女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

「」に入るものは何だと思われますか?

演繹法(前提は何か)
「   」
「この商品の小売価格を値下げした」
 →「この商品は売れるだろう」

帰納法
「旅行代理店には中小企業が多い」
「不動産仲介業には中小企業が多い」
「人材斡旋業者には中小企業が多い」
 → 「       」

A 回答 (2件)

こうだったかな…



演繹法
「ターゲットとする顧客の購買力が低下している」

帰納法
「よって、中小企業は旅行代理店や不動産仲介、人材斡旋業を営んでいるところが多い」
    • good
    • 2

地方によって特色が変わる業界には中小企業が多い

    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【勘定科目】 代理店手数料の支払いについて

業務を委託した場合、代理店手数料として受け取った分は、
「雑収入」として処理してきました。
今回、業務提携により、代理店手数料を支払うことになったのですが
この場合、弊社の処理としては、勘定科目は何になるのでしょうか?
一応「支払手数料」として処理を行っていますが、この科目が
妥当かどうかを教えていただければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

当社も支払手数料で処理しています。

予断ですが、製品や代理店別に主科目や補助科目を分けて使い分けていますが。

Q「つちのこ」を見たというウソつきな人々

「つちのこ」は、竜などと同じ、仮想の動物?です。

それを見たという人がいますが、
それの何が悪いのでしょうか?

ウソは悪いことですが、村おこしにつながるというりっぱな利益の元です。

おおげさにいえば、占い師や、霊媒師、宗教法人と同じじゃないですか?


「さあ、今日のアイスクリーム占い!、しし座のあなたは、チョコミントがいいみたい!!」

Aベストアンサー

ここにいるよ

Q保険代理店手数料の勘定科目

保険代理店手数料の勘定科目は売上ですか?
宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

質問者さんは保険代理店なのですね。
(損保等と保険代理店契約を結んでいる)

保険のコミッションとしての手数料でしたら、収入となります。
勘定科目としては、”保険代理店収入”が一般的かと思います。
(別に勘定の名前だけの問題ですから、売上としても問題ありません)

Q海外営業のスタイル「直販」「代理店」「専門店」とは

メーカー勤務です。 海外での販売スタイルとして、「直販」「代理店販売」「専門店」「量販店」とは? 海外営業で「直販」「代理店販売」という言葉をよく聞きます。どういうステップを踏んで販売しているのかよくわかりません。

直販と言うのは、海外の販売会社の駐在員が直接交渉しに行くと言うことですか?
代理店販売というのは、

「当社」⇒「当社の販社」⇒「販売会社が販売を自社に代わって依頼した、代理店」⇒エンドユーザ

のような、販売会社の駐在員が直接交渉に行かず、日本でいう商社のような業者に中間マージン?委託手数料?を支払って委託して、その商社みたいな業者に、販売会社に代わって販売してもらうことでしょうか?

専門店、量販店とは

「当社」⇒「当社の販社」⇒「販売会社が販売を自社に代わって依頼した、代理店」⇒
⇒「専門店・量販店」⇒エンドユーザ

のような、販売会社の駐在員が直接交渉に行かず、日本でいう商社のような業者に中間マージン?委託手数料?を支払って委託して、さらにその商社が量販店や専門店を探し、その量販店や専門店に販売会社に代わって販売してもらうことでしょうか?

自分でもよくわかりませんが、ご存知の方回答よろしくお願いします。

メーカー勤務です。 海外での販売スタイルとして、「直販」「代理店販売」「専門店」「量販店」とは? 海外営業で「直販」「代理店販売」という言葉をよく聞きます。どういうステップを踏んで販売しているのかよくわかりません。

直販と言うのは、海外の販売会社の駐在員が直接交渉しに行くと言うことですか?
代理店販売というのは、

「当社」⇒「当社の販社」⇒「販売会社が販売を自社に代わって依頼した、代理店」⇒エンドユーザ

のような、販売会社の駐在員が直接交渉に行かず、日本でいう商社のような業者...続きを読む

Aベストアンサー

 業種によって幾分違いがあるのかもしれません。ただ、わたくしが某メーカー系企業の商事部門に所属していた時分にいろいろ見てきた販路形態について書かせて頂きます。

「直販」

 これは文字通りメーカー系の商事部門、つまりご質問者様がお書きの「当社の販社」が直接一般カスタマーに販路を直結することを意味します。ネット用のセキュリティソフトや外資系保険会社のダイレクト契約方式のようにネットを通じて商品を売る方式などがこれに相当します。こうした直販方式では次に説明する代理店制度などルート販売では避け得ない中間マージンを節約できますが、販路そのものは自社で開発せざるを得ないことにもなります。

「代理店」

 これは他国でも日本国内でも古くから行われてきたルート販売方式です。最も複雑なものでは、「総代理店」の傘下に「代理店」があり、代理店ほど取引量が多くない特定取引先として「特約店」があったりり、そしてその末端に「小売店」があるといった傘状の構造になります。総代理店や代理店は大口注文だけを扱い、小売りやバラ売りを控えるいった慣習も見られますが、それは末端の小売店などが中間マージンを掛けられて結果的に仕入れ価格が高めになってしまい競争力が低いことを考えてのことです。しかし、今日ではそれもはたして守られているかどうか、実情は仁義なき戦い…のように見えますが。

 業種、業態によっては「総代理店」が無いこともすくなくありません。とにかくメーカー側とカスタマー、つまり一般消費者の間に、「売ってあげるよ…」と介在しているのが「総代理店」「代理店」あるいは「特約店」といった販売代行業であるということです。これらの代行には、ただ売るということだけでなく、リコールやアフターサービスの際に、メーカーにとってはバリアーの役目も期待できます。

 代理店に似た販路として、アムウェイなどに見る構造も興味深いものです。アムウェイ社では代理店を一切使いませんし、宣伝コストなども使いません。商品はすべてディストリビューターと呼ばれる販売員のPRと販売によってのみ流通します。ディストリビューターは自分の傘下にさらに複数のディストリビューターを抱え、自分の成果はもちろんのこと、傘下の彼らが売り上げた分についても、親のディストリビューターに分配金が入るという方式です。わが国では、その組織構造から、ともすればねずみ講と間違えられますが、実際はいたって巧く出来た合法的なものですし、同社は全米の優良企業でもあります。

「量販店」

 量販店の生い立ちにはたくさんのエピソードがあります。中でも注目すべきは次のようなことです。今から半世紀ほど前、それまでの複雑な代理店システムと、その間で取られてしまうマージン、結果的にカスタマーはその分だけ高い価格で商品を買うことになります。

 では、なぜそこまでして代理店を販路に挟むのか…、それは、さすがに代理店にふさわしい販売企業ともなると、その先の販路や人脈なども広く持ち、専門知識にも詳しく、こと販売やアフターサービスなどについての能力がメーカーや商事部門の実力よりも高かったからです。ですが、時代の流れの中で、市場もすこしずつ変わりました。たとえばマイカーの普及、あるいは一般カスタマーの商品知識の向上、流通運送のスピードアップ、スーパーマーケットの普及と大型化、アフターサービスそのものの企業化の傾向エトセトラ。

 そして他方、メーカー側でも、同業他社とのし烈な販売戦争の中で、代理店に吸い取られるマージンが無視できなくなっていったこと、さらには量産によってコストダウンを下げるという時代に入ったことと、その結果の生産過剰の傾向。このように、メーカー側は過剰な在庫を抱え、市場はすこしでも安く商品を手に入れたい、こうした動向が顕著になり始めました。

 そうした事情を目ざとく察知したのが、それまでは小規模ながらややバッタ屋的なディスカウント商売をしていた一部の商店でした。日本の例で言えば、家電なら秋葉原のディスカウント専門店、あるいは時代とともに次第に斜陽になっていたカメラ関係の専門店、彼らは元々質流れや担保として流れた商品を買い叩いて安めに販売していたものですが、彼らが目をつけたのは、いっそのことメーカーや、在庫を抱え儀た代理店などから商品の一括大量仕入れをし、それによるディスカウント販売。

