ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

誘電体に電磁波を通した時の波長の変化について教えてください。
誘電率短波長効果とうものがあるらしく、誘電体を電磁波が通過すると電磁波の波長は短くなるそうなのですが、どうしてそうなるのかを解説していただけないでしょうか?
誘電体に電磁波を通すと電磁波のエネルギーが吸収された分振動数は小さくなり波長は長くなると思っていたのですが…
波長が長くなるのか短くなるのか、どうしてそういえるのか専門家や詳しい方教えていただけないでしょうか。
どうかよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#3です。



ごめんなさい式を思い切り間違えています。


波長λ=c/(n×f)

f:振動数、n:屈折率、c:真空中の光の速度

です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

walkingdicさま

詳しい解説ありがとうございました。
誘電率短波長効果ではありませんでした、誘電率のもつ波長短縮効果と記述してあり私の間違いでした。
すいませんでした。
誘電率の大きい物質=n>1となるような物質では
波長λは短くなるのですね。

お礼日時:2008/05/28 15:33

誘電率短波長効果....というのは聞いたことがありません。


でも誘電体の中を通る光の波長が短くなるのは別に普通です。
(逆に長くなる現象が特殊事例です。最近注目されています。)

波長λ=f/(n×c)

f:振動数、n:屈折率、c:真空中の光の速度

という関係式を見れば、n>1となる誘電率の中ではそれだけ波長が短くなるのは自明のことです。
    • good
    • 0

理想的な誘電体なら、損失が無いので、エネルギーの吸収は起きません。


波長の短縮は、誘電体や磁性体中では伝播する電磁波の速度が遅くなることによります。(で、どうして遅くなるかは、私にはうまく説明できないので、、。マクスウェルの方程式から波(平面波)の伝播速度出すと、そうなるのではありますが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

foobarさま

『理想的な誘電体なら、損失が無いので、エネルギーの吸収は起きません。』なのですね。
私の考えが違っていたことがわかって助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/28 15:28

波長は変わります



誘電体によって変わるのは・・・電波が進むスピードです

真空中の波長は
λ(m)=3×10の8乗(m/s)÷F(Hz)

したがって誘電帯の中では電波の速度は遅くなるの
周波数は同じでも波長は短くなります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nrbさま

早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/28 15:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誘電率の周波数依存性

物質の誘電率がある特定周波数と共振して急激に増加する
という現象はありますか?
また、それに関する情報を教えていただけたら幸いです!

Aベストアンサー

あります。

http://hr-inoue.net/zscience/topics/dielectric1/dielectric1.html

Q誘電率(ε)と誘電正接(Tanδ)について教えてください。

私は今現在、化学関係の会社に携わっているものですが、表題の誘電率(ε)と誘電正接(Tanδ)について、いまいち理解が出来ません。というか、ほとんどわかりません。この両方の値が、小さいほど良いと聞きますがこの根拠は、どこから出てくるのでしょうか?
また、その理論はどこからどうやって出されているのでしょうか?
もしよろしければその理論を、高校生でもわかる説明でお願いしたいのですが・・・。ご無理を言ってすみませんが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

電気屋の見解では誘電率というのは「コンデンサとしての材料の好ましさ」
誘電正接とは「コンデンサにした場合の実質抵抗分比率」と認識しています。

εが大きいほど静電容量が大きいし、Tanδが小さいほど理想的な
コンデンサに近いということです。
よくコンデンサが突然パンクするのは、このTanδが大きくて
熱をもって内部の気体が外に破裂するためです。

伝送系の材料として見るなら、できるだけ容量成分は少ないほうがいい
(εが少ない=伝送時間遅れが少ない)し、Tanδが小さいほうがいい
はずです。

Q誘電率と導電率

誘電率と導電率を求める式を教えてください。実際にどのような測定値があればよいのでしょうか?教えてください。実験で液晶(MBBA)の誘電率と導電率を測らないといけないのですが、MBBAの誘電率と導電率はだいたいどれくらいなのかも知っていれば、教えてください。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは如何でしょうか?
但し、誘電率については・・・??

