「音楽」とは違い、「絵画」は接する頻度が人によってとても違う様に思います。

「楽器を演奏出来たらなー・・・」という願望は良く耳にしますが、「絵」に関しては、その希望すら「私、絵心無いから・・・」と、浮かぶ様子もありません。。。

これはとても残念な事ではありますが、皆さん距離こそ感じるものの、何処かで「良いな」と思っていると願いたいです。

そこでご質問ですが、「絵がまったく描けない。苦手。」という方、もしそうした「絵心」「技術」が何らかの作用によって備わったとしたなら、一番描いてみたいものは何ですか?
パッと思いつくあなたの「絵」を教えて下さい。

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

絵が下手どころか、まっすぐ線を引くことさえ困難な、不器用な私なのですが。



私は、ずっと青い空を描きたいと願っています。
海を知らない人も、お金持ちも貧しい人も、持てる宗教の異なる人々も、
また、今泣いている人も笑っている人も、青空を知らない人はいないでしょう?

目の見えない人は?と聞かれれば、「いいえ、目の見えない方は、私たちの見ているこの空よりもっと広く青い空を知っています。」
と答えます。

青い空の絵。

私に絵心が少しでもあれば、見た人の心を大きく揺さぶる、
あたたかく懐かしいような、また寂しくなるような嬉しいような、そんな青い空を描きたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もうcomeundoneさんの絵を見せて頂いた気持ちですよ。

多分私のこの質問に対してご自身が「絵」を思い浮かべる様にして書いて下さったのではないでしょうか。

始め見た時はドキリとしました。
とても「剥き出し」なんですよね。
私に「描きたい絵」をなんとか伝え様としているのがこの文面からは分かります。

そしてそれは「絵」を描く時の「衝動」「熱」と同じなんですよね。。。
自分の想いを「剥き出し」にしないと「絵」は描けないと思っています。

なんとか自分の中の「風景」を、comeundoneさんにとっては「青い空」を、私に見せてくれようとしているのが分かって「切なく」なりました。

この「切ない」とは「悲しい」という様な意味では無く、comeundoneさんも表現に困っている、「あたたかく懐かしいような、また寂しくなるような嬉しいような」感情です。

「青い空」で私は以前訪れたスペインの空を思い出しました。
気温は高かったのですが空気が日本とは違い湿度が低く、とても爽やかな気候でした。
そんな空気を通して見る青空は本当に「真っ青」で、自然とヨーロッパの絵画や街の色を理解しました。

そして同じヨーロッパでも、パリの空港に着いた途端、雨の所為もあり、雲っていて(別に悪い印象では無いんですよ)なんだか日本が懐かしくなりました。
パリは晴れていても大都市の空気だからでしょうか、東京にとても似ていました。

comeundoneさんがおっしゃる様に、空は誰の中にも在るものですね。
その生まれた土地、育った土地で、その視界の半分に無意識に入り込んでいます。まるで人の寝ている時間の様ですね。

それが「その個人」を知らずに創りあげています。
「あたたかく懐かしいような、また寂しくなるような嬉しいような」
そんな土地土地の「人の気持ち」を創っていますよね。

あなたの絵を見せて頂いて嬉しかったです。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/29 23:20

怪物くんの絵。


小学校2年生の頃、工藤君が怪物くんの歌を歌いながら絵を描いていました。
色々な表情やタッチをとてもスラスラ書いていたので私も簡単に出来るのかなと思いやってみましたが
全然ダメ。その絵をもらって家に帰って何回も練習しましたがいくらやっても全然ダメでした。
そのとき人生で初めて挫折と持って生まれた人間の才能の違いを認識しました。
だからあのときの工藤君みたいに歌を歌いながらスラスラっと書いてみたらどんなに気持いいかを実感したいです。

この回答への補足

この場をお借りして皆さんにお礼を申し上げます。

ちょっと早い締め切りとは思ったのですが、内容が私にとってとても深いものであり、それに対してお礼文を書いているうちに、とても感じ入ると共に、真剣が故に神経を使い過ぎる・・・と思いました。。。

今回皆さんのお答えを読ませて頂いていて、本当に「絵」を描いていらっしゃるかの様な回答ばかりで驚きました。

同時にそのデリケートさにとても安易にお礼を書いて行く事が出来なくなって来た様に思います。

それは始めての体験でしたし、とても興味深く嬉しかったです。

そして週末が近づき(笑)、もし馬鹿にしたようなくだらない回答が付くのは耐えられないとも思いました。
(そうした回答を付けやすい質問でもあると思うんですよね。。。)

