氷りから、微生物16s、18s遺伝子の抽出を行っています。
バクテリアはまあまあ上手くいったのですが、
藻類は抽出法、PCR条件等が分かりません。
海、土壌、等のサンプルからの藻類16s DNA抽出やPCR条件など
知っていれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

専門外ですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「16) 微細藻類の集団解析に必要な遺伝的マーカーの検索(奨励研究A)」

NIREの報告書をあたれば、あるいは文献検索で探せるかもしれませんね?

ご参考まで。

参考URL:http://www.nies.go.jp/seika/gaiyo/a25_2000/2-2-8 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q16S-rRNAの16Sとは

16S-rRNAの16Sとはなんですか?
初歩的ですいません。

Aベストアンサー

超遠心分離によって求められる沈降係数 (SはSvedbergという沈降速度)。
沈降係数Sは、生体内の巨大分子や複合体などの大きさを表す単位としてよく使われます。

詳しくは下記URL参照。

参考URL:http://www.jarmam.gr.jp/situmon/16ribo_2.html

Q生きているバクテリアと死んでいるバクテリアは何が違うのでしょうか?

表題の通りなのですが一体何が違うと思いますか。
動物や昆虫などでは複雑すぎて入り口さえ分かりませんので最小単位のバクテリアをモデルに考えてみたのですがそれでも全く分かりません。

思い切って数を減らし仮に分子が100個集まって生命現象が起こったと強引に考えた場合生きている状態と死んでいる状態では各々の分子にどんな違いが有るのでしょうか。100個で生命現象が起こるとは到底思えませんが極限まで小さく単純化してみると何か突破口が開けるような気がして・・・

当然酸素や窒素、水分子などが生きているなどと言う事は意味を持ちませんが非生命が集まりそれに何かの条件が加わると生命活動が始まる。

21世紀の科学でも分かっていない事ですが様々な仮説を聞いてみたいと思って質問して見ました。
どんな荒唐無稽な話でも良いですから回答者様の説を教えて下さるとうれしいです。

Aベストアンサー

何十億でも何兆でもいいですが、すごい数の列を思い浮かべてください
その1つ1つがドミノの列でそのドミノが一斉に倒れています。

これはいろいろな化学反応を例えています。

上記の状態が、生きているという状態です。
そのドミノがストップしている状態が、死んでいるという状態です。

さて、このドミノの列、どの列が「生きているを定義するのか?」

わかりません。

なぜなら1つ1つに見えていた列ですが、実はあるところでは合流したり、分かれたり、互いに影響し合っているからです。

今の科学でわかっているのは、数個のドミノの列が存在している、どういう仕組みで倒れている、倒れると何かが起こる、ということくらいです。

それ以上は想像しかできませんし、想像は既に科学ではありません。
哲学で答えを探すことをお勧めします。
どれか1つだけでは成り立たないからです。

Q微生物からDNAを抽出する方法

微生物からDNAを抽出する方法を探しています。できる限り多くの方法を知りたいです。

Aベストアンサー

微生物の分離や精製は可能なのでしょうか。
それさえできればフェノクロで抽出可能だと思います。
微生物ではないですが参考URLにある方法で抽出可能だと思います。
基本的に同じです。

参考URL:http://cse.fra.affrc.go.jp/ksaitoh/extractDNA.html

Q微生物が抗生物質を生産しなくなる条件??

微生物が、生理活性物質(抗生物質)を生産しなくなることがあると聞いたのですが、それはいったいどういう時でしょうか??

また、生産性がなくならないようにする方法ってあるのでしょうか??

何か知っている方がいたら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生産性が無くなるというのは、不可逆的にその菌の性質がかわるという意味ででしょうか?

実験室で植え継いでいると、カビが生理活性物質の生産性を失うという話を聞いたことがあります。おそらく、その物質を作る必要がない状況での継代が問題なのではないでしょうか。
その微生物が自然界で生きていた環境を再現すればいいような気もしますが、たいていの場合それは困難でしょう。

そこで、現実的な対策としては、植え継ぐたびに生産性をチェックするしかないでしょう。(いきなり、次世代のすべてが生産性を失う訳ではないでしょうから)

その他に、例えばペニシリン生産菌(ペニシリウム属のカビ)は、高温で培養するとペニシリンを生産しないということが知られています。この場合は可逆的なもので、同じ菌を植え継いで低温で培養すれば生産すると思いますが。

Q緋メダカの体色の遺伝子のように Y染色体にも遺伝子が存在する例

緋メダカの体色の遺伝子(紅・白)は
X染色体だけでなくY染色体にも存在しますが、
同様の例はありますか?

またこのような遺伝は「伴性遺伝」と呼んでもいいですか?

Aベストアンサー

ヒメダカとシロメダカを区別する遺伝子rは劣性でX染色体にあり,これに対し黄色色素胞を形成する遺伝子Rは普通Y染色体上にあります。

その結果この系統からはシロメダカは常に雌にだけ出現します。雌にだけ出現しますから限性遺伝という場合が多いようです。伴性遺伝は雄雌に現れます。

メダカの体色の遺伝は,1900年頃日本で行われていました。メンデルの法則の再発見とほぼ同時に遺伝法則が明らかになったと記憶していますが…


人気Q&Aランキング

おすすめ情報