私は吃音のため非常に悩んでいますので質問させてもらいます。お願いします。
吃音とは喉に力が入って声が出なくなる状態のことを言いますよね?
ってことは喉に力まなければいけなくなってしまうような構造的な異常があるのでは?、と考えたんですけど、様々な吃音サイトを確認しているんですけれど、そのような記述はほとんどないのが現状でした…。
ということは、吃音が喉の構造的異常のせいではないと現段階で既に断言されていることなんでしょうか?
なんか麻痺性発声障害とかは喉を手術すれば治るらしいんで、ちょっと手術してみようかなと一時は本気で考えたものですから。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして。


私には、物心ついた時に既に吃音(どもり)がありました。
幸いにも中学2年の時に自分なりに吃音(どもり)を克服しました。

吃音克服に挑戦する過程では、foetida2さんのように考えたこともありました。
けれども、私の場合は次の二つの事実に気付き、喉の異常ではないと結論しました。

事実1…歌を歌う時はどもらない。
事実2…独り言を言う時はどもらない。
(喉に物理的な欠陥や異常があれば、歌を歌う時、独り言を言う時にもどもるはずだと考えました。)

私の場合は、この二つの事実の発見が吃音克服の出発点になりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の場合歌う時にはどもらないんですけど独り言では結構どもるんですよね~。
参考になりましたありがとうございます。

お礼日時:2008/05/26 20:41

私は小さい頃ひどくどもりました。

その原因は親が私を左利きだと知らずに鉛筆や端など、道具を使うときに右手で使うことを強制したからで、両親が私の左利きを知って強制をやめた途端、嘘のように治ったと両親が言っていました。

 どもりは心理的な原因が必ずあります。それを見つけてその要因を取り除けば必ず治ります。精神科のお医者さんのところへ行ってカウンセリングを受けると原因が見付かる可能性があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり精神的なものが原因となって吃音になるんですね。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/05/26 20:39

父も吃音でしたが、決してのどの病気ではないとおもってます。


父の親が死んで、ショックでなったものとおもってます。
緊張した時やあわてた時や物事を伝えたいと思うときに症状がでるとおもいます。
常び落ち着いていることが大事だとおもいますが、努力がいるでしょうね。

素手に知っているサイトかも知れませんが

http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%B5%C9%B2% …

矯正治療はあるとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心理的要因で吃音へとなるんですね。これからは精神を安定させるためできるだけ努力したいと思います。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/05/26 20:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吃音の学校教育について

8歳の吃音の子供を持つ親です。

息子の吃音について、学校の授業(道徳の時間など)で息子の吃音についてクラスの子供たちに考えてもらいたいと思い、担任の先生へ吃音者の授業を行ってもらいたいと思いますが、授業内容や吃音者の困りごとなどについてどのように説明すれば良いでしょうか?

できれば、吃音者ご本人やご家族、教育関係者からアドバイス頂ければ幸いです。

先日、吃音者についての学習があり、その中で 吃音者の6割がイジメを受け、4割が引きこもりや対人恐怖症になるなどの説明を受けショックを受けました。


周りに吃音者がおらず、困っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

吃音当事者の28歳女性です。
吃音で困ることと言えば、学生時代で考えると自分の名前が言えない、お友達や先生の名前が言えない、職員室の出入りができない(クラス名が言えないので)、音読ができない、答えは分かっているのに挙手できない、日直ができない(号令を掛けられないので)など、沢山ありました。
成人した今でも結婚するまで名前は言えなかったし、就活の時はなによりも会社名を重視しましたし、外食に行けばオーダーができない、など苦労は尽きません。

授業で吃音のことを取り上げてもらいたいとの事ですが、現在何らかの問題に直面している訳でなければ必要ないのでは?と思います。
私の場合、低学年のうちは音読などでつっかえると笑われたりしましたが、先生がその都度クラスメイトに吃音について説明してくれました。授業が終わるとクラスメイト自ら「笑ってごめんね」と謝りに来てくれることもありました。
四年生から高校卒業までは年度初めの自己紹介で「上手く話すことができないので授業などで迷惑を掛けるかもしれませんがよろしくお願いします」と言ったきり、どんなにどもっても笑われることはなかったし、先生から特別何らかの説明もすることもありませんでした。
1度だけ、言葉の教室に通うことが決まったときにクラス全体に説明があったくらいです。

低学年ならば吃音が面白くて笑うことはあるでしょうが1度説明されたら納得できるでしょうし、高学年になれば詳しいことは分からなくても、笑ったり、からかってはいけない事だと認識できると思います。
また、私であれば自分自身が学級会の議題になることで特別扱いされることも嫌ですし、発言を求められるのはもっと嫌です。その辺の息子さんのお気持ちも確認する必要があると思います。

いずれにせよ授業の一コマを割いてまで説明しなくても子供たちは理解していると思いますし、息子さん自身も自分の力で乗り越える力を養わなくてはいけないのですから、そちらを気に掛けてあげた方がよいかと思います。
もしも吃音が原因でイジメなどがあれば、それは学級会レベルの話ではありませんからね。

社会人になってから学生時代の旧友と再会したことがありますが、友人によると「話すのが苦手な人」程度の認識だったそうです。
もしも息子さんもクラスメイトから「話すのが苦手な子」程度の認識だとすれば、吃音を議題に挙げることによって「話すのが苦手な子」から「障害を持った子」に置換されてしまうかもしれません。
そのようなリスクや息子さんのお気持ち、息子さんが置かれている状況なども考慮の上、それでも学級会が必要だと判断されたら担任の先生にご相談なさるといいと思います。

吃音当事者の28歳女性です。
吃音で困ることと言えば、学生時代で考えると自分の名前が言えない、お友達や先生の名前が言えない、職員室の出入りができない(クラス名が言えないので)、音読ができない、答えは分かっているのに挙手できない、日直ができない(号令を掛けられないので)など、沢山ありました。
成人した今でも結婚するまで名前は言えなかったし、就活の時はなによりも会社名を重視しましたし、外食に行けばオーダーができない、など苦労は尽きません。

授業で吃音のことを取り上げてもらいた...続きを読む

Q外国語で対応してもらえる病院を探しています。お願いします。経験談等でもよいのでお願い致します。

急で申し訳ありません。もうここしかないと思い、お話します。

友人の留学生が喉の痛みを訴えています。保険の手続きの方はわかるのですが、医師の方と英語(またはドイツ語)で対応していただける病院を埼玉県または東京都で探しています。

一度個人病院へ連れて行ったのですが抗生物質を3日分いただいただけで治ってはいません。あと10ヶ月以上日本にいるため力になりたいのですが、インターネットで調べたところ耳鼻咽喉科で英語対応があまり見つからず、評判までは分かりませんが、こういう場合大きい病院のほうがよいのでしょうか。

初めてなので経験談、ご存知のこと、病院の紹介等ご存知でしたらお願いいたします。

Aベストアンサー

大学病院の先生であれば英語で(古い先生でしたらドイツ語でも)対応してくださる先生はいらっしゃるかもしれません。(実際、学会等で普通にしゃべれる先生は多いですが、診療ではどうでしょう。)
大きい大学病院ですと、診療科ごとのホームページがあったりして、直接メールで問い合わせられるのではと思いますが。
ただ、先生はOKでも事務は?な場合が多いので、注意が必要です。

Q物心ついた時から30年近く吃音で悩んできました。

物心ついた時から30年近く吃音で悩んできました。
吃音症状を克服された方がおられましたらどのような訓練で克服又は改善されたかご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

吃音は必ず直る症状ですから、心配なさらないことが一番ですよ!

「吃音がある」・・・と思ってしまって、必要以上に萎縮してしまってはもったいないことです!


重度の吃音症にやはり20年以上も苦しんだ方で、
今では症状をすっかり克服し、会社を経営なさっている方がいらっしゃいます。

吃音に悩む方の相談にも応じていらっしゃるようなので、もしも御興味がおありでしたら
以下のサイトを御覧になってみてください。

何かヒントがつかめるかもしれません。


http://domorikanzenkokufuku.sublimeblog.net/

自信をもって頑張ってくださいね!

参考URL:http://domorikanzenkokufuku.sublimeblog.net/

Q悩める小児病棟ナース。患児のためのおもちゃ

こんなサイトがあるなんて!
みんな親切に応えてくれるんですね!
もし良い知恵があったらどんなことでも
おしえてください!
私は小児病棟ナースです。(最近現場復帰)
日々の業務をやっとこなしていますが、
乳児から小学生くらいまでいろんな子が入院している中で
簡単にすぐできる子どもを喜ばせるような
おもちゃが無いかな、って思うのです。
うちの病棟ではハルンカップをつかったり、ディスポの注射筒でおもちゃのガラガラ代わりにして遊んだり、っていうのはあるんですけど、こんなふうにすぐ病棟内のものをちょこっとくすねて すぐできるような工夫を知っている人がいたら教えてくださらないでしょうか。
何しろ自分の業務にいっぱいいっぱいで手の込んだ
遊び道具も作れないし予算も無いので既成のおもちゃは
かえません。
不自由な患児をみて子どもが好きなので小児病棟にきたけれど現実は厳しくてプラスアルファのことができなくて
なやんでいます。

Aベストアンサー

No.2です。
別に非難する意味で言ったのではないのです。
凹まないで下さいね。
言い方は少しきつかったのは私も良くなかった
と思いました。
私はナースの経験もあるので・・。
私の勤めていた病院は細かい機材にも使ったら
コードをかごに入れるなど管理がかなり厳しかった
ので病院によっても違いがあるのかもしれませんね。
医療器材というのは案外個人で購入したりすると
結構な値段なものばかりなのでそのへんの意味も
あると思います。
周りの先輩方も別に良いと言えば病院のもの
を病院で使う訳なので良いのかもしれませんね。
あとはやはり私もお母さん業をやっています
ので世の母親達が子供の様な視点で機材を使う
事を取ってくれるかどうかという事でアドバイス
として書いたので、本当に非難とかの意味では
ありません。
<でもいつもはこわい注射器がたまには 
おもちゃのがらがらに
変身していてもいいのでは、という私の思いでした。
こういった考えはとてもすばらしいと思います。
他のもの(洗剤の空き容器等)を医療器材に
おおげさにそして出来るだけかわいらしく見立てて
みて、それをそのままお医者さんごっこのおも
ちゃにしても喜ばれるかもしれませんね。
私は小児の実習ではアンパンマンの顔になった
りする折り紙を作り、それを寝ているベットの
上にぶらさげてみたりして赤ちゃんのおもちゃに
したりしました。
紙コップはカラカラとおとのするようなものを
入れて二つを重ねて真ん中をテープで固定
すればマラカスのようなおもちゃになりそうですね。
あとステートの裏が無地のものでしたらキャラ
クターの絵を描いてもしもしさせてとかいう
時にチラッと見せたりすると喜ばれそうですね。
小児科は子供だけではなくてお母さんとの
コミュニケーションも密なので大変な部分も
ありますね。
子供好きの方だと楽しいでしょうし、やりがい
もありますね。お仕事頑張って下さい。

No.2です。
別に非難する意味で言ったのではないのです。
凹まないで下さいね。
言い方は少しきつかったのは私も良くなかった
と思いました。
私はナースの経験もあるので・・。
私の勤めていた病院は細かい機材にも使ったら
コードをかごに入れるなど管理がかなり厳しかった
ので病院によっても違いがあるのかもしれませんね。
医療器材というのは案外個人で購入したりすると
結構な値段なものばかりなのでそのへんの意味も
あると思います。
周りの先輩方も別に良いと言えば病院のもの
を病院で使...続きを読む

Q吃音〔どもり〕の治療手段 吃音克服できた人教えて

心因性による吃音です。
吃音のせいで非常にコンプレックスを抱えてしまい、
落ち込む毎日です。生きていると喋らざるを得ないですから・・・
吃音を治すためにどのような治療方法がありますか?
おすすめの方法がありましたら教えて下さい。
吃音克服のためにはどんな努力も惜しみません。
もうどもりと指摘されるのはいやです。

補足ですが、薬を飲むことは昔やっていました。
効果が出ずにやめてしまいました。
心因性によるものだとわかっていますので、
なにか良いどもり克服方法はないでしょうか

Aベストアンサー

吃音という事ですがこれは神経症の一種という事で神経症の治りという事を書いてみます。神経症には様々な症状が有ります。ですが原因は一つです、それは「意識する事」が原因です。意識したことが原因で、皆うまくゆかなくなっています。

人前で字を書こうとして、手が震えてうまく書けなかった事から、自宅に帰ってもう一度書いてみたけれど、やっぱりうまく書けなくて、今度は全身の力を振り絞って書いたけれども、ますます書けなくなる。この事を書痙と言います。貴方には理解できますでしょうか?書痙も同じ原因から発症しています。

それは、意識をしたことによってその症状を発症させています。神経症の原因は自我意識が、異常に「意識」をしたために、無意識とうまく切り替わらなくなった、という現象です。貴方の場合にも言える事です。

神経症を直すという事を説明します。症状がどうであれ、症状は有っても無視をする事が大事な事になります。症状を意識して症状を無くそうとすることが症状を起こす原動力になっています。そうして症状として発症しています。その症状が出たことによって社会生活が邪魔されています、その事で症状を無くしたい、直したいという思いが症状を固定させています。この事を良く理解する事が大事な事になります。

従って症状はもう治らないと思って下さい。症状を治らないものとして受け入れる事が大事な神経症の解決方法となります。神経症はほんのちょっとした認識の誤り、或いは勘違いです。その勘違いを修正することで、症状は自動的に消滅してゆきます。ですから症状を追い出そうとしないで、受け入れる事です。

神経症を治すためには、学ぶことが有ります。その前にもう一度言っておきます、症状が治ったとか、治りそうだとかは、もう考えない事です。症状は不問として日記にも書かない、口にもしないという事が本当に大事な事になります。その事を了承した上で、学ぶことが有ります。

第一番目は、人間の心理学です。是は神経症を扱った「森田療法」というものを学ぶのです。自分の症状だけではなく、他の症状を学ぶ事です。神経症全般を学んだ方が近道になります。どうして神経症を発症するのかという事です。それが分かる時には解決方法が手に入るかも知れません。

二番目は「禅」というものを学ぶ事です。昔から不安になり易い人達が、この門を叩いて、そうして不安を安心に変えてきた歴史が有るからです。禅には禅問答というものが有ります。是は神経症の人が症状を直そうとしても治らないで苦心している姿と全く符号しています。禅問答が解けた時には、神経症の完治という事になります。

この事をうまく説明しようとした場合には、大変な字数になりますので、控えさせていただきます。もし、興味が有るようでしたら、私の投降したものを読んでみて下さい。神経症と、不安について、私が回答しているのがかなりの数あるからです。その中から興味を持てるものを読んで参考にしてください。いつも同じことばかりを書いているようですが、少しずつ、変えてある部分が有ると思うからです。

早い話が、貴方の自我意識と、貴方の無意識が絶えず交代しながら貴方を働かせています。歩くときでも、貴方は無意識で歩いています。そうで無いならば、考えながら歩く事は出来ない筈です。処が意識をした場合には自我意識が出てきてうまく無意識になれなくなる場合が有ります。貴方の場合は話をしようとした時です。

