柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

DVDレコーダーを買おうかと考えています。
パナソニックの「DIGA」でVHSも付いて「フルハイビジョン対応」と謳っている商品と、
「ブルーレイ」のVHSなしでどちらにしようか迷ってしまいます。
ブルーレイだとVHSはつかないし・・・
ブルーレイの方が良さそうだし・・・
今から買うならやはり「ブルーレイ」の方が良さそうな気がするのですが、そもそも「フルハイビジョン対応」と謳っている商品と、「ブルーレイ」はDVDとしてどう違うのですか?
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Q/そもそも「フルハイビジョン対応」と謳っている商品と、「ブルーレイ」はDVDとしてどう違うのですか?



A/DVDでフルハイビジョン収録できるものは、AVCRECと呼ばれるBlu-rayの規格に基づいてDVDに映像を記録する方式を用います。そのため、他のDVDプレーヤーではAVCREC形式で記録したDVDハイビジョン映像は再生できません。
また、録画される映像の画質は、H.264/AVC(MPEG4-Part10)と呼ばれる方式に変換されるため元の映像より若干下がります。録画時間もDVDは容量が少ないが故に少なくなります。

それに対して、Blu-rayは元々ハイビジョン映像の記録を目的に開発されましたから、ハイビジョン映像をそのままの画質で録画できます。
ハイビジョン録画が目的ならこちらの方が良いでしょう。この製品はDVDのコンテンツもAVCRECの録画映像も再生でき、Blu-rayも再生できます。

ちなみに、VHSデッキについては既に所有されているならそれとBlu-rayレコーダーを繋げばBDに録画することもできます。S-VHSビデオデッキや比較的高価な単体のビデオデッキを所有されていた場合は、そちらとレコーダーを繋いだ方が綺麗にダビングできます。
ただし、デッキとの接続が大変です。(家電店で買いあらかじめ頼んでおけば購入費に設置費込みで接続もやってくれるはずです)
また、ワンタッチでのダビングは出来ません。
どうしてもVHSデッキは処分したい簡単にワンタッチダビングしたいというならば、そのうちにBD+VHSのデッキも登場するでしょうから、それを待つのが良いでしょう。

尚、DVDにハイビジョン録画ができる製品には、東芝の採用しているHD Rec(DVD規格の正式なハイビジョンバージョン)と松下、ソニーが提唱するAVCREC方式(BDの規格をDVDに応用したハイビジョン記録)があります。
後者の方が普及率は高いです。
    • good
    • 0

そもそもDVDにはハイビジョン画質のままでの録画ができないのでブルーレイが誕生しました。

ブルーレイでないレコーダーの「ハイビジョン対応」というのは、内蔵したHDDにハイビジョンで録画できる、ということです。DVDに落とす時にはDVD画質に落ちます。

ただし、このDVD画質はこれまでお使いのVHS画質よりはかなりきれいです。そして、40インチ以上ぐらいのテレビでないとフルハイビジョンである意味があまりありません。小さいテレビではハイビジョン画質とDVD画質の差が小さくなってしまうのです。
また、ハイビジョンの信号を扱うにはこれまでの黄色い端子やS端子用のケーブルでは駄目で、HDMIといった高画質用の端子が必要ですので、それがないテレビをお使いの場合はハイビジョン画質は堪能できません。
さらに最近はレコーダーやAVアンプの性能が上がり、DVD以下の画質のものでもハイビジョン画質に近づけようというアップコンバーターという機能が搭載されるようになってきました。

ということですので、見て消すだけでディスクにダビングをあまりしないのならブルーレイである必要はなく、テレビが旧式のブラウン管テレビだったり30インチ以下の液晶の場合でもブルーレイである必要はあまりないことになります。
つまり、ハイビジョンが堪能できるような大きなテレビがあり、HDDに録画した番組をハイビジョン画質のままディスクに保存したいという場合にのみブルーレイ、ということですね。

なお、VHS内蔵型は便利ですが、同程度の箱の中に複雑な機構を余計に入れている形になるので故障する確率は少し高くなります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング