別に確信とかはないのですが・・・・。
日清製粉の名前は日清戦争と関係はあるのでしょうか。
ご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 会社の主要生産物である小麦粉の原料を多く当時の中国の正式国名である清に多く依存したからと思います。

日中友好の意味合いもあったことでしょう。台湾精糖(現 台糖)も同じ理由からです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
企業の名前で歴史の背景を想像することができるのはおもしろいですね。
参考になりました。

お礼日時:2001/02/15 09:00

 「正露丸」と日露戦争は関係があります。

元々の表記は「征露丸」で、兵士たちの携行薬だったわけです。
 日清製粉は、単に日清戦争の直後に、日清戦争にちなんで会社名を変えたということだと思います。
 下は日清製粉のHPです。「会社概要」の中に、会社の沿革を記した年表がありました。ご覧になってみてください。

参考URL:http://www.nisshinseifun.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正露丸・・・・知りませんでした。
そうだったんですか・・・。
ラッパのマークっていうのも、兵隊との関係があるんでしょうね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/15 09:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアマニ油

人からきいた話しなのですが、
アマニ油は新聞のインクの原料に使っているそうですが、
インクを溶かす成分もあるそうで、その辺り詳しく知りたいのですが、
アマニ油の成分について紹介しているURLなどありましたら
教えて下さい(アマニ油について説明してくれる回答でもOKです)。
お願いします。

Aベストアンサー

アマニ油=リンシードオイルは
インクを溶かすというよりも、乳化させるといった成分だそうです。
アマニ油の成分についてのURLを載せておきます

参考URL:http://www.getwell.co.jp/amaniyu.htm

Q(+_+) 日清・日露戦争は、イギリスのかわりに戦った代理戦争?

 日清戦争と日露戦争は、イギリスのかわりに日本が戦った代理戦争、という説があるようですが、これは定説になってるんでしょうか?
 司馬遼太郎さんは明治時代のことにとてもくわしかったそうですが、そのへん、どう見ておられたんでしょうか?

Aベストアンサー

日清戦争についてはその様な事は全くありません。日露戦争については多少その側面があったと言えます。というのは当時イギリスは清国領土内に多大な権益を有していましたが義和団事件以後のロシアの満州不法占拠等の露骨な極東に対する侵略的行動により、それらの権益を脅かされていたからです。その為に光栄有る孤立政策を捨ててまで日英同盟を締結し日本の後ろ盾となったのです。しかしながら日本の戦争目的は朝鮮の安全、ひいては日本本土の安全を確保するというものでした。結果的にはイギリスの権益を守ったという事にもなりましたが、たとえ英国の権益が無くても日本はロシアに対し開戦せざる終えなかったと思われます。但しイギリスとの同盟の存在がが日本にとってこの戦争に踏み切る決断の際大きなウェートを占めた事、またバルチック艦隊の航海を陰に陽に妨害するなど戦局に有利に作用したことは間違い有りません。
司馬遼太郎氏は日清日露両戦争とも帝国主義時代の中で日本が独立国として生きようとしたぎりぎりの状況のなかでの戦争であると考えておられたと思います。代理戦争という捉え方はほとんどされていなかったように思われます。
小説ですが”坂の上の雲”(司馬遼太郎)を読まれたらいかがでしょう。
とのことです。(歴史に詳しい家族より。)

日清戦争についてはその様な事は全くありません。日露戦争については多少その側面があったと言えます。というのは当時イギリスは清国領土内に多大な権益を有していましたが義和団事件以後のロシアの満州不法占拠等の露骨な極東に対する侵略的行動により、それらの権益を脅かされていたからです。その為に光栄有る孤立政策を捨ててまで日英同盟を締結し日本の後ろ盾となったのです。しかしながら日本の戦争目的は朝鮮の安全、ひいては日本本土の安全を確保するというものでした。結果的にはイギリスの権益を守った...続きを読む

Q日清戦争と日清製粉

別に確信とかはないのですが・・・・。
日清製粉の名前は日清戦争と関係はあるのでしょうか。
ご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

 会社の主要生産物である小麦粉の原料を多く当時の中国の正式国名である清に多く依存したからと思います。日中友好の意味合いもあったことでしょう。台湾精糖(現 台糖)も同じ理由からです。

Q日清戦争や日露戦争は海外ではどのような評価がされているのでしょうか

最近コミックの影響もあり日清戦争や日露戦争に興味お持ち、少し調べたのですが、当然日本側からの見方が大半でした。相手側つまり現在の中国、ロシアはどのようにとらえているのか、特にその国の教科書などではどのように書かれているのか知りたいのですが、
ご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

中学校の歴史の時間に聞いた話ですが,ロシア人は割と好意的にとらえているらしいですよ.悪い為政者を追い出した日本ということで.
その先生は旅行好きで,現地の人たちともよくコミュニケーションをする方でしたので,信憑性は高いのでは?
中国は分かりません.