それが嫌なぐらい、今回の皆さんの回答は私にとってデリケートだと思います。
本当に皆さん「絵」を見せて頂いた様でしたよ。。。

私としては「グループ展」を開いた様な感覚です。
そこにくだらない輩は入って欲しくありません。

グループ展成功の打ち上げをしたい気分ですが、私は皆さんのパッションに突き動かされ、仕事をしなくてはいけない!と強く揺すられています。
ですのでそれは個々でという事で・・・(笑)。

今回は本当に良い絵を見せて下さってありがとうございました。

補足日時:2008/05/30 00:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり皆さん「絵」を描く様に書かれるものですね。。。
とてもその「気持ち」が伝わって来る気がします。

今回こうした質問をして本当によかったと思います。

もしbizilakeさんに実際に絵を描いて頂いたら、凄く自然な線を描かれる様な気がします。
頭で考え過ぎてしまう人には絶対に描けない線を描きそうですね。

そしてそうした線を昔、工藤君の絵に見たのでしょうね。

「歌を歌いながらスラスラと描く」ことが「気持ちいい」と自然に感じたその時の様子が、短い文章からちゃんと伝わって来るのがとても不思議です。

「工藤君が描いた絵をもらって家で何回も練習した」というそのbizilakeさんの「ひとり」の情景がとても・・・なんていうか、#10の方にも書かせて頂きましたが、「切ない」んです。

「切ない」という言葉は私の好きな日本語ですが、この「切ない」はいわゆる「悲しい」とは違って、心の奥がムズムズする何とも言えない感情なんです。

嬉しいくて、悲しくて、懐かしくて涙が出て来て・・・という震える感情なんです。。。

上手くお伝え出来なくて申し訳ないですが、これは多分一人一人の言葉があるのだと思います。

そうしたbizilakeさんの「情景」つまり「絵」を見させて頂いた気分です。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/29 23:47

絵心があれば、その手1本で人を幸せにしたり和ませたり、色々できて羨ましく思います。



もし私に絵を描く技術があれば、警察で似顔絵を描く人(←正式名称はわかりません)として、犯人逮捕に役立ちたいです。
ニュースによれば、まだまだ数が少なく、必要とされている役職だそうです。

今全く絵心がないので、仕事として絵が描けたらなと思うのですが、本当に絵が上手だったら、仕事にまでせずに自由に描きたいと思うのでしょうね・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。。。

絵は音楽と同じで、時に人の心にとても大きな影響を与えますよね。
その力は時に自らの破滅をも代償にもする程です。

ですがおっしゃる様な「音楽」や「絵」の楽しみとしての側面を私は最近改めて学んでいます。

時に頭でっかちになりがちなのですが、紙の端に描いた落書きを「いいね」なんて言われると、「ああ・・・」と思います。

この「ああ・・・」を言葉にするのはなかなか困難ですが、kakashi200さんが感じておられるもの、そのものという気がします。

「警察で似顔絵を描く人」は何と言うんでしょうね?
モンタージュ刑事(デカ)?(笑)

あの職業も特殊な技能がいるそうですね。
ですのでなかなか育成が難しいのでしょう。。。

以前ドキュメントでそうした実験を見ましたが、やはり「その方」が描くと似ていました。
これはモンタージュ刑事(デカ)も伊達では無く、それなりの経験を積んだ「ベテラン」になる必要があるんでしょうね。。。

>本当に絵が上手だったら、仕事にまでせずに自由に描きたいと思うのでしょうね・・・。

これに関してはなんとも・・・私はさぼり屋ですし、未熟者ですのでお答えに苦しんでしまいます(笑)。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/29 22:06

花瓶に入った花を描きたいです。


http://www.geocities.jp/hiro_ya_i/dorama/ishidat …
私の「教えてgoo」初の質問がこれでした。
「気になる嫁さん」のタイトルバック

手品を見ているみたいじゃないですか?

もうひとつ、ご存知でしょうか?ボブ・ロス氏
http://homepage3.nifty.com/bobbob/bobross.html

「ハイ、4号の筆にプルシアンブルーを少しつけて
 空を描いていきましょう、
 あなたの思ったとおりに描けばいいんです
 次に、木を描きます。 
 何本でも構いません、思った通りでいいんです。ネ、簡単でしょ」

思い切って画材購入!・・・しようかな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白いですねー。
こんな風に次から次に色を乗せて行けて完成するととても楽なんですけれど(笑)。

mort1759さんの始めての質問も気になって見させて頂きました。。。
とても印象に残っていたんでしょうね。

確かにインパクトがありますよね。
ドラマはあまり見ませんが、昔の方がこうした面白いアイデアが許されていた感じがします。

ボブ・ロス氏、知っています(笑)。
名前は覚えていませんでしたが、これもインパクトありますよね。
どこのチャンネルでやっていたんでしたっけ。。。

その独特の吹き替えが絶妙でしたね(笑)。

「じゃあ、ここに池を描いてあげましょう。風が波を静かに立てていますね。。。ここにはボート。今日の獲物は大きなニジマスだぞ。なんていう声が聞こえてきそうですね・・・」

ずっと喋りながら、筆は凄いスピードでどんどんキャンバスにその風景を生み出して行くんですよね。

確かにびっくりしますよね(笑)。

この二つのお話を読んでいて、ジミ・ヘンドリクスというギタリストのあるビデオのオープニングを思い出しました。

一人の男がフラッと出て来て、路地の壁にペンキをモップで塗り始めるんです。

ジミの猛烈なギターに合わせて、手に直接ペンキを付けて壁を叩いたり、段々と激しくなっていき、最後にはモップが折れんばかりに叩きつけて・・・そこには見事なジミの演奏している絵が出来ているんです。

ボブさんの様にある種特殊な訓練がいるのでしょうけれど、その何も無い所に絵がどんどんと生まれて来るのはとても面白かったです。

今でも何処かで見られるのかな・・・?
もし機会があったら見てみて下さい。

>思い切って画材購入!・・・しようかな

是非チャレンジして下さい!
あまり早々に「ボブ嘘付くな・・・」とはならないで下さいね・・・(笑)。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/29 21:43

対象物は思いつきませんが、高く売れる絵が描けるといいな。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

これはまたストレートかつある意味とても重要な事ですね。。。

「絵」というものをそうした「価値」に置き換えるという事に、絵を描く方は多少の違いこそあれ、ある「抵抗感」を持ちますが、「絵描き」である上でとても重要な事であるとも思えます。

私自身この問題で今でもとても悩みますし、「社会と自分」という事を思う時、とても考えさせられるものですね。。。

あの有名なゴッホは生涯で親戚から買って貰った一枚しか絵を売る事が出来ませんでした。
しかし彼はとても自分の「絵」を売って「絵描き」として暮らしたかったんですね。
そうした、「パン屋」はパンを売り、「肉屋」は肉を売り、「絵描き」は絵を売って生計を立て、ごく普通に彼は暮らしたかったという部分があったと思います。

今では彼の「絵」はとてつもない値段で売買され、「芸術家」として名を残していますが、それは彼がこの世から居なくなってだいぶ経った後の事です。

そんな有名なゴッホですが、彼はとても「普通に生きて行きたい」という気持ちをずっと持っていた様なんですね。。。
「自分」というものを「評価」してもらい、その「自分が描いた絵」を売って生きて行く。
そんな当たり前をただ欲していたのだと思います。

ある種特別視される「絵描き」というイメージに、私はもたれそうになりながら、「自己嫌悪」も覚えます。。。

普段からとても悩むテーマだったので熱く入り込んでしまいました。すみません・・・(笑)。

そうですね。
とても明快なお答えと思います。
私も高く売れる絵を描きたいです!

ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/29 19:05

ANo.3です。

お礼のところに車を改造されてるのですか?との書き込みがあったので、そこの回答を書きます。
はっきりいって免許すら持ってません。カタログのみ大量に所蔵です。なので多分質問者さん以前の問題かと…。
あともうひとつ。ケインズの特徴はひげではなくて眉毛(三角形の形をしてます)だと思います。ひげが特徴的なのは経済学者のマルクスです。あのもじゃひげは書くの大変そう…。経済学の父ことアダム・スミスは、横顔だったことしか思い出せません。普通に話してるときにケインズやマルクスやアダム・スミスが出てくるとは想いませんが、どんな人と聞かれたら、上記のように答えたら、いいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足ありがとうございます。

私も免許を持っておりません。
しかしau-W52SHさんは本当に車が好きなんですね。。。
大量のカタログはいつか購入を夢見て・・・という事なのでしょうか・・・。

そのカタログが購入の具体的なものでは無いと言われるのでしたら、それもとても良く分かります。

私も車では無いですが、カタログは大好きなんです。
アウトドアの物、ギターの物、カメラ等、とてもワクワクしますよね。

以前友達のバイク購入に付き合った際、購入の予定も無いのにカタログだけ大量に貰って来ました。
車やバイクなどは、そのフォルムにとても美しい「機能性」が見られますよね。。。
カタログなのでより一層そうした魅力をイメージ化してあり、写真集の様な豪華な装丁がなされているものも見られます。

au-W52SHさんの「車」に対するイメージが普通の方よりも、より「その物自体の美しさ」「形」に魅せられるという感じから、とても「絵」にしたいという気持ちが伝わって来ました。
それこそ「絵の魅力」なんだと思います。