眠れないという時は、何か不安などが有って、意識をした状態で眠ろうとした時です。眠る時には自我意識は引っ込んでしまって、一旦無意識に切り替わっています。無意識が体をうまく眠りに入らせています。不眠症になったという時は、無意識とバトンタッチが出来にくくなった状態と言えます。

貴方が、症状を克服した時には、症状は今と同じに有ります。ですが不安がなくなっています、その事で意識しなくて済んでしまいます。その事で症状が有ったまま症状が意識に上ってきません。貴方は症状を忘れてしまっています。そのために気が付かない内に自我意識が引っ込んでいます。そうすると貴方の無意識が貴方の口を勝手に動かしています。是が神経症の治るという事になります。その時には、貴方は悟りを開いているかも知れません。無意識の意識とは仏性の事です。貴方は吃音という事を通して仏性と仲たがいをしている状態と言えるからです。

神経症の治りとは自分の中の自分を働かせているものと、仲直りをする事、言い方を変えたなら、子供の時の一つの心が、ある時、意識をした時から二つの心になって苦しい思いをしていたものが、又一つの心になったという意味が有るからです。心が言い争いをしなくなるという事です。本当の安心が手に入るという事になります。

吃音という事ですがこれは神経症の一種という事で神経症の治りという事を書いてみます。神経症には様々な症状が有ります。ですが原因は一つです、それは「意識する事」が原因です。意識したことが原因で、皆うまくゆかなくなっています。

人前で字を書こうとして、手が震えてうまく書けなかった事から、自宅に帰ってもう一度書いてみたけれど、やっぱりうまく書けなくて、今度は全身の力を振り絞って書いたけれども、ますます書けなくなる。この事を書痙と言います。貴方には理解できますでしょうか?書痙も同...続きを読む

Q吃音に似ている症状

10代後半のものです。
ここ数ヶ月話していて、自分で自分の話し方が気になる時があります。
家族に聞いてみましたが、特に普通だそうです。
吃音にも種類がいろいろありますが、
ありがとうが、ああありがとう、となるタイプのものです。

これから、良くない方向に進んだらと気になっています。
この年になって急にというのはあるのでしょうか?
ただ単に滑舌が悪いのか、ハキハキしてないからか、吃音なのか、分かることがありましたら、何でもいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

吃音 原因をWikipediaで調べました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%83%E9%9F%B3%E7%97%87

私も幼少期から夜泣きがひどく、口の中で声がこもりやすい骨格で肺活量が弱く、会話の中で聞き返されることはよくあります。私の場合は一生付き合うものだと思っているので自分なりの対処療法で相手に迷惑をかけないようにしています。例として
・相手に話したい内容を、ホウレンソウの形にして簡潔にまとめる。
・話す前にしっかり深呼吸して酸素を体に十分取り入れて、気持ちを落ち着かせる。
・相手が話を聞ける体制にあるか確認する。
・声の強弱、間の取り方、聞きたい点・確認したい点の強調(繰り返しや身振り手振りなど)を練習する。

すいません、質問とそれましたが、言語訓練士は吃音を乗り越える助けになると思います。
医者にかかるとすれば、•「心療内科」•「精神科」•「耳鼻咽喉科」が切り口としていいと思います。
耳鼻科は声帯、咽頭など外科的な観点で診断してくれます。
メンタルは不安症、神経症、うつなど心因的な観点から診断してくれます。
それにプラス、言語訓練士のリハビリを受けると、なにもしないよりかは改善されると思いますよ。
お大事に

吃音 原因をWikipediaで調べました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%83%E9%9F%B3%E7%97%87