Q今高2なのですが高校は偏差値50ほどで模試の偏差値が40なのですが今からでも頑張れば早稲田商学部行け

今高2なのですが高校は偏差値50ほどで模試の偏差値が40なのですが今からでも頑張れば早稲田商学部行けますかね!慶応の商学部でもいいです。まぁどちらもとても難しいと思いますが!(´д`
早稲田商学部の数学受験を考えていて、青チャート理解しながら暗記していく感じでいいと思いますかね~
とにかくなんでもいいのでどうしても早稲田商学部か慶応商学部に入りたいのです。ちなみに早稲田商学部のほうが第一志望です。何かヒントを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

早稲田商学部を数学受験するとなると、慶應は英数歴か英歴論なので、「地歴もやる」。つまり早稲田と慶應の商学部を併願するには英国数歴と国立並みの負担になります。「慶應でもいい」「とにかくなんでもいいので」といったいい加減なスタンスでは弾き飛ばされること必至です。早慶の併願は難しいのです、中でも商学部は。

「英語か数学か」なんとかなりそうなほうを高2のうちに偏差値60まで持ち込まねばアウトでしょう。

Q日清戦争と日露戦争

日清戦争と日露戦争には相互に関連はあるのでしょうか?

関連があるのでしたらどの様なことですか?

Aベストアンサー

ロシアの南下政策を阻止したい日本が緩衝地帯として、朝鮮半島を自陣に引き込もうとしたのを清が気に入らなくて起きたのが日清戦争。
朝鮮半島を緩衝地帯にし損なった日本が南下するロシアと直接ぶつかったのが日露戦争。

つまり、「南下するロシア」がキーワード。

Qオリーブ油と比べて、アマニ油は太る?

テレビでオメガ3とかオメガ9とかの解説をしていました。
アーモンドやアボカドはよく食べるし、オリーブ油は料理につかっています。

アマニ油(オメガ3)も撮った方がよいのか、と思い、毎朝ヨーグルトにオリーブ油をかけて食べていたのをアマニ油に変えました。
量は同じ、小さじ1杯くらい。

3ヶ月経ったら、腹部を中心に脂肪がつき、2キロくらい体重が増えました。
暑くてあまり動かなかったのはたしかですが、こんなに急激に皮下脂肪がついたのは初めてです。

食事は、ヨーグルトにアマニ油をかけた以外はあまり変わっていません。
暑くてアイスを食べることが多かったのはたしかですが、食欲がなく、ご飯は控えめでした。
夏痩せどころか、夏太り。

「オリーブ油と比べてアマニ油は、同じ量でも太りやすい」ということはありますか?

味も、ヨーグルトのオリーブ油かけはとても好きですが、アマニ油は無味無臭なので、別に美味しくはなりません。

オメガ9は普段たくさん摂っているので、オメガ3も摂った方がいいと聞いて、小さじ1杯をオリーブ油からアマニ油に変えただけです。

味的には、食べる理由がないです。サバ缶の方がよほどおいしいです。
その上、太るなら食べるのをやめます。

テレビでオメガ3とかオメガ9とかの解説をしていました。
アーモンドやアボカドはよく食べるし、オリーブ油は料理につかっています。

アマニ油(オメガ3)も撮った方がよいのか、と思い、毎朝ヨーグルトにオリーブ油をかけて食べていたのをアマニ油に変えました。
量は同じ、小さじ1杯くらい。

3ヶ月経ったら、腹部を中心に脂肪がつき、2キロくらい体重が増えました。
暑くてあまり動かなかったのはたしかですが、こんなに急激に皮下脂肪がついたのは初めてです。

食事は、ヨーグルトにアマニ油を...続きを読む

Aベストアンサー

>「オリーブ油と比べてアマニ油は、同じ量でも太りやすい」ということはありますか?
非常に考えにくいです。

まず、基本的に植物油脂は100%油で100g=約921kcalでどれもカロリーが同じです。
体重の増加は摂取カロリーが消費カロリーを上回るからですが、
以前のオリーブ油もアマニ油も小さじ1で量が変わらないのならカロリーが変わりません。

