別に確信とかはないのですが・・・・。
日清製粉の名前は日清戦争と関係はあるのでしょうか。
ご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 会社の主要生産物である小麦粉の原料を多く当時の中国の正式国名である清に多く依存したからと思います。

日中友好の意味合いもあったことでしょう。台湾精糖(現 台糖)も同じ理由からです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
企業の名前で歴史の背景を想像することができるのはおもしろいですね。
参考になりました。

お礼日時:2001/02/15 09:00

 「正露丸」と日露戦争は関係があります。

元々の表記は「征露丸」で、兵士たちの携行薬だったわけです。
 日清製粉は、単に日清戦争の直後に、日清戦争にちなんで会社名を変えたということだと思います。
 下は日清製粉のHPです。「会社概要」の中に、会社の沿革を記した年表がありました。ご覧になってみてください。

参考URL:http://www.nisshinseifun.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正露丸・・・・知りませんでした。
そうだったんですか・・・。
ラッパのマークっていうのも、兵隊との関係があるんでしょうね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/15 09:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアマニ油

人からきいた話しなのですが、
アマニ油は新聞のインクの原料に使っているそうですが、
インクを溶かす成分もあるそうで、その辺り詳しく知りたいのですが、
アマニ油の成分について紹介しているURLなどありましたら
教えて下さい(アマニ油について説明してくれる回答でもOKです)。
お願いします。

Aベストアンサー

アマニ油=リンシードオイルは
インクを溶かすというよりも、乳化させるといった成分だそうです。
アマニ油の成分についてのURLを載せておきます

参考URL:http://www.getwell.co.jp/amaniyu.htm

Q(+_+) 日清・日露戦争は、イギリスのかわりに戦った代理戦争?

 日清戦争と日露戦争は、イギリスのかわりに日本が戦った代理戦争、という説があるようですが、これは定説になってるんでしょうか?
 司馬遼太郎さんは明治時代のことにとてもくわしかったそうですが、そのへん、どう見ておられたんでしょうか?

Aベストアンサー

日清戦争についてはその様な事は全くありません。日露戦争については多少その側面があったと言えます。というのは当時イギリスは清国領土内に多大な権益を有していましたが義和団事件以後のロシアの満州不法占拠等の露骨な極東に対する侵略的行動により、それらの権益を脅かされていたからです。その為に光栄有る孤立政策を捨ててまで日英同盟を締結し日本の後ろ盾となったのです。しかしながら日本の戦争目的は朝鮮の安全、ひいては日本本土の安全を確保するというものでした。結果的にはイギリスの権益を守ったという事にもなりましたが、たとえ英国の権益が無くても日本はロシアに対し開戦せざる終えなかったと思われます。但しイギリスとの同盟の存在がが日本にとってこの戦争に踏み切る決断の際大きなウェートを占めた事、またバルチック艦隊の航海を陰に陽に妨害するなど戦局に有利に作用したことは間違い有りません。
司馬遼太郎氏は日清日露両戦争とも帝国主義時代の中で日本が独立国として生きようとしたぎりぎりの状況のなかでの戦争であると考えておられたと思います。代理戦争という捉え方はほとんどされていなかったように思われます。
小説ですが”坂の上の雲”(司馬遼太郎)を読まれたらいかがでしょう。
とのことです。(歴史に詳しい家族より。)

日清戦争についてはその様な事は全くありません。日露戦争については多少その側面があったと言えます。というのは当時イギリスは清国領土内に多大な権益を有していましたが義和団事件以後のロシアの満州不法占拠等の露骨な極東に対する侵略的行動により、それらの権益を脅かされていたからです。その為に光栄有る孤立政策を捨ててまで日英同盟を締結し日本の後ろ盾となったのです。しかしながら日本の戦争目的は朝鮮の安全、ひいては日本本土の安全を確保するというものでした。結果的にはイギリスの権益を守った...続きを読む

Q日清戦争と日清製粉

別に確信とかはないのですが・・・・。
日清製粉の名前は日清戦争と関係はあるのでしょうか。
ご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

 会社の主要生産物である小麦粉の原料を多く当時の中国の正式国名である清に多く依存したからと思います。日中友好の意味合いもあったことでしょう。台湾精糖(現 台糖)も同じ理由からです。

Q日清戦争や日露戦争は海外ではどのような評価がされているのでしょうか

最近コミックの影響もあり日清戦争や日露戦争に興味お持ち、少し調べたのですが、当然日本側からの見方が大半でした。相手側つまり現在の中国、ロシアはどのようにとらえているのか、特にその国の教科書などではどのように書かれているのか知りたいのですが、
ご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

中学校の歴史の時間に聞いた話ですが,ロシア人は割と好意的にとらえているらしいですよ.悪い為政者を追い出した日本ということで.
その先生は旅行好きで,現地の人たちともよくコミュニケーションをする方でしたので,信憑性は高いのでは?
中国は分かりません.

Qアマニ油、えごま油のおすすめの食べ方

アマニ油、えごま油が体にいいということだったので、
買ってきたのですが、なかなか毎日使えません。
毎日油をとれるおすすめの使い方などがありましたら教えてください。

あと、ご飯を炊くときに油を入れると良いと聞いたのですが、
アマニ油、えごま油は加熱すると良くないので、使えませんよね。

Aベストアンサー

両方ともドレッシングです。
加熱しないでとなるとコレが一番じゃないでしょうか。
うちの妻も健康志向からこういったものをよく買ってくるのですが、最初はどうしていいのかわからず飲んでましたが、ドレッシングにしたらサラダもとれるし簡単です。

うちでよくやるのが・・・
アマニ油+塩コショウ+酢+すり卸玉ねぎでドレッシングです。
えごまもこれでやりますし、ゴマとマヨネーズとえごまで胡麻ドレッシングです。
僕がミキサー係りなんで・・・参考になれば幸いです。

ドレッシング以外だと
脂のないお肉を茹ででアマニ油としょうゆ、にんにくなどをいれてローストビーフ風のタレにしてつけています。

ピザを食べるときに焼きあがったらさっと上からアマニ油をかけています。
ほうれん草の胡麻和えもえごま使っています。

冷奴にしょうゆと一緒にかけたり、納豆にも。
毎日続けることが出来ると楽ですよね。
アマニドレッシングも売ってるのでうちでは妻が面倒になるとこっちです。

Q日清戦争と日露戦争

日清戦争と日露戦争には相互に関連はあるのでしょうか?

関連があるのでしたらどの様なことですか?

Aベストアンサー

ロシアの南下政策を阻止したい日本が緩衝地帯として、朝鮮半島を自陣に引き込もうとしたのを清が気に入らなくて起きたのが日清戦争。
朝鮮半島を緩衝地帯にし損なった日本が南下するロシアと直接ぶつかったのが日露戦争。

つまり、「南下するロシア」がキーワード。

Qアマニ油の入手先?

  先日低インシュリンダイエットの講義を受けました。
  その時にダイエットに効果的だと、アマニ油を推選されたのですが、
  「地元最大~中型~食料品店」をチェックしても、ありません。(^^)

  一体、食用アマニ油は何処へ行けばあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ここに売ってますよ。
インターネットでの通販が一番購入しやすいのじゃないでしょうか。
ご参考までに。

http://www.shichida-life.com/cgi/view.cgi?category=0&no=13

Q日清戦争、日露戦争について

日清戦争、日露戦争について詳しく書いてあり、分かりやすく解説されたホームページを教えてください。
また、分かりやすく解説してくださる方、ご回答お願いします!

Aベストアンサー

日清・日露の遼戦争を歴史の流れから理解し、戦争の推移、展開を概観することは必須ですが、私はこれに加えてこの両戦争を個々の日本国民がどう戦ったか、を是非勉強してほしいと思います。
 ひとつの方向として、戦争中の指揮官や一兵卒が残した戦争の一局面やここの兵士の意識などです。これらの一局面から戦争全体を眺め「帰納法的」なアプローチが、次の意味からも面白いと思います。

 日清戦争の「勇敢なる水兵(黄海開戦)」や日本軍が北京を目指して進軍した際の「雪の進軍」、日露戦争では「橘中佐」「広瀬中佐」「水師営の会見(乃木大将)」など、物語風に作られた素晴らしい「文部省唱歌」があり、感動させられます。これらの唱歌からは兵士たちのいじらしいほどの国を思う気持や意識が伺えます。「年表」だけの戦争では、なんともつまらないと思います。
 今に起こる愛国心の議論なども、我々の先人が日清・日露の戦争をどんな思いで戦ったのか、しかっり見据えた上でやってほしいものです。

Qアマニ油とエゴマ油、アボカド油 どれがお薦め?

アマニ油とエゴマ油、アボカド油って、原料は違うけど、効能は似ています。
どれがお薦めですか?

Aベストアンサー

こんにちは、栄養士です。

あなたのお好みで選んではどうですか?
匂いや味など、それぞれの個性が有りますから。

どれもオメガ3脂肪酸が多いので体にとても良いです。
ただし、加熱(酸化)に弱いので、ドレッシングなどで取るのがお勧めです。

加熱用にはオリーブ油、大豆油、菜種油などが向いています。

Q何故、日清戦争で清国は敗れたのか

日清戦争についてですが、
清国の方が、金も有り、装備も良く、人口も遥かに多く、しかも戦地である朝鮮半島とは地続き、
たとえ日本が錬度が高く、近代的な軍編成をしていたとしても清国が敗れるのは不可解です。
清国が敗れた原因は何なのでしょうか?
又、清国が敗戦を回避する方法は無かったのでしょうか?

Aベストアンサー

軍事の点から見ると、当時の清国は日本のように各地に鉄道が引かれていません。つまり地続きといいますが、上陸時のリスク以外で見れば、海運のほうが量もスピードも速いのです。そういう状況で海戦で主力艦船に大損害を受けました。さらに傷ついた艦船を修理するにも、清に近代設備を持った港は、旅順しかなく、そこもすぐ日本に攻められてしまいます。制海権を取られたままでは、日本はいつでも清国の沿岸部に上陸作戦ができますし、清側はすみやかにそれに対応して兵を陸送できません(鉄道がないため)。国を焦土と化して陸戦する覚悟があるならまだまだ戦えますが、清にはそこまでの覚悟もなければ、北京近くで戦闘したり、北京に砲撃が加えられることさえ嫌がっていましたので、講和を結んだのです。

 平壌攻防では、激しく抵抗する前に清側が撤退しました。清側は海戦も有利と考えていたので、引いて補給線を延ばし時間稼ぎすれば、いずれ自分らに有利に働くという考えがあったと思います(士気が低いのも確かですが)。優勢に思えた自国海軍が見事に叩かれたのが敗因ともいえるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報