ブラザーのモノクロレーザープリンタ(HL-1430)を使用しています。
何週間か前からトナー残量少ないとのランプ表示が出てました。
ドラムはまだまだ寿命が残っております。
今日印刷していた所、何枚か印刷後「トナー交換必要」のランプ表示が出て
それ以上印刷出来なくなりました。

ところで、一番最後に印刷した文書ですが、くっきり濃く鮮明に印刷されています。その直後にトナーが空になるものなのでしょうか。

(昔コピー機を何年か使っていた際、段々インクが薄くなり、最後には薄い粉状での印字となりました。私の中ではトナーがなくなる際はそのように段々薄くなっていくという認識がありましたので、このような質問をさせて頂きました。もし間違っていましたらご指摘お願いいたします)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ブラザーの設計部門に訊いてみないと誰も本当のところは判りませんが、コピー複合機保守の経験上、くっきり濃く印刷されているのにエンドマークを点灯させて機械止めているのは、構造上『手遅れ』がかなり怖い機械だからではないでしょうか。



ご自身でもお書きですが、機械が出す補給表示を一切信じず、いつまでも機械を騙してトナーを補充せず使い続ける人がいると、いわゆる手遅れになることがあります。

そうなるといくら新品トナーを入れても、もう機械がトナー補給動作をせず、どんどん文字がかすれて最後には現像部内のトナー粉末が完全に無くなり、仕方なく現像剤の鉄粉が出てくる始末。。

ただこういう酷い使い方をして手遅れになっても、機械の構造によってはトナータンク、現像部、ドラムが一体となったカートリッジを交換するだけで回復し、何らダメージを被らない機械と、トナーだけを交換する構造ゆえ、手遅れによってドラム周りのメカにダメージを与え、取り返しがつかなくなってしまう機械とが存在します。

恐らくその機械は後者のパターンなのではないかと。。

なんとなく勿体ない気がする気持ちも判りますが、機械の表示を信じて交換しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くっきり印字出来たのに交換表示が出たのでプリンタの方のエラーではないかと疑っていましたが、構造上そういうものだったんですね。先程、アドバイス頂いたように新しいトナーに交換した所、ランプ表示は全て消えました。有難うございました。

お礼日時:2008/05/17 17:09

  problem333 様



 レーザープリンタはコピー機と同じような
 原理で動作しておりますが、コピー機の場合
 トナーカートリッジと別にトナーが入った
 スターターと云うものがあって
 カートリッジが空になっても《濃く鮮明に》
 コピーされます。

 プリンタの場合
 矢張り「トナー交換必要」と表示が出たときには
 その指示に従われた方が無難かと思います。
 コピー機と異なるのはその辺りではないでしょうか。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くっきり印字出来たのに交換表示が出たのでプリンタの方のエラーではないかと疑っていましたが、構造上そういうものだったんですね。先程、アドバイス頂いたように新しいトナーに交換した所、ランプ表示は全て消えました。有難うございました。

お礼日時:2008/05/17 17:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q使用済みインクカートリッジとトナーの回収

複数のメーカーの使用済みインクカートリッジとトナーはどうされていますか?
学校のベルマーク活動が良さそうですが、利用できません。
郵便局でのインクカートリッジ回収は、利用する郵便局では取り扱っていませんし、トナーは対象外のようです。
使用済み切手は、微力ながらお役に立ててもらおうと、日本キリスト教海外医療協力会に送っています。
そのように役立つ方法があればいいなと思っています。

もちろん無料で回収してくれるところがあれば、それで構いません。
SOHOさんとか小さな事業所などはどうしていらっしゃいますか?