とはいえ、実際には同じ摂取カロリーでも中身が違うと太りやすさが違ったりすることもあるのですが…。
アマニ油を摂取しても体脂肪率などに差はなかった、という研究結果のほうが多いので、
そのような違いが出るとは思えません。
国立健康・栄養研究所 -アマニ油
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail951.html
(そのへんのアフィリエイトブログでは「オメガ3で代謝を良くしてダイエット!」「オメガ3が中性脂肪を下げる!」的な怪しい宣伝を行っているぐらいですし、太るタイプの油ではないです。
 ちなみに太りやすいタイプの油は飽和脂肪酸のほうが多いです。)

また、植物油脂こさじ1ぱいのカロリー自体が約40kcalで高くありません。
下はアマニ油のメーカーのサイトですが、オリーブ油も同じです。
http://www.nippn.co.jp/products/other/amani/detail/1194617_2539.html
nohalaさんの性別と年齢次第の部分もあるのですが、仮にこの量を毎日プラスしていたとしても
さほどの影響はないだろう少量です。

あと、「腹部を中心に脂肪がついた」のならそれは皮下脂肪ではなく内臓脂肪のほうが可能性が高いのではないでしょうか。
原因は単純に暑くて運動量が減ったためではないかと思います。
代謝が落ちていたところに総消費カロリーが減り、総摂取カロリーは増えた。
食べ物からの摂取カロリーで言えば、直接は油よりも
>暑くてアイスを食べることが多かった
こちらだろうと思います。

ご飯を食べる量が控えめになったとのことですが…。
食べていたアイスがサクレのようなかき氷系でもカロリーはご飯かるく半膳ほどあります。
https://www.futabafoods.co.jp/product/ice/capice/sacre/
サクレのカロリーはひとつあたり137kcal。
ちなみに私が昨日から半日で3つたいらげてしまったハーゲンダッツは一つ250kcal前後…。
ご飯がイコール炊いた飯なら、かるーくよそって140gよそって約240kcalです。
なので、「白飯が控えめになった」ぐらいだと総摂取摂取カロリーは上がっていると思います。

さらに、オメガ3について。
オメガ3を摂りましょうと言われる理由は二つあります。
ひとつは必須脂肪酸だから、もうひとつは同じ必須脂肪酸のオメガ6とのバランスが非常に大事ということがわかってきたけれども現代人の食生活はオメガ6を多量に取りやすいためほとんどの人はバランスが崩れている
こと、の2つです。

なので…。
オリーブ油をヨーグルトにかけて召し上がっているのはなんのためでしょうか?
味が好みだからでなく、オメガ9を取らなければならないからだと思っていらっしゃるのなら、明日から止めても大丈夫です。
栄養価としてはあまり意味がありません。オリーブ油は7割ほどオレイン酸というオメガ9系の油なのですが、オメガ9は非必須脂肪酸ですから。
お料理にもお使いなら特に。

>「オリーブ油と比べてアマニ油は、同じ量でも太りやすい」ということはありますか?
非常に考えにくいです。

まず、基本的に植物油脂は100%油で100g=約921kcalでどれもカロリーが同じです。
体重の増加は摂取カロリーが消費カロリーを上回るからですが、
以前のオリーブ油もアマニ油も小さじ1で量が変わらないのならカロリーが変わりません。

とはいえ、実際には同じ摂取カロリーでも中身が違うと太りやすさが違ったりすることもあるのですが…。
アマニ油を摂取しても体脂肪率などに差はなかった、という研究...続きを読む

Q日清戦争、日露戦争について

日清戦争、日露戦争について詳しく書いてあり、分かりやすく解説されたホームページを教えてください。
また、分かりやすく解説してくださる方、ご回答お願いします!