私も幼少期から夜泣きがひどく、口の中で声がこもりやすい骨格で肺活量が弱く、会話の中で聞き返されることはよくあります。私の場合は一生付き合うものだと思っているので自分なりの対処療法で相手に迷惑をかけないようにしています。例として
・相手に話したい内容を、ホウレンソウの形にして簡潔にまとめる。
・話す前にしっかり深呼吸して酸素を体に十分取り入れて、気持ちを落ち着かせる。
・相手が話を聞け...続きを読む

Q吃音、どもり、言語障害

23の吃音持ちです。10歳のころから吃音で、一時期治まっていたのに中学くらいから酷くなり、今でも酷いです。 波があるのでその時によって気持ち悪いくらいスムーズに話せる時もあります。そのため、家族や初対面に近い人にさえも「あれ?吃音、治ってるじゃん」と誤解されるのです。

笑われるのも辛いですがなにより怒られるのが意味不明です。なんでもっと吃音について知識を広めないのでしょう? 「言いたいことがあるなら早く言え」とか「緊張しすぎだ」とかです。 もちろん緊張で酷くなることもありますがそもそも緊張ばかりではないんですし原因もわかってませんし非吃音者には理解できないほどの負担がかかるんです。 せっかく話すことが好きで、人前に出るのも嫌いではなく、英語も好きなのに喉をかっ切りたいくらいです。 もちろん本当にそんなことはしませんがその位、のどが憎いです。 いくつか原因がある程度わかっていて、「この場合はこうすれば治りますよ」と言うのであればこんなに苦しみません。 でも確実な治療法がなく、自然治癒に任せるべきだという意見、トレーニングで治すべきだという意見など人によって見解が違うようですし、「もしかしたらいつか治るだろう」と諦めるしかないんでしょうか? また、バカにされたら怒ってもいいんでしょうか?  

23の吃音持ちです。10歳のころから吃音で、一時期治まっていたのに中学くらいから酷くなり、今でも酷いです。 波があるのでその時によって気持ち悪いくらいスムーズに話せる時もあります。そのため、家族や初対面に近い人にさえも「あれ?吃音、治ってるじゃん」と誤解されるのです。

笑われるのも辛いですがなにより怒られるのが意味不明です。なんでもっと吃音について知識を広めないのでしょう? 「言いたいことがあるなら早く言え」とか「緊張しすぎだ」とかです。 もちろん緊張で酷くなることもあります...続きを読む

Aベストアンサー

吃音については素人知識がまかり通っていて、最新の知識はあまり関係の方々に伝わっていないのが現状です。

吃音はご本人の緊張や精神状態でひどくなったりするので、昔から「精神的なもの」「訓練すればよい」「大人になれば治る」というようにご本人の自己責任のように言われてきました。

けれども最近の研究では、脳の言語中枢ではなく、運動企図という運動を制御する部分の機能が不安定であることが原因であることがわかってきています。これは多少なりとも先天的な要素があります。全てとは言いませんが、前頭葉の機能の不安定さが原因する方がかなりの割合にのぼり、治療薬によって改善する理屈もわかってきています。

症状や程度は個人差があるので「△△をすればよい」という単純なものではありませんが、新薬を含めた有効と考えられる薬をひとつ一つ試していくことで、回復されるかたも増えてきています。

日本では「矯正的なトレーニング」とか「鍛錬」とか「医者に通わず治す」とか30年前と同じ誤った古い方法がまかり通っているのは不思議でなりません。

「絶対治る」とか安易なことを申し上げることはしません。けれども、まだ試みられていないのであれば、大学病院レベルで薬物治療を併用しつつ新しいトレーニング方法を受けてみるのがよいと考えます。それで治るものであればそれに越したことがないからです。

どこにお住まいの方かわからないので、受診大学をお示しすることもできませんが、近くの大学病院から初めて「吃音の治療を行っている科がありますか?」と問い合わせてください。神経科、精神科、神経内科(稀)などで行っている大学が3割くらいになってきています。

