痔になりやすい生活習慣とは?

レポートの課題で「錯体生成における安定度定数とはどういうものか?」というのがあり、いろいろ調べていて二つの有力な説明を見つけました。

『キレートの安定度定数とは金属キレートのできやすさを表すもので、金属イオンとキレート化合物から金属キレートができる程度を表す指標である。
例えば、マグネシウムとEDTA(通常、Yと表現する)の場合は、
 Mg2+ + Y4- ←→ MgY2-
 K=[MgY2-]/[Mg2+][Y4-]
 このKが、安定度定数である。』

というのと、


『分析化学の世界ではM + n X = MXnという反応の平衡を考えるときに、1段ごとの錯生成( MXi + X = MXi+1)を考え、その錯生成定数Ki=[MXi+1]/{[MXi] [X]}を定義します。
このとき安定度定数βnはすべての錯生成定数の積、βn = K1*K2...Knで定義されていて、この値が大きいほど錯体を作る方に平衡が傾いていることを表します。』

という二つです。
一つ目の説明はわかるのですが、二つ目の説明は「分析化学の世界では…」と述べられている点で課題に即しているのか不安があり、二つの式(M + n X = MXnとMXi + X = MXi+1)が用いられている点に理解できません。この二つの式がどうつながっているのかがわかりません。
どなたかわかる方、詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

分析 化学」に関するQ&A: 分析化学 溶解度積

A 回答 (2件)

通常錯化剤を過剰に用いるので、と言うかキレート滴定での終点直後で指示薬が変色する領域では錯化剤が目的金属に対し「過剰」に存在するので、初めの方の説明で構いません。



後の方の説明は科学的にはより「厳密」であり、例えば中間的な錯体に「異性体」がある場合など、こちらの説明の方を利用しなければなりません。
ただし、お分かりのように、錯化剤過剰条件ではどちらの定義でも同じ結果が得られますので、あまり気にする必要はありません。
レポートなら両者書いて、さらに例を挙げて説明すれば120点。
期末考査の点がかさ上げされるかも知れません。^o^
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。
両方書いて頑張ってみます!!

お礼日時:2008/05/28 13:49

ヒント.


逐次安定度定数と全安定度定数というのがあるんですよ.
あとは調べて.
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安定度定数

キレート滴定の実験を行ったのですが、
課題として「安定度定数」という語の説明を求められました。「安定度定数」がどのようなものか教えてください。

Aベストアンサー

 キレートの安定度定数:「金属キレートの出来やすさ」
 → 金属イオンとキレート化合物から金属キレートができる程度を表す指標です。
 例えば、マグネシウムとEDTA(通常、Yと表現する)の場合は、
 Mg2+ + Y4- ←→ MgY2-
 K=[MgY2-]/[Mg2+][Y4-]
 このKが、安定度定数です。
 金属イオンの種類とキレート化合物数の種類の組み合わせで、様々な値になります。
 安定度定数は、数値が大きいので対数で表現します。
 例えば、Mg-EDTAの定数は8.69ですが、元の数値に戻すと、約5億になります。
http://www.geocities.co.jp/Milkyway/4096/bunrepo2.html

 

Q錯体の安定度定数

錯体の安定度定数に関する問題です。

Ag^+ + NH3⇔AgNH3^+ K1(安定度定数)=2.3×10^3

AgNH3^+ + NH3⇔Ag(NH3)^+ K2=6.0×10^3

のとき、AgCl 1.0mmolがアンモニア水500mlに溶けている。水溶液中のNH3濃度は0.1Mである。この水溶液中におけるAg^+の濃度を求めよ。


という問題が溶けません。

2つの式の反応の進行で、Ag(NH3)+イオンが出来る反応を考えるとAg(NH3)^+イオンの安定度定数Bは

 B=k1・k2 

B=(Ag(NH3)2^+)/(Ag^+)(NH3)^+ であっていますか?

あとはこれに代入して答えを求めればいいのでしょうか?
そのときの錯イオンの濃度とアンモニアの濃度はどうやったらもとめれますか?

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

書き間違い、
>AgNH3^+ + NH3⇔Ag(NH3)^+
AgNH3^+ + NH3⇔Ag(NH3)2^+
はケアレスミスですが、
ちゃんと式を立ててみて下さい。
それから、
>水溶液中のNH3濃度は0.1Mである。
が、初濃度なのか、結果なのかが分りません。結果なら悩むことはないでしょう。
ついでに言うと、濃度はカギ括弧を使いましょうね。無機、分析化学では世界共通にモル濃度を表します。
[AgNH3^+]/[Ag^+][NH3]=K1=2.3×10^3 (mol-1L)
[Ag(NH3)2^+]/[AgNH3^+][NH3]=K2=6.0×10^3 (mol-1L)
なら、
[Ag(NH3)2^+]=K2[AgNH3^+][NH3]=K2K1[Ag^+][NH3]^2 (mol/L)
になりますが…。
[NH3]0=[NH3]+[AgNH3^+] +2[Ag(NH3)2^+]
[Ag^+]0=[Ag^+] +[AgNH3^+] +[Ag(NH3)2^+]
ではないでしょうか。

Qジアンミン銀(I)イオンの反応

塩化銀にアンモニア水を加えるとジアンミン銀(I)イオンと塩化物イオンが生じます。その後に白色沈殿が出来るまで硝酸を加えます。
そのときの反応式はどういったものになるんですか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

AgClは白色の沈殿で難溶塩の一つです。これに過剰のNH3を加えると、
AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^- の錯体生成反応が進んで
沈殿は溶解します。ここに強酸であるHNO3を加えていくと塩基である
NH3と中和が進むため、錯イオンが壊れてAg^+は再びCl^-と
結びついてAgClの白色沈殿を作ります。
[Ag(NH3)2]^+ + Cl^- + 2HNO3 → AgCl↓+ 2NH4^+ + 2NO3^-

Qキレート滴定について。

度々失礼します。

キレート滴定の実験で、溶液のpHを緩衝溶液で特定のpH範囲に調整しなければならないのはどうしてでしょうか?
どなたか解る方教えてください。

Aベストアンサー

理由1:金属イオンとキレートが結合する強さ(安定度定数)は、pHによって変化する。
 pHが低いほど結合は弱くなるので、できれば高pH域でやりたい。
理由2:しかし、金属イオンはpHが高くなると水酸化物の沈殿になり、キレート滴定できない。
 水酸化物が出来ないpH領域でなければならない。
理由3:キレート剤は酸であり、金属イオンと結合する際、水素イオンを放出すし、溶液のpHを変化させる可能性がある。
 このため、溶液にpH緩衝性を持たせている。

参考:少し前の質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=857044

Qキレート剤とは?。

キレート剤とはどのようなものなのでしょうか?。
そしてどのようなところに利用されているのでしょうか?。
教えてください。

Aベストアンサー

無電解銅めっき液に関して、キレート剤が関与するのは、銅イオンの可溶化、溶解生の安定化が大きな作用と思います。通常、無電解銅めっき液は、アルカリ性であるため、銅イオンは容易に水酸化物となって沈殿してしまい、めっき液が成立しません。そのため、EDTA(エチレンジアミン四酢酸のナトリウム塩)や、クエン酸、酒石酸などのオキシカルボン酸塩(ナトリウム塩など)を配合して、めっき液を調製します。このままでは、金属が析出しないため、ホルマリンや次亜燐酸塩などの還元剤を使用して金属を析出させます。
また、アンモニアは、銅イオンと容易に結合し「銅アンモニア錯イオン」を作り、めっき液に重要なファクターとなっています。アンモニアは、キレート剤、pH緩衝剤の両者に有効に働いていると思います。
キレート剤には、広い意味があるため一言での説明は難しいです。
一般的には、可溶化、安定化作用を利用して、溶液の調製に使用されますが、ある種の金属と特異的に結合する性質を持つ物は、沈降剤(排水処理など)、金属回収(キレート樹脂による交換など)に利用されています。
また、金属イオンと結合し(錯体を形成)することにより、元の金属の特徴を変化させることが可能となるため、電気メッキにおいても合金メッキに利用されています。この場合は、析出電位が大きく異なる異種金属の析出電位を近づける事が可能となり、合金皮膜として析出させることができます。また、めっき液の金属溶解安定性を維持することにも寄与しています。
回答になっていなかったらごめんなさい。参考になったでしょうか?                           

無電解銅めっき液に関して、キレート剤が関与するのは、銅イオンの可溶化、溶解生の安定化が大きな作用と思います。通常、無電解銅めっき液は、アルカリ性であるため、銅イオンは容易に水酸化物となって沈殿してしまい、めっき液が成立しません。そのため、EDTA(エチレンジアミン四酢酸のナトリウム塩)や、クエン酸、酒石酸などのオキシカルボン酸塩(ナトリウム塩など)を配合して、めっき液を調製します。このままでは、金属が析出しないため、ホルマリンや次亜燐酸塩などの還元剤を使用して金属を析出さ...続きを読む

QEDTA

EDTAのpH は8.0以上だと使えないのですか?

