夫は青色申告事業者で、私は他の会社の従業員として働きながら夜間や休日に夫の手伝いをしています。
この場合、私は夫の事業の専従者にはなれないそうですが、もし私が夫から給与をもらったら、私自身で確定申告で所得を申告し、納税すれば問題はないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

いいえ、なれないと思います。

青色事業専従者の用件は思ったより厳しいです。しかも調査となれば否認の可能性が高いのも事実です。事実用件として、ほぼ専業並ではなければ無理です。実質年間の半年以上が用件となります。もちろん終日従事して半年ですので夜間と休日だけの勤務時間で半年分を越えなければなりません。その半年の労働時間は勤め人の勤務日数、勤務時間の半年(休みは考慮に入れて大丈夫です)を参考にすると良いです。これを越えてこなければ届け出ても税務署長の承認が降りるかどうかは分かりません(専従者給与届出は出せば一応は通りますが、その後に認められなければさかのぼってバッチリ否認されます)。一応慎重にされることをお薦めします。生計一親族に支払う対価は税務上考え方が特殊です。「なんで、働いてるんだからいいじゃん!」というものではない部分ですので、まずは実質勤務(労働)時間をザッと計算してみることをおすすめします。補足で記入頂ければ多少のアドヴァイスはできますのでお願いします。

また、承認を得られれば給与所得として課税されます。認められた場合に、年末調整はできません。

給与額は社会通念上妥当な金額は言うまでもありません。租税回避行為につながり安い部分ですので多額な場合には否認されます。
    • good
    • 0

夜間や休日に店の手伝いをしていれば、専従者給与として処理できます。


ただ、金額はその勤務時間に応じた、社会通念上妥当な金額とする必要があります。
もちろん、3ケ所からの給与所得が有りますから、確定申告が必要になります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刑法の『者』の読み方

大学の刑法の授業で、例えば「人を殺したる者は…、」という条文の『者』は、人ではなく行為を意味するものだから、「もの」ではなく「しゃ」と読む、と学者は言っていたのですが、
ほんとうにその読み方でいいのですか?
常識はずれで不自然な読み方だと思うのですが。

Aベストアンサー

法律上は規定なし。
法学上(講学上)通説や多数説、有力説か如何かは知らないが、社会科学に絶対的正解など存在しないので其の学者の支持する説はそうであると言う事です。

Q妻が事業主 夫が青色申告の専従者給与 妻は夫の扶養・配偶者となるのか?

宜しくお願いします。
 私は個人事業主として今年から青色申告をする事になりました。
主人には青色専従者給与が支払われます。
私が個人事業主といっても、夫と2人で営むお店の名義が私という現状です。
 そこで質問なのですが、主人が給与所得を確定申告するにあたり、私は夫の扶養家族・配偶者として控除を受けられるのでしょうか?

 

Aベストアンサー

>主人が給与所得を確定申告するにあたり…

専従者給与を、もらった人に所得税がかかるほど多く払う場合は、事業主が年末調整を行います。
ふつうの会社員と同じで、専従者が確定申告をする必要は、原則としてありません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1900.htm
専従者に、ほかの収入源がある場合は、確定申告が必要になりますが、ご質問はこのことでしょうか。

>私は夫の扶養家族・配偶者として控除を受けられるのでしょうか…

個人事業主でも、所得が 38万円以下であれば控除対象配偶者になることはできます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1191.htm
しかし、専従者に過大な給与を払って事業主本人の所得を少なく見せかけるようなことは認められません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2075.htm
それなら、専従者給与など払わずに、ご主人を控除対象配偶者にしておけば良いだけです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

>主人が給与所得を確定申告するにあたり…

専従者給与を、もらった人に所得税がかかるほど多く払う場合は、事業主が年末調整を行います。
ふつうの会社員と同じで、専従者が確定申告をする必要は、原則としてありません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1900.htm
専従者に、ほかの収入源がある場合は、確定申告が必要になりますが、ご質問はこのことでしょうか。

>私は夫の扶養家族・配偶者として控除を受けられるのでしょうか…

個人事業主でも、所得が 38万円以下であれば控除対象配偶者になるこ...続きを読む

Q松川事件の容疑者(判決無罪)の浜崎二雄さんの読み方を雄教えてください

松川事件の容疑者(判決無罪)の浜崎二雄さんの読み方を雄教えてください

Aベストアンサー

#1です。詳細が揃いましたので、改めて回答します。

名前の読み方は、
『バマザキ フタオ』
さんでした。

出典は、

タイトル:松川15年・真実の勝利の為に
出版社:労働旬報社
出版年数:昭和39年8月
読み仮名記載ページ:44ページ

【補足】

1,現在、労働旬報社は「旬報社」に改称
2,上記の本は現在絶版ですが、復刻版として事件50年目に復刻。しかし流通してない為、現物がご希望の場合には松川事件研究の福島大学・伊部(イベ)教授までお問い合わせ下さい。

イベ先生の連絡先電話番号は、このサイトの性質上ここに記載出来ませんのでご理解下さい。

大変申し訳ありませんでした、頑張って下さい。

Q青色事業専従者(妻)自身の確定申告について

青色事業専従者(妻)自身の確定申告について
私の個人事業主としての手続き方法は理解できまして、H22年2月に初めて青色申告する者です。
妻の確定申告について、下記のように理解しましたが、大丈夫なのかが不安です。

経験者のご意見・アドバイスをお願いいたします。

妻の収入:以下の通り(概略数値)
 a.青色事業専従者給与:77万円 (届け出た額より、少ないです。4月より9ヶ月間、
  来年は、102万円の予定、源泉徴収をしておりません。?)
 b.厚生年金:9万円
 c.生命保険の年金:支払われた年金40万円-必要経費10万円=30万円
  (この10%(3万円)が源泉徴収されています。)

私の理解した処理方法:
 ・確定申告書Bの収入欄で、a:給与(カ).b:雑所得の公的年金等(キ).c:雑所得のその他(ク)
  に記入(第二表も適宜記入)し、それらに従った所得額を計算する。
 ・控除の欄について、基礎控除38万円のみを記入する。
  (妻の医療費は、私の確定申告に含められる?)
  (現在は、退職した会社の任意継続健康保険ですが、国民健康保険の妻の分を私が支払った場合、
   私の申告に計上し、この社会保険料控除欄は、0とする?)
 ・以下、税金の計算をする。

個人事業主(私)は、妻に「H21年分 扶養控除等(異動)申告書」の一番上の欄2行(氏名・住所)
のみに記入・押印し、提出してもらい、事業主(私)が保管する。(実は、何もしておりません。)
この書類の必要性と、青色事業専従者給与の金額などにより条件があるのでしょうか? 

妻の申告の質問と言いながら、私の手続きについての質問もありますが、上記の「?」部分が、不安点です。
よろしくお願いいたします。

青色事業専従者(妻)自身の確定申告について
私の個人事業主としての手続き方法は理解できまして、H22年2月に初めて青色申告する者です。
妻の確定申告について、下記のように理解しましたが、大丈夫なのかが不安です。

経験者のご意見・アドバイスをお願いいたします。

妻の収入:以下の通り(概略数値)
 a.青色事業専従者給与:77万円 (届け出た額より、少ないです。4月より9ヶ月間、
  来年は、102万円の予定、源泉徴収をしておりません。?)
 b.厚生年金:9万円
 c....続きを読む

Aベストアンサー

>妻の医療費は、私の確定申告に含められる…

それは誰が払いましたか。
そもそも、医療費控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受ける権利を持っているだけです。
妻が払ったものを夫が申告することは、原則としてできません。
ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族が代わりに払ったと主張することもできます。
妻の預金から振り替えられているような場合は、夫にはまったく関係ありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

>国民健康保険の妻の分を私が支払った場合…

国保税は世帯主に納税義務があり、夫の分、妻の分、子の分という概念はありません。
世帯主宛の納付通知書に記載された金額の全額を妻が負担した場合のみ、妻の社会保険料控除となります。
それ以外は世帯主の社会保険料控除です。

>個人事業主(私)は、妻に「H21年分 扶養控除等(異動)申告書」の一番上の欄2行…

妻に控除対象とする子や年寄りなどの扶養者がいなく、生命保険の支払いなどもなければ、それでよいです。

>この書類の必要性と、青色事業専従者給与の金額などにより条件…

専従者給与とはいえ、普通の給与と全く同じ扱いですから、年末調整に関わる一連の書類は必要です。
支払金額の多寡は関係ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>妻の医療費は、私の確定申告に含められる…

それは誰が払いましたか。
そもそも、医療費控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受ける権利を持っているだけです。
妻が払ったものを夫が申告することは、原則としてできません。
ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族が代わりに払ったと主張することもできます。
妻の預金から振り替えられているような場合は、夫にはまったく関係ありません。
http://www.nta.go.jp/tax...続きを読む

Q「岸壁の母」の作曲者、平川浪竜の名前の読み方を教えて!

「岸壁の母」の作曲者、平川浪竜の名前の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

さっき実家の祖母に電話して聞いたところ、「ひらかわ・なみりゅう」さんとのことです。
ちなみにこちらでも調べましたのでご参考に。1928年10月10日の神奈川県生まれの方だそうです。

Q青色事業専従者か従業員の選択と源泉徴収(所得税)の関わりについて

「青色事業専従者か従業員の選択と源泉徴収(所得税)の関わりについて」の質問です。

私は5月から個人事業主として活動しているのですが、私の母を経理として青色事業専従者にするか普通の従業員とするか、節税や手続き的にどちらがよいか迷っています。

情報としては
・私と母は住民票は別々ですが、近くに住んでいます。
・母への給与は月8万円(年間96万円)を予定。
・母は他に所得はなく、また父は年金暮らしです。

私の住民票を移して、母を青色事業専従者にすることはできるのですが、青色事業専従者にするか他人として従業員にするかどちらがよいか教えてください。
※確定申告時の手続きや源泉徴収や節税の面において

また、母は確定申告や手続き等をする必要があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私の母を経理として青色事業専従者にするか普通の従業員とするか…

任意に選択できるものではありません。
「生計が一」であるかどうかです。
生計が一である親族や配偶者にお金を払っても、それは経費となりません。
生計が一であれば必然的に専従者の道しかなく、逆に生計が別であれば従業員にしかなれないということです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

>個人事業主として活動しているのですが、私の母を経理として…

他に従業員を何人も使っているのですか。
あなた一人でやっている商売だとしたら、どんな職種か存じませんが、経理だけに月 8万も払って人を雇いますか。
ふつうの給与でもそうですが、特に専従者給与は、赤の他人を雇った場合と同等の給与額でないといけませんよ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2075.htm

>私と母は住民票は別々ですが、近くに住んでいます…

これだけでは、生計が一であるともないとも判断できません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm#q1

>母は他に所得はなく、また父は年金暮らしです…

父の年金が高額で、母を控除対象配偶者としてませんか。
他の者の控除対象配偶者や控除対象扶養者になっている場合は、専従者とはなれません。
もっとも、控除対象配偶者や控除対象扶養者は 1年が終わって確定申告の時期にならなければ決まりませんから、父と協議する余裕はありますけど。

>確定申告時の手続きや源泉徴収や節税の面において…

もらうほうから見て、専従者給与もふつうの給与も全く同じです。
あなたから見ても、提出する書類は違っても手間暇はほとんど同じです。

>母は確定申告や手続き等をする必要があるのでしょうか…

給与が 96万円より超えることなく、年金やその他の収入源が全くないのであれば、申告の必要はありません。
バイトやパートと同じです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>私の母を経理として青色事業専従者にするか普通の従業員とするか…

任意に選択できるものではありません。
「生計が一」であるかどうかです。
生計が一である親族や配偶者にお金を払っても、それは経費となりません。
生計が一であれば必然的に専従者の道しかなく、逆に生計が別であれば従業員にしかなれないということです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

>個人事業主として活動しているのですが、私の母を経理として…

他に従業員を何人も使っているのですか。
あなた一人で...続きを読む

Q「支払者」読み方についてご教授ください。

お世話になります。日本語の学生の純です。

下記言葉どう読みますか。
「支払者」しはらいしゃですかしはらいものですか。
もし両方の読み方正しいなら、どの場合どう読めば良いか教えていただけますか。

よろしくお願いします。
学生 純

Aベストアンサー

こんばんは。

「しはらいしゃ」です。

「者」を「もの」と読む言葉はたくさんあります。
A「しゃ」と読むのが正しい言葉
B「もの」と読みのが正しい言葉

Bのパターンは、その人を見下げている場合が多いです。
(「働き者」(はたらきもの)のように、良い意味で使う場合もありますが。)

ご参考に。

Q青色申告 事業主 専従者の選択について。

よろしくお願いします。
これから青色申告申請を考えている自営業です。
主人が個人事業主で妻の私が青色専従者給与をもらうと仮定します。
青色専従者給与は専ら1年のうち6月従事している者。とのことで、許される範囲内で他でパート収入を得られるか。得るとしたらいくらまでなら税金面で負担が少ないか。などと考えていたら、ふと次のような事を思いつきました。
個人事業主で代表は妻。
青色専従者は主人。
主人はもちろん専ら毎日朝から晩まで従事。
妻は事業所の代表者として在籍して他でパート収入得る。
事業主(妻)は1年のうち専ら6月従事するなど規則はないかと思います。
例えば事業主(妻)より専従者(夫)の給料が多くてもいいのでしょうか。
このケースだと、
妻・・・事業所得+給与収入
夫・・・専従者給与が例えば300万とかの場合、
    事業所として源泉しなければいけませんよね    。
うまく言えないのですが、青色申告で堂々とパートに出るにはどうしたらいいか。という所から思いつきました。
これについてリスク・税金面でのアドバイスをおねがいします。

