12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

燃費のために二車線道路左側60キロ制限?(看板無し)を50キロ(3000rpm厳守)で走っていて軽自動車"i"に煽られました、そして私はATの2速に落として急ブレーキを踏みました…追突されました(TT)、自業自得になるのか通常の追突で相手に修理をさせれるのかを教えていただきたいです。
私にも過失または故意などと言われる所がありますでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

お気の毒ですね。


何とも言い難い・・・。  でも同情します。
前走車は急ブレーキは極力避ける・・また、後続車にポンピングブレーキ等でブレーキを掛ける事を知らせる様努める必要が有ります。
でも、わたしなら、あなたと同じ事をしますね・・きっと。

後続車には、前走車が急ブレーキを掛けても、安全に停車できるだけの車間距離を取って走行する安全運転義務が有ります。

私なら、
・急ブレーキは踏んでいない・・・。
・小動物が飛び出してきたのでブレーキを踏んだだけだ・・・。
と理屈をこねて、相手の追突は安全運転義務違反だ!  の一点に絞って攻撃します。

・・回答にはなりませんか?

この回答への補足

二車線道路なら抜いていけばいいのに…と思いますね。
回答ありがとう御座います。

補足日時:2008/05/20 19:51
    • good
    • 0

参考までに、なぜ急ブレーキをかけたのか、その理由によっては過失割合が変わってくるでしょうね。

    • good
    • 0

>私にも過失または故意などと言われる所がありますでしょうか



道路交通法24条は「車両等の運転者は、危険を防止するためやむを得ない場合を除き、その車両等を急に停止させ、又はその速度を急激に減ずることとなるような急ブレーキをかけてはならない。」と規定し、急ブレーキを原則として禁止しています。

質問者さんは上記の法令に明らかに違反してますので、過失を問われるでしょう。しかし相手にも充分な車間距離をとらなかったという大きな過失があります。よって質問者さん1:9相手が相当と考えます

この回答への補足

了解しました、ご回答を読むと裁判まですると不利なようですね、たしかに煽って無くて急ブレ追突させた場合はかけたほうが悪いですし、
煽られて頭にきて…と言うのも理由になりにくいですからね…

トホホ…

補足日時:2008/05/20 20:18
    • good
    • 0

交通事故のニュースで以前ご質問者さんと同じケースの事故報道がありましたよ。



内容はというと、道路で普通に走っていたところ煽ってくる車がありました、執拗に煽ってくることに対し頭にきたその人は急ブレーキを踏んだところ追突。

がその時の判決は急ブレーキを踏んだ人の方が過失割合が高く下されたそうです。煽るのはもちろん悪いですが急ブレーキを掛け意図的に事故を起こした点を重く見られたようです。
    • good
    • 0

意図的であればご質問者の過失は0にはなりませんよ。


必要が無いのに急ブレーキをかける行為は道路交通法第24条違反となりますので。
もちろん相手にも過失はたくさんあるから、過失割合では相手のほうが多くはなるでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新幹線が急ブレーキを掛けると、

どうなりますか?270kmや300kmから
急ブレーキを掛けると人間にはどのくらいのダメージが
かかりますか?
地震とかで自動的にブレーキが掛けられるととっさなので
あぶないのではないのでしょうか?
またシートベルトがついてないのが、不思議なくらいです。

もし300kmでたった状態でいると、、、、、
(((((゜Д゜)))))ガクガクブルブル です。
お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
先日の新潟の大地震で脱線した上越新幹線「とき325号」は、地震発生時には210km/hで走行していたと言われています。

にもかかわらず、大きな怪我人が出なかったのには、橋脚が崩落しなかった、脱線の仕方が良かったなど、様々な要因があります。

では300km/hで走行するのぞみで同じ状況になったとしても、実際のところ起きてみないと分からないと思われます。

脱線や崩落などの二次災害を想定せず、ただ純粋に急ブレーキをかけて停車するまでの間は、最小のGをかけながらできる限りの最短距離で停車できるよう、コンピュータ制御で停車するようになっています。
それでも、車内には通常ではありえないGがかかるため、着席していないと怪我をする可能性は高いと考えられます。

Q交通事故の過失割合について【路外進入者と追越車線にて衝突】

皆さん、教えてください!
交通事故の過失割合で困っています。

 私が国道の追越車線を走行中に、突然大きな音がしたと思ったら、何と路外から左折進入した車が、追越車線を走っている私の車の左側面に衝突しました。
 損傷状況としては、私の車は左側側面の殆どを損傷、相手の車は右側ヘッドライトからドアミラー付近です。

 相手は道路に入る際、走行車線が渋滞していた為、その合間を縫って追越車線に入ったのですが、安全確認をしていないことを認めております。

 そして相手の保険会社から提示された過失割合は(相手)9:1(私)。
 私は、相手が路外から追越車線まで一気に進入してきたこと、また、真横からの衝突のため相手を確認する術が無く回避手段が取れなかったことにより(相手)10:0(私)を主張しています。

 こちらに何か過失があれば、9:1でも納得できますが、保険会社に確認しても注意義務の一点張りで、こちらの明確な過失や、事故を回避する術を答えることもできません。

 お互い走行中の事故で100:0の判定は有得ないということは重々承知ですが、どうしても避けられない事故もあるはずです。
 こういうケースで100:0になる判例をご存知でしたら、教えて頂けないでしょうか?

皆さん、教えてください!
交通事故の過失割合で困っています。

 私が国道の追越車線を走行中に、突然大きな音がしたと思ったら、何と路外から左折進入した車が、追越車線を走っている私の車の左側面に衝突しました。
 損傷状況としては、私の車は左側側面の殆どを損傷、相手の車は右側ヘッドライトからドアミラー付近です。

 相手は道路に入る際、走行車線が渋滞していた為、その合間を縫って追越車線に入ったのですが、安全確認をしていないことを認めております。

 そして相手の保険会社から提...続きを読む

Aベストアンサー

過去に、交通事故の損害賠償訴訟を経験しました。
私も100対0で相手に全額を請求したのですが、
90対10で妥協させられました。
いろいろ裁判の判例があるようです。

本件交通事故ですけど、追い越し車線を走行していることで、
路外への注意義務が免れるかと言うと、それは認められず、
道交法70条の安全運転義務を怠っていたとみなされるようです。
目撃者はいなかったのでしょうか?
もし、目撃者が加害者の一方的過失を目撃していれば、
大変有利な証言になります。

無過失を主張されるのでしたら、自身の無過失を証明し、
かつ、加害者の一方的な過失であることを証明し、
加害者に対し、調停や訴訟といった場で伝えるべきです。

Qどうして、交差点を曲がる直前で急ブレーキしないといけないんでしょうか?急ブレーキすると止まってしまい

どうして、交差点を曲がる直前で急ブレーキしないといけないんでしょうか?急ブレーキすると止まってしまいます。

Aベストアンサー

「交差点を曲がる直前で急ブレーキ」なんて誰が言ってるんですかね。

急ブレーキが許されるのは突発的な場面だけです。

「交差点を曲がる」ことは通常のことですから、その時に突発的が何かが起こらない限り、急ブレーキは絶対ダメです。

その交差点を曲がりたいのなら、急ブレーキにならないように、その前までに車速は落としていなければなりません。

常識的な話なんですけどね。

Q急な車線変更での交通事故の過失割合について

急な車線変更での交通事故の過失割合について

高速道路で事故に合いました。
私が追越車線を走行中、相手の方は走行車線の後方を当方より早い速度で走行。
次第に併走状態となり、先方車両前部が見えた当たりから、先方が突然に追越車線へ進入。
私はそれに気付き、すぐにブレーキを踏むと同時に右へハンドルを切りましたが、間に合わず接触。
接触箇所は先方の右側中央側面から後部にかけてと、当方左側前輪周辺です。
それを踏まえて2点相談があります。