Aベストアンサー

何に使うのかはわかりませんが、キレート滴定に使うのならならpHが高くてもOKです。

カルシウムイオンの滴定なんかはpH12位で滴定してます。

ただ、滴定する(2~4価の)金属イオンがpHが高いときに、水酸化物となって沈殿してしまうことには注意が必要です。

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Q錯イオンについて

主に遷移元素が錯イオンを形成する理由と、錯イオンが特有な色を呈する理由を教えてください。一応化学系の大学1年生です。

Aベストアンサー

順番に説明します。
まず錯イオンを知ってますか?
錯体のうちで正電荷あるいは負電荷を持つものです。
よく耳にするのはは[Co(en)3]3+で
このコバルト錯体は三価の錯イオンといいます。
それに対して電荷を持たない錯体、
例えば[PtCl2(NH3)2]は電荷を持たない錯分子と
呼ばれます。
このように錯体は大きく2つに分類されます。

さて本題ですが、遷移金属が錯体(電荷を持てば錯イオン)を形成するのは軌道の重なりうんぬんの話が
絡んできますが、
基本的には原子の孤立電子対が金属に配位する
と考えてください。
あくまでも基本ですので、例外はあります。
金属によって取ることができる配位数が違いますので
注意が必要です。
よって孤立電子対を持ち、さらに電荷を持つ様な
配位子が金属に配位すれば、
あるいは電荷のない配位子のみが配位して
金属の酸化数のみで
錯イオンが形成します。

次に錯イオンが特有な色を呈する理由です。
前提として前述のとおり、
錯イオンは錯体の分類の1つです。
よって錯イオンのみではなく錯体すべて、
錯分子も特有な色を示します。
さてその理由ですが、
金属と配位子との電子のやりとりによって決まります。
特徴的な1つがd-d遷移というもので、
そのエネルギーによって色の吸収波長が大きく変わり
目に見える色が変化するのです。
よってその色は金属と配位子の組み合わせ
によって様々に変わります。

もし興味があれば一度詳しく本を
読む事をおすすめします。
取っつきにくいですが、一度理解してしまえば
様々な色を扱える化学として、とてもおもしろい
分野であることがわかりますよ。

順番に説明します。
まず錯イオンを知ってますか?
錯体のうちで正電荷あるいは負電荷を持つものです。
よく耳にするのはは[Co(en)3]3+で
このコバルト錯体は三価の錯イオンといいます。
それに対して電荷を持たない錯体、
例えば[PtCl2(NH3)2]は電荷を持たない錯分子と
呼ばれます。
このように錯体は大きく2つに分類されます。

さて本題ですが、遷移金属が錯体(電荷を持てば錯イオン)を形成するのは軌道の重なりうんぬんの話が
絡んできますが、
基本的には原子の孤立電子対が金属に配位する
...続きを読む

QCV法による錯体の安定度定数(生成定数)の決定について

現在学生で、化学の勉強をしています。今度4年に進学し、卒業研究で錯体についての研究をやることになったんです。
それで錯体の安定度定数の測定と決定をCV法を使ってやることになったのですが、酸化還元電位の測定から、錯体の安定度定数の決定ができるようなのですが、そのやり方がよくわからないのです(>_<)
特に熱力学的に、電位の測定から平衡定数への数学的な結び付け方がわかりません。また具体的に、得られた実験値からその式をどのように活用して、平衡定数を算出したら良いかもいまいちわかりません(>_<)
もし知っている方がいらしたら、教えていただけたら助かります。また分かりやすい参考書などがあったら教えていただけたらとってもありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前回は多少突き放しましたが、やはりとっかかりは必要でしょう。
他の文献を探していたら偶然、次のページにあった文献。(爆)
Cyclic voltammetric analysis of pH-dependent complex formation equilibria in anion coordination chemistry
Talanta, 1995, Vol 42, 1663-1673
A.Domenech, E.Garcia-Espana, and J.A.Ramirez.
Univ. of Valencia.
内容は[Fe(CN)6]4-、[Co(CN)6]3-などとポリアミノ配位子との付加平衡のpH依存性から錯体の安定性を論じたものです。多少、数式がメンドイので(高等数学は一切無い)、全部は読んでません、悪しからず。
"Talanta"は有名な分析化学の雑誌なので近くで手にはいると思います。
<(_ _)>

Q溶解度積について

溶解度積定数の一覧みたいなのはどの本を見たら書いてあるのでしょうか?
HPでも結構です。
私が知りたいのは、2価と3価のFeとPO4、HPO4などのリン酸についてです。
いろいろ調べてみたのですがわかりませんでした。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お探しのデータが出ているかどうかは分かりませんが,こちらの過去質問に出ている本は如何でしょうか。

 ・http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=505030
  QNo.505030 溶解度のデータベース

 「化学便覧」は化学系の学部がある大学なら,必ず図書館にあると思いますよ。

参考URL:http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=505030


人気Q&Aランキング