12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

特に車は興味ありませんが、
トヨタの経営方針・下請けの扱いなどを読んで
それでできあがった製品は他社と比べていい物なのでしょうか?
という疑問を持ちました。

コスト・燃費・アフターケア・リコールの頻度などを教えていただければうれしく思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

No3です



「トヨタの80点主義」
確かに80年代ぐらいまで
クラウン>マークII>カローラ
とやっていた時代はそうだと思いますが

今はそんなことないと思いますよ
世界的に見ても尖ったクルマを量産に乗せている
メーカーだと思います

例えばプリウスだけ見ても、同じことができるメーカーは
世界的に見ても皆無です。

トヨタランドクルーザー
世界中のオフロードでベストセラーです
つまりどんな悪条件下にあっても
「ランクルにガソリンさえ入っていれば生き残れる」
それくらいの信頼を得ているクルマです

レクサスLS(旧セルシオ)
昔の神通力ほどではないですが、以前として威光あり
品質クオリティは類を見ません

ハリアーハイブリッド
ハイブリッド技術をスポーツ路線にも量産展開できることを立証

ヴィッツ(EU名 ヤリス)
ヨーロッパ市場においてコンパクトカーマーケットで互角の戦い

少なくともこれらのクルマ見ても。80点狙いじゃないです
100点どころか、既存の水準では図れないレベルまで目指してます

さらに今年はiQというヴィッツよりもさらにコンパクトなクラスにも
参戦しようとしている。

ホンダや日産、マツダが特定の車種でピンポイントで、トヨタに
風穴をあけることはできても総合力ではちょっと太刀打ちできません
    • good
    • 0

日本人が強く重視する「何も考えずに維持できる」という分野においてはトップクラス。


とくに大したメンテもいらずに平気で走り続ける精度の高さには恐れ入ります。問題おきてもアフターが丁寧ですしね。
周囲にもトヨタ車が多いので、世間から浮くことなく無難に溶け込める。なにも気遣う必要がないのです。
あとは下取り時の価格まで気にする庶民にはうってつけ。
下取り価格がそれなりにあるので貧乏人にはトヨタ一手でOK。

そういったクルマ本来の持つ魅力「以外」の分野では向かうところ敵無しですね。頭の固い古臭い考えの庶民には最高の存在であるメーカーです。
    • good
    • 0

車というのは、100万・200万といった金額になるので、普通の買い物とは明らかに違います。


単純に車の評価だけでは、世界1の販売台数は稼げないでしょう。
アフターケア・社会的信頼・ディーラーの接客など、いろいろな要素が関わってきて、全てを総合して判断すると、他メーカーはトヨタには敵いません。
トヨタ車を購入すると、アンケートのお願いが驚くほど届きます。アンケートの中身を見てみると、ディーラーの接客や販売後の対応はどうだったか、という質問が中心で、トヨタが車の評価よりも、接客や販売方法に興味が高いことが分かります。

また、車というのは、移動手段であるのと同時に、資産でもあります(しかも、かなりリスクが高い)。トヨタ車は、比較的安定した下取り価格が期待できます。中古価格がいいという事は、それだけ市場の信頼も高いということでしょう。
私の周りの車好きの人も、ランエボだのRX-8だのインプレッサがどうたら、といった話題をしていますが、乗っているのはトヨタ車、というのが現実です。私も新車を買う時は、いろいろ候補を検討しましたが、マツダやスズキの車を買えるか?と考えると、買えなかったですね。

下請けへの態度が厳しいと言われますが、おそらくメーカーと呼ばれる企業はどこも同じかと思います。。消費者として、そういったことまで考えて商品を選択することがないのが本音です。
    • good
    • 0

専門調査会社によって、米国に於いては業界の平均以下の満足度しか与えられていないとされています。


(1位はレクサスですが)

ユーザーの満足度合いの調査結果ですから
コスト・燃費・アフターケア・リコールの全てを勘案した結果が
この順位だと言う事だと思います。

参考URL:http://www.jdpower.co.jp/press/pdf2008/2007USSSI …
    • good
    • 0

他の皆さんも言われているように、良い物だとは思いますよ。


とりあえず車がほしいって人にはトヨタ車から勧めます。
トヨタは車の王道だと思います。
その他のメーカーはトヨタにない物、薄い物、違う方向から攻めざるを得ません。
80点の車です。トヨタは。
その他は、そのどこかを90点100点になるようにがんばるわけです。

生産台数が世界一(だったと思う)ですから、その他のメーカーはとてもじゃないけれど太刀打ちできません。
2倍3倍の差じゃないんですから。

当然、内装生地でも上等な物を使っても大量仕入れで普通の物より安く入れられます。
コストパフォーマンスは良いですよ。

個人的には出来が良いのよりちょっと間抜けな方がかわいいのでトヨタには乗りませんけど。
    • good
    • 0

日本車であればどのメーカーも大して変わらないと思います。



ただ,全体のバランスの中でトヨタは内装にコストをかける比重が高いと感じるので,多くの日本人がそうであるように,車に対して動くリビングを求めるのであればトヨタ車は良いと思います。
    • good
    • 0

よく、トヨタは80点主義と言われますが、性能、経済性、実用性などの比較に仮にホンダを100点とすると全て80点です。


その代わりホンダ車の中には30点の物も120点の物もありますがトヨタは悪い点の物は有りませんが、特に優れた物も有りません。
それでも売れるの販売体制の良さと営業の上手さ、商法の力だと思います。
車を良く知らない人に満足感を与えるのは世界一です。
車の好きな人は物足りない事にもなります。
商売の為には、売れてる他社の物まねや節操の無いネーミングやイメージのごまかし作戦で私は好きになれない企業ですが、否定も出来ません。
    • good
    • 0

コストパフォーマンスは十分だと思います。


リコールに関してはこのような本も出版されていますが・・・・
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82 …
    
ただ、私は下請けなどの状況を見るとトヨタ車を買いたいとは思いません。
    • good
    • 0

こんにちは



どの程度の評価といわれれば、生活実用品の評価としては
世界一と考えてよいのでは?

コスト・・・性能や耐久性なんかとの対比ではよくコスト管理されてると思いますよ
よく言われるのは、タイヤが貧弱というのはありますね

一般の人がクルマを買うとき、デザインとかエンジン性能、カーナビがあるなし
には目が行くんですが、タイヤはついていればよいというか・・・
だから一般の人には気付かないタイヤとかの部分はコスト削ってます

燃費・・・これはハイブリッドのプリウスを例に出すまでもなく
まったく問題ないでしょ

アフターケア・・・これもまったく問題なし

リコール・・・頻度といわれるとトヨタの場合は車種も生産台数も
他のメーカーよりダントツに多いですからメーカー別で見ると
そこそこあるでしょうね。ただしメーカーとしての品質の信頼に
影響があるほどではないと思います。
おそらくリコールに合う可能性だけで言うとヨーロッパ車の方が
高いでしょうね。台数が少ないのとたぶん修理とかメンテの時に
こっそり直されちゃうんだろうと思います

トヨタに対して、この辺りが信用できないとなると
他に買う車はなくなると思います
    • good
    • 0

会社が作る工業製品として見た場合は、優秀です。



ただし、これは、上の条件でのみです。
それを外れた使い方をした段階で、優秀と言うものが崩れます。

日本人が使う一般的な使用条件で見た場合にとてもコストパフォーマンスが良いのです。
つまり、例として、
年間1万キロ程度の走行、5年程度で売却、普通の道しか走らない、速度は60Km/h程度と言うのが一般的に多い使用条件です。
これの間だけの耐久的に十分持てば良いのです。
それを越えた性能はオーバースペックで、「コストカットの余地が有る!」
と言うのが、トヨタの設計方針ですからね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング