人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 通常であれば、国民は保険証や運転免許証、パスポートなど、何らかの本人を確認する手段を持っていると思います。
 しかし、以下のような場合、どのように行政は本人を確認するのでしょうか。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 何らかの理由で本人確認書類を全て消失。また、家族を含め知人がいない(既に死亡しているなど)。さらに無職で、何らかの組織に所属しているということもない。
 ただし、住民基本台帳に登録されていることに間違いはない。しかし、現住所は住民基本台帳に登録されている住所とは異なる。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お近くの区役所か市役所で、住民登録をして下さい。


その際、住基カ-ドを作られたら便利ですよ。本人証明にもなりますから。ただし、証明用の写真は必要になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分が何者であるかを証明できる手段がない場合でも、住民登録はできるのでしょうか。

お礼日時:2008/05/29 20:33

市町村区が住民票を1つに集めた物が住民基本台帳です。



でしたら、パスポートなどを発行(再発行)するなり、クレジットカードや公共料金の請求書などでも
確認できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

あくまで仮定の話ですが、クレッジットや公共料金を含め全ての書類による手段がない場合はどうなるでしょうか。(まぁ、こんなことはないと思いますが…)

パスポートの発行も本人確認書類が必要ですよね。

お礼日時:2008/05/29 20:32

住民票の写しがありますよね?


それで確認できます。

住民票と住民基本台帳は違いますし、住民票は現住所を登録しないといけない規則になっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

住民票と基本台帳の違いがよく分からないんですが、恐らく規則でも全ての人が現住所を登録しているってことはないですよね?

例えば一人暮らしの学生などは、卒業後に地元に帰る予定であれば、登録しないこともありますよね?

お礼日時:2008/05/25 01:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング