『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ピティナ・ピアノコンペティションの「グランミューズ部門」のカテゴリーB2(40歳以上のアマチュア)に参加したいと思っています。
私は高校生までピアノを習ってきましたが、その後は自分で趣味で弾いている程度で、コンクールというものに出るのは、小学生以来です。
その程度のものが、いくらアマチュア部門といってもコンクールに参加していいのか、また演奏曲目も迷っています。
いくらアマチュア部門といってもやはりレベルが高いのでしょうか?
参加者は、クラシックではどの程度のレベルを弾いているのでしょうか?
ちなみに、私は荒い演奏になってしまいますが、高校時代は、ベートーベンのソナタ、ショパンのエチュ-ドをちょっとかじったくらいで、もし、コンクールにでるのなら、ショパンのワルツか、ノクターンぐらいで余裕をもって弾きたいと思っています。
参加した方や、関係者の方、何かアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ステップとは、PTNAで行っているピアノ演奏(アンサンブルやピアノ以外も含む)の発表の場です。

ステップの段階表(23ステップ)にある曲で申し込みもできますが、自由曲で、(フリーステップ)時間で申し込みもできます。季節は問わずあちこちで行われています。大人の方は大人のコーナーがあってそのとき弾くのが普通です述べる。
演奏の前に、演奏者の書いたコメントが読み上げられ(書かなくてもいいです)アドヴァイザー3人が、聴いた感想や、アドヴァイスなどを書いてくださいます。詳しくは下のHP から。わからないことがあったら要綱を取り寄せてそこに電話すると答えてくださいます
http://www.piano.or.jp/step/youkou/gaiyou/
    • good
    • 0

私は、この部門の審査員をやっています。


さまざまな人が、さまざまな曲を弾いています。中には、あまり知られていない曲を発掘して弾く人もいれば、自分の技術で出来る範囲のものを弾く人もいます。中にはシューマンの「アラベスク」のような、いわゆる技術的な難易度の高くない曲で、予選を突破した方もいらっしゃいますので、無理をせずに丁寧に弾くと思います。
いきなりコンペティションに参加されるのもいいですが、PTNAのステップに参加されたり、あるいは実際にコンクールを見学されたりしてから取り組まれてもいいかと思います。ステップにはおとなの部門もあり、コメントで「コンペに挑戦したい」と書くと、おそらくアドヴァイザーの先生方(私もやっています)がコンペに参加するレベルを想定してコメントしてくださいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
今年は、あまり練習する余裕もないので、悩んだ結果、とりあえず見学してみることにしました。
見学してこれなら自分でもいける!と思ったら、来年チャレンジ゛してみたいと思います。
ちなみに「ステップ」というのは、何のことでしょうか?

お礼日時:2008/07/04 19:41

参考意見になるかどうか分かりませんが


私は以前審査員をしておりました。
その頃「グランミューズ部門」が出来たのですが
兎も角審査は大変なので、申し訳ないと思いながら
それまで審査しなくてはならないしがらみがなくなりましたので
辞退した次第です。

そこからの経験から申し上げて
何を弾いてもかまわない、気になさらないのが
よろしいと思います。
そもそも中年のピアノを弾く方の楽しみの機会を提供するという
主旨で出来ましたもので
皆様の輪が広がることがこのコンクールの目的です。

どうぞ頑張ってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

審査員をされていた方からのアドバイスとは、大変ありがたいです。
子供のころの発表会だと思って、自分のモチベーションをあげる目的で参加してみたいと思います。(子供の頃の発表会は発表会で大変緊張しましたが)
今は、ショパンのワルツホ短調(遺稿)を弾こうかなと思っています。
ショパンのワルツの中では、短い曲中に強弱があって、結構好きな曲なので・・・中学校時代に発表会でも弾いた曲ですし。
最後の部分が結構難しいので、ミスしないように今から練習したいと思います。

お礼日時:2008/05/15 22:13

聞いた話ではショパンの「英雄」やエチュード、ノクターンあたりを演奏する人が多いみたいです。



確かにグランミューズ部門は音楽大学で専門に学んでいないアマチュアを対象とはいえ、かなり弾ける人もいるようです。が、マイペースで臆することなくコンクールの雰囲気を味わうだけでも価値があると思いますので、まあ気楽に(といってもある程度緊張はするし、程よい緊張感も演奏には必要です)同じ音楽仲間達との交流の場と思って参加されるといいのでは?と思います。



是非、良い思い出を作ってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり結構レベル高いんですね。
「英雄」やエチュードは、学生時代は発表会で弾いたことはありますが、今は人前で弾くレベルじゃあないですね(汗)
ノクターンあたりにしようかと思います。
今年はまず見学にいってから、来年参加、ということも考えてしまいますが、思い立ったが吉日(?)ですからね。
頑張ってみます!!

