃりましょう」→「なさいましょう」→「なさいますように」あたりじゃないかと思います。
「火の用心をなさいませ~」と拍子木を叩きながら自身番の夜回りの人が声かけて歩くんですよ。私も小さい頃下町の祖母の所に泊まるとよく聞きました。

子守歌のほうは
「早く寝付いてちょうだいね、眠って静かになったらかわいいのに、起きて泣きわめいているときはほんとどうしたらいいかわかんない(こ憎たらしい?)だからイイコだから早く眠ってちょうだいな」
昔の子守という仕事を分担したのが、家族の中なら小学生くらい、お手伝いさんや子守さんとして雇われてくるのも10才前から15才くらいの子供のの仕事だったと考えると、意味はこんな感じじゃないかなと。

Q梶井基次郎『檸檬』 「中山寺の星下り、花合戦、枯れすすき」とは?

梶井基次郎の『檸檬』に、
「私はまたあの花火という奴が好きになった。花火そのものは第二段として、あの安っぽい絵具で赤や紫や黄や青や、様ざまの縞模様を持った花火の束、中山寺の星下り、花合戦、枯れすすき。それから鼠花火というのは一つずつ輪になっていて箱に詰めてある。そんなものが変に私の心を唆った。」(『ちくま日本文学全集 梶井基次郎』より)

とあります。

この文中の「中山寺の星下り、花合戦、枯れすすき」とはどのようなものでしょうか。

書籍によっては語句注釈があるかと思い、複数のテキストを確認してみたのですが、注釈のあるものが少なく、付いていてもこの部分の説明はないものばかりでした。(この後に出てくる「びいどろ」や「南京玉」などには付いていたのですが。)

前後の文章から察するに、花火の種類(図柄?)かな?と思うのですが、うまく想像できません。
ネットで検索もしてみましたが、検索のかけ方が悪いのか、そもそもの(花火の種類という)前提が間違っているのか、それらしいものにヒットしません。

そこでどなたか、ここに登場している「中山寺の星下り、花合戦、枯れすすき」が何(どのようなもの)であるか知っている、もしくは、これらの解説が載っている書籍やサイトなどを知っているという方がおられましたら、どうぞお教えください。よろしくお願いします。

梶井基次郎の『檸檬』に、
「私はまたあの花火という奴が好きになった。花火そのものは第二段として、あの安っぽい絵具で赤や紫や黄や青や、様ざまの縞模様を持った花火の束、中山寺の星下り、花合戦、枯れすすき。それから鼠花火というのは一つずつ輪になっていて箱に詰めてある。そんなものが変に私の心を唆った。」(『ちくま日本文学全集 梶井基次郎』より)

とあります。

この文中の「中山寺の星下り、花合戦、枯れすすき」とはどのようなものでしょうか。

書籍によっては語句注釈があるかと思い...続きを読む

Aベストアンサー

Robert Ulmerという人の英訳です。質問者さん同様に「花火の名前」と解しているようです。

I also found solace in gazing at packages of cheap fireworks. Some came in garish striped bundles of red, purple, gold, and blue and had names like ‘Falling Stars of Chusanji Temple’, ‘Flower Wars’, and ‘Withered Pampas’. Others, called ‘rat firecrackers’, were stacked like pinwheels in a box. Things such as these held a strange appeal.

Qミニョン〜君よ知るや南の国檸檬の花咲き〜の全文を教えて

森鷗外の「於母影」所収のゲーテ詩が本邦初訳に
近いのでしょうか
日本人の人口にも膾炙したようですね

「ヴィルヘルム・マイスターの修行時代」を読む
内、神秘的な妖精 Mignon が登場して来ました

訳者ごとに異なるのは当然ですが
最もポピュラーなオーソドックスな文語訳を
教えてください
お願いします。

Aベストアンサー

鴎外の訳の全部が見つかりました。

  ミニヨンの歌

    其一
レモンの木は花さきくらき林の中に
こがね色したる柑子は枝もたわゝにみのり
青く晴れし空よりしづやかに風吹き
ミルテの木はしづかにラウレルの木は高く
くもにそびえて立てる国をしるやかなたへ
君と共にゆかまし

    其二
高きはしらの上にやすくすわれる屋根は
そらたかくそはたちひろき間もせまき間も
皆ひかりかゝやきて人かたしたる石は
ゑみつゝおのれを見てあないとほしき子よと
なくさむるなつかしき家をしるやかなたへ
君と共にゆかまし

    其三
立ちわたる霧のうちに驢馬は道をたづねて
いなゝきつゝさまよひひろきほらの中には
いと年経たる龍の所えがほにすまひ
岩より岩をつたひしら波のゆきかへる
かのなつかしき山の道をしるやかなたへ
君と共にゆかまし

Q梶井基次郎の檸檬

梶井基次郎の檸檬を読んでいるのですが、よくわからない表現があります。

何か華やかな美しい音楽の快速調の流れが、見る人を石に化したというゴルゴンの鬼面――的なものを差しつけられて、あんな色彩やあんなヴォリウムに凝り固まったというふうに果物は並んでいる。青物もやはり奥へゆけばゆくほど堆高く積まれている

という部分です。

「華やかな美しい音楽の快速調の流れ」=主人公にとって美しいと思える果物

「見る人を石に化したというゴルゴンの鬼面的なものを差しつけられて、あんな色彩やあんなヴォリウムに凝り固まったというふうに」=後に書いてある「青物もやはり奥へゆけばゆくほど堆高く積まれている」ということから「美しい果実(いくつかの量)が石化したように積まれている」

ということでよいのでしょうか?
教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

たしか、京都寺町にある果物屋の陳列光景でしたね。
この陳列台は急斜面になっていたはずで、そこを思い浮かべながら解釈されるとわかりやすくなるように思います。

「華やかな美しい音楽の快速調の流れ」
=主人公にとって美しいと思える果物【の陳列状況】
だろうと思います。
つまり、斜面が急なので今にもそれぞれの果物が転がり落ちそうな危うい印象のまま陳列されている、という動的なニュアンスを「快速調の流れ」と表現したのでしょう。

「見る人を石に化したというゴルゴンの鬼面的なものを差しつけられて、あんな色彩やあんなヴォリウムに凝り固まったというふうに」
=そのような危うさの中に陳列されているにも拘わらず落ちないのは、
「見る人を石に化したというゴルゴンの鬼面――的なものを差しつけられ」
「あんな【鮮やかな】色彩やあんな【不安定なままの】ヴォリウムに凝り固まった」
とでも思いたいぐらいである。

ということでしょう。
「青物もやはり奥へゆけばゆくほど堆高く積まれている」
という箇所は、あくまで、青物も果物のような陳列のされ方をしている、という付随的な描写に過ぎないと思います。
 

たしか、京都寺町にある果物屋の陳列光景でしたね。
この陳列台は急斜面になっていたはずで、そこを思い浮かべながら解釈されるとわかりやすくなるように思います。

「華やかな美しい音楽の快速調の流れ」
=主人公にとって美しいと思える果物【の陳列状況】
だろうと思います。
つまり、斜面が急なので今にもそれぞれの果物が転がり落ちそうな危うい印象のまま陳列されている、という動的なニュアンスを「快速調の流れ」と表現したのでしょう。

「見る人を石に化したというゴルゴンの鬼面的なものを差...続きを読む

Q「以上以下」と「以外」の「以」の意味の違い

たとえば
「5以上」「5以下」の場合、5を含みますが
「5以外」の場合、5は含まれませんよね。

この場合、「以」の意味合いはどうなのでしょうか。
「外」に意味があるのでしょうか。

Aベストアンサー

> 「外」に意味があるのでしょうか。

そのとおりです。
「以」にはいくつかの意味がありますが、「以上・以下」の場合も「以外」の場合も「以」の字の用法は同じです。【より】【から】です。

「外」の字にもいくつかの意味がありますが、ここで用いられているのは、【ある範囲のそと】です。「5以外」と書いて、【5を含む範囲よりそと】【5を含む範囲からそと】ということです。5を含む範囲とは5自身しかありませんが、熟語になった結果として、5は含まれないことになります。

一方、「上」の字は【場所・地位・順序・時間・年齢・価値・等級などの高いこと・早いこと・前方にあるもの。また、そのもの。】として用いられています。「範囲」ではありません。「ある起点よりの方向」を示し、その限界はありませんから、範囲ではないのです。「5以上」と書いて、【5より上のもの】【5から上のもの】です。5を起点としてそれから上のものですから、5を含むことになります。
「下」についても同じです。

以上のような説明で、「以」の意味は同じであることが、お分かりいただけたでしょうか。

> 「外」に意味があるのでしょうか。

そのとおりです。
「以」にはいくつかの意味がありますが、「以上・以下」の場合も「以外」の場合も「以」の字の用法は同じです。【より】【から】です。

「外」の字にもいくつかの意味がありますが、ここで用いられているのは、【ある範囲のそと】です。「5以外」と書いて、【5を含む範囲よりそと】【5を含む範囲からそと】ということです。5を含む範囲とは5自身しかありませんが、熟語になった結果として、5は含まれないことになります。

一方、「上」の字は【場...続きを読む

Q梶井基次郎の「檸檬」では、なぜ丸善を爆破しようとしたのか。

檸檬は梶井にとって、自分の手に入るほどの西洋の象徴であった。しかし、梶井にとって丸善の存在は手に負えない西洋であった。まだ見ぬ未来である丸善を前に、不吉な塊を感じた梶井は、手に負える西洋(檸檬)で手に負えない西洋(丸善)を爆破しようとしたのではないだろうか。

という風に自分は考えたのですが、言葉足らずでしょうか?
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>檸檬は梶井にとって、自分の手に入るほどの西洋の象徴であった。しかし、梶井にとって丸善の存在は手に負えない西洋であった

上記のように解釈される所以は何でしょうか?
あまりよくわかりません。多くの文学者が
西欧を向いていた頃に梶井がその雰囲気の中で活動していたことはありますが。
福永武彦は
檸檬の冒頭「『えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧へつけてゐた』は梶井の「一種世紀末的なデカダンス」を表している。それは梶井の全作品を流れる主調低音である。」と言っています。
その闇の中で唯一彼が見出した光が檸檬。
その檸檬を持って少し幸福になった私は「平常あんなに避けてゐた丸善がその時の私には易やすと入れるやうに思へた」のだが丸善に入るとその「幸福な感情は
段々逃げて行つた」画本がつまらなく見える。
それで画本を積み重ねた上に檸檬を置く。「そして
それは上出来だった」彼はそれをそのままにして丸善をあとにする。
これは「闇(不安)からのロマンティックな脱出で
ある」と評している人もいますし私もそう思います。
梶井がボードレールやセザンヌに傾倒していたのは確かですが、(檸檬は非常に絵画的)
「西欧」の観点でこの作品を捉えた評論は読んだ記憶がありません。参考までに。

>檸檬は梶井にとって、自分の手に入るほどの西洋の象徴であった。しかし、梶井にとって丸善の存在は手に負えない西洋であった

上記のように解釈される所以は何でしょうか?
あまりよくわかりません。多くの文学者が
西欧を向いていた頃に梶井がその雰囲気の中で活動していたことはありますが。
福永武彦は
檸檬の冒頭「『えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧へつけてゐた』は梶井の「一種世紀末的なデカダンス」を表している。それは梶井の全作品を流れる主調低音である。」と言っています。
その闇...続きを読む

Q「夜は短し、歩けよ乙女」

こんにちは。
「夜は短し、歩けよ乙女」を読んで、「なぜ?」と思ったことがあったら教えて下さい。考察をするとっかかりが欲しいのです。この本を読んで、女の子が可愛いとか、面白かったとか、感想はあっても、疑問が抱けなくて…。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

・いきなり無根拠に空を飛んだりする所。
・路地に三階建ての電車が走ってくる所。
・電車の中に池がある事。
・古本市の一店舗に電車が繋がっている事。
・火鍋の中から蛇とかカエルが出てくる所。
・くしゃみが竜巻になる所。
とかでしょうか? 

Q梶井基次郎 「温泉」の中の〈白い手〉は?

梶井基次郎 「温泉」の中の〈白い手〉は?

白い手にかぎ括弧が付いているのでなにか作家にとって特別な意図が
あるのでは、と思いますけれども、ご存知の方、教えてください。
いろいろ調べたら、「器楽的幻覚」という作品の中にちょこっとピアニストの白い手が出ますけど、それとなにか関係があるのでしょうか。

初めは都市に住んでいるインテリーやホワイトカラーの人たちのことを指しているのかなとも思いました。

何かご意見があったら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

質問者さまが、最初に思われたように
「白い手」は、土にまみれたことのない都会暮らしの人の手の
ことだと思われます。ピアニストは、この小説には無縁でしょう。
「白い手」の出てくる段落の前に、この山里の若者が
森林の伐採、漁業、自然薯掘り、そして山葵沢での
椎茸のぼた木作り、などの作業場面が出てきますね?
「………彼らはなにも「白い手」の嘆賞のためにかくも見事に鎌を
使っているのではない。………」とあります。
かくも見事に、とは、こうした田園での暮らしとそのための生活の知恵のことですよね?
それは「食えない!」からやっていることであって、都会の
田園で生活したことのない、土や汗にまみれたことのない「白い手」に
嘆賞して(褒めて)もらうためではない、と言っているのだと思います。

参考までね

Q平家物語の有名な始まりは「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり」ですが源氏物語の始まり又は源氏物語を教

平家物語の有名な始まりは「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり」ですが源氏物語の始まり又は源氏物語を教えてください。

Aベストアンサー

いづれの御時にか、女御・更衣あまたさぶらひ給ひけるなかに

うんぬんかんぬん


人気Q&Aランキング

おすすめ情報