3ヶ月の男の子のママです。
育児雑誌に母乳を赤ちゃんに与えている間はアトピーが出ないように豆製品や卵を控えるようにとありました。他のには、母乳の出がよくなる食品に納豆がよいとありました。卵は生では食べないようにのとのことです。
主人も私もアトピーっ子ではなかったのですが、症状がでることもあるらしいので心配です。
全く、摂取しないほうがいいのでしょうか?そうすると、乳製品や小麦製品もダメになってくるように思いますが・・・。
どなたか、アドバイスください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

少々蛇足を。


アトピーには遺伝的な側面がある,とされていますが,実際に遺伝であるのか,環境によるものなのかについては,確実な結論を見ていないでしょう。
いずれにしても,scudさんもご主人もアトピーと無縁ということですし,お子様もアトピーでない(ここで使っているアトピーという言葉はアトピー性皮膚炎という意味だけでなく,呼吸器などに現れる症状等も含めています)ということですから,特に食事制限を行なう必要はないでしょう。
生卵については,日本以外の国では食べないですよネ。
これは,サルモネラ菌などによる食中毒事例が多いために,加熱処理したものしか食べないということなんです。
ですから,授乳期の母親が生卵で食中毒になって,その結果授乳できなくなるということを防ぐ意味では,日本であっても生卵は避ける方がよいのかもしれませんネ(実際に生卵による食中毒事例は日本でも毎年発生していますからネ)。
アトピー性皮膚炎だけでなく「アトピー」と称されるアレルギー反応の出発点は,血流の低下によるものであると思います。
全身的に血流が低下する場合もあれば,局所的な場合もあるでしょう。いずれにしても皮膚の新陳代謝機能が停止してしまって,外部から本来は入ってこないはずの異物が侵入し,それが過剰な免疫反応,つまりアレルギーを起こすのですネ。
ですから,アトピーという素因によってアレルギーが起こるのであり,何等かのアレルゲンによって単発的なアレルギーが起こってもアトピーではないのですヨ。
ということで,母体が十分な栄養を摂取しなければ順調な授乳ができなくなりますので,バランスよくしっかりと食べてくださいネ。
様々な食材の影響が心配である気持ちはわかりますが,まずは,ご自身とお子様の栄養が不足しないように考えましょうネ。
それよりも,飲酒などの方がよっぽど危険ですので,もし,飲まれるのでしたら,そのほうに気を付けましょうネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

概ね妊娠中、乳児期の母親の食事とアレルギーの関係は否定されているでしょう。


確かに100%か、というと、いろいろな人がいますから、いかにも母乳との関係を疑わせる場合もありえます。
まことしやかな理論もしばしば本に紹介されるわけですが、それに振り回されるのはやめましょう。不安をあおり、ビジネスに結びつける人もいます。
    • good
    • 0

繰り返しになりますが誤解されるといけないので再度書き込みます。



多くの医療書や適当なHPの説明(特に版が重なった古い本)や専門家で無い人のかかれた書物では
『アレルギー反応(感作)』→→『アトピーの発症』と関連付ける書き方がなされていますが、およそ10年以上も古い考え方で現在は大半が否定されています。

現在ではまずアトピーありき(この部分は非常に専門的で私自身わかりやすく書けるだけの知識を有しません)とする説のほうが有力で実際最近の栄養指導はそのように改定されつつあります。ですから過剰に暴露させること/偏りの多い食事(特に脂質)以外はさほど気になされる必要が無いのです。
    • good
    • 0

3大アレルギー食品と言われる、大豆、小麦、卵は大量に摂取すれば母乳に出るので、お子様になんらかのアレルギーが出る可能性はあります。


これらに限らず、大人でも冷たいものの飲食により、腸がたんぱく質を分解せずに身体に吸収してしまうことがあります。分解されずに吸収してたんぱく質は母乳に現れて、赤ちゃんが飲んでしまいます。
概ね1歳未満の赤ちゃんは腸の細かい穴が塞がっていないので、たんぱく質を分解せずに吸収します。このたんぱく質に抗体を作ってしまうとアレルギーやアトピーになる可能性があります。(自分の身体で作られた以外のたんぱく質が消化分解されないまま体内に入ると抗体を作ってしまいます)
なんだか脅しのような分ばかりになってしまいましたが、冷たいものの飲食をさけて(牛乳は特に温めたものを飲むことが大事ですね)同じ食材を大量に摂取しないことに心がければ、普通は問題無いと思いますよ。

上記の理論などの詳しい内容については、以下URLにある、”赤ちゃんの進化学”という本を読めば分かります。

うちには11ヶ月の娘がいますが、離乳食まだ初めてないですよ。
でもめちゃくちゃ元気です。

参考URL:http://www.nishihara-world.jp/
    • good
    • 0

多くの医師、小児科医、皮膚科医のなかでさえ多くの見解に分かれていると思います。

アトピーに関しては本当にアレルギー疾患なのか否かさえ確定されたものではありません。ただアレルギーを伴うようになるとアレルギーによって皮膚炎が増悪することだけは間違いがありません。

確実にいえるのは明らかなハイリスクの両親や実際に発症した患児の母というのでもなければ、現実問題として制限は医学的に必要なかろうということです。母親が摂取した食物のたんぱく質は抗原という形で母乳に移行しますが、小さい頃のまだ免疫機能が確立されていない頃にこうしたいろいろな抗原に晒されることによって『反応してはいけない』抗原を学ぶともいわれているのです。母親が食べるものは子供が将来食べるものです。ですから小さい頃から馴染み体に覚えさせておくそうした仕組みがあると考えられているのです(これを免疫寛容といいます。調べてみてね。)逆に反応することを覚えてしまったすなわちアレルギーを発症してしまった後は無用な反応を引き出さないようにするために控える必要があります。

母子ともに現在健康な状況であれば「バランスよく食べる」これだけで十分だと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q看護師の卵と医者の卵の差は?

医学部医学科の2年生の薬理学や病理学の授業を受けていますがとても難しいです。

看護学部や看護学校の学生さんもこんなに難しいことやってるのかと想像して、彼女たちのレベルの高さに驚きを感じています。

でも、現実を知らないので。

普通、両方の授業内容を知っている人はいないと思うので答えにくい質問かもしれませんが教えてください。

例えば、看護師国試と医師国家試験の難易度の差から答えが見えてこないでしょうか。

Aベストアンサー

看護学校の講義をしていた者です。
看護学校では薬理や病理もありますが、サラッと済ませてしまいます。
国家試験にも多少は出題されていますがね。

医学部の薬理や病理をおろそかにしていると(あなた以外のスポーツばっかり遊ぶことにうつつを抜かしていると)、あとで大変に苦労するか、もしくは医者という土俵に上がってこれないことになりますので、頑張ってください。

Q断乳しても母乳がでていて妊娠しにくいのですが

上の子は10ヶ月で断乳したのですが、3歳半まで少しずつ母乳が
でつづけました。絞るとタラタラ出る感じで何もしないとでないので
普段は気にしてないのですが・・。ただ母乳が出ている間妊娠しにくい
ようで2人めは、生理があっても母乳が止まるまで妊娠しませんでした。
今2人目を断乳して半年経ちますがまだ少し母乳がでています。
やっぱり3人目も妊娠しません。
母乳が止まらないと妊娠しないのでしょうか?
病院で薬なにかをもらえばとまるのでしょうか?
だれか知っている人教えてください。

Aベストアンサー

 確かに母乳を作るホルモンが多いと妊娠しにくくなります。
不妊症の原因の一つでもあります。
 でも完全に母乳が止まらないと妊娠しないというわけではないので人それぞれです。0_0hiroさんはもしかしたら母乳が出てるうちは妊娠しにくい体質なのかもしれません。まあ、ちゃんと調べてみないとはっきりは分かりませんが。

 病院で母乳を止める薬はもらえます。薬を飲み始めても最初は母乳が出るので搾乳して母乳を出すようにしてください。そのまま胸に貯めておくと乳腺炎になったりしこりのようなものが残ったりしちゃう場合があるので。詳しくは病院で教えてくれると思います。

Q乳製品で腹痛

牛乳を飲むと30分くらいで、腹痛があります。トイレにいくと便が白っぽくて、末消化みたいです。温めてもだめです。 学校給食の頃からずっとで、最近はパスタにかけたパルメザンチーズでも腹痛がおこるようになりました。 アレルギーはありません。 外出した時など支障があるので改善できればしたいと思ってます。利点と言えば便秘気味の時には牛乳で一発です。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素(ラクターゼ)の活性が低いためだと思います。

毎日、乳製品を摂取することで酵素活性が上昇することもありますが、先天性の乳糖不耐症の場合は、改善しようがないので、一度、病院で検査してみてはいかがでしょうか?