お礼日時:2008/05/15 09:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中上級くらいの曲を弾くのによいアマチュアピアノコンクールはありますか?

こんにちは。
ピアノ歴25年の女性です。
ピアノは趣味でずっと弾いていましたが、最近コンクールに出たいなと思うようになりました。

東京国際アマチュアコンクールB部門、大阪国際音楽コンクールアマチュア部門あたりを考えているのですが、コンクールは出た事が無いので、どういう曲がよいのか感覚がつかめず、質問しました。
余り指が回るほうではないので、難しい曲を弾くよりも、中上級くらいの曲をしっかりと弾きたいなと思っています(もちろん難しい曲をしっかり弾ければそれがベストなのですが)。そういう難易度のコンクールがあるとよいのですが、そのようなコンクールはありますでしょうか?

レパートリーは下記の通りです。
できればこれでコンクールに臨めたらいいなと思っている曲:
モーツァルト、きらきら星変奏曲
シューベルト、即興曲Op.90-3
ドビュッシー、グラナダの夕べ パスピエ
ショパン、即興曲1番 幻想即興曲 エチュードOp.25-1,5 バラード3番

背伸びしてなんとか弾ける曲:
ショパン、バラード4番 ポロネーズ5番 エチュードop.10-2
ドビュッシー、喜びの島
ラヴェル、水の戯れ

本来はピティナステップで様子見したり、コンクールを観覧するなど研究すべきとは思うのですが………かなり僻地に住んでいるのでなかなか東京などには行けず……よろしくお願いします。

こんにちは。
ピアノ歴25年の女性です。
ピアノは趣味でずっと弾いていましたが、最近コンクールに出たいなと思うようになりました。

東京国際アマチュアコンクールB部門、大阪国際音楽コンクールアマチュア部門あたりを考えているのですが、コンクールは出た事が無いので、どういう曲がよいのか感覚がつかめず、質問しました。
余り指が回るほうではないので、難しい曲を弾くよりも、中上級くらいの曲をしっかりと弾きたいなと思っています(もちろん難しい曲をしっかり弾ければそれがベストなのですが)。...続きを読む

Aベストアンサー

ホールなどで、物凄く神秘的に響くのが、ワーグナー=リストのイゾルデ愛の死だと思います。しかも女の人が弾く方が表現的にも合っている気がします。 
 コンクールって、みんな派手な曲を弾きたがるのですが、レパートリーを見ると、そういうの好みじゃなさそうなので、これがいいかなと思いました。
 深い音楽を追求するなら、ショスタコーウ゛ィチのプレリュードとフーガの24番のdmollの曲かな。

技術的には、レパートリーくらいのレベルで弾けますが、音楽的にかなり高度なのは、サンサーンス=リスト=ホロウ゛ィッツの死の舞踏です。リストとかと違い、これを普通に弾いても全然ウ゛ィルトーゾに聴こえません。音楽性が共なってこそ、聴衆は「すごーい!!!」と感動してくれます。だから、音楽性を磨きたいのなら、こういう曲を弾くのも良いと思います。

Qピアニストの性格の共通点(?)

このカテゴリーでよろしいんでしょうか?
たとえば、楽器奏者でオーボエ奏者は気難しく風変わりで
いつもリードを削っているとか(オーボエの方大変失礼いたして申し訳ありません)、楽器独特の演奏者に与える(要求する?)特徴みたいなものがあると思います。

ピアニストの性格の共通点(?)というようなものがありましたらば教えてください。
要領の悪い質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

こんにちは。
勉強中の音大生ですが、ちょっと興味のある質問だったので、回答したいと思います。

これに類する本が出ていますが、僕はどうかと思っています。
世界中のプレイヤーがこの分類になってるとは思えませんし、実際にこの分類のような性格だったとしても、なぜそうなるのかが明確ではないあさはかなモノのような気がするのです。
自分はトランペットですが、目立ちたがりだとか酒豪だとかいろいろ書かれてますけど、決してそんな気はしてません。純粋に楽器が好きで上手くなろうと努力していろいろと考えていれば、気付くことや壁がいっぱいあるわけですよ。個々の楽器にそれぞれの問題があると思うのですが、それに対しての対処の仕方などや反応が、性格として見なされてるだけな気がするんです。
しかもそう言うたぐいの話を好むのもやはり日本だけらしいのです。
実際に世界の奏者はみんな謙虚で常に上を目指している努力家ばかりです。
失礼ながら僕は日本のプレイヤーは自意識過剰な人や、今の状態を維持することばかりで、上を目指して冒険することができない人が多すぎる気がします。
kouraさんに対して言ってるのではありません。自分を含め、楽器にたずさわる人間がもっと考えなければいけないことだと思うのです。

長くなりましたが、たとえその性格がぴったりはまったとしても、何の意味のないことに思えます。厳しいことかもしれませんけど、もし楽器をなさってるのであれば、もっと大切なことがたくさんあると思います。でも変わったことをするのではなく、当たり前の事を当たり前にできるようにするのがやはり大事なんでしょうね。

質問の答えになってなくてすいません。

こんにちは。
勉強中の音大生ですが、ちょっと興味のある質問だったので、回答したいと思います。

これに類する本が出ていますが、僕はどうかと思っています。
世界中のプレイヤーがこの分類になってるとは思えませんし、実際にこの分類のような性格だったとしても、なぜそうなるのかが明確ではないあさはかなモノのような気がするのです。
自分はトランペットですが、目立ちたがりだとか酒豪だとかいろいろ書かれてますけど、決してそんな気はしてません。純粋に楽器が好きで上手くなろうと努力していろい...続きを読む

Qリストのピアノ曲で…

リストのピアノ曲の中で比較的難易度の低いものを教えて下さい。
過去に弾いたことがあるのは、愛の夢・ため息のみです。
手は大きくなく、何とか9度届くくらいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

比較的難易度の低いものといっても、<ため息>を弾かれたなら、「忘れられたワルツ」や、あるいは、「巡礼の年」をぱらぱらとご覧になってみて、譜読みしたい(できそうな)ものを選ばれるというのはどうでしょうか?以下は、私自身が過去に譜読みしたもので、それほど無体でなかった(爆)と思うものです。
お役に立てば良いのですが。

参考までに、無料のオンライン楽譜サイトURL添付しておきますね。
(信頼おけるところなので、クリックしても大丈夫です(笑))

忘れられたワルツ(1番は比較的聞かれる機会もあるかと)
<http://imslp.org/wiki/Valses_Oubli%C3%A9es,_S.215_%28Liszt,_Franz%29>
巡礼の年(第1年:4番は美しい曲です)
<http://imslp.org/wiki/Ann%C3%A9es_de_P%C3%A8lerinage:_1%C3%A8re_Ann%C3%A9e:_Suisse,_S.160_%28Liszt,_Franz%29>
巡礼の年(第2年イタリア:「ダンテを読んで」は難しいですけど、1番、3番、あるいはペトラルカのソネット104番などは練習すれば何とか…と思わせるものがあります)
<http://imslp.org/wiki/Ann%C3%A9es_de_P%C3%A8lerinage:_2%C3%A8me_Ann%C3%A9e:_Italie,_S.161_%28Liszt,_Franz%29>

比較的難易度の低いものといっても、<ため息>を弾かれたなら、「忘れられたワルツ」や、あるいは、「巡礼の年」をぱらぱらとご覧になってみて、譜読みしたい(できそうな)ものを選ばれるというのはどうでしょうか?以下は、私自身が過去に譜読みしたもので、それほど無体でなかった(爆)と思うものです。
お役に立てば良いのですが。

参考までに、無料のオンライン楽譜サイトURL添付しておきますね。
(信頼おけるところなので、クリックしても大丈夫です(笑))

忘れられたワルツ(1番は比較的聞か...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング