私の母が去年、職場の男性に会社内で就業時間外でしたが、物の置き場所について
注意をしたところ、突然殴りかかられ、全治約1ヶ月の怪我(肋骨骨折)をしました。今も、痛みがあるそうです。
会社は、時間外ということを理由に何の保証もしてくれませんでした。この場合会社には何も責任はないのでしょうか?
また、母に怪我をさせた男性に対して、法的な処罰は与えられないのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 皆さんの書いているように、相手には民事刑事上の責任が請求できます。

また、会社内で、職務上のことについて注意をしたのですから、労災が適用されます。労災が適用になると、治療費だけでなく給料の日額の8割が補償されます。また、労災を使うことで、加害者と和解するものではないことをはっきり言っておきましょう。もし、会社が協力的でないのなら、直接労働基準監督署に行き、5号様式の労災申請書をもらい、事故の状況を記載した書面を添付して労災の申請をしてください。使用者側の協力がなくても受理されると思います。相手に対しては、当然慰謝料の請求もできます。

参考URL:http://www.campus.ne.jp/~labor/rootseiri/kagaiko …
    • good
    • 0

 弁護士会の法律相談や法律扶助協会(弁護士会主催)の相談を通し、民事訴訟となりますかなぁ。

相談時に損害賠償額の妥当な金額やその裁判費用はすぐに分かります。(ちなみに民事総額300万以下の場合、弁護士への着手金および報酬は24%です)また、その弁護士さんから説明されるとは思いますが、その相手が常習的にそのような行為を会社内でしていたのであれば別ですが、それ以外では管理責任を会社に対し求めるのは、難しいかと考えます。会社は学校ではないのですから。
 警察に告訴し検察の受理、裁判の開始により、民事が決定を待たずに示談という事もままありますので、まずは警察に行きましょう。但し、相手が初犯であれば、逃亡・証拠隠滅の恐れが無い場合、逮捕拘留は難しいかと思います。そして、判決に関しても、罰金刑が通常と言えるでしょう。
    • good
    • 0

とりあえず、医師の診断書を入手して、傷害罪で警察に告訴することです。


其の後で、損害賠償と慰謝料請求の民事訴訟ということになると思います。
このときは、相手の男性と会社に対してです。
時間外とはいえ、会社内で仕事に関連してのことですから会社にも責任はあるはずです。
手続は市の法律相談等で弁護士に相談されると良いでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学校でいじめた者が受ける法的処罰とは?

中一の息子が、クラスの何人かで一人の男の子に「キモイ」など嫌がることを言いながら腕をパンチしたり「面白いことをやれ」などとCMやお笑いのマネをさせたりしてしまいました。
「面白いことが出来ないならパンツを脱げ」と言ったこともあるそうです。
学校で問題になり相手の子に謝って学校の中ではでは解決したつもりだったようですが、相手のお母様が「そんなうわべだけの謝罪ではとても許せない。もし14歳になっていたら法的にも罰せられていたはず。どんな罪になるのかちゃんと調べて、理解してから謝罪をして欲しい。」と言っているそうです。
もしうちの子が14歳で法的に処罰を受けるとしたらどんな罪になるのでしょうか?
少しでも可能性のあるものも教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それぞれ、下記のような罪に問われる可能性がありそうですね。

>「キモイ」など嫌がることを言い

侮辱罪(拘留30日未満、科料1000円~1万円)

>腕をパンチ

暴行罪(2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料)

>「面白いことをやれ」などとCMやお笑いのマネをさせたり
>「面白いことが出来ないならパンツを脱げ」と言った

強要罪(3年以下の懲役)

特に

>「面白いことが出来ないならパンツを脱げ」と言った

のレベルになると、いじめられた側は相当深刻に(場合によっては一生消えない)心の傷を負うことになりかねません。
法的云々は別にしても、どれだけのことをしたのかと言う自覚を持たせる必要はあると思います。

Q将来あるし、殴り返さないんだけど、2度も殴られたらほんとくやしい、殴り返していいのはどんなとき?

将来あるし、殴り返さないんだけど、2度も殴られたらほんとくやしい、殴り返していいのはどんなとき?
前ここで質問したら、救急車をよべといわれました、だけどそれは恥ずかしいことに気がつきました。
自分は180cm98キロのマークハントと同じ体型なのです。それなのに自分より小さいやつに殴られて、イタイイタイと地元で救急車に乗ると、町でうわさのまとになります。
それに自分の顔はお坊ちゃんタイプで相手はやり返さないと思われてるのでは?と人に言われました。
やるときはやるぞというふうに示さないと殴り返さないと、このまままた殴られてしまうとおもうのです。
正当防衛は、どんなときに適応されますか?

Aベストアンサー

 正当防衛が認められるのは、自分の身が危険にさらされ、自分の身を守るために反撃する以外の方法がない場合です。反撃する以外の方法がある、反撃する必要がないのに反撃した場合は、過剰防衛になります。また、「くやしいから」殴り返すというのは、すでに正当防衛でも何でもなく、単なる暴力です。

 現行法は被害者や遺体を復讐を禁止していますので…(法制史的には刑法による処罰は復讐の国家による代行とも考えられ、復讐を国家が管理しているともいえます)…「くやしい」のであれば、警察に通報し、傷害罪で告訴すればいいと思います。

Q派遣就業、法的問題点について教えてください。

現在、大手派遣会社の派遣社員です。大学病院の研究機関に就職しています。
契約書面上では業務内容が5号:機器操作、9号:調査です。
半日は大学病院で過ごし、半日は別の病院(A病院とします。)で就業しています。
大学病院からA病院までの通勤費は、直接上司から手渡しでもらっています。
就職してから1年半くらいになります。
ここ一ヶ月は終日A病院で就業しています。

最近、さらに、新しい病院で仕事(データ集め)をしてくれと上からお願いされています。

私が心配しているのは、もし事故が起こったときに労災が降りないのはないかといった
点です。

今のような働き方を私の就業している派遣会社は把握しています。

今後のために自分を守るために関連法規を調べたいと思っています。
法的な問題点を教えてください。

Aベストアンサー

派遣会社と契約している以上、あなたは労働者ですから、労災は適用になりますので心配は無用です。

それよりも、派遣会社から大学病院へ、大学病院からA病院への2重派遣(労働者派遣法違反)になっているのではないか?そちらの方が気になりますね。一度、派遣会社に確認しておいた方がいいですよ。あなたの問題ではなく派遣会社の問題ではありますが、違反が発覚すると仕事(就労場所)を失う危険性はあります。

Q子供が殴られて怪我をしたので慰謝料を請求したい

学校での出来事です

被害者も加害者も中学2年生です(加害者は事件当時まだ13才)

給食の時間に少年AとBに呼ばれ、自分達の給食も用意してこいと言われましたが
嫌だと断り、その場を立ち去ろうとしたら少年Aに腕を引っ張られて少年Bの上に倒れ込んで
しまいました
それがきっかけで給食後に少年Bに呼び出され一方的に殴られて(被害者は無抵抗)
口の中を2針縫うなどの大怪我をしました(アザはあちこちに、、、)
全治2週間だそうです

被害者はすぐに警察に行って被害届を出しましたが
警察が言うには
加害者が13才なので注意するくらいしかできないね
とのことです(刑事事件は14才から)

被害者は少年B側に実際にかかった治療費と仕事を休んだ分の時間給と慰謝料全て含めて
20万円で示談を求めましたが(全治2週間くらいの傷害事件の相場だそうです)
少年B側は治療費と仕事を休んだ分の時間給は払うがそれ以外は払わない、
払えと言うなら弁護士を呼んで裁判をすると言ってきました
知り合いに弁護士がいるらしく、払う必要は無いと言われてるそうです
ちなみに少年Bの両親とは連絡がつかず(こちらからの連絡には出ないようにしてるようです)
親戚と名乗る女性と話をしています
親戚の女性が言うには少年Bの母親は今回の件で精神的に参ってしまい
精神科に行かせようと思っている、その時にかかる治療費はこちらが払えと言ってきています

なんとも無茶苦茶な話に思えますが、、、

学校側は特に何も言ってきません、学年主任が一言お詫びを言って終了。
校長も教頭も出てきませんでした

そこで法律に詳しい方の意見がほしいのですが
慰謝料20万円の請求は無理なんでしょうか?
これだけの怪我をしたのに大した謝罪もなく実質出費分だけ払いますよで納得しなければいけないのでしょうか?
気持ち的なことを言わせてもらうと
一方的に無抵抗の人間を理不尽な理由で暴行され、謝罪も無く実費だけ払ってやるよ的な
態度で対応されるというのは納得出来ないどころか殴りたい気分です

こういう場合どうすればいいのでしょうか?

意見を宜しくお願いします

学校での出来事です

被害者も加害者も中学2年生です(加害者は事件当時まだ13才)

給食の時間に少年AとBに呼ばれ、自分達の給食も用意してこいと言われましたが
嫌だと断り、その場を立ち去ろうとしたら少年Aに腕を引っ張られて少年Bの上に倒れ込んで
しまいました
それがきっかけで給食後に少年Bに呼び出され一方的に殴られて(被害者は無抵抗)
口の中を2針縫うなどの大怪我をしました(アザはあちこちに、、、)
全治2週間だそうです

被害者はすぐに警察に行って被害届を出しましたが
警察が言うには
...続きを読む

Aベストアンサー

子供の喧嘩でどうして一方的に殴られるのかな?
子供のころは被害者加害者ではなくやり返したけどね。で、血を見たら止めてた。

呆れかえる親の見本みたいなのが少年Bの母親ですね。
>少年Bの母親は今回の件で精神的に参ってしまい
>精神科に行かせようと思っている、その時にかかる治療費はこちらが払えと言ってきています
これでは子供の教育にマイナス以外の何物でもない。現実にこういう親がいるようになったのに暗澹たる気分です。

で、順当なのが金銭的には実際の治療費と親が休んだ分です。さらに重要なのが、Bと保護者である親が謝罪することです。それとAも謝罪すべきです。この謝罪は子供に対して悪いことをやったらきちんと謝らなければならないことを理解させる意味で重要です。
学校も教育的配慮からすれば、学年主任が詫びることは些末なことであって、重要なのはA,Bさらに被害者の少年にも悪いことをしたら詫びるということを身をもって理解させることです。
質問さんも親としては慰謝料を取ればいいということではなく、肝心なのは二度とこのようなことが無いように謝らせることを望んでいるのではないでしょうか。
先生、被害者加害者の親が教育的配慮から子供の前でどのように解決したらいいか話されたらいかがですか。

子供の喧嘩でどうして一方的に殴られるのかな?
子供のころは被害者加害者ではなくやり返したけどね。で、血を見たら止めてた。

呆れかえる親の見本みたいなのが少年Bの母親ですね。
>少年Bの母親は今回の件で精神的に参ってしまい
>精神科に行かせようと思っている、その時にかかる治療費はこちらが払えと言ってきています
これでは子供の教育にマイナス以外の何物でもない。現実にこういう親がいるようになったのに暗澹たる気分です。

で、順当なのが金銭的には実際の治療費と親が休んだ分です。さらに重要な...続きを読む

Q強盗に襲われて、反撃して殴って怪我させた

最近アルバイトで、パチンコ屋の景品交換の留守番を頼まれる事が
有り、店員さんが不定期に現金を納めに来ます。
ある時に、店員さんが、ダンボールにお昼ご飯を入れて持ってきて
くれたのですが、その際に強盗が現金を持ってきたと勘違いして、
ナイフを持って襲撃してきました。 だけど万が一に備えて
カラーボールや木の棒を常備しており、棒が折れるくらい叩いて
強盗は退散しちゃいました。 相手が怪我しても自己防衛で言う事で
正当防衛なのか やりすぎなのかと????疑問。

その後は、景品交換所には、警備員(武道経験者)が常駐する事に
なり、警備が良くなりましたけど、その後にも強盗が来て、
即座に取り押さえられ、強盗さんは肩を脱臼してお縄になりました。
これも業務上の正当防衛ですよね。
刺されるの待って、反撃してては事が遅すぎると思うから


私の解釈では 武器を持って襲ってくる強盗に、先にダメージを
与えても 正当防衛になると思うのですが。
違うのでしたら 解釈を教えて下さい。

Aベストアンサー

設問のケースは、正当防衛の問題ではなく、現行犯逮捕の問題と考えるべきでしょう。

そもそも、強盗の現行犯に対しては、誰でも、現行犯逮捕ができます(刑訴法213条)。

逮捕が出来る以上、逮捕のために必要な行為も、当然出来ます。
この場合の「必要な行為」とは、当然、一定程度の暴力的行為も含んでいます(警察官も同じです)
 素手で逮捕する義務はなく、必要な限度で武器の行使も許されます(警察官も同じです)。

その結果、相手が負傷をしたとしても、明らかに過剰な行為でない限り、正当行為であるので、罪に問われることはありません。

特別の訓練を受けていない一般私人が犯人を逮捕するのですから、むしろ相手を傷つけずに逮捕することは、至難の業です。(そもそも、「逮捕」自体が暴力なのですから、現行犯逮捕ができるということは、一定限度で暴力が正当化されているのです)

家に忍び込んだ泥棒を捕まえるとき、家人がバットで犯人を殴り、無抵抗にさせてから、警察に突き出すことはよくありますし、その時、犯人が肋骨骨折などのケガを負ってしまうこともあります。
ですが、その行為が問題となることは、通常、ありません。(むしろ、通りがかりの人が、同じようにして犯人を捕まえたら、署長から感謝状がもらえるかもしれません。)

「武器を持って襲ってくる強盗」は、それ自体、強盗未遂の現行犯ですから、その犯人を逮捕するため、先にダメージを与えるのは、逮捕行為として、当然の行為です。
犯人を逮捕するため、つまり、縛り上げて警察に突き出すために必要な行為であれば、相当程度の暴力も許されます(もちろん、やりすぎはダメ)。
相手が武器を持っている以上、それに対応できる程度の武器の行使も当然です。(あくまで、逮捕のための武器の行使ですから、バットやゴルフクラブは許されますが、刃物はやりすぎとされる可能性が高いです。また、腕や足を殴打することは許されますが、頭部をバットで思いっきり何度も殴打する行為もやりすぎの可能性が高いです。)

犯人を取り押さえるときに、脱臼を負わせたとしても、通常は、逮捕行為に付随した当然の結果として許されると思われます(脱臼なら、治りますから)。

もっとも、犯人から殺されそうになり、自分が助かるためには、犯人を殺すしかないほど切迫した状況であれば、もはや逮捕目的とは言えませんから、正当防衛の問題になります(でも、そんな状況を想定しているのではないですよね?)。

強盗犯人はとても凶悪で、犯人の武器を奪おうとして、逆にやられてしまうケースも多いですから、十分に気をつけてください。

設問のケースは、正当防衛の問題ではなく、現行犯逮捕の問題と考えるべきでしょう。

そもそも、強盗の現行犯に対しては、誰でも、現行犯逮捕ができます(刑訴法213条)。

逮捕が出来る以上、逮捕のために必要な行為も、当然出来ます。
この場合の「必要な行為」とは、当然、一定程度の暴力的行為も含んでいます(警察官も同じです)
 素手で逮捕する義務はなく、必要な限度で武器の行使も許されます(警察官も同じです)。

その結果、相手が負傷をしたとしても、明らかに過剰な行為でない限り、正...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報