繰り返しますが、精神病とか精神疾患という「心の病」ではありません。

吃音については素人知識がまかり通っていて、最新の知識はあまり関係の方々に伝わっていないのが現状です。

吃音はご本人の緊張や精神状態でひどくなったりするので、昔から「精神的なもの」「訓練すればよい」「大人になれば治る」というようにご本人の自己責任のように言われてきました。

けれども最近の研究では、脳の言語中枢ではなく、運動企図という運動を制御する部分の機能が不安定であることが原因であることがわかってきています。これは多少なりとも先天的な要素があります。全てとは言いませんが、...続きを読む

Q夜間の救急外来で帰らせてもらえない

3歳と10ヶ月の2児の父親です。

10ヶ月になる子供が深夜に40度近い高熱を出し、電話で紹介してもらった総合病院の救急外来に行った時の事です。嫁さんは家で3歳の子供を見てました。

病院に着いたのは午前2時頃、受付をすると「今夜は救急患者が入ってますので時間がかかります」と言われました。どうやら事故か何かで警察の人も頻繁に出入りしていて、慌ただしい雰囲気でした。

待つ事は了解してましたが、2時間以上経っても一向に診察してもらえる気配がしないので、ここは一度帰ろうと思いました。

子供はずっと息を荒くして苦しそうで寝てもくれませんし、慌てて病院に行った為、乳児が水分を取れるような準備も全くしてませんでしたので、家に帰り水分を取らせてあげようと思ったのです。

受付へ行き、子供に水分を取らせたいので帰りますと伝えました。文句などは一言も言ってませんが、「確認しますのでお待ち下さい」って引き留められました。しばらくすると看護婦さんが出てきて「もう少しですからお待ち下さい」と。

私はその看護婦さんに、子供に水分を取らせたいので何か方法はありますか?と訪ねました。その人以外にも、もう2人ほど同じ事を聞いたのですが、「先生に確認してきます」の一言だけ言って、誰1人として受け答えをしてくれる人はいません。

救急患者は私の子供だけではない事も承知してますので、待たされる事に関しては寛容でしたが、どうにもこうにもだんだん腹が立ってきます。1時間ほどしてから再度、帰りたいと言う旨を伝えましたが、また同じ対応で、結局病院に着いてから4時間以上経ってようやく診察してもらいました。

待っている間にどんどん夜が明けて来ましたので、これなら家に帰って水分取らせて、朝になったら1番でかかりつけの小児科に行けば良いと思ったのですが、それをさせてくれなかった事に怒りを感じます。
検査だなんだで、病院を出たのが11時で結局仕事も休みました。


長々と失礼しましたが、ここから質問です。

小児科医が担当してくれると聞いて、この夜間外来に来たのですが、緊急の場合は”科”に関係なく救急の対応するものでしょうか?

なぜそこまで引き留められなければいけないのでしょうか?

この場合、勝手に帰ってしまったらどうなるのでしょうか?


医療の現場はテレビで見る限りでしか知りませんが、けして怠けてるなどとは思いませんし、大変なのだろうと思ってます。
無理な要求はするつもりはありませんが、納得できない事もあります。
どなたかお答え頂けたら幸いです。よろしくお願いします。

3歳と10ヶ月の2児の父親です。

10ヶ月になる子供が深夜に40度近い高熱を出し、電話で紹介してもらった総合病院の救急外来に行った時の事です。嫁さんは家で3歳の子供を見てました。

病院に着いたのは午前2時頃、受付をすると「今夜は救急患者が入ってますので時間がかかります」と言われました。どうやら事故か何かで警察の人も頻繁に出入りしていて、慌ただしい雰囲気でした。

待つ事は了解してましたが、2時間以上経っても一向に診察してもらえる気配がしないので、ここは一度帰ろうと思い...続きを読む

Aベストアンサー

難しい話です。

ご質問に対して端的にいうならば、そのまま帰ったとしても何か問題があるわけではありません。ただ病院側としてそれを了承することは事実上困難です。

なぜならば、医師法により診療を求めてきた人を拒否することは出来ませんし、また病院側が帰ることを了承するということは、「帰しても大丈夫」という判断をすることに他ならないので、何かあった場合には、その判断の責任が問われるからです。