Q血栓と納豆

納豆は血栓を溶かすと言われています。
そうであれば、脳梗塞の予防にはいいのではないかと思います。
一方、納豆のビタミンKは血液凝固作用があるといいます。
脳梗塞の血栓溶解薬を飲んでいるときは、納豆と作用が拮抗するので納豆を食べてはいけないとのことです。
だとすると納豆は脳梗塞に良くないように思えるのですが、いったいどっちが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

看護大学の教員をしています。

血液の凝固にはたくさんの因子が絡んでいるのですが、大別すると線溶系と凝固系という二つの系のバランスで成り立っています。

納豆にはナットウキナーゼという酵素があり、こちらは線溶系を亢進させて血液をさらさらにする働きを持っています。

また納豆には大量のビタミンKが含まれています。ビタミンKは凝固機能が働くために必須なのですが、直接的に働くわけではないので、それが多いからといって凝固機能が強くなるわけではありません。(化学でいう触媒みたいな機能です)但し、不足していたり、機能を妨げられると凝固機能は落ちます。
ワーファリンのような血栓溶解剤は、ビタミンKの働きを抑えることで凝固機能を落としています。ですから、ビタミンKを大量に補給すると薬の機能が落ちてしまいます。

長くなりましたが、普通の人は納豆を食べるほうが血液がさらさらになり、脳梗塞など血栓症の予防につながると考えられますが、すでに治療としてワーファリンを飲んでいる人については、納豆を食べないほうが血栓症の予防に有効と考えてよいのではないでしょうか?

看護大学の教員をしています。

血液の凝固にはたくさんの因子が絡んでいるのですが、大別すると線溶系と凝固系という二つの系のバランスで成り立っています。

納豆にはナットウキナーゼという酵素があり、こちらは線溶系を亢進させて血液をさらさらにする働きを持っています。

また納豆には大量のビタミンKが含まれています。ビタミンKは凝固機能が働くために必須なのですが、直接的に働くわけではないので、それが多いからといって凝固機能が強くなるわけではありません。(化学でいう触媒みたいな機能...続きを読む

Q納豆と脳梗塞治療薬(抗血小板剤)

納豆のナットウキナーゼという酵素の血液サラサラ機能と、
納豆に含まれるビタミンKの凝固機能について過去にも何件かQ&Aがありますが、
ワーファリンさえ服用していなければ、脳梗塞の再発予防の為に
血液凝固を抑制する他の薬を飲んでいても、毎日納豆を食べても大丈夫ということでしょうか。
家族(60代前半)が脳梗塞治療の方で抗血小板剤「プレタール」を、
糖尿病治療の方でベイスン錠を服用中です。

脳梗塞も糖尿病も血液をサラサラにしておかないといけない訳ですが、
脳梗塞の食事療法の本を見ていると、
血液をサラサラにする為に納豆を毎日食べましょう、しかしワーファリン服用者は控えましょう、
と正反対のことが書かれているので、納豆を食べるにしても、
プレタール服用者が毎日食べても差し支えないのか、
むしろ毎日でも食べた方が良いのか、
例えば週に何回かの適度な摂取に抑えておくべきなのか、
その推奨度合がいまいち分らないので教えてください。
(糖尿病の兼ね合いで1日1単位の量には抑えます)

脳梗塞再発予防の為に、体に良い食品は積極的に摂取したいと思いますので、
ぜひ教えてください。

納豆のナットウキナーゼという酵素の血液サラサラ機能と、
納豆に含まれるビタミンKの凝固機能について過去にも何件かQ&Aがありますが、
ワーファリンさえ服用していなければ、脳梗塞の再発予防の為に
血液凝固を抑制する他の薬を飲んでいても、毎日納豆を食べても大丈夫ということでしょうか。
家族(60代前半)が脳梗塞治療の方で抗血小板剤「プレタール」を、
糖尿病治療の方でベイスン錠を服用中です。

脳梗塞も糖尿病も血液をサラサラにしておかないといけない訳ですが、
脳梗塞の食事療法の本を見...続きを読む

Aベストアンサー

すでにお調べのことと思いますが、ナットウキナーゼの体内(血管内)で作用を期待するのは無理です。
それでも良質の蛋白質ですからカロリー等を考慮しての量であれば薦められる食品です。
こちらもお調べのようにワーファリン(抗凝固薬)の効果を納豆のビタミンKが打ち消してしまいますからこれを内服中は納豆を食べてはいけませんが、
抗血小板薬(アスピリン、パナルジン、プラビックス、プレタール、プロサイリン、ドルナーなど)には関係ありません。

参考URL:http://www011.upp.so-net.ne.jp/konkonfj8/cidrug.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報