 こうした販売方法は、その創生期、当然のことながら、代理店からは商流を乱すものだと猛反発を受け、小売店は価格的に競争できないとして苦情を連発し、メーカーは値崩れを警戒して消極的だったと言います。しかし、結果は今日に見る通り。まさに大量仕入れで廉価販売。むしろ今日ではメーカーもそうした販路に協力的だと言われています。一方、一般カスタマーたちはクルマで来店するし購入した商品もそのまま持ち帰る、こうした量販店はいまや家電やその他の分野で当然の販路を確立したのです。

「専門店」

 これは文字通り、ある種の商品群を集中して専門的に扱う店舗のことです。店の性格としては代理店や特約店であったり、末端の小売店であったり、あるいはメーカーや商事部門の直営店や、あるいはアンテナショップであったりしますから、販売ルートの上での呼称とはまだひとつ別の角度の言い方と言っていいと思います。

「ライセンシー」

 これらの販売ルートについては、日本国内でも、海外でも、構造的には大差ありません。ただし、国によっては、総代理店(ソールエージェント)や代理店(エージェント)などの力関係が高く、また政府などに取り入って確かな人脈を作り上げているなど、なかなか彼らを無視できないこともすくなくありません。

 最後になりますが、海外市場を考える際にはもうひとつ「ライセンシー」という関係もあります。文字通り製品の現地生産のライセンス契約を交わした企業、中には製品開発のノウハウまでもを公開することもありますが、このようにして現地での生産を任せ、また、それを現地や近隣国での販売ルートに乗せるいった方式をさして言います。現地のことは現地の者が一番詳しい、これもまた企業にとってはメリットと言えるでしょう。

 深夜になりまして、時間が足りず、十分に説明できませんでしたが、この程度で失礼します。乱文ごめんなさい。 

 業種によって幾分違いがあるのかもしれません。ただ、わたくしが某メーカー系企業の商事部門に所属していた時分にいろいろ見てきた販路形態について書かせて頂きます。

「直販」

 これは文字通りメーカー系の商事部門、つまりご質問者様がお書きの「当社の販社」が直接一般カスタマーに販路を直結することを意味します。ネット用のセキュリティソフトや外資系保険会社のダイレクト契約方式のようにネットを通じて商品を売る方式などがこれに相当します。こうした直販方式では次に説明する代理店制度などルー...続きを読む

Q生命保険の代理店手数料

私自身は保険業界の人間ではないのですが、ある事情で保険代理店のビジネスプラン(BP)を書かなければなりません。他店舗展開のBPではありませんが、アドバンスクリエイトさんやライフプラザホールディングスさんをベンチマークとして複数保険会社の代理店を模索しております。ただ、意向としては第1分野を中心に、第2分野、第3分野に広げたいのですが、損保の保険料は、ここのほかの質問にもあり想像しやすいのですが、生保の第1分野の代理店手数料に関しては不明なことが多く皆様にお伺いいたします。さらに、第3分野代理店手数料に関してもよくわかりませんので、教えていただければ幸いです。また、バリエーションが多くて一概にはコメントできないのでしたら、典型的なパターンをいくつかあげていただき、その場合ならこれくらいとお教えいただければ幸いです。素人質問ですみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

何社か聞いたことがあります、L字払いで初年度30-50%位、平準払いで20-25%くらいでしょうね。

Q「セールスは断られたときに始まる。」というのは嘘だと思うのですが

「セールスは断られたときに始まる。」と指導する会社があるそうですが、訪問先が忙しいときにセールスをされたり、一度断っても何度も訪問されると、甚だ不愉快です。このような言葉は、死語だと思うのですが、実際にセールスをしている方はどのようにお考えですか。お教えください。

Aベストアンサー

こんにちは。

人事で実務や教育研修などの実務を担当してきた者に過ぎません。

具体的に教育研修などでよく言われることかもわかりませんが、特にセールス営業職などはいまだに成果主義的な結果や業績優先の評価が多いので、売り上げや数値責任が要求される以上、成果を上げようと必死にならざるを得ない状況下にあることが多く要求される面が非常に多いと思います。

断れられた時に始まるということは、恐らく失敗してその失敗から次に再び失敗をしない、また成功へ結びつけるという意味でそう言っている可能性があると思います。
あまりに成果や数値責任だけで評価されがちかと思いますので、どうしても人により、相手の立場になって商いを行うといったことがつい忘れがちになることもあり、そういった意味でご質問のような状態になる面もあると思います。