つまり、本来ならばもっと早く対応できて、診療して、という流れになるところが、救急医療の体制が社会的に不十分になっていて、対応しきれない現実のために、すぐに診療すべきなのに出来ない、かといって病院側で帰ってよいとはとてもいえる話ではないというジレンマが生じるわけです。

なので、ご質問のような場合、最終的には親の判断で、帰りますとそのまま許可を得ることなく帰るしかないでしょう。
この場合には病院としては判断していませんし、勝手に帰る人を制止する権利も義務もありませんので(その子供が緊急に医療を必要としていることが明白な場合を除く)、致し方なしで処理されるということになるでしょう。

本当は水分補給についても、アクションがあるべき話なんですけど、事実上業務が許容量を超えて飽和しているのでしょうね。

難しい話です。

ご質問に対して端的にいうならば、そのまま帰ったとしても何か問題があるわけではありません。ただ病院側としてそれを了承することは事実上困難です。

なぜならば、医師法により診療を求めてきた人を拒否することは出来ませんし、また病院側が帰ることを了承するということは、「帰しても大丈夫」という判断をすることに他ならないので、何かあった場合には、その判断の責任が問われるからです。

つまり、本来ならばもっと早く対応できて、診療して、という流れになるところが、救急医療...続きを読む

Q吃音です。学校生活で嫌になることがあります

吃音です。友達との会話で、言いたいことが言えません。大学での発表も心配です。
ゆっくり話すように工夫すると、吃音にならないのですが、会話中、気を抜くとすぐに吃音になります。
2、3ヶ月しゃべる練習したのですが、効果がなく、練習をしていて、吃音の練習に合っていないと感じました。
何かアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

吃音でイヤになります>ある雑誌にイギリスでは、政治家などが、わざと吃音の練習をしていると書いていました。吃音者というのは、感受性が強くて、頭の良い人が多いそうです。口より頭の方が先行するからです。私は口の方が先行していて、いつも失敗します。天皇陛下や高貴な方は、常にゆっくりと、丁寧に話をされますが、私も考えてしゃべりたいものです。他から見てても上品に見られるかなと思います。だから、気を抜かずにゆっくり話をされるべきかと思います。余談ですが、海軍の山本五十六は常に寡黙で「飯」「風呂」「寝る」と、単語を並べるだけの人だったと聞いています。とにかくゆっくりとが良いみたいですね。へんなアドバイスですが悪い所がありましたら許して下さい。

Qうつ病で休職中の彼女の事で悩んでいます。服飾関係の仕事で激務と長時間労

うつ病で休職中の彼女の事で悩んでいます。服飾関係の仕事で激務と長時間労働と仕事内容が合わないのが原因でうつになりました。
今月で休職期間が終了となり、復帰か辞めるかの決断をしなければなりません。彼女自身復帰するのは無理でしたいとは思ってないようです。しかし、父親〔彼女〕の会社の経営が良くなく、負担をかける訳にはいかなく決断が出せない状態になっています。
復帰すべきか辞めてしっかり療養すべきでしょうか

Aベストアンサー

家庭の事情が分かりませんので、書いてあることだけで推察しますが、

> 負担をかける訳にはいかなく

これって要するに、親のすねはかじれないので、
自分で収入を得る以外の選択肢はないってことですよね?

しっかり療養すれば、負担がかかるってことですよね?


貴殿が書いた通り、本当に「負担をかけることが出来ない」のなら、
既に離職という選択肢はありません。

質問文を読む限りは、復帰か退職の2択ですから、
既に答えは決まっているわけです。悩む理由がありますでしょうか。


人気Q&Aランキング