Aベストアンサー

No.2》インクもトナーも同時に回収できれば便利ですよね。

・メーカー側にも色々と事情があると思います(以下は全て私の勝手な推測です)

・電気店にある回収箱は再生カートリッジメーカーに流れて再生品となってまた出回ります(プリンターメーカーが品質・価格面で苦り切っています)
・郵便局にあるのはプリンターメーカー共同の回収箱で回収後は粉砕されせいぜい燃焼エネルギーとして回収するだけです(回収コストは見合わないでしょう。目的は再生メーカーに流れないようにする為です)

・トナーカートリッジはインキカートリッジと比べると大きいしトナーが飛散すると危険ですからメーカーの直接回収になっているのでしょうね。メーカーではカートリッジの検査をして中味(トナー)を回収後、カートリッジは再利用か焼却処分でしょう。

Qレーザープリンタのトナー変更のタイミング

Canon レーザープリンタ MF8080Cwを使用しているのですが、”トナーカートリッジ寿命。交換を推奨”のメッセージが出ています。しかし、実際には継続的に印刷ができています。

質問1:このまま印刷し続け、色がでなくなるタイミングで交換することでもいいでしょうか?

質問2:その場合、機器に負荷がかかり、本体が壊れる、などのリスクはどの程度あるのでしょうか?

ご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

>質問1:このまま印刷し続け、色がでなくなるタイミングで交換することでもいいでしょうか?

OKです。

機種によってどこまで使えるかが異なりますが、
印刷ムラがなくなるようにしつこくトナーカートリッジを振りカートリッジ内のトナーを均一にして、使ってください。

Q未使用のトナーの回収(エプソン)

未使用で置きっぱなしにしていたプリンタのトナーを発見しました。
業者等に連絡すれば買い取ってもらえるかと思っていたのですが、
使用期限切れということで、買い取ってもらえない、とのことです。
(使用期限から3年くらいは経っています)

エプソンのトナーは故障しており、現在は処分しているので
使うことはできません。

では、販売元に(エプソン)と思いましたが、サイトを見てみると
純正トナーは回収する、と書いてあり、自分が持っている
リサイクルトナーについては一切、書かれていませんでした。


使用することができない未使用トナーというのは
どうやったら処分することができるのでしょうか?
粗大ゴミに捨ててしまってよいのでしょうか?

自分が住んでいる地域の粗大ゴミの一覧には書いておらず
空のトナーではないので、粗大ごみには出せないのでしょうか?

どうやって処分すればよいのか困っております。

どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

大型家電量販店に設置してある「使用済みインクカートリッジ、使用済みトナーカートリッジ回収箱」に放り込んで下さい。

近所に大型家電量販店が無い場合は「リサイクルトナー業者」に電話して「使用済みトナーの無料回収」をやってないか聞いてみて下さい。

「未使用」でも「使用済み」でも、業者は「使用済み」として引き取ってくれると思います。

>空のトナーではないので、粗大ごみには出せないのでしょうか?

どこの自治体でも、未使用、使用済みどちらも、処理場で処分する時に火災が起きる可能性があるので、トナーカートリッジはゴミとして出す事ができないのが普通です。

トナーは炭素の微細な粉末なので、下手に空気中に舞い散ると、粉塵爆発を起こして危険ですし、吸い込むと健康被害をおこします。

トナーは危険物で、過去にはトナー工場で大爆発があって死者も出ています。

なので、普通は「専門業者に引き取ってもらう必要がある、産業廃棄物」か「専門業者に引き取ってもらう必要がある、危険物」に指定されています。

QレーザープリンタHL-5270DNのメモリ増設?について

こんばんは。

普通に疑問なんですが、レーザープリンタのメモリって増設した方がいいのでしょうか?
どういう場合に増設が必要なのか分かりません。
また、オプションで売られているメモリが非常に高価なため、安価なメモリではいけないのかと思ってしまいます。
HL-5270DNに適合するメモリはたいてい6000円以上しますし、これ以上安いメモリはないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

一般的に言って、高精細の画像を印刷、それも両面で行うときはあったほうがいいでしょう。
目安はカタログやHPに書かれています。参考URLの一番下のほうに書かれています。

レーザープリンタはインクジェットプリンタと異なり、1ページ分の画像をドットのイメージで展開してから印刷にかかります。
したがって、密度を上げたりするとデーター量が加速度的に増えますのでメモリの増設が必要になります。
また、メモリの処理は印字速度に比べて早いのが普通ですが、複数ページ印刷の場合など、メモリの余裕があれば、すべてのデーター処理が先に終わり、プリンタ部分の性能が100%発揮できるというメリットもあります。

メモリが少ないと、少し処理してはデーター転送を繰り返し、データー処理に1分近くかかり、印刷は5秒なんてこともあります。

ただ、オフィスでの使用なら増設は珍しくありませんが、個人で増設されている方はかなり少ないですね。
カラーレーザーになると画質を優先する必要があり、増設する割合は高いですね。

モノクロプリンタでモノクロの写真集、広報(的な文書)を大量に、頻繁に印刷するのでなければ、必要性はあまり感じませんね。
印刷の立ち上がりが少し早くなる程度しかメリットは感じないかも知れません。

参考URL:http://www.brother.co.jp/product/printer/info/hl5270dn/spec/index.htm

プリンタの修理屋です。

一般的に言って、高精細の画像を印刷、それも両面で行うときはあったほうがいいでしょう。
目安はカタログやHPに書かれています。参考URLの一番下のほうに書かれています。

レーザープリンタはインクジェットプリンタと異なり、1ページ分の画像をドットのイメージで展開してから印刷にかかります。
したがって、密度を上げたりするとデーター量が加速度的に増えますのでメモリの増設が必要になります。
また、メモリの処理は印字速度に比べて早いのが普通ですが、複数ペー...続きを読む

Qこの頃のトナーはリサイクル出来ないようになっているの?

CASIOのN6000のOEM製品のJ社のプリンターを使っているのですが、CASIOのN6000のトナーをそのプリンターに入れても認識しないので、聞いてみたところトナーの中にJ社のチップが入っているため、J社販売のトナーじゃないと認識しないと言われました。また、N6000自体も新品よりちょっとだけ安い回収協力トナーというものしか見つかりません。この頃のリサイクルトナー事情はどのようになっているのでしょうか?J社のチップが入っているトナーを回収してリサイクルすることも不可能なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

専門外のメーカーの商品ですが一般論として・・・

OEM製品の場合、トナーは共通の場合もあれば非共通の場合もあります。
同じメーカーでも事業部が異なると非共通と言うことはあります。


なぜ、そんなわずらわしいことになるかと言えば、プリンタを生産販売している、ほぼ全社がプリンタ本体の利益よりも消耗品(トナーやインク)、保守契約で稼いでいるからです。

リサイクルトナーの会社が少なかった頃は特許で守られていたこともあり、かなりの利益を上げることが可能でしたが、台数は現在に比べれば少なかったはずです。
今は、特許も切れたものが多く、リサイクル品が台頭してメーカーも利益を上げるのに必死のようです。

ICチップ等もそのための対策で、表向きは「精度の高い残量管理」等と言っています。

そういったメーカーの姿勢をどう考えるかは、個々に違うとは思います。
むしろ、批判的な意見が強くなって、機械は機械でキチンと利益を出し、消耗品関係は縛りをなくするほうが健全なのかも知れません。
ただ、そうなると機械の価格は3~5倍くらいに跳ね上がるだろうとは思います。(10年位前の水準)

資源とか環境のことを考えると、気軽に機械を処分して新しいものを手に入れる現在よりも良いのは確実ですけどね。(特に低価格機で)

プリンタの修理屋です。

専門外のメーカーの商品ですが一般論として・・・

OEM製品の場合、トナーは共通の場合もあれば非共通の場合もあります。
同じメーカーでも事業部が異なると非共通と言うことはあります。


なぜ、そんなわずらわしいことになるかと言えば、プリンタを生産販売している、ほぼ全社がプリンタ本体の利益よりも消耗品(トナーやインク)、保守契約で稼いでいるからです。

リサイクルトナーの会社が少なかった頃は特許で守られていたこともあり、かなりの利益を上げることが可...続きを読む

Qブラザー HL-1440の印字濃度?

今まで使用していたEPSON CC-500Lに比べて、ブラザー HL-1440での印字濃度が薄いのです。どこかで印字濃度を調整することは可能でしょうか。説明書がなかったので、よくわからないのです。
OSはWindows XPで、ワード2000で作成した(フォントはMS明朝)文書を印刷しています。比較すると、HL-1440で印字したものは線が細いような感じです。かすれなどはありません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じブラザーのHL-1650ではプロパティ→拡張機能→一番右のアイコン(特殊機能)の中に濃度調整があります。

また、出力のDPIを下げると太めになることがあります。

プリンタの特性として、インクジェットはにじみがあるため、レーザーと比べると太めになるようです。上記調整だと写真などでは効果が現れますが、テキストや線はあまり効果がないかもしれません。
HL-1440の出力がデータを忠実に出力しているとおもったほうがよいかもしれません、主にHL-1440で出力するならワードで線を太くしたほうがよいと思います。

Qリサイクルトナーの買取について

会社より質問させていただきます。
在庫としておいておいたトナーが不要になってしまいました。
そこで、ただ捨てるのではもったいないということで
トナーの買取回収をされている業者を探しております。
ところが在庫のトナーが純正品ではなく、リサイクルトナーなので、
電子検索になかなかヒットしません。

リサイクルトナーの買取をされている業者をご存知でしたら
URL等を教えていただけると幸いです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

まず、買い取ってくれるところはないでしょう。

最大の問題は「トナーは生もの」であることです。

生ものは少々大げさかも知れませんけど、一応メーカー品では消費期限もありますし、長期間在庫するとトナー同士がくっついて使いものになりません。
それをそのまま使えば、場合によっては本体を傷める可能性もあります。

また、メーカーで定めている消費期限は、一応密閉した状態の数字です。
リサイクルトナーの場合密閉しているものは稀のはず。(シールを省略していますなどの表記も見受けます)

したがって、そんなリスキーなものを購入することはないだろうと言うことです。

Qカラーレーザープリンタ(NECかブラザーか)

レーザープリンタの比較をしています。NECのMultiWriter 5750Cとブラザーのジャスティオ HL-4570CDWです。NECは片面でブラザーは両面です。本体価格の差は大きくはその理由だと思っています。NECもユニットで両面可能なのですが、ユニットというのはどうも・・・。できれば両面希望なのですが、トナーの値段も最安値で1ヶにつき3,000円ぐらいNECの方が安いので悩んでいます。
どちらがコストパフォーマンスが高いと思いますか?また、ここが欠点だから勧められないというのがあれば教えてください。

Aベストアンサー

両面ユニット搭載でも、印刷時の指示で片面と両面の切り替えが可能です。
# じゃないと意味がないので・・・


個人的にはNECをお勧めします。
オフィスなどに出回っている量が多く、リサイクルトナーの入手がしやすい点や
将来的にもリース上がりの中古などから部品の調達がしやすい点が有利です。

QEPSONトナーLPCA3T12シリーズについて

どうにも困っておりまして皆様のご意見を伺いたく投稿いたします。

先日、ある方から未使用EPSON純正トナー LPCA3T12シリーズを大量に安く譲り受けました。

マゼンタ・イエロー・シアン・ブラック(2本入りKPです)

ただ、譲り受けた品物が本当に未使用品なのかが疑問なのです。


○各トナーの状態

カラートナー“Y/C/M”・・・
純正の箱入り。封は無し。
左右に発泡スチロールの型枠養生のみ。
トナーは袋等には入っていません。
EPSONの廃トナー回収の案内の紙1枚のみ同封。

ブラックトナー“KP”・・・
純正箱入り。テープにて封ありました。
テープを貼り直した跡も有りません。
開梱すると、カラー同様に発泡スチロール型枠養生のみ。
トナーは袋等には入っていません。
EPSONの廃トナー回収の案内の紙1枚のみ同封。

以上のような状態です。

この後、プリンタ本体を買うつもりだったので、
店頭販売の“正規の新品トナー”の状態は分かりません。

LP-S5000やM5000シリーズをお使いの方で、

正規新品状態はどのようになっているか、教えて頂けませんでしょうか?