1点目は私としては防ぐに防げない事故と思っているのですが、事故を未然に防ぐ方法(過失)があれば教えて頂けないでしょうか。
2点目は10:0の主張は通らないでしょうか。相手の方の事故の内容に対する主張(言い分)は分からないのですが、証拠となる事実は、接触箇所が先方の右側中央側面から後部にかけてと、当方左側前輪周辺という事だけです。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1点目は私としては防ぐに防げない事故と思っているのですが、事故を未然に防ぐ方法(過失)があれば教えて頂けないでしょうか。

交通事故が発生したときに言われる「過失」とは、刑法の故意・過失の理論から派生したもので、一般的には注意義務違反として、予見可能性や回避可能性を問議することになるため、質問者さんの言われる「事故を未然に防ぐ方法=過失」とはならないことがあります。

道路交通法は、あくまでも道路を走行するときに規定された基本ルールですが、道路交通法もありとあらゆるケースを想定して条文が構成されているものではありません。
一般的な車両等の通行ルールがそこに示されている以上、「自車以外の他の自動車も、ある程度は交通ルールを遵守して走行しているであろう。」と予測することは許されます。
その意味では、著しい交通違反行為を行っている車両は、他の周囲の自動車運転者にとってもそういう違法車両がいることを予測することが困難な状態になるのです。
ただし、ある程度軽微な交通違反車両が存在することは、自動車を運転する上では常識的に予見しておかなければならないと言われます。

まず第一に、質問者さんが高速道路の追越車線を走行していた理由や状況が分かりません。
高速道路は一般的に「走行車線」と「追越車線」があり、客観的に正当な理由がないまま継続して追越車線を走行し、走行車線に戻らない場合は、車両通行帯違反(道路交通法20条1項違反)になります。
この条文の考え方(条理と言います)では、一般車両は道路に車両通行帯がある場合は、一番右側の車線を追越用の車線として空けておかなければならないということになります。
本来、質問者さんが走行車線を走っていれば何の問題もないといえますが、追越車線を走行していて、後続車が質問者さんの車両に追いついた、または、追いつきそうになった場合は、基本的に質問者さんは走行車線に進路を変更して追越車線を空けなければなりません。
また、後続車は、先行車両が走行車線へ進路を変更したことを確認後に、安全に追越行為を終了して走行車線に帰る必要があるのです。
後続車から見ると質問者さんの車両は、車両通行帯違反をしている先行車両という位置づけになり、元々違法状態で走行している車両と評価されてしまうでしょう(具体的に走行車線を走行できない理由がある場合を除く)。
本来、左側追越は違反ですが、後続車は追越車線を違法な状態で走行している先行車の後方で、車間距離を取りながら追従しなければならなくなり、善し悪しは別として、左側追越という手段に出てくる可能性があることは予見できるものです。
また、速度の高い車両は、更に前方の先行車両を追越ために、左側追越を終了したら、再び追越車線に進路を変えてくる可能性もあるといえます。
こうした予見可能性があり、車両通行帯違反が質問者さんにもあるのだから、基本的に無過失ということはありません。
ただし、違反状態にある車両は、違反状態にない車両以上に高度な注意喚起が求められ、周囲の車両の動静(動き)に十分注意しなければなりません。
その場合、当然進路変更時の基本的な動作や安全確認が必要となりますが、お互いに違法走行状態にあるのであれば、特にその動静には注意すべきであるという結論になります。
一般の割り込み事故は、若干その性質を異にします。



>2点目は10:0の主張は通らないでしょうか。

結局、1点目の質問と同じ趣旨の質問です。
民事上の過失責任割合とは、発生した損害の分担を意味し、そこには民事上の「公平な負担の原則」という考え方があります。
また、進路変更事故として認定が可能か、割り込み事故と認定すべきか、追い越し事故として認定すべきか、法律的にその判断も難解な事例と考えてよいと思います。
具体的な割合は、ご自身が加入されている保険会社と十分に相談されてください。


※ 本来的に過失責任の割合を特定するためには、もっと詳細な道路状況や走行状態等が分からなければ、質問者さんの質問には回答できるものではありません。
 また、判例タイムスは裁判官を直接拘束するものではありませんが、保険会社が作成した書類ではなく、専門複数の裁判官が集まって作成している出版物で、ある程度公的にもその価値が認められています。
 このサイトには不用意な発言をする人もありますが、そうした無責任な回答に振り回されないように注意してください。

>1点目は私としては防ぐに防げない事故と思っているのですが、事故を未然に防ぐ方法(過失)があれば教えて頂けないでしょうか。

交通事故が発生したときに言われる「過失」とは、刑法の故意・過失の理論から派生したもので、一般的には注意義務違反として、予見可能性や回避可能性を問議することになるため、質問者さんの言われる「事故を未然に防ぐ方法=過失」とはならないことがあります。

道路交通法は、あくまでも道路を走行するときに規定された基本ルールですが、道路交通法もありとあらゆるケースを想定...続きを読む

Q電車は急ブレーキをすると何メートルで止まる?

よく鉄道の人身事故の報道で「急ブレーキをしたが間に合わなかった」という記事を見ます。
私鉄の特急電車の先頭車両に載って、速度メーターを見ると100kmぐらい出てるときがあります。仮に100kmで走っている特急電車が急ブレーキをすると、何メートルぐらいで停止できるのでしょうか?
もし人が線路にいることを発見したとき、急ブレーキしても間にあわない場合は乗客の身の安全を考えて急ブレーキはせずに走り抜けたりするのでしょうか。そのあたりはマニュアルはあるのでしょうか。
なんとなく前から気になっていたのでご存じの方がいましたら教えてください。m(_ _)m

Aベストアンサー

>急ブレーキをすると、何メートルぐらいで停止できる…

非常用減速度は、4~5km/h/sぐらいと思います。

一応 4km/h/sとして、100km/hから 0km/hまで減速するのに、25秒。
この間の速度変化が直線で表されるとすれば、平均速度は、50km/h。
50km/hで 25秒間に走る距離は、357m。

運転士が危険を視認して、実際にブレーキが効き始めるまでの時間を 1秒とすれば、この間に走る距離、すなわち空走距離は、28m。

つまり、357+28=385m ぐらいは走ってしまわなければ、止まることができません。
ただし、この数字は晴天の場合で、雨や雪が降っている場合は、もっと延びます。

>急ブレーキしても間にあわない場合は乗客の身の安全を考えて急ブレーキはせずに走り抜けたり…

それはないと思います。

-----------------------------------

なお、600mで止まらなければならないのは、踏切のある普通の鉄道の場合です。
この規定から逆算して、JRの在来線では、最高速度が 130km/hに制限されています。
関西地方の「新快速」は、普通列車でありながら、130km/hの高速運転をしていることで有名です。

山形新幹線の福島以北、秋田新幹線の盛岡以北は、いずれも在来線の線路幅を広げただけで、踏切があるので、130km/hまでしか出せません。

一方、在来線でも踏切のない北越急行ほくほく線などでは、160km/hまで出しています。

>急ブレーキをすると、何メートルぐらいで停止できる…

非常用減速度は、4~5km/h/sぐらいと思います。

一応 4km/h/sとして、100km/hから 0km/hまで減速するのに、25秒。
この間の速度変化が直線で表されるとすれば、平均速度は、50km/h。
50km/hで 25秒間に走る距離は、357m。

運転士が危険を視認して、実際にブレーキが効き始めるまでの時間を 1秒とすれば、この間に走る距離、すなわち空走距離は、28m。

つまり、357+28=385m ぐらいは走ってしまわなければ、止まることができません。
ただし、...続きを読む

QT字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。

信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りが民家がたくさんある所です。

こちらのワゴン車が直進をしていたら左方に左折しようとして止まっている軽自動車がいたので
すぐに止まれるよう時速15キロ程まで落とし軽自動車が出てこないのを確認した上でそのままのスピードで通り過ぎようとしました。
自分の車が相手の車を半分程過ぎたあたりでぶつけられました。

接触箇所は左のスライドドアの後ろ半分からリアバンパーにかけてです。

相手の車は右前のバンパー、ヘッドライト、フェンダーです。

こういったケースでは過失割合はどうなるのでしょうか?

保険会社からは

相手7
こちら3

を提示してきました。こちらの保険会社もそれで納得しています。

ただ自分としては8対2ではなくては納得がいきません。

こちらの言い分は止まっていたので譲ってくれたと思い進んだら左後方からぶつけられた感じなので
とても避けることはできなかったという事です。明らかに相手が出るタイミングを間違えたか操作ミスかに思います。

そこのT字路は民家が車にぶつけられないように少し下がって建てられており、左折しようとする車は
直角に曲がるT字路よりは早く直進車を発見しやすいような道路です。

相手は70歳を超えていて仕事で配達をやってる最中に起きました。
あまり相手の方を悪く言うのも大人げないのですが警察の方も認めるほど少し反応が鈍い方だと
思います。事故後の対応もこちらで全部してその後の謝罪の連絡も一切なしです。

相手には怪我がなかったのですがこちらは首と腰が痛く只今通院してます。
なので人身事故にさせてもらいました。

自分の保険会社の担当は7-3で納得していてこちらが納得していない旨を伝えても事務的な処理しかしていない気がします。
納得いかないのであれば相手の保険会社と話してみたり、直接 相手の方と当事者同士で話してみればいいと言ってます。
操作ミスとかわき見であって、相手がそれも認めれば8-2位にはなる余地はあると。

相手の保険会社は操作ミスもわき見もない、車の破損もチェックして現場検証もしてから言ってるんだとの事です。
こちらの保険会社は私が相手の保険会社から聞いた所によると現場検証もしていなくお互いの車の破損状況もみていないで事故に対する意欲がみられないと思うとおっしゃってました。
こちらの保険会社にそれを伝えたら後日また人を向かわせると言ってました。ワゴン車に関しては決まりがあって現物を見ることはできないそうです。

真後ろからの追突以外では左前がぶつかっても左後ろがぶつかっても過失は同じだと言ってます。
左前がぶつかってて出合い頭にぶつかっているのであればまだわかるのですがどうも納得いきません。

相手の保険会社にも途中で2週間程連絡も無しに待たされ、整備工場からも「どうなってるんですか?
そろそろ代車を返してください」と催促がくる程で、総合的に非常に不安ですし一体何を信じていいのかわかりません。

加害者とも話しましたがやはり相手が操作ミスを認めない限り過失割合はかわる事はないのでしょうか?

後もしわかればこういったケースでは免許の付加点数と言うのはこちらはどのくらいつくのですか?
免許センターに問い合わせても具体的な事は言えないとのことです。

長文すみません。

画像は相手側の運転席側から見た事故現場です。
警察がチョークで付けた後を元に位置取りしてます。


ご意見聞かせてください

よろしくお願いします

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。

信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りが民家がたくさんある所です。

こちらのワゴン車が直進をしていたら左方に左折しようとして止まっている軽自動車がいたので
すぐに止まれるよう時速15キロ程まで落とし軽自動車が出てこないのを確認した上でそのままのスピードで通り過ぎようとしました。
自分の車が相手の車を半分程過ぎたあたりでぶつけられました。

接触箇所は左のスライドドアの後ろ半分からリアバンパーにかけてです。

相手の車は...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社の事故処理担当者にとって、東京地裁民事交通訴訟研究会編集の別冊判例タイムズ16号『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』全訂4版は、いわばバイブルです。
報告を受けた事故状況が、判タ16号のどの図に分類されるかを確認し、その過失割合を基本として交渉します。ご質問のケースは判タで30:70ですから、質問者様の保険会社はそれが妥当と判断しているのでしょう。

しかし、示談というのはそもそも交渉事です。お店でモノを買うとき、値引き交渉をするかどうか、するならどこまで粘るかと同じようなものです。交渉事が苦手な人もいますし、大好きな人もいます。
質問者様の保険会社あるいは担当者は交渉事が苦手なのでしょう。

質問者様が30:70で納得できないのであれば、質問者様の保険会社と相手側に「私は相手車の動向に注意し、15km/h程度に減速して直進したが、交差点中央部付近まで進行後、右折を開始した相手車にぶつけられており、本来は0:100と考えるが、交差点内の事故であるのでそれでは示談できないだろうから15:85までは譲歩する」と伝え、修理工場へは自費で修理代を支払っておきましょう。

それでも質問者様の保険会社が動かなかったら、次回更新時には保険会社を変えればよいのです。人身事故となっていますし、相手が職業運転手であることから、相手と直接交渉すれば、15:85や20:80は十分可能な話です。

>真後ろからの追突以外では左前がぶつかっても左後ろがぶつかっても過失は同じだと言ってます

現場を見ないからそんな放言がでるのです。40~60km/hで走行する広い道の交差点なら、衝突箇所が前方か後方かは過失割合にほとんど影響しませんが、住宅街の狭い交差点で、しかも15km/h程度の低速度あれば判例上、修正要素として考慮されています。

>免許の付加点数と言うのはこちらはどのくらいつくのですか?

相手にけががありませんから、質問者様には基本点・付加点とも加算されません。

保険会社の事故処理担当者にとって、東京地裁民事交通訴訟研究会編集の別冊判例タイムズ16号『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』全訂4版は、いわばバイブルです。
報告を受けた事故状況が、判タ16号のどの図に分類されるかを確認し、その過失割合を基本として交渉します。ご質問のケースは判タで30:70ですから、質問者様の保険会社はそれが妥当と判断しているのでしょう。

しかし、示談というのはそもそも交渉事です。お店でモノを買うとき、値引き交渉をするかどうか、するならどこまで粘るかと同じ...続きを読む

Q急ブレーキはなぜ燃費に悪いか?

エコドライビングには急発進・急ブレーキはいけないということがよく言われます。急発進はエンジンにガソリンが急に送り込まれるので燃費が悪くなるのはわかります。急ブレーキはなぜ燃費が悪くなるのでしょうか?ブレーキを踏むとバックにならないまでも、逆方向にエンジンを回転させているのでしょうか?

Aベストアンサー

だって今走っているスピードを出すのに使ったエネルギーを全部無駄にして(ブレーキの摩擦熱に変換して)、もう一度加速を始めるんだから、急ブレーキを何度も繰り返したら、その分だけエネルギーが無駄になるということですよね。

Q車線変更の過失割合について

車線変更の過失割合について

車線変更の過失について何件も投稿されいますが、今回自分のケースではどうなるのかアドバイスをお願い致します。

衝突時の車の位置関係は下記URLの一番上にある画像の内、右のようなケースです。
私がA、相手がBです。
http://www8.ocn.ne.jp/~nakamura/qa1_2.htm

実際は私が左側車線直進、相手側は右側車線から左へ車線変更です。
右後方を走っている車が私の車の右後方へ衝突しました。

この時の状況としては以下のとおりです。
・お互い速度は混雑していた為20Km以下
・私の車の損傷個所は右後方リアバンパー、相手側左前フロントバンパー
・相手はウィンカーをかなり前から出していたらしい(ここは曖昧な表現でしか答えてもらっていません)

事故時の対応
・相手が現金1万でいいかと言ってきた(当然拒否)
・相手は警察に通報しようともしなかったので私が通報

お互いの主張
[相手(保険屋)]
・過去の裁判の判例から検討して7:3です
・理由としてはそっちも動いていたから、こちらはウィンカーをあげていた。
 車線変更してくることを予見して走行しなければならない。

[私]
・10:0
・予測は不可能、右後方の車が自分に衝突するかもということを予測しなければならないのか?
・混雑により回避行動は不可能
・ウィンカーをあげていたというが、いつからですか?(回答貰えず)
・そもそも相手は1万でいいか?ということを先に提案してきた。
 これは明らかに自分が悪いと認めている証拠だ。
 また相手は明らかに加害者であるにも関わらず、事故当時警察に連絡しようともしなかった

上記のような状況で現在平行線を辿っています。
相手の車は元々ボロボロで今回も修理に出さないと言っています。
このままでは私だけが完全に当てられ損になってしまします。
強気に交渉中ですが、相手の保険会社は担当者がコロコロ変わり話がまとまりません。
確かに10:0は難しいとは思っていますが、それでも7:3は酷過ぎると思います。
私が加入している保険会社に相談しても10:0でもおかしくないケースとの回答をいただきました。

早期解決に向けて今後どうすればよいかアドバイスをお願いします。

車線変更の過失割合について

車線変更の過失について何件も投稿されいますが、今回自分のケースではどうなるのかアドバイスをお願い致します。

衝突時の車の位置関係は下記URLの一番上にある画像の内、右のようなケースです。
私がA、相手がBです。
http://www8.ocn.ne.jp/~nakamura/qa1_2.htm

実際は私が左側車線直進、相手側は右側車線から左へ車線変更です。
右後方を走っている車が私の車の右後方へ衝突しました。

この時の状況としては以下のとおりです。
・お互い速度は混雑していた為20Km以下
・私の車...続きを読む

Aベストアンサー

進路変更の30:70というのは、進路変更車と「後続直進車」との判例です。
ご質問者は「後続」ではなく「先行」直進車ですので、相手の保険会社の提示は妥当ではありません。

後方車両が進路変更することなど、予見不可能ですし、回避もできないので、0:100主張で問題ありません。

Qアメリカン(シャドウ750)で急ブレーキ、月に2度転倒

先月、シャドウ750を新車で購入しました。買って4日後に右前方を走っていたタクシーが急に車線変更をしたため急ブレーキをかけたところ転倒し16メートルも引きずられました。バイクの修理後、1週間足らずで、T字路の一時停止から出てきた車を避けるため再び急ブレーキをかけたところまた転倒しました。運転技術は「うまい」とは思っていませんが、決して「下手」でもないと思っています。現在また修理に出していますが、1か月に2度も急ブレーキで転倒となるとさずがに怖くなりもうアメリカンはやめます。750に乗っていて恥ずかしいのですが、バイクのことはあまりよくわかりません。アメリカンの大型で急ブレーキをかけると転倒しやすいのでしょうか?同じような経験をした方はいますか?私は自分の技術ではなく、バイクに問題があるような気がするのですが。

Aベストアンサー

こん**は・・・
新車を購入して運転するのには最初にバイクに慣れる事が必要ではないでしょうか
 バイクの癖(クラッチ繋がる感覚、アクセルを開けた時の出力のかかり方、ブレーキのタッチ感、カーブでの倒れこみの感覚、などなど)を慣らし運転と同時に行わなければなりません。

 慣らし運転は、バイクのメカが動かす事により、なじみが出て可動部がスムーズに動くようにする為に必要です。

 公道を走る上で、危険は付き物です。

自分が安全に走っていても、常に危険は回りに存在しています。
自分の運転技術の向上(急ブレーキを掛けた時、タイヤをロックさせない)は当たり前ですが、急ブレーキを掛けなくても良い走り方を心がける、危険予知が必要です。
 自分の周りの状況判断を的確にし、危険な物には近づかない。
  後続車が車間距離を詰めてきたら、先に行かせる
  初心者マーク、県外ナンバーには近づかない

 自分の存在を回りに分かりやすくする
  前走車の死角に入らない
  視認性の良い服装を心がける

最後に、市場に出ているバイクが悪いのなら、そのバイクは、市場から無くなるはずです。
バイクと言う道具を扱うのは、人間です。
使い方を間違えれば良い道具でも役立たずになります。

初心わするべからず・・・自動車学校の講習を思い出してください・・・そして、楽しいバイクライフを過ごせることを願っています。
  

こん**は・・・
新車を購入して運転するのには最初にバイクに慣れる事が必要ではないでしょうか
 バイクの癖(クラッチ繋がる感覚、アクセルを開けた時の出力のかかり方、ブレーキのタッチ感、カーブでの倒れこみの感覚、などなど)を慣らし運転と同時に行わなければなりません。

 慣らし運転は、バイクのメカが動かす事により、なじみが出て可動部がスムーズに動くようにする為に必要です。

 公道を走る上で、危険は付き物です。

自分が安全に走っていても、常に危険は回りに存在しています。
自...続きを読む

Q交通事故(車線減少)の過失割合

片側5車線(左折レーン、直進3車線、右折レーン)→
片側4車線(左折レーン、直進2車線、右折レーン)に車線減少する箇所で
車同士の接触事故を起こしてしまいました。(幸い双方に怪我はありませんでした。)
・自分(小型車:直進レーンの中央)
・相手(ベンツ(左ハンドル):直進レーンの左側で車線がなくなる箇所)
状況は、双方、同スピードでほぼ併走している状態で、
相手側が、ウィンカーを出さずに車線変更しました。

ネットで調べると(車線減少が無い状態では)9:1~8:2の割合で
相手の過失とありました。車線減少が伴う場合の過失割合はどうなるのでしょうか?

また、過失相殺しても相手の車の修理費のほうが高くなる可能性が
あるのですが、その場合(相手が悪くても)、相殺し切れなかった金額を負担する必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にお互い、速度違反など他のルールは一切守っていたという前提でお話します。

まず、過失割合ですが、ご存知のとおり停車中に追突されるのが10:0で、それ以外のケースはかなり、不条理な結果が出ることが大いにあります。

今回のケースも相手は余裕を持って車線を変えようとしたがあなたが猛烈に加速してきたからぶつかったと主張するでしょう。当然ウインカーも出していたと言い切るでしょう。又は忘れたとかとぼけるかもしれません。

経験上半々まではいかなくても6:4(あなたが4割過失)くらいで決着するのではないでしょうか?

次に修理代の話ですが相手の車が修理に100万、あなたは50万とします。

万一、運悪く、6:4で決着した場合でも相手へはあなたの契約している任意保険会社から40万円を相手に支払い、あなたは相手の任意保険会社から30万円を支払ってもらうことになるわけです。

当然に、不足分は自腹か車両保険に加入していれば車両保険で修理するか、軽微な凹みなら修理せずに保険金を受け取るだけでも良いです。

相手が60万修理代金が足りないから払えといってきても支払う必要は一切ありませんし、相殺してうんぬんということもありません。

ただし、あなたが任意保険に加入していなかった場合は相手にあなたの過失分4割(100万×4割=40万円)は支払うことになります。

最後に、相手の車がいくらベンツでも古いぼろぼろのベンツなら修理に1000万円かかっても数万で決着するケースもあると思います。逆にあなたの車が小型車でも新車で1週間しか乗っていないピカピカの車なら新車で査定してくれることもあります。

基本的にお互い、速度違反など他のルールは一切守っていたという前提でお話します。

まず、過失割合ですが、ご存知のとおり停車中に追突されるのが10:0で、それ以外のケースはかなり、不条理な結果が出ることが大いにあります。

今回のケースも相手は余裕を持って車線を変えようとしたがあなたが猛烈に加速してきたからぶつかったと主張するでしょう。当然ウインカーも出していたと言い切るでしょう。又は忘れたとかとぼけるかもしれません。

経験上半々まではいかなくても6:4(あなたが4割過失...続きを読む


人気Q&Aランキング