ご参考まで。

参考URL:http://liqcryst.chemie.uni-hamburg.de/lcwww/lc_12103.htm#ref1845

Q真鍮など金属の誘電率について

この前も同じような質問をしましたが、
金属の誘電率が分かりません。
どうやら、形状、周波数など色々なパラメータが影響するらしいのですが、
そこら辺も素人なので、よく分かりません。
以前、質問したときには、分厚い本があるそうなんですが、
それも調べたのですが自分の大学にはありませんでした。
どうしたらいいか困っています。何か式や必要な条件があれば教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

アドバイスまで
「金属の誘電率が分かりません。」というご質問ですね。
金属の場合、一般には磁束の通りやすさということで透磁率(μ)や非透磁率(μr)のデータがあるのではないでしょうか。
透磁率が解れば誘電率εは、以下の計算できますね。金属中でも電波の伝送速度は光速度ですから、
1/√(μ・ε)=C:光速度=一定
金属の場合は、透磁率(μ)=非透磁率(μr)×真空の透磁率(μ0)です。
誘電率(ε)は、誘電率(ε)=非誘電率(εr)×真空の誘電率(ε0)です。
だから、金属の非透磁率(これは係数です。)データがあれば、誘電率(ε)は、(ε0/μr)で一義的にでますね。
ということで金属の誘電率はあまりデータがないのではないかと。
逆に金属の透磁率データを探されるとよいと思います。たくさんあるはずです。
参考になれば。

Qインピーダンス不整合により反射が起きるのはなぜですか?

高周波関係の本を読んでいるとインピーダンス不整合により反射が起きるというようなことは大抵書かれているのですが、具体的になぜ反射が起こるのでしょうか?
インピーダンスの違いで現れてくるのは、振幅と位相だけですよね?
これでなぜ反射が起こるのでしょうか?

どこかで光が異種の物質の界面で反射を起こすようなものであると書かれていたのですが、反射というものは異種の物質に対してある角度をもって入射しないと起きないため、少し違うのではないのでしょうか?

どなたか詳細な原理を教えて下さい。

Aベストアンサー

まあ、普通に、回路の微分方程式をたてて、式を追って行けばそうなるんで、なぜ、というのは難しいわけですが。

アナロジーとしての、光の反射はあんまりよくないような気がします。
(ナイーブな意味での)電流は1次元の銅線の中しか通れない(束縛されている)ので、3次元どこでも行ける光とはちょっと違います。

10mくらいある長いスプリングを考えます。さらに、柔らかいスプリングと硬いスプリングをつなぎあわせたものを考えます。で、例えば、柔らかいスプリングの端を前後に振って縦波(別に横波でもいいですけど)を起こしたとすれば、波はスプリングを伝っていきますが、柔らかいスプリングと硬いスプリングの境目で一部は反射して戻ってくるでしょう。

ここで、硬いスプリングといっているのは、つまり、大きな力をかけても、ちょっとしか変位がおきないスプリングのことです。
これは、電気回路の世界でいえば、大きな電圧(電位差)をかけても、電流がちょっとしか流れない(インピーダンスが高い)に相当します。

Q電流の伝搬速度はなぜ誘電率に関係するか

真空中の電場の伝搬速度は透磁率と誘電率に関係しますが、導線中の電流は導線のまわりの誘電率に関係するという記述を見かけます。
なぜ透磁率が出てこないのでしょうか?

Aベストアンサー

透磁率が高いとはどういうことか?
磁性は内殻のd電子が外殻のs軌道の外側に存在できる遷移金属で顕著に現れます。
d電子が電気伝導をになってしまうので、伝導体になります。

電流を流すと動線の外部に磁界を発生します。
回路は電流が循環するために帰還してくる電流との間の空間に電界が発生しています。
この電界と磁界の外積がポインティングベクトルとしてエネルギー伝達を担います。

この時磁性体は伝導体であるために電界は発生しないと考えれば、
空間を伝搬するポインティングベクトルが電流伝播を決めます。

「空間に磁性を担うものは存在しないと考える」という暗黙の了解があるので、
周囲の誘電率が電流の速度を決めることになります。(この時、伝播には誘電率と透磁率が関係しているのですが、周囲材料によって誘電率が変更可能であるためこういう書き方になる)

つまり、
「電流の伝搬速度はなぜ誘電率に関係するか 」
は「比誘電率に関係する」と書き換えればいい。

Q空気の誘電率について

タイトルそのままなんですが・・・
さまざまな物理学の本やインターネットで調べても、
空気の誘電率についてよく理解することが出来ませんでした。
空気の誘電率とは、いくつなのでしょうか。

Aベストアンサー

誘電率は通常、真空中のε0に対する比率εsで表し比誘電率と呼びます。
電気工学ポケットブックによると比誘電率は
 空気:1.00058
 水 :81
 アルコール:16~31
 マイカ :2.5~6.6
 ガラス:3.5~9.9
だそうです。

Q波長短縮率が70%弱になるのは何故でしょうか?

大学の授業で分布定数回路について習ったのですが。
同軸ケーブルの波長短縮率が何故70%弱になるのかいまいち理解できません
参考書等でも調べてみたのですが中々納得できるものが無かったの教えてください。

Aベストアンサー

線路波長=自由区間波長/√ε

したがってポリエステルだから
約66%

なんでって実験の結果こうなるだけのはなし
でこの式ができたんだから

何故って実験の結果で自然の法則を式にしただけのことです 

Q電磁波の周波数と透過性

(1)「電磁波エネルギーは周波数に比例し、周波数が高いほど透過性が高くなる」
とも聞きますし、
(2)「波長の長い(周波数の低い)電波は多少の障害物があっても進行する」
(3)「低い周波数は身体内部に浸透し、高い周波数は体の表面で吸収される」
とも聞きます。
(1)と(2)(3)は正反対のように見えますが、どう理解すればよいのでしょうか。
物理学は素人なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4です。「お礼」に書かれたことについて。

>電磁波の影響がそれを受ける側の構造と関係する場合があるということは、「周波数の低い方が深くまで入る」というのは一律には言えないということになるわけですか。

 そういうことだと思います。波長と物質との相互関係の起こしやすさというファクターによるものだと思います。

 例えば、電子レンジ、電磁調理器などを考えてみてください。電子レンジで加熱できるもの、できないもの、加熱しにくいものなどの違いを考えてみてはいかがでしょうか。電子レンジは、まさしく「水分子」に働きます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8

 また、「晴れている空は青く見える」とか「海は青く見える、地球は青い星」とか、夕焼けや夕日は「赤く見える」とか「虹は七色」というのは、それぞれの光の波長と「空気中の塵」「空気中の水蒸気」や「海水中の散乱物質」といったものとの相互作用で起こります。どのような現象かによって、関連する波長が異なるということです。こんなものも、調べてみてはいかがでしょうか。

No.4です。「お礼」に書かれたことについて。

>電磁波の影響がそれを受ける側の構造と関係する場合があるということは、「周波数の低い方が深くまで入る」というのは一律には言えないということになるわけですか。

 そういうことだと思います。波長と物質との相互関係の起こしやすさというファクターによるものだと思います。

 例えば、電子レンジ、電磁調理器などを考えてみてください。電子レンジで加熱できるもの、できないもの、加熱しにくいものなどの違いを考えてみてはいかがでしょうか。電子...続きを読む

Q逆Fアンテナの短絡部について

右の図のような逆Fアンテナというアンテナがありますが、これは
(1)から給電して、(2)は導体板にショートしますよね、      ━┳┓
すると(1)と(2)が直接つながったような閉ループができます。   (1)(2) 

これは家庭用コンセントの2つの穴に針金を突っ込んだ
のと同じに思えてなりません。

なぜ、逆Fアンテナは火花が飛んだりしないのですか?電源に負担はないんですか?
放射原理が全くわかりません、どうか教えてください!

私はアンテナについて勉強し始めたばかりの学生で理解できないことばかりです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1→2のところは、波長に対して無視できないほど長いので
単純にショートをした事にはなりません。
コンセントでたとえてみれば、トランスが接続されたイメージになります。

さて、アンテナを放射するものと考えると分かりにくくなります。
「場」を作るものと考えてください.
つまり、空間にエネルギーのある場を作り、
それを非常に早く変化させる事で
波を放出するのです。

逆Fでは、2~先端 がその場をつくるためのエレメントとなります。
で、2の点はアース(0Ω)です。先端は開放端(∞Ω)です。
このエレメントにエネルギーを与えるのであれば、適度な
抵抗がある場所が良いですから、
中間点(1)に給電してやります。

実際は、先端~2の1相電流と、1~2の零相電流で
空中線は解析されます。
ここらへんは良く教科書に載っている
折り返し給電線の解析例を参考にしてください.


人気Q&Aランキング