また、使用済みの空カートリッジと未使用品の

見分け方等ありましたら、何卒ご教授ください。

よろしくお願い致します。

どうにも困っておりまして皆様のご意見を伺いたく投稿いたします。

先日、ある方から未使用EPSON純正トナー LPCA3T12シリーズを大量に安く譲り受けました。

マゼンタ・イエロー・シアン・ブラック(2本入りKPです)

ただ、譲り受けた品物が本当に未使用品なのかが疑問なのです。


○各トナーの状態

カラートナー“Y/C/M”・・・
純正の箱入り。封は無し。
左右に発泡スチロールの型枠養生のみ。
トナーは袋等には入っていません。
EPSONの廃トナー回収の案内の紙1枚のみ同封。

ブラックトナー“KP”・・・
純正箱...続きを読む

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

専門外のメーカーですし、回答にはなりませんけど・・・・・

まず、「未使用EPSON純正トナー LPCA3T12シリーズを大量に安く譲り受けました。」と言うことですから、先方も「未使用品」と思って分けてくれたわけですし、あなたもそれでお金を支払ったわけですよね。
取引の時点で、「開封しているじゃないか」とクレームでもつけていればよかったのでしょうけど、後の祭りという奴では?


あくまでもキヤノンの基準で、エプソンのこの商品がそういう基準なのかは判りませんけど、普通は袋に入って密閉状態で出荷しています。
トナーが不用意に外気に触れると湿気などの影響でトナー同士がくっついて使い物にならなくなるからです。

ただし、完全密閉できるボトルのようなケースに入っているのでしたら、袋は省略するかも。



一番良いのは、純正カートリッジを1本購入することです。
それで、新品の状態も確認できます。
さらに、もうひとつメリットが出ます。

カートリッジの中のトナーの量はわからない物が多いです。
そこで判断に使うのが重量です。
新品の重量と、可能でしたら空のカートリッジの重量を測定しておけば、代替のトナー残量が確認できるわけです。

今回の場合はそこまでは出来ませんけど、カラーのトナーの重量を測定してみて、重量のバラツキがあるかどうかを見ます。
差が10~30gr程度なら、封入量は同じと考えることが出来ます。
これで、満杯か、空っぽかのどちらかという事になります。

あとは、間違いない新品の重量が判れば判断できるわけです。


プリンタの本体を購入するつもりなのでしたら、1本くらい購入してもよいのでは?

プリンタの修理屋です。

専門外のメーカーですし、回答にはなりませんけど・・・・・

まず、「未使用EPSON純正トナー LPCA3T12シリーズを大量に安く譲り受けました。」と言うことですから、先方も「未使用品」と思って分けてくれたわけですし、あなたもそれでお金を支払ったわけですよね。
取引の時点で、「開封しているじゃないか」とクレームでもつけていればよかったのでしょうけど、後の祭りという奴では?


あくまでもキヤノンの基準で、エプソンのこの商品がそういう基準なのかは判りませんけど、普通は...続きを読む

QBrother HL-2040のトナー残量を知る方法

ドラムの情報は出るのですが、トナー残量がわかりません。
以前使っていた機種ではできたと思います。
自己診断のC:\WINNT\brdiag.logにも
それらしき情報がありません。

トナー残量を知る方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

専門外のメーカーですので推測ですが、トナーの残量確認は印刷したものから推測する以外にないはずですので、プリンタの制御(監視)ソフトに機能がなければ、無いと思ってよいでしょう。

大型の機械でもリニアな残量監視は行っておらず、残りが少なくなるとセンサーが反応して交換警告を出すのが普通です。

ローコスト機ではコストダウンのためにセンサーが省略されていることが多く、さらにはトナー自体の単価も安い設定のため、予備を用意しておいて薄くなったら交換しましょう、という暗黙のうちの想定があるようです。

また、大型のプリンタと違い、小型のプリンタの場合、(オフィスでの想定ですが)ほかのプリンタで対応することも可能、という前提もあるようです。

印刷中になんらなのモニタが出てくると思いますが、そちらに消耗品情報などの項目がなければ、あきらめるしかないでしょう。


人気Q&Aランキング