Aベストアンサー

日清・日露の遼戦争を歴史の流れから理解し、戦争の推移、展開を概観することは必須ですが、私はこれに加えてこの両戦争を個々の日本国民がどう戦ったか、を是非勉強してほしいと思います。
 ひとつの方向として、戦争中の指揮官や一兵卒が残した戦争の一局面やここの兵士の意識などです。これらの一局面から戦争全体を眺め「帰納法的」なアプローチが、次の意味からも面白いと思います。

 日清戦争の「勇敢なる水兵(黄海開戦)」や日本軍が北京を目指して進軍した際の「雪の進軍」、日露戦争では「橘中佐」「広瀬中佐」「水師営の会見(乃木大将)」など、物語風に作られた素晴らしい「文部省唱歌」があり、感動させられます。これらの唱歌からは兵士たちのいじらしいほどの国を思う気持や意識が伺えます。「年表」だけの戦争では、なんともつまらないと思います。
 今に起こる愛国心の議論なども、我々の先人が日清・日露の戦争をどんな思いで戦ったのか、しかっり見据えた上でやってほしいものです。

Qコニャラ(日清製粉の猫のキャラクター)の品種

日清製粉グループの猫のキャラクター「コニャラ」の品種をご教示ください。
公式に発表されたものでなくとも、類似する品種でも構いません。

Aベストアンサー

公式発表は見たことないですが
ニホンネコの黒ぶち白猫じゃないんでしょうか。
仔猫が真っ白のようなんで。

Q日清戦争後の日本と清国の特殊な関係

日清戦争後の日本と中国の関係について質問です。
ネット上で「日清戦争後、日本と清国は特殊な関係を持つようになった」という記述があったのですが、これはどのような関係なのでしょうか?
調べてみてもよく理解できませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これだけでは、その人が何をテーマとして書いたのかよく分かりませんので、その「ネット上の」文章とは、意図がずれるかもしれませんが・・・。

日清戦争後、日本には大量の清国留学生が入ってきました。陣瞬臣の「中国の歴史(近代編)」を読むと、清朝末期(つまり1900年代初頭)には、東京だけで10000人以上の清国留学生がいたとのことです。有名な魯迅も、その1人です。ただし、この人は東北大学医学部でしたけれど。

留学生には官費も私費もいて、早稲田・神田あたりには清国留学生会館もあったそうです。これは、近代化のお手本として同じ東洋の日本で、西洋技術・思想を学ぶという意味合いがあったようです。近いので、私費留学生などは、金がかからなくて良い、という理由もあったようですが。

ところで、外国に出てみると、自国の良さも悪さも分かるというのは、今も昔も変わらないことで、特に清朝の場合は体制自体が末期症状でしたから、留学生の間では清朝打倒運動がかなり激しくなります。さらに、変法運動の政治家(康有為や梁啓超)が亡命して、新聞を発行するなど、日本は革命運動の拠点になったわけです。孫文も数度にわたって訪日し、在日華僑から資金を集めると共に、清朝打倒の演説会などを催しています。

この時期の留学生として有名な人では、戦中に南京政府を作った王兆銘などもいます。彼は、清朝要人の爆殺計画を実行するなど、かなりの「過激派」だったようですよ。

で、さらに日本人でこの革命運動を積極的に支援した人達もいます。戦前右翼の親玉的存在だった頭山満、宮崎滔天などといった人達が知られています。日本人の民族主義的な右翼は、この革命運動にはかなり関わっています。

もっと言うと、政府自体がこうした革命運動に同情的というか、消極的な支持をしていた様子が見られます。清国とは外交関係がありますから、大使館を通して「留学生の革命運動取り締まり」について再三要請が政府に来ていたようですが、上で述べたように孫文の演説会も新聞の発行も事実上黙認されていました。

「特殊な関係」が何を指すかは、最初に述べたように分かりませんが、そういう意味では、日本は清朝と外交関係を結びながら、反清革命運動の拠点という特殊な国だったようです。だからその時期の中国人の対日感情はかなり良かったようですよ。 

これだけでは、その人が何をテーマとして書いたのかよく分かりませんので、その「ネット上の」文章とは、意図がずれるかもしれませんが・・・。

日清戦争後、日本には大量の清国留学生が入ってきました。陣瞬臣の「中国の歴史(近代編)」を読むと、清朝末期(つまり1900年代初頭)には、東京だけで10000人以上の清国留学生がいたとのことです。有名な魯迅も、その1人です。ただし、この人は東北大学医学部でしたけれど。

留学生には官費も私費もいて、早稲田・神田あたりには清国留学生会館もあったそうで...続きを読む


人気Q&Aランキング