長文で表現がわかりづらいかもしれませんがお願いいたします。

よろしくお願いします。
これから青色申告申請を考えている自営業です。
主人が個人事業主で妻の私が青色専従者給与をもらうと仮定します。
青色専従者給与は専ら1年のうち6月従事している者。とのことで、許される範囲内で他でパート収入を得られるか。得るとしたらいくらまでなら税金面で負担が少ないか。などと考えていたら、ふと次のような事を思いつきました。
個人事業主で代表は妻。
青色専従者は主人。
主人はもちろん専ら毎日朝から晩まで従事。
妻は事業所の代表者として在籍して他でパート収...続きを読む

Aベストアンサー

NO 5です 訂正と追加させてください
1行目は
<間違いと思います
でなく
<間違いないと思います
の誤りでした。すみません

それから、事業主より専従者給与が多くていいのかという問題は、多くても全く問題ないと思います。
事業所得は変動が大きいですから。
ただ、バランスが良い方が家族のトータルの納税額は少なくなります。
厳しい世の中生活もありますし、節税もしたいものですね。
合法的にできるだけ頑張りましょう。

Q被保険者の読み方

被保険者の読み方は、「ひほけんじゃ」ですか?「ひほけんしゃ」ですか?
また、介護保険での被保険者証は、「ひほけんじゃしょう」ですか?「ひほけんしゃしょう」ですか?

Aベストアンサー

追記から

介護も国保も後期高齢者医療保険も
全て「保険者」です。
読みは「ほけんしゃ」です。

Q個人事業の青色事業専従者給与

父が個人事業主で私が青色事業専従者です。
父は他の会社で給与として月7万円程貰っています。
個人事業(飲食店)での仕事の割合は95%程が私です。

この場合、私の給与は事業主の事業所得を大幅に超えても
構わないのでしょうか?(父の同意は置いといて)

以前、「給与は常識の範囲内で・・・」
っと税務署に言われたのですが
私としては、対価として(節税としても?)
父の事業所得を大幅に上回る(もちろん儲けの範囲内)額を
給与として貰っても良いのではないのか?と思います。

例えば・・・・
現在
父の事業所得が年間300万で
私の青色事業専従者給与所得が350万のところを
父の事業所得を100万
私の青色事業専従者給与所得を550万にするなど
可能でしょうか?
ここまで行くと、事業主の変更を求められたりするのでしょうか?

Aベストアンサー

>私の青色事業専従者給与所得が350万のところを…
>私の青色事業専従者給与所得を550万にするなど…

専従者給与は、赤の他人がお金をくれるわけでは決してありません。
家の中で、親から子へ、夫から妻へお金が移動するだけです。
家の中でやりくりするだけで税金が増えては、元も子もありません。

お書きの「給与所得」は『給与収入』の間違いかと想像しますが、給与所得控除を引いた本当の「給与所得」から、さらに基礎控除を引くと、350万は 189万、550万は 348万となります。
ほかに社会保険料控除をはじめとする各種の控除がありますから、課税所得としては、350万は 195万以下で 5%の税率、550万は 330万以下で 10%の税率となるものと思われます。

つまり、お父様とあなたとが半々に所得を得ていれば、どちらも 5%の税率で済むものが、あなたがたくさん取ることによって、1段高い税率になることが予測されます。

そんなことをしなくても、親子間の扶養義務の範囲として、お父様から家計費をいただくような感じ、つまり事業主貸で処理するほうが、節税になるはずです。

>父は他の会社で給与として月7万円程貰っています…

上記の計算に、年間の「給与所得」として 19万円を加味するだけですね。

>ここまで行くと、事業主の変更を求められたりするのでしょうか…

個人事業は、あくまでも事業を中心になって運営している者に課税されます。
お父様が、他の会社に行くだけでお店にまったくタッチしていないなら、事業主の変更を求められる可能性はあると言えます。
しかし、少しでもお店に顔を出しているとか、仕入はお父様の専任であるとかの実態があるなら、税務署は何も言わないでしょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>私の青色事業専従者給与所得が350万のところを…
>私の青色事業専従者給与所得を550万にするなど…

専従者給与は、赤の他人がお金をくれるわけでは決してありません。
家の中で、親から子へ、夫から妻へお金が移動するだけです。
家の中でやりくりするだけで税金が増えては、元も子もありません。

お書きの「給与所得」は『給与収入』の間違いかと想像しますが、給与所得控除を引いた本当の「給与所得」から、さらに基礎控除を引くと、350万は 189万、550万は 348万となります。
ほかに社会保険...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報