>ケインズの特徴はひげではなくて眉毛(三角形の形をしてます)だと思います。

あれ、そうでしたか・・・。
イメージ検索したらなんだか「髭のおじさん」の様だったので。。。
「マルクスさん」・・・。

・・・(検索中)・・・。

ああ(笑)、これはもはやライオンですね。
私はあごひげともみあげが繋がらないでちょっと憧れる所がありますが、さすがにこれは・・・(笑)。

二度も回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/05/29 18:35

^m^で(;´Д`)ハァハァ・・・な絵ですお(^ω^)


ついでにそれが実写になれば最高ですお(^ω^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

単に(;´Д`)ハァハァ・・・では無く、^m^なところがとても「絵」に於けるエロス(でいいんですよね・笑)の表れを思いました。

そうですね。
センセーショナルであったマネの裸婦像から現代のアキバの「萌え絵」まで、とても興味と「エロ」の衝動が尽きません。。。

「性」は「生きる心」と橋本治氏は表現しています。
私の中でもとても重要で興味深いテーマです。
marukajiriさんも日々追い求めていらっしゃいますよね(笑)。
良くお見かけします。

>ついでにそれが実写になれば最高ですお(^ω^)

これも一見すると空想の世界ですが、何処か現実となりそうなこの頃ですよね。

筆の跡も許されなかった中世の絵画と、コンピュータを駆使した「美麗」を追い求める「萌え絵」に不思議な共通点を発見するのは少し飛躍し過ぎでしょうか・・・。

常に「絵」は描き手、鑑賞者の想像をかき立て、なんとかその欲求を形にしようと模索を続けます。
ある日その「表現方法」がそうした現在の「絵」という殻を劇的に壊す時が来るかもしれませんね。。。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/29 18:09

一番描いてみたいもの…母親か彼女かな。


もしくは、日本の原風景(雄大な山々や、農漁村とか)

大画家と呼ばれる人って、必ず母親や恋人の絵があったような…(少ない知識で申し訳ない)
それに、日本人である以上、日本の美しい風景は一度描いてみたいですね。
富士山でもいい、阿蘇のカルデラでもいい、北海道の地平線でもいい。
もしくは、名前も知らないような小さい農村や漁村でもいい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ、女性像ですね。。。
ジョコンダ婦人(モナリザ)は有名ですが、多分最も描かれた女性はマリア様でしょうか。。。

凄く分かります。
ただ私は恥ずかしくてなかなか描かないですね(笑)。

でも今回、普段描かれない方の想いを聞いていくと、「描く人」も「描かない人」も、「絵」に求めるものが同じだと言う事が良く分かりますね。。。

何故「絵」が注文され、描かれ、珍重されて来たのかが何となく分かる気が致します。
「特別な何か」が封じられる様な感じがしますね。。。

そして自然豊かな日本の風景も、そうした「特別」を漂わせていますよね。。。
「絵」にする事によって、日本人として「普段見ている」「当たり前としている」風景を、何か「自分の大切なもの」としてぎゅっと手に入れる幸せを感じる気がします。
その大切な一部をいつでも見返す事が出来る幸せですよね。。。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/29 10:36

自動車が好きなので、その車や、改造した車などを書いたり、カーデザイナーになって新しい車などを描きたいですね。


絵心がなくて苦労したこともあるんですよ。
高校生のときの社会のテストで経済学者の「ケインズ」の顔をかけってのがでました。眉毛が特徴的で、少しはげてるくらいしか思いつかなくなってきた…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

思ったよりも様々なお答えを頂戴して嬉しく思います。。。
やはり描かず嫌いを直して頂いて、色々な絵を描いて頂きたいですね。

「車」ですか。
実際に車を改造したりしていらっしゃるのでしょうか?
私は車を持っていないので改造以前なのですが、改造する際にはやはりイメージ画や設計図を描かれるんでしょうか・・・。

「カーデザイナー」も良いですねー。
あんなに贅沢で有機的な室内空間もそう無いと思いますが、それを自分の好きに創造して良いとなったらたまらないでしょうね。。。
それこそ車好きの究極の夢なのかもしれませんね。

経済学者の「ケインズ」さん・・・。

・・・(検索中)・・・。

これは難問ですね。。。そんなには特徴のある顔では無いですよね。
でも逆に髭と頭を描けば先生も下手に×は付けられないですね(笑)。
×を付けられた回答を見てみたいです(笑)。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/29 10:12

オハヨーございます☆



絵はすきなのです^^
でも、技術がないので、「観る専門」です。

さて、ご質問の回答・・・
大好きな「お花」を描いてみたいです。
バラ・マーガレット・ハナミズキ・タンポポ・
ホトケノザ・チューリップ・勿忘草・・・そのほかにもたくさん。

額にもきちんと入れて季節ごとにかけかえます。
殺風景なうちの中が随分見違える事でしょう・・・

<妄想スイッチON>

それから豆から轢いたコーヒーいれて自分の描いた絵を眺めながら
ゆるりとした時間を過ごします♪
ワタシの足元には大きなおりこうさんのワンコが寝そべり、
お行儀のいい息子たちが品よく戯れ、
「お母様、ぼく、学校の中間テスト、全教科満点でした!!褒められました!!」
と報告してくれて・・・

<ブツ!>

あら、誰かスイッチ消しました?
いい加減にしろってですか?
あらら。ゴメンナサイ(^v^;)

コーヒーは何を入れたいかって??
もち、「ベトナム」でしょう・・・(*^m^*)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます(笑)。
失礼しました・・・「教えて」で笑って声が出てしまったのは久しぶりです。。。

ガガコさんって文章からの現実的なイメージよりもずっと、内側に世界を持っている人ですね。

それを文才と言うのかもしれませんが、文章の技術と言うよりも、想像を描写する技術を掴んでいらっしゃいますね。
自己満足だけにならずに、その世界を上手く人に伝えるバランス感覚を持っていると思います。表現に長けています。。。

「花」ですかー。
私も好きですよ。ボタニカルアート。
季節ごとに掛け替えるのも良いですね。

妄想の息子さん達がみんな竹宮恵子の漫画の登場人物の様ですね(笑)。「セルジュ、ジルベール、ロスマリネ・・・ママにお花を摘んで来てちょうだい・・・」

ありがとうございました(笑)。

お礼日時:2008/05/29 09:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画と精神分析との共通するところ

お世話になっています。


映画と精神分析が共通しているところがあるのが、
共通するところがあるとしたら、どこにあるのか、
というより、精神分析と映画とは、同じものではないのか、
という疑問にどなたかお答えください。


下記のようなページをみつけたのですが、
「映画と精神分析は同級生」http://www.akuzawa.net/?p=2031
誕生した時期が同じとの指摘があるばかりです。

ベラ・バラージュの「視覚的人間」(岩波文庫)を読んだときに、
カメラの視線とは、そのまま精神分析による第三者の視点である、
ということが書いてあったかと記憶しています。


私がお聞きしたいのは、
「精神分析を扱った映画」でもなく、
「映画を精神分析で批評する」ことでもなく、
同じ時代に生まれた両者の共通する土俵というか、
思想史的に共通する幹のようなものを教えていただきたいのです。

よろしくおねがいいたします。


Aベストアンサー

いまのわたしたちは映画を見ることがもはやめずらしいものでもなんでもなくなり、映画館で見ることすらまれになっています。そのため、映画が登場したとき、いったいどのような衝撃を人びとに与えたのか、理解することが逆にむずかしくなっています。

けれども、映画誕生からほどない時期のベルクソンの『創造的進化』から始まって、バルトやラカン、ジジェクなど、非常に多くの思想家が映画について、考察し、言及しています。つまり、それくらい「映画」というのは、わたしたちのものごとの見方を根本から変えてしまったものだったといえるでしょう。

それを知るためには、そもそも映画というのはどのようなものなのか、ほかの、たとえば小説や、写真や、絵画とどのようにちがっているのかを、もう一度考えてみることが必要かもしれません。

たとえばベンヤミンは『複製技術時代の芸術作品』のなかで、

「人間の歩行について、大まかにではあれ誰でも説明できるのが、通例だとしても、足を踏み出す何分の一秒かの瞬間の動きについては、ひとはたしかに何も知らない。ライターや匙をつかむおなじみの動作について、ぼくらは大まかには承知しているものの、そのさい手と金属とのあいだに本来どういうことが生じているのかは、ほとんど知らない。まして、ぼくらの心理状態の差異に応じてその点が堂微妙に変化するかなど、分かってはいない。こういうところにカメラは、そのすべての補助手段――パン・アップやパン・ダウン、カット・バックやフラッシュ・バック、高速度撮影や低速度撮影、アップやロング――をともなって、介入してゆく。精神分析によって無意識の衝動を知るように、ぼくらはカメラによって初めて無意識の視覚を体験する」(p.176-177 野村修訳「複製技術時代の芸術作品」 多木浩二『ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」精読』所収)

と、映画による映像というものがどういうものであるか、精神分析とパラレルな関係にあるものと位置づけて、読み解いていきます。

では、どうして映画はこのように

> 精神分析による第三者の視点

として語られるのでしょうか。

このご質問には、以下の文章が参考になるのではないかと思います。

「映画を見るときに、われわれは映画館の闇のなかに座る。すると、われわれの背後から一筋の光が投げかけられて、それが前方のスクリーンに実物大の、いや、それ以上の大きなイマージュを投影する。そして、そのイマージュは、運動するリアルなイマージュであるのだが、しかし現実にはけっしてありえない仕方で断片化されており、その断片がモンタージュされているのである。

 こうしたイマージュの投影の一切は、実は夢に似通っている。つまり、夢が、闇のなかでわれわれの無意識という背後の光源が投影するモンタージュされたイマージュの連なりであるのと同じ構造を映画は備えている。映画とともに人間ははじめて、夢というみずからの無意識の秩序と共延長的なメディアを確立したのだとも言えるのだ。(…略…)

映画を見るとき、われわれは、あたかも無名の誰かの夢を、無名であるがゆえにまたわたしの夢ともなりうるような夢として見るのだ。そこには、夢の分有という無名のコミュニケーション、ほとんど神話の生誕にも比すべき、無名の共同性の出現がある。すなわち、映画が夢であるとしても、その夢は、現代の社会におけるある種の共同性に裏打ちされた神話性の誕生としての夢なのである。」(p.118-119 小林康夫「映画」『哲学の木』所収)

以上、何らかの参考になれば幸いです。

いまのわたしたちは映画を見ることがもはやめずらしいものでもなんでもなくなり、映画館で見ることすらまれになっています。そのため、映画が登場したとき、いったいどのような衝撃を人びとに与えたのか、理解することが逆にむずかしくなっています。

けれども、映画誕生からほどない時期のベルクソンの『創造的進化』から始まって、バルトやラカン、ジジェクなど、非常に多くの思想家が映画について、考察し、言及しています。つまり、それくらい「映画」というのは、わたしたちのものごとの見方を根本から変え...続きを読む

Q宮本武蔵は武道の達人だけでなく、書道や絵画の達人でもあった。というのは本当ですか? 宮本武蔵の絵や

宮本武蔵は武道の達人だけでなく、書道や絵画の達人でもあった。というのは本当ですか?

宮本武蔵の絵や書を見てみたいです。

残ってますか?

あと宮本武蔵の武道の流派はどこですか?

海外では宮本武蔵は日本のレオナルドダビンチだと言われています。

何でも出来たという意味です。

Aベストアンサー

琴棋書画は、武士のたしなみ。

 江戸時代は、朱子学(中国)の教えで成り立っていますから、当然と言えば当然。

※武士以外の9割は、文字も読めなかったわけですから。

Q精神分析医と精神科医の違い

こんばんは!
ふと気になったので質問します。
精神科医と精神分析医の違いは何ですか?
精神科医はpsychiatrist といい、精神分析医は analystと言いますよね。よく、洋画などで見るカウンセリングを受けているシーンは分析医なんでしょうか?
「アナライズ・ミー」(ロバート・デ・ニーロとビリー・クリスタルが出演)はビリー・クリスタルは精神分析医ですよね?
「グッド・ウィルハンティング」のロビン・ウィリアムズは精神科医ですよね?
「Mr.and Mrs.Smith」のは精神分析医ですよね?

日本では、精神分析医とあまり聞かないのですが、これは精神科医ということなのでしょうか?日本には精神分析医はいないのでしょうか?

この二つの職業、どう違うんでしょうか?

Aベストアンサー

http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch098/ch098d.html

Q男性へ質問。携帯メールでの絵文字使用頻度について

こんにちは。

私は、最近気になる人とアドレス交換し、メールをはじめました。
その彼からのメールなんですが、絵文字がたくさん使われてるんです。
嬉しい反面、慣れてるっていうか、ちょっと悪いように感じてしまって。。。

出会い系とか、他の女の子とかと、メールしまくってるのかなーなんて思ってしまいます。

男性でも絵文字はそこそこ使うとは思うんですが、彼からのメールには、まるで女の子からのメールかのように絵文字がいっぱい入ってるので、なんか、一生懸命書いてくれたって嬉しいような気もするけど、絵文字を使い慣れてる感じがして嫌だなぁという気もするし、微妙です。

男性のみなさん、絵文字はどの程度使用しますか?

Aベストアンサー

 こんばんは。私は結構メール好きです。一日に一人の友人と20通とかやりとりしたりします、この年で。(ちなみに32♂です。)

 でも、顔文字は好きなんですが、絵文字は頑張って使って4~5個位でしょうか?

 ただ、絵文字が多いからといって、別にたくさんの女の子とメールしなれているから・・・というのは直結しないような気がします。

 前の彼女がと~ってもメール(絵文字)好きで、移ったとか。

もしかしたら、質問者様の為に一生懸命本とかサイトとか参考にして、超頑張っている可能性もあるかもしれないし・・・

 出会い系・大勢の女の子とのメール疑惑は、これからの彼を知っていくうちに判断してみては如何でしょうか?

 せっかく気になる人とメール交換してるんですから、自分から疑心暗鬼になったら楽しくないですよ~!

 もっと時間もメールも使って、それから判断していけばいいじゃないですか!

 でも、絵文字いっぱいの男性からのメール見てみたいですね、今後の参考に♪

Q精神分析はどう役立つか

精神分析を受けたことがありますか?

受けてみてどうでしたか?

困っていたことは何ですか?
それがどんな風に改善されていきましたか?

精神分析はどんな悩みに効果がありますか?

悪意回答、ご遠慮ください。

Aベストアンサー

日本では精神科はハードルが高いですね。
欧米、特にアメリカでは内科と精神科のホームドクターを決めているのが一般的ですが、日本ではまだそこまでは行っていませんね。
 我が家は、個人的な付き合いもあり内科と精神科のホームドクターが決めてあり、気軽に相談できます。親や子供に欝が疑われるときなどは何度か訪問しました。精神分析と言っても他の診療科と異なり道具はありませんから、なんとも心もとないですね。でも、質問の手順などはお医者さんそれぞれの流儀があるようで、何気ないような会話を繰り返していって診断して行きます。・・・それが診察????・・・・てな感じです。
 精神分析は本人がその病気の原因を理解して改善させることを目的としていますが、現在は精神分析だけが単独で使われることはほとんどありません。あくまで薬物治療の補助的な位置になっているようです。
 精神の病は、・・・症と言われる軽いものから、・・・病という病気まで色々ありますが、家族なり自身で早く気がついて診察を受けるのが良いでしょう。私の場合はいずれも、薬で治療がされ「寛解」にいたりました。

Q部署内の嫌い・苦手な方とどう接してますか?

社会人の方に質問です。

たくさんの方、様々な年代の方がいるし「なんか苦手~どうしても無理!」って方いますよね。

そんな方はどう接していますか?
いくつか作ってみました。

・完全シカト

・必要に近づかない近づかれないよう、頼まれそうな仕事は先に片付ける(今の私)

・ハッキリ「お前嫌いなんだよねと宣戦布告」

・その他(いい案ありましたら)

ちなみに苦手、嫌いであるのを口には出してません。

私の嫌いな先輩、かなり機嫌に波があり、あまりに目に余るぶりっ子(八方美人と言うのかな?)や一部の男性の先輩へ接する態度は、他部署からもクレームが来てしまい、課長から、度々注意を受けてました。
(彼女は30代半ば既婚者です)

初対面から「○○です!よろしくお願いしま~す!ミャハン!」これからしてもう…

Aベストアンサー

・その他
→必要な事以外は話さない、話しかけられても話題を広げない

私が苦手な人は声が甲高いので声を聞くのがちょっと苦痛です・・・
性格が小動物みたいにオドオドしていてネガティブなので、話しているとイライラしてしまうんです。
幸い、他部署で関わりも弱いので助かってますが同じ部署だったらキツイなと思います。


ぶりっ子ちゃんはイライラしますよね・・・
他部署からも注意されるなんて余程目に余る存在なんですね(>_<)
私だったらイライラの極致に達して「うざい!!」っていってしまいそうです。

Q精神分析療法の「治療」のメカニズム

まず、精神分析療法では、本人を抑圧している「無意識」を「意識化させる」ことが治療方法であると理解しました。(私のこの理解そのものが間違っているのかもしれません。だとしたらご教示下さい)

しかし、何故これが心の病の「治癒」に結びつくのかが判らないのです。

原因が判って「よし、じゃあこの問題を解決しよう!」(例:私のテストの成績が悪いのは何故だろう→原因は勉強していないからだ→よし!勉強しよう=解決)となるのであれば「原因を探すことが治癒につながる」ことが判らなくはないのですが、精神分析療法では、心の病の原因を、主に幼児期の親子関係に求めます。これは、「今となっては」どうしようもないことなのではないでしょうか。原因が判ってもそれが「どうしようもないこと」であれば意味はないのではないでしょうか。

そもそも、精神分析の治療の根幹は「問題の解決」ではなく「問題の原因の自覚」にあるのでしょう。繰り返しになりますが、これが何故「治療」につながるのかが判らないのです。

なお、精神分析療法はエセ科学として批判が厳しく、現在の日本の臨床では殆ど行われていないことは存じています。しかし、それはそれとして、「精神分析の立場からは」無意識の意識化が治療に結びつくメカニズムをどう仮定しているのか、ということを知りたいのです

まず、精神分析療法では、本人を抑圧している「無意識」を「意識化させる」ことが治療方法であると理解しました。(私のこの理解そのものが間違っているのかもしれません。だとしたらご教示下さい)

しかし、何故これが心の病の「治癒」に結びつくのかが判らないのです。

原因が判って「よし、じゃあこの問題を解決しよう!」(例:私のテストの成績が悪いのは何故だろう→原因は勉強していないからだ→よし!勉強しよう=解決)となるのであれば「原因を探すことが治癒につながる」ことが判らなくはないので...続きを読む

Aベストアンサー

一素人ですが精神分析に興味を持っている者です。
まず、基本的には、『>本人を抑圧している「無意識」を「意識化させる」ことが治療方法』と捉えて良いのではないかと私も思っています。
ご質問は、「>問題の原因の自覚」がなぜ治療につながるのか、ということですね。

端的に言うと、「>今となってはどうしようもないこと」であっても、「納得する」ということが心の安定をもたらすからではないか、という気がします。

認知行動療法やゲシュタルト療法、あるいは森田療法など、過去は不問にして現在の問題に焦点を当て、そこを集中的に改善しようとする療法もあります。
どちらかというと今はこれらの方が主流と言えるのかもしれません。
また、それだけの価値は大いにありますし、私も共感するところは大です。
これらはすべて神経症の治療法なわけですが、神経症というのは、無意識に抑圧された記憶が歪んだ形で心身に影響を及ぼすことだと思います。
無意識に抑圧されるからには抑圧されるだけの(本人にとっては深刻な)理由があります。

抑圧というのは自我の防衛機制の典型ですが、たとえば、幼時に母親からの愛情を十分に受けられなかった男児が、成長した後も母親の愛情を求めたいという心理になるのは自然ですが、これは現実的には奨励されないことなのでその感情は抑圧されます。
抑圧された感情は、たとえば彼の恋人に対して向けられることも多いでしょう。
多かれ少なかれこういうことはありますが、過剰になり、母親役を要求されすぎた彼女が耐えられなくなるほどだとやはり困ります。

彼女に甘えすぎないでもっと大事にしなければいけない、という現実的思考によって脱することも可能でしょうが、彼女に母親を投影してるのだ、ということが納得できれば、甘えすぎないようするということは、母親と彼女の区別をはっきりつけることだ、ということに気づきます。
はっきり区別できないことが錯綜で、錯綜はコンプレックスとも訳されることがあり、ここからマザコンなる言葉も俗語として出てきたりします。

特に信奉者ではありませんが、フロイトの最大の功績は無意識の概念だと思います。
ある女性のヒステリー研究が発端となって精神分析は誕生したわけですが、この女性は父親の看病中にヒステリー症状を呈しました。
彼女の無意識には父親に対する愛情が抑圧されていることがわかったわけです。
この場合の抑圧された感情が性的なものであったため、フロイトはその後も不必要な局面でも性的抑圧に固執するようになり、顰蹙をかう原因になっていることは確かでしょう。
しかし、私に言わせればそれは些細なことです。
性的欲望と生的欲望を完全に区別することは難しいのであって、昨今のフロイト批判に対しては、険しい山を切り開いて作った先達の曲がりくねった道を見て、舗装道路のほうが歩きやすいと言っているかのような印象を受けます。

ただ、精神分析はフロイトの専売特許ではなく、様々に枝分かれしながら幅の広い解釈がなされるようになっています。
日本で似非と解釈されているすれば、