仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

10年以上前の古い26インチのMTBに乗っているのですが、2,3年前からパンクが多くて困っています。
最初の頃はリム側がよくパンクしたので、チューブを修理したり、新品に交換したりしていました。しかしあまりに多い(月に2,3回)のでリムやタイヤをよく調べ、リムテープを新品に替えたら、リム側のパンクはほとんどなくなりました。
でもここ半年は、新しいチューブのバルブの根元が裂けるように空気が抜ける事が多くなり、この1ヶ月でも3回も新品のチューブがだめになってしまいました。チューブは近場にMTB用の物があまりなくて、いくつかのホームセンターで千円弱くらいのMTB用の物を何種類か試しましたが、どれも同じようにバルブの根元から空気が漏れて、早いと1,2日でだめになります。パッチでも直せないし、接着剤もいろいろ試しましたがどれも完全には直せず、結局抜けてしまいます。
ナットの締めすぎかと思ってゆるめに締めてもだめでした。
そもそも、原因はなんなのでしょう。チューブの不良がそんなに続くとは考えにくいし、タイヤが古くなっているのが関係しているのか、リムの穴に問題があるのでしょうか?今は前輪だけの現象です。チューブがあっていなのでしょうか。チューブだけふくらませたら、若干長い感じはしましたが・・・。
あと、家にたまったバルブの根元が裂けて空気が漏れるまだ新しいチューブたちはもう直せないのでしょうか?空気圧に耐えられるような特殊な接着剤があれば、買って修理したいのですが。
長文で失礼しました。

A 回答 (7件)

タイヤそのものが古くなっていませんか?



チューブの空気を入れる部分の根元の接合部が裂けるんですよね?
私はこの状況で何度もチューブ交換やねじの締めなおしとかやりましたが、結局タイヤが古くなっていただけのことでした。
タイヤを交換すれば直りました。

チューブはもう駄目ですね。
私のチューブたちは切って平ゴム状態にしていろいろ巻きつけるのに使われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに前輪のタイヤは相当古くなっていて、タイヤのサイドも一部ぼろぼろでした。タイヤも交換してみます。それにしてもチューブは数日でだめになったのがたくさんあり、何とかならないものかと思ったのですが・・・。

お礼日時:2008/05/26 20:23

No2です。


>リムの穴から出ているバルブを、タイヤ側(外側)に向かって押し込むということでしょうか?
その通りてす。ただ2.1の太いタイヤだと私の見当違いかも・・・
ママチャリのタイヤ、もしくはそれより細いタイヤですと
タイヤをはめ込んだ時にバルブの根元がタイヤ内にきちんと
収まってない場合があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。ありがとうございます。タイヤとリムにチューブがはさまないようには、空気を入れながらこまめに確認しています。ただ、バルブを最後に固定するナットは、どのくらい締めればいいかよくわからず、前はスパナでそこそこ強く締めたのですが、それがまずかったのかもと思い、最近は手で締める程度にしたのですが、関係ないみたいで、改善できませんでした。

お礼日時:2008/05/25 14:23

多分根元が折れるような・・・と言うことですが、空気圧は最低指定圧には達していますでしょうか?ブレーキングの時にタイヤとリムが滑ってバルブに力が掛かっているのかもしれません。


あと空気圧もそうですが、タイヤも交換をオススメします。タイヤのビードがアホになっていて滑りやすくなっている可能性もありますので・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。最低指定圧というのが何kPaとかよく知らないのですが、それほど少ないわけではないと思います。タイヤもやはり交換した方がいいんですね。かなり古いので・・・。

お礼日時:2008/05/25 14:18

バルブの根本に穴が開いたというのであれば、リムテープがずれてバルブ用のリムの穴の周りのバリが原因となっている事が考えられます。


もう一度リムテープをまき直してバルブの穴の角の部分が見えないようにしてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。もう一度リムテープの確認をしてみます。

お礼日時:2008/05/25 14:15

> はさみこんだりしてパンクしたのではありません。

見た目ではほとんどわかりませんが、
> バルブの根元の金属と一体に成形されているゴムの部分とチューブとの
> 境目がわずかに剥がれるような感じに裂けているのです
自分も昔同じようなパンクを体験しています。
その時の原因は、組み付け時にチューブをつれた状態で入れたために
バルブがまっすぐになっておらず、バルブの根元に負荷がかかっていたようです。
対策としては、空気を入れる前にきちんとバルブがハブの方を向いているか確認し、
曲がっていればタイヤ全体をしごくようにして調整することで解決しましたよ。

また、バルブを通す穴の付近に金属のバリがあっても同じような症状が
起こることがあります。一度指で触って確認してみてはどうでしょうか?

この回答への補足

回答ありがとうございます。
リムの穴のバリはあったかもしれません。これが原因なのでしょうか。バルブの位置やチューブのよれなどは、気にしてなおしながら入れています。バリについては、今付けているリムテープが、厚めの樹脂でできている物で、その穴とリムの穴を合わせるようにバルブを通しています。なので穴のバリは関係ないと思っていたのですが、バリのせいだったら、ヤスリなどでなめらかにしてみようと思います。
バルブの根元が裂けたチューブはやはり修理は無理なのでしょうか?

補足日時:2008/05/24 19:35
    • good
    • 0

考えられるのは


空気圧が適正でない

やはり装着ミス
装着した時、バルブを押し込みながら少しずつ
空気を入てみる

チューブのサイズ(太さ)が適正でない
仮にタイヤの太さが2.1なら2.1に対応したチューブを 
使用していますか?

この回答への補足

回答ありがとうございます。
空気圧は、入れすぎると余計にパンクしやすくなるかと思い、少し少な目にしてみたりしましたが、だめでした。
装着するときは、かなり気を遣って、少し入れてはチューブの様子をみたり、バルブとリムの穴がずれないようにしています。
チューブは2.1に対応する物を使用しているのですが、微妙に長い(全体の径が大きい)のが気になってはいます。
バルブを押し込みながら空気を入れるとはどういうことでしょうか?
リムの穴から出ているバルブを、タイヤ側(外側)に向かって押し込むということでしょうか?

補足日時:2008/05/24 19:29
    • good
    • 0

チューブの取替えは自分で行っているのですか。

装着ミスかも
バルブの根元1~2cm付近のパンクでしょうか?もし破裂や避けたりしてパンクしているのであれば、タイヤとリムとの間にチューブをかみこんでいるのではないかと推測されます。もしそうであればチューブをはめた後バルブをリムに軽く押し込んでから元に戻して空気を入れればOKかと、又、タイヤのビードが破損していてパンクしている場合もあり、言葉だけで説明するとわかり難いので、いちどは自転車屋さんに依頼してそばで技術を盗むのがよいかと。
尚、バルブの1~2cmの範囲はプロでも修理しません、あきらめたほうが良いかと。

この回答への補足

回答ありがとうございます。はさみこんだりしてパンクしたのではありません。見た目ではほとんどわかりませんが、バルブの根元の金属と一体に成形されているゴムの部分とチューブとの境目がわずかに剥がれるような感じに裂けているのです。なので、朝、会社にMTBで行って、帰りには抜けてしまっているというような具合です。
本当に見た目にはキズなどもなく、チューブを抜いて膨らませて、水に通してやっと欠陥がわかるのです。何度かはチューブの初期不良かと思っていましたが、あまりに多いし、メーカーを変えても同じなので、原因がわからなくなったのです。取り替えは自分でやっていますが、装着ミスではありません。

補足日時:2008/05/24 15:35
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング