自分のお店を開く時の心構えとは? >>

文学賞は原稿用紙100枚とかになっていますが、受賞した作品は一冊の本になっています。
受賞後に書き足すのでしょうか?原稿用紙100枚程度では本にはなりません。
例えば文学界新人賞は、応募が原稿用紙100枚ですが、受賞作品が単行本になっているのを見かけます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ずいぶん昔の「文學界新人賞」受賞作家ですが、私の敬愛する作家さんは、受賞後第二作、第三作と併せて一冊の単行本にされています。


もしかするとそんなふうに第二作とか、未発表作品とかと抱き合わせて一冊にしているのかもしれません。

最近の単行本は、フォントサイズも大きいですし、行間もかなり広くあいていて、ぱらぱらにしか文字がないように見受けられます。
ですから、もし新人賞受賞作一作だけで単行本になっているのだとしたら、多少の書き加えはあるのかもしれませんが、一頁あたりの文字数が極端に少ないのかもしれません。
また、章(というほどではなくても、転換部分)が変わるごとに改ページをすると、それだけでもずいぶんとページ数がかせげます。

一度、芥川賞を受賞した作品が単行本になった時、ページをめくってみると、フォントが大きい、行間があいている、天地もかなりあいているといった状態で、あまりの文字数の少なさに吃驚して購入するのをやめたことがありました(文字数が少なくても値段はさほど安価ではなかったので、もったいなくて(^^ゞ)。
つまり、字数が少なくても単行本になることもあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました!ありがとうございます。

お礼日時:2008/05/23 15:05

たしかに、100枚では本になりません。


オール読物新人賞は50~100枚です。
山本一力は「蒼龍」でこの賞を貰っています。
この「蒼龍」というタイトルの単行本333頁が文芸春秋社から出ています。
その中身は
 のぼりうなぎ
 節分かれ
 菜の花かんざし
 長い串
 蒼龍
ということで、他に4つの作品が入っていました。

受賞作品だけでは、どのようにしても増量は難しいです。
他の作品を抱き合わせて、単行本としてのボリュームを出し、格好をつけます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
不思議に思ったのでご質問をしましたが、分かりやすかったです。

お礼日時:2008/05/23 15:09

短編集のように、その作家の他の作品なんかもあわせて1冊にすることが多いようですよ。

応募の1作しかないような作家なら、受賞後すぐ別の作品を書いたりする(書かせられるといった方が正確かも)こともあるようです。
まあ、紙を厚くしたり、挿絵を多用したり、文字間隔をすかすかにしたりということもあるようですが、それにしても薄すぎる単行本となります。

この回答への補足

ありがとうございます。いろいろなテクニックがあるようですね。

補足日時:2008/05/23 15:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング