つい、最近Z31(後期300ZR)にY32シーマエンジンとY32シーマCPUを積んだのですが、タコメーターがぴくりとも動きません。外品のアペックスREV/SPEEDメーターはちゃんと動きますし、純正の他のメーターは動きます。純正タコメーターを動かす方法、誰かご存知でしょうか?

A 回答 (1件)

 私は、よくは分かりませんが、友達がCAのシルビアにSR乗っけてやっぱりタコメーターが動かず社外の物を付けていたので、純正のメーターを動かすのはかなり大変なのではないでしょうか。


           参考までに(参考にもならなかったらごめんなさい。)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QY32シーマとY32セドリックのサスペンションについて教えてください。

Y32セドリックのサスペンションをY32シーマに装着することは可能ですか?

Aベストアンサー

そのような事例は聞いたことがありませんが、おそらく不可能ではないでしょう。
エアサスを通常のコイルサスに変更するのは、ちょっと無理だと思います。車両構造変更申請が必要になるとか…。

QY33セドリックアルミを純正のままワイドスペンサーでツライチ

6.5/+40 215/55-16を
http://www.naisnet.co.jp/contents/MACH/nissanmach.html
で計算し
9.0J-6.5J=2.5 2.5inch×25.4/2=31.75mm
OFF40-35=5.0 5.0+31.75=36.75mm・・・・・後輪
同様に
8.0J-6.5J=1.5 1.5inch×25.4/2=19.05mm
40-35=5.0 5.0+19.05=24.05mm・・・・・前輪 (差12.7)

ツメ折り無しで、後輪30or35mm、前輪20mmの装着可能でしょうか?
微調整用に3mm、5mmの薄スペンサーは持っています。

Aベストアンサー

うーん、計算上では可能ですよね。しかしタイヤハイトが異なるとサイドウォール形状が異なってきますから、ノーマルフェンダーで可能かどうかは賭けになると思います。しかもこのホイールとタイヤのマッチングだと結構引張り気味です。ハッキリとは言い切れない微妙なところです。

Qy32セドリックノマッチングについて

32セドの足回り純正なんですが19インチ F;8.5J+25 R;10J+20・PCD114.3/5穴タイヤYOKOHAMA DNA-ECOS F;245/35 R;275/30 残り7分~8分山位は履けますか!?あと17-8Jオフセット32も履けるか教えてください。

Aベストアンサー

ちょっと古い車なので、19インチでのマッチングはセドリックでは分かりませんが、Y32シーマでの場合はありましたので一応UPしておきます。

F:235/35-19 8.5J×19 +30~+32
R:265/30-19 9.5×19 +30~+32

となってます。シーマの方がセドリックに比べ車幅が35mm広いですので、このサイズでははみ出る可能性が高いです、おそらくあなたの仰っているサイズは、これより太いですので確実にはみ出ますね。

>17-8Jオフセット32も履けるか教えてください。

17インチのマッチングは次のようになります。

F:235/45-17 8J×17 +32
R:255/40-17 9J×17 +35

となっています。あなたの仰っているサイズ(8J×17 +32)ならば、適応サイズなので大丈夫かと思いますね。
ただし、個体差がありますので、装着する場合は現車確認をお願いします。

Qスピードメーターが動かない

先日カーナビの取り付けをしたらスピードメーターが動かなくなりました。電気系統は特に問題ないと思っているのですが、何の異常なのでしょう。どのあたりをチェックしてみれば良いのでしょうか。ちなみに車はスバルの軽1BOXです。

Aベストアンサー

車種が特定されていないので確実にとはいえませんが、一番可能性が高いと思われるのは、車速センサーからの配線でしょう。ナビを取り付けた際に車速センサーからの信号線をナビの車速信号線と接続していると思いますが、この配線が間違っていたり、ボディーアースとショートしてしまっていたりすると、電気式のスピードメーターを採用している車種ではスピードメーターが動かなくなる場合があります。

ナビ側に各センサーからの入力をチェックするモードがある場合(このモードがついているものが多い)は、これを利用して、車速センサーからの信号が入力されているかどうかチェックしてみて下さい。このテストで車速センサーからの信号が入力されていない場合は、その系統に異常(誤配線や、配線の短絡など)がありますので、重点的にチェックすることが必要です。また、ナビ側の車速を取り入れる配線の先端にはダイオードや抵抗などが取り付けられている場合が多いのですが、これらの配線を途中で切ってしまった(切らないように指示がしてるはずです)場合も、車種やナビの機種によりますが、同様なトラブルが起こる可能性があります。

車種が特定されていないので確実にとはいえませんが、一番可能性が高いと思われるのは、車速センサーからの配線でしょう。ナビを取り付けた際に車速センサーからの信号線をナビの車速信号線と接続していると思いますが、この配線が間違っていたり、ボディーアースとショートしてしまっていたりすると、電気式のスピードメーターを採用している車種ではスピードメーターが動かなくなる場合があります。

ナビ側に各センサーからの入力をチェックするモードがある場合(このモードがついているものが多い)は、こ...続きを読む

QY32のエアサスについて

H3年式 Y32 グロリアブロアムVIP のエアサスなんですが、
左後ろが下がって、右前があがっています。
コントローラを付けていたので、それが原因かなと思い取り外したのですが、
直りません。リアの左右で1.5cm位は違っています。
パッと見ただけでも分かるくらいに斜めになっています。
エアサスがだめなのでしょうか?センサーの調整で直るのでしょうか?
どなたかどこが悪いかお分かりになる方、教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

セルフダイアグノーシスですべてのランプが点灯している状態は、制御系統の機能には異常がない(車を走らせる以前に点灯・点滅をしていたのは車速センサーからの信号がコントロールユニットに入力されないため、このエラーが出ていたものです)ことを示しており、ダイアグノーシスチェックは正常に終了しています。この状態では車高はHIGHの位置になっているはずですが、この状況で車高がHIGHになっていないのであれば、制御系統ではなくセンサーの調整不良と見て間違いないでしょう。この場合調整するセンサーの位置は左右のフロントサスペンションのロアアームの付け根部分にあります。6ミリボルト(ネジの頭は10ミリの六角形)2本で固定されていますので、高すぎるまたは低すぎる側の、センサーのボルトを緩め(抜き取らないこと)て、センサー自体を回転させることで調整します。作業するにはステアリングをどちらかに一杯に切って行ったほうがやり安のですが、調整後水平を確認するにはステアリングは直進にしておく必要があります。また、調整時には必ずエンジンを止めて行い、調整後に始動しハイトコントロールを動作(NORMAL・HIGH・NORMAL)させて水平を確認してください。

言うまでもありませんがこの調整は平坦で水平な場所で行う必要があります。

セルフダイアグノーシスですべてのランプが点灯している状態は、制御系統の機能には異常がない(車を走らせる以前に点灯・点滅をしていたのは車速センサーからの信号がコントロールユニットに入力されないため、このエラーが出ていたものです)ことを示しており、ダイアグノーシスチェックは正常に終了しています。この状態では車高はHIGHの位置になっているはずですが、この状況で車高がHIGHになっていないのであれば、制御系統ではなくセンサーの調整不良と見て間違いないでしょう。この場合調整するセ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報