私は吃音のため非常に悩んでいますので質問させてもらいます。お願いします。
吃音とは喉に力が入って声が出なくなる状態のことを言いますよね?
ってことは喉に力まなければいけなくなってしまうような構造的な異常があるのでは?、と考えたんですけど、様々な吃音サイトを確認しているんですけれど、そのような記述はほとんどないのが現状でした…。
ということは、吃音が喉の構造的異常のせいではないと現段階で既に断言されていることなんでしょうか?
なんか麻痺性発声障害とかは喉を手術すれば治るらしいんで、ちょっと手術してみようかなと一時は本気で考えたものですから。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして。


私には、物心ついた時に既に吃音(どもり)がありました。
幸いにも中学2年の時に自分なりに吃音(どもり)を克服しました。

吃音克服に挑戦する過程では、foetida2さんのように考えたこともありました。
けれども、私の場合は次の二つの事実に気付き、喉の異常ではないと結論しました。

事実1…歌を歌う時はどもらない。
事実2…独り言を言う時はどもらない。
(喉に物理的な欠陥や異常があれば、歌を歌う時、独り言を言う時にもどもるはずだと考えました。)

私の場合は、この二つの事実の発見が吃音克服の出発点になりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の場合歌う時にはどもらないんですけど独り言では結構どもるんですよね~。
参考になりましたありがとうございます。

お礼日時:2008/05/26 20:41

私は小さい頃ひどくどもりました。

その原因は親が私を左利きだと知らずに鉛筆や端など、道具を使うときに右手で使うことを強制したからで、両親が私の左利きを知って強制をやめた途端、嘘のように治ったと両親が言っていました。

 どもりは心理的な原因が必ずあります。それを見つけてその要因を取り除けば必ず治ります。精神科のお医者さんのところへ行ってカウンセリングを受けると原因が見付かる可能性があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり精神的なものが原因となって吃音になるんですね。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/05/26 20:39

父も吃音でしたが、決してのどの病気ではないとおもってます。


父の親が死んで、ショックでなったものとおもってます。
緊張した時やあわてた時や物事を伝えたいと思うときに症状がでるとおもいます。
常び落ち着いていることが大事だとおもいますが、努力がいるでしょうね。

素手に知っているサイトかも知れませんが

http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%B5%C9%B2% …

矯正治療はあるとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心理的要因で吃音へとなるんですね。これからは精神を安定させるためできるだけ努力したいと思います。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/05/26 20:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘルペス、吃音の遺伝について

彼女はヘルペスで疲れが溜まると鼻や背中に湿疹ができますが、こう言った症状のヘルペスは子供を産む時に遺伝するものでしょうか?また彼女の子供に吃音があるのですが吃音も遺伝するのでしょうか?

Aベストアンサー

自分は吃音者です。
ヘルペスは詳しくないので解りません。
吃音の遺伝ですが、今現在のところ遺伝するかどうかは解明されていません。
色々な説がありますが、断定できていないのが正直なところです。

Q吃音について

吃音の治療

なぜ吃音なんて存在するのでしょう? 意外と持っている人は多いのに認知が低すぎます。「噛みやすいんだね」「緊張しなくて大丈夫」とか、「いやあ、緊張とか関係ないのに」と悔しいです。 幼少期のストレスが引き金になるという説があるそうで、昔は両親が毎日激しい夫婦げんかをしてたので、それを知った父が「悪いことをしてしまったね」と。 まあでもそれが原因とは言い切れませんし、でも父は若い頃吃音だったので・・・。 遺伝説とかいろいろありますが、「もしかして脳に異常があるんじゃないか」と不安なのです。 常に頭が回転し過ぎるくらい回ってるので意識しなくていい時も意識しすぎてどもるんだと思うんです。

気がつくと呼吸が浅くなっているので実践しようと思うことは○意識して腹式呼吸をしてみる ○英語が好きなので英語をまねてみたり、文字を声に出して読んでみる です。 話すことは好きなのですがどもると「早く言え」とか「何が言いたいの?」と怒られたり笑われたり「え?なんなの」という怪訝な顔をされるのでどつぼにはまって・・・。 なんで吃音者は差別されないといけないんですか? どもるのは悪いんですか? 話せることは話せるんです。 なにか画期的な治療法があればいいのですが、いい方法はないでしょうか? こんなに医療が発達している現代でもこういう目に見えない病気って根治が難しかったり原因がわからないんでしょうか?

インフルエンザや、昔はおおごとだった肺炎や結核も今の医療では簡単に治る時代なのに・・・。  

吃音の治療

なぜ吃音なんて存在するのでしょう? 意外と持っている人は多いのに認知が低すぎます。「噛みやすいんだね」「緊張しなくて大丈夫」とか、「いやあ、緊張とか関係ないのに」と悔しいです。 幼少期のストレスが引き金になるという説があるそうで、昔は両親が毎日激しい夫婦げんかをしてたので、それを知った父が「悪いことをしてしまったね」と。 まあでもそれが原因とは言い切れませんし、でも父は若い頃吃音だったので・・・。 遺伝説とかいろいろありますが、「もしかして脳に異常があるんじゃない...続きを読む

Aベストアンサー

私も吃音です。子供のころからずーと今でも悩みです。でも若い時より今の方が全然どもりません。
若い時にどもりが恥ずかしくて吃音を治せるという所に通ったのですが、催眠術見たいな療法で全く効果がありませんでした。吃音は心の病気です。意識するほどどもります。吃音の人しかこの感覚は分かりません。私の場合は「た行」が出しにくいのですが、調子の悪い時はどんな言葉でもダメです。
なぜ年を取ってどもりが軽くなったかというと、周りの目を意識する度合いが少なくなったからです。
若い時はカッコ悪いことが何より嫌でした。うまくしゃべれないなんて特にカッコ悪く、言いたい事の半分も言わずに我慢してました。今は結婚して子供もいるし、カッコつけることも少なくなっているので気分的に楽です。だからたまに緊張する場面だけ吃音になったりします。普段は普通に話せるようになりました。経験談だけでアドバイスはなかなかできませんが、意識しない事ですね。しゃべり方とかの問題ではないんです。独り言ではどもりません。
あと、高校の時の音楽の先生も昔どもっていたらしいのですが、歌をたくさん歌って克服したそうです。
ちなみに私も歌ではどもりません。治そうと思うと余計にどもると思います。
結局、どもりの人以外「何で普通に話せないの?」としか思われないので、理解されるのは難しいですね。治そうとしないでカッコ悪くてもいいとか考え方を変えた方がいいと思います。深呼吸とかしても
吃音を意識している限りどもります。
私も今でもたまにどもるので、意識してるんですね。一生付き合うしかないですね。

私も吃音です。子供のころからずーと今でも悩みです。でも若い時より今の方が全然どもりません。
若い時にどもりが恥ずかしくて吃音を治せるという所に通ったのですが、催眠術見たいな療法で全く効果がありませんでした。吃音は心の病気です。意識するほどどもります。吃音の人しかこの感覚は分かりません。私の場合は「た行」が出しにくいのですが、調子の悪い時はどんな言葉でもダメです。
なぜ年を取ってどもりが軽くなったかというと、周りの目を意識する度合いが少なくなったからです。
若い時はカッコ悪いこ...続きを読む

Q吃音の学校教育について

8歳の吃音の子供を持つ親です。

息子の吃音について、学校の授業(道徳の時間など)で息子の吃音についてクラスの子供たちに考えてもらいたいと思い、担任の先生へ吃音者の授業を行ってもらいたいと思いますが、授業内容や吃音者の困りごとなどについてどのように説明すれば良いでしょうか?

できれば、吃音者ご本人やご家族、教育関係者からアドバイス頂ければ幸いです。

先日、吃音者についての学習があり、その中で 吃音者の6割がイジメを受け、4割が引きこもりや対人恐怖症になるなどの説明を受けショックを受けました。


周りに吃音者がおらず、困っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

吃音当事者の28歳女性です。
吃音で困ることと言えば、学生時代で考えると自分の名前が言えない、お友達や先生の名前が言えない、職員室の出入りができない(クラス名が言えないので)、音読ができない、答えは分かっているのに挙手できない、日直ができない(号令を掛けられないので)など、沢山ありました。
成人した今でも結婚するまで名前は言えなかったし、就活の時はなによりも会社名を重視しましたし、外食に行けばオーダーができない、など苦労は尽きません。

授業で吃音のことを取り上げてもらいたいとの事ですが、現在何らかの問題に直面している訳でなければ必要ないのでは?と思います。
私の場合、低学年のうちは音読などでつっかえると笑われたりしましたが、先生がその都度クラスメイトに吃音について説明してくれました。授業が終わるとクラスメイト自ら「笑ってごめんね」と謝りに来てくれることもありました。
四年生から高校卒業までは年度初めの自己紹介で「上手く話すことができないので授業などで迷惑を掛けるかもしれませんがよろしくお願いします」と言ったきり、どんなにどもっても笑われることはなかったし、先生から特別何らかの説明もすることもありませんでした。
1度だけ、言葉の教室に通うことが決まったときにクラス全体に説明があったくらいです。

低学年ならば吃音が面白くて笑うことはあるでしょうが1度説明されたら納得できるでしょうし、高学年になれば詳しいことは分からなくても、笑ったり、からかってはいけない事だと認識できると思います。
また、私であれば自分自身が学級会の議題になることで特別扱いされることも嫌ですし、発言を求められるのはもっと嫌です。その辺の息子さんのお気持ちも確認する必要があると思います。

いずれにせよ授業の一コマを割いてまで説明しなくても子供たちは理解していると思いますし、息子さん自身も自分の力で乗り越える力を養わなくてはいけないのですから、そちらを気に掛けてあげた方がよいかと思います。
もしも吃音が原因でイジメなどがあれば、それは学級会レベルの話ではありませんからね。

社会人になってから学生時代の旧友と再会したことがありますが、友人によると「話すのが苦手な人」程度の認識だったそうです。
もしも息子さんもクラスメイトから「話すのが苦手な子」程度の認識だとすれば、吃音を議題に挙げることによって「話すのが苦手な子」から「障害を持った子」に置換されてしまうかもしれません。
そのようなリスクや息子さんのお気持ち、息子さんが置かれている状況なども考慮の上、それでも学級会が必要だと判断されたら担任の先生にご相談なさるといいと思います。

吃音当事者の28歳女性です。
吃音で困ることと言えば、学生時代で考えると自分の名前が言えない、お友達や先生の名前が言えない、職員室の出入りができない(クラス名が言えないので)、音読ができない、答えは分かっているのに挙手できない、日直ができない(号令を掛けられないので)など、沢山ありました。
成人した今でも結婚するまで名前は言えなかったし、就活の時はなによりも会社名を重視しましたし、外食に行けばオーダーができない、など苦労は尽きません。

授業で吃音のことを取り上げてもらいた...続きを読む

Q物心ついた時から30年近く吃音で悩んできました。

物心ついた時から30年近く吃音で悩んできました。
吃音症状を克服された方がおられましたらどのような訓練で克服又は改善されたかご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

吃音は必ず直る症状ですから、心配なさらないことが一番ですよ!

「吃音がある」・・・と思ってしまって、必要以上に萎縮してしまってはもったいないことです!


重度の吃音症にやはり20年以上も苦しんだ方で、
今では症状をすっかり克服し、会社を経営なさっている方がいらっしゃいます。

吃音に悩む方の相談にも応じていらっしゃるようなので、もしも御興味がおありでしたら
以下のサイトを御覧になってみてください。

何かヒントがつかめるかもしれません。


http://domorikanzenkokufuku.sublimeblog.net/

自信をもって頑張ってくださいね!

参考URL:http://domorikanzenkokufuku.sublimeblog.net/

Q吃音〔どもり〕の治療手段 吃音克服できた人教えて

心因性による吃音です。
吃音のせいで非常にコンプレックスを抱えてしまい、
落ち込む毎日です。生きていると喋らざるを得ないですから・・・
吃音を治すためにどのような治療方法がありますか?
おすすめの方法がありましたら教えて下さい。
吃音克服のためにはどんな努力も惜しみません。
もうどもりと指摘されるのはいやです。

補足ですが、薬を飲むことは昔やっていました。
効果が出ずにやめてしまいました。
心因性によるものだとわかっていますので、
なにか良いどもり克服方法はないでしょうか

Aベストアンサー

吃音という事ですがこれは神経症の一種という事で神経症の治りという事を書いてみます。神経症には様々な症状が有ります。ですが原因は一つです、それは「意識する事」が原因です。意識したことが原因で、皆うまくゆかなくなっています。

人前で字を書こうとして、手が震えてうまく書けなかった事から、自宅に帰ってもう一度書いてみたけれど、やっぱりうまく書けなくて、今度は全身の力を振り絞って書いたけれども、ますます書けなくなる。この事を書痙と言います。貴方には理解できますでしょうか?書痙も同じ原因から発症しています。

それは、意識をしたことによってその症状を発症させています。神経症の原因は自我意識が、異常に「意識」をしたために、無意識とうまく切り替わらなくなった、という現象です。貴方の場合にも言える事です。

神経症を直すという事を説明します。症状がどうであれ、症状は有っても無視をする事が大事な事になります。症状を意識して症状を無くそうとすることが症状を起こす原動力になっています。そうして症状として発症しています。その症状が出たことによって社会生活が邪魔されています、その事で症状を無くしたい、直したいという思いが症状を固定させています。この事を良く理解する事が大事な事になります。

従って症状はもう治らないと思って下さい。症状を治らないものとして受け入れる事が大事な神経症の解決方法となります。神経症はほんのちょっとした認識の誤り、或いは勘違いです。その勘違いを修正することで、症状は自動的に消滅してゆきます。ですから症状を追い出そうとしないで、受け入れる事です。

神経症を治すためには、学ぶことが有ります。その前にもう一度言っておきます、症状が治ったとか、治りそうだとかは、もう考えない事です。症状は不問として日記にも書かない、口にもしないという事が本当に大事な事になります。その事を了承した上で、学ぶことが有ります。

第一番目は、人間の心理学です。是は神経症を扱った「森田療法」というものを学ぶのです。自分の症状だけではなく、他の症状を学ぶ事です。神経症全般を学んだ方が近道になります。どうして神経症を発症するのかという事です。それが分かる時には解決方法が手に入るかも知れません。

二番目は「禅」というものを学ぶ事です。昔から不安になり易い人達が、この門を叩いて、そうして不安を安心に変えてきた歴史が有るからです。禅には禅問答というものが有ります。是は神経症の人が症状を直そうとしても治らないで苦心している姿と全く符号しています。禅問答が解けた時には、神経症の完治という事になります。

この事をうまく説明しようとした場合には、大変な字数になりますので、控えさせていただきます。もし、興味が有るようでしたら、私の投降したものを読んでみて下さい。神経症と、不安について、私が回答しているのがかなりの数あるからです。その中から興味を持てるものを読んで参考にしてください。いつも同じことばかりを書いているようですが、少しずつ、変えてある部分が有ると思うからです。

早い話が、貴方の自我意識と、貴方の無意識が絶えず交代しながら貴方を働かせています。歩くときでも、貴方は無意識で歩いています。そうで無いならば、考えながら歩く事は出来ない筈です。処が意識をした場合には自我意識が出てきてうまく無意識になれなくなる場合が有ります。貴方の場合は話をしようとした時です。

眠れないという時は、何か不安などが有って、意識をした状態で眠ろうとした時です。眠る時には自我意識は引っ込んでしまって、一旦無意識に切り替わっています。無意識が体をうまく眠りに入らせています。不眠症になったという時は、無意識とバトンタッチが出来にくくなった状態と言えます。

貴方が、症状を克服した時には、症状は今と同じに有ります。ですが不安がなくなっています、その事で意識しなくて済んでしまいます。その事で症状が有ったまま症状が意識に上ってきません。貴方は症状を忘れてしまっています。そのために気が付かない内に自我意識が引っ込んでいます。そうすると貴方の無意識が貴方の口を勝手に動かしています。是が神経症の治るという事になります。その時には、貴方は悟りを開いているかも知れません。無意識の意識とは仏性の事です。貴方は吃音という事を通して仏性と仲たがいをしている状態と言えるからです。

神経症の治りとは自分の中の自分を働かせているものと、仲直りをする事、言い方を変えたなら、子供の時の一つの心が、ある時、意識をした時から二つの心になって苦しい思いをしていたものが、又一つの心になったという意味が有るからです。心が言い争いをしなくなるという事です。本当の安心が手に入るという事になります。

吃音という事ですがこれは神経症の一種という事で神経症の治りという事を書いてみます。神経症には様々な症状が有ります。ですが原因は一つです、それは「意識する事」が原因です。意識したことが原因で、皆うまくゆかなくなっています。

人前で字を書こうとして、手が震えてうまく書けなかった事から、自宅に帰ってもう一度書いてみたけれど、やっぱりうまく書けなくて、今度は全身の力を振り絞って書いたけれども、ますます書けなくなる。この事を書痙と言います。貴方には理解できますでしょうか?書痙も同...続きを読む

Q吃音です。学校生活で嫌になることがあります

吃音です。友達との会話で、言いたいことが言えません。大学での発表も心配です。
ゆっくり話すように工夫すると、吃音にならないのですが、会話中、気を抜くとすぐに吃音になります。
2、3ヶ月しゃべる練習したのですが、効果がなく、練習をしていて、吃音の練習に合っていないと感じました。
何かアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

吃音でイヤになります>ある雑誌にイギリスでは、政治家などが、わざと吃音の練習をしていると書いていました。吃音者というのは、感受性が強くて、頭の良い人が多いそうです。口より頭の方が先行するからです。私は口の方が先行していて、いつも失敗します。天皇陛下や高貴な方は、常にゆっくりと、丁寧に話をされますが、私も考えてしゃべりたいものです。他から見てても上品に見られるかなと思います。だから、気を抜かずにゆっくり話をされるべきかと思います。余談ですが、海軍の山本五十六は常に寡黙で「飯」「風呂」「寝る」と、単語を並べるだけの人だったと聞いています。とにかくゆっくりとが良いみたいですね。へんなアドバイスですが悪い所がありましたら許して下さい。

Q吃音者が声優志望

私は吃音者ですが、声優になりたいと思っています。
普段話す分には全く支障ありません。しかし電話応対や、ふとした時に急にどもって声が出なくなってしまいます。
吃音が始まって以来10年治りませんし、これからも克服できるか分かりません。
ネットで吃音者のサイトを調べますと、治る確立はかなり低いと書いてありました。病院に通って治る障害でもないようです。
声優は役者であり、何より喋りが命だと思います。吃音者である私に見込みはあるのでしょうか。
また、吃音を克服された声優(役者)さんはいらっしゃるのでしょうか?

Aベストアンサー

テレビ司会者の小倉智明さんは吃音だったと思います。

そのことを隠してTV東京のアナウンサー試験に合格し、社員アナウンサーとなり、フリーになり、現在に至ったという経歴を持っているとおもいます。



他の方も指摘しているように声優の世界は狭き門です。
一般の俳優の世界ではありえないことだと思いますが、声優の世界ではいまだに「ひょっこりひょうたん島」に出ていたようなベテランの方たちが現役なのです。

つまり、声の仕事=声優というような単純な発想を換えて、もう少し将来の仕事の選択肢を広く持ってみたら如何でしょうか。

厳しい言い方になりますが、自分のコンプレックスを見事に克服して周囲を見返したいのでしょうが、なかなか人生難しいのだと思います。

自分を受け入れつつ、社会との接点を見つけていかれては…。

苦言で失礼いたしました。

Q吃音、どもりの悩み

吃音という声が不自由な症状が昔からあり、とても悩んでいます。
吃音やどもりには色々な治療法があるようですが、どれがいいのかもよく分かりません。
もうすぐ新しい年度で初めて会う人と会わなくてはいけないので困っています。
吃音、どもりの何か良い治療法はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

職場にドモリのひとが入ってきました。
普通に話をしています。劣等感を感じさせません。若いころ悩んだでしょうね。こういう人は引っ込み思案になりがちでだんまりなんですが、うるさいくらいに話しかけます。吃音ながらも。
周囲の人もそんな(どもる)なんて、気に掛けていません。誰だって、欠点はあります。いやなことはお互い口に出されたくないもの。わかっていてもなおせないものもある、直せないものは直すことをやめれば悩みはなくなると教えられました。
世の中は、みな悪い人ばかりではありません。

Q吃音と恋愛

30代前半の男です。
子供の頃から吃音(どもり)があります。20代前半の頃までは吃音も軽く、付き合っていた女性もいたり
しましが、この2,3年吃音がひどくなり、独り言さえどもるような状態で、自分自身に苛立ちを感じてし
まいます。

最近、職場内の7歳年下の女性を好きになりました。小さな会社ですが、なかなか行き会うことも少なく、
時々言葉を交わせる時は、私はどもらない言葉を慎重に選んで声を掛けていたので、私がひどい吃音であ
る事を多分知りません。私は社内ではよく「あんたは無口だね」と言われます。

無口な男性(女性)との恋愛に関しては、過去の質問に色々ありましたが、吃音に関してはどうなんでしょうか。

仮に、付き合えるようになり、私が吃音であることを告白して彼女がそれを受け止めてくれたとしても、日
常の些細な気持ちさえもうまく伝えられない事に、彼女はそのうち嫌気がさすような事になるにではなかと
考えると、とても不安を感じます。

男性、女性を問いません。キツイ一言でも構いませんので皆さんの考えをお聞き出来ればと思います。
よろしくお願いします。

30代前半の男です。
子供の頃から吃音(どもり)があります。20代前半の頃までは吃音も軽く、付き合っていた女性もいたり
しましが、この2,3年吃音がひどくなり、独り言さえどもるような状態で、自分自身に苛立ちを感じてし
まいます。

最近、職場内の7歳年下の女性を好きになりました。小さな会社ですが、なかなか行き会うことも少なく、
時々言葉を交わせる時は、私はどもらない言葉を慎重に選んで声を掛けていたので、私がひどい吃音であ
る事を多分知りません。私は社内ではよく「あんた...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。私は23歳のakouと申します。性別は女です。
私はyuuho629さんと同じ吃音者です。
私の経験談になりますが、書かせて下さい。
yuuho629さんと同じように、私も子供の頃から吃音を持っています。
学生の時には本読みや自己紹介が嫌で嫌で仕方が無いほどでした。
しばらく吃音の事がぜんぜん気にならない時期もありました。
しかし、中学3年生の時にひどくどもりだして今に至ります。

私は今現在、高校3年の時から付き合っている彼氏がいます。
もちろん、私が吃音者だということは知っています。
彼にこのことを打ち明けたのは、私が就職活動をする時期になった時だったと思います。
私も彼に嫌われるんじゃないか。。。と考えました。
でも、彼は私が考えていた以上に普通でした。
「それがどうした?それで別れる、嫌いになると思った?」って感じでしたよ。
それまでは私もyuuho629さんと同じように言葉を選んで話していたような気がします。
でも、それでは自分のちゃんとした気持ちを伝える事は出来ませんでした。
私は彼に自分の事を知ってて欲しいので、話しました。
自分が今まで吃音に対して思った事、考えた事。
私は自分が吃音者であることを隠さずに彼に話してよかったと思います。
今では彼のお陰もあり、だいぶ、吃音に対してのコンプレックスが無くなりましたよ。
『これが私なんだ!!』って受け止めてる。。。かな?!(笑)

もし、yuuho629さんが彼女に自分が吃音者であることを打ち明けて、
彼女が軽蔑したのであれば、それはそれだけの人なんだって。
これは吃音者に対してだけではなく、他の人たちに対しても同じだと思います。
でも、yuuho629さんが好きになった人であれば、大丈夫ですよ。
自分自身に自信を持って下さい。
吃音者だからっ恋愛をしてはいけない!なんてことは絶対にないですよ。
yuuho629さんの素直な気持ちを彼女に伝えてみてください。
言葉を選ぶんではなくて、自分の気持ちを素直に言葉に出してみてください。
じゃないと、自分のちゃんとした気持ち、彼女に伝える事が出来ませんよ。
頑張って下さい。応援しています(^○^)ふぁいと!!

追伸→yuuho629さんからみたら、まだまだ未熟で子供なのに
   こんな生意気なこと書いてごめんなさいm(_ _)m

はじめまして。私は23歳のakouと申します。性別は女です。
私はyuuho629さんと同じ吃音者です。
私の経験談になりますが、書かせて下さい。
yuuho629さんと同じように、私も子供の頃から吃音を持っています。
学生の時には本読みや自己紹介が嫌で嫌で仕方が無いほどでした。
しばらく吃音の事がぜんぜん気にならない時期もありました。
しかし、中学3年生の時にひどくどもりだして今に至ります。

私は今現在、高校3年の時から付き合っている彼氏がいます。
もちろん、私が吃音者だということは知ってい...続きを読む

Q特に吃音者の社会人の方お願いします

以前にも、このカテでお世話になりました。ありがとうございました。

さて、私は吃音持ちで新米社会人ですが、最近、とても困ったことがありました。
電話でお客様と話をしているときに、吃音が出て、敬語を言えなくなり、タメ口になりました。
幸いにも優しい感じの方で、キレられませんでした。
ただ、今後を考えると誰かしらにキレられないか不安です。

相談は、対処とし考えられる方策についてアドバイスお願いします。
自分で考えられる対処としては・・・
(1)上司に相談して判断を仰ぐ
(2)上司に相談せず、キレられる恐れがあるがタメ口でもいいから話すようにしていく
(3)小さな会社なので配置転換は期待できないので仕事を変えるの検討する。

私の吃音の状態は、人と話をすれば9割吃音が出ます。
症状については、連発が主ですが、特定の言葉が出ない無音の症状もあります。
電話応対は、これから増えていきそうです。

Aベストアンサー

タメ口になってしまうというのは言いにくい言葉を回避するからですね。
一応仕事ですし、タメ口になるというのは少し問題ですが、
大切なのは気持ちです。あなたが誠意を持って接していれば、
お客様にもきっと伝わるはずですよ。

私にも吃音があります。
就職したばかりの頃は、困ることも多かったですよ。
上司にも相談したりしましたが、
吃音の本質を理解していないようで、とんちんかんなアドバイスをされ、
うーん、そうじゃないんだよね、といつもはがゆい気持ちでした。
相談ではなく、「私は吃音です」と周りにどんどんカミングアウトしていったらどうでしょう。
「だから何なの?」っていう人もいれば、
「あらそうなの、それならゆっくりどうぞ」と
言葉が出るまで待ってくれる人も結構いますよ。

吃音を持つ人が社会に出て働くというのは、
周囲が思うより簡単なことではありません。
でも私の場合はそれなりにやってこれた気がします。
仕事は変えず、今おかれている場所で最善を尽くしてみましょう^^


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報