失敗は成功のもと、的な考えもあるかも知れません。
しかし最も肝心なことは、売る商品に心から惚れ込み、相手つなりお客様にいかに満足してもらうということが肝心かと思います。

参考程度にでもなれば幸いです。

Q保険代理店からの手数料受取りについて

私の勤めている不動産会社は、顧客から生命保険の相談を受け、提携している代理店に紹介して、手数料の半分を受け取る仕組みを検討しています。
会社は損保の代理店登録はしていますが、生保の登録はするつもりはありません。
保険の説明は提携代理店に任せるつもりですが、それでも法律違反になるならやめたいと思っています。
保険業法の文章ではよく理解できないので、どなたか詳しい方おしえてください。

Aベストアンサー

損保子会社の生保ですが、生保の代理店登録をしていなくても、紹介代理店という制度があります。
たぶん、生保代理店にお客様を紹介するという代理店として登録をされてるのではないでしょうか。
そうだと、お客様を紹介して成約されれば手数料が支払われますから違法ではないと思います。

Q「預金」と「預貯金」の使い分け

こんにちは。よろしくおねがいします。

「預貯金」という言葉は、どのようなニュアンスで伝えるときに「預金」に替わって使うのでしょうか?

もしくは、どのように使われているとお思いでしょうか?

Aベストアンサー

郵便局(郵政公社)に預けるのが「貯金」
銀行に預けるのが「預金」
両方あわせて「預貯金」

Qアフィリエイトの代理店って実際いくらの手数料なの?

今、アフィリエイトを貼ってお小遣い程度ですけど収入があります。

そこで疑問なのですが、現在、1件加入すると1000円入るようになっているのですが、1件につき広告代理店はいくらくら儲かってるのでしょうか?つまり、広告主は1件につきいくら代理店に払っているのでしょう・・・?
なんだか代理店なしで、直接広告主と契約した方が私も広告主も代理店の手数料(儲け)がいらない分、メリットがあるような気がします。

ご存知の方おられましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

アフィリエイトの代理店には2種類あります。
アフィリエイトASP型の代理店と
個別契約型の代理店です。
アフィリエイトASP型はバリューコマースやA8などを代表とするシステムによって自動化されたASPシステム型のものです。一般のアフィリエイターはこういったアフィリエイト型の代理店を利用します。
次に個別契約型の代理店ですが、ある程度まとまった売り上げを上げることが出来るアフィリエイターに対して広告予算的にアフィリエイトASPを使うほどでもないが宣伝をした広告主を紹介します。ここでの仲介料は業界にもよりますが2割~3割、1次代理店、2次代理店と絡む場合は最終的に3割~4割になる場合もあります。

そして、より広告宣伝力のあるアフィリエイターや企業の運営する宣伝力のあるサイトは広告主と直契約をする場合もあります。広告主がアフィリエイトシステムを所有している場合はアフィリエイト、ない場合は月極広告やクリック保障広告などを出します。

1件加入すると1000円入る広告で月50件以上入る程度の広告枠を数件持っている程度で広告主によっては直接交渉可能です。

アフィリエイトの代理店には2種類あります。
アフィリエイトASP型の代理店と
個別契約型の代理店です。
アフィリエイトASP型はバリューコマースやA8などを代表とするシステムによって自動化されたASPシステム型のものです。一般のアフィリエイターはこういったアフィリエイト型の代理店を利用します。
次に個別契約型の代理店ですが、ある程度まとまった売り上げを上げることが出来るアフィリエイターに対して広告予算的にアフィリエイトASPを使うほどでもないが宣伝をした広告主を紹介します...続きを読む

Q「中国国内」と「中国域内」の違い

中国関連のビジネスで、「中国国内」と「中国域内」、言葉としてどのように使い分けられているのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

中国域内の言葉は、日本語です。中国語上、普通そう言わないと思う。代わりに、「中国境内」です。「中国国内」の意味:政権が管轄できる範囲(主に国土のことを指す)。「中国境内」は、中国の領土(空、沿海を含む)。定義上、「中国境内」は、「中国国内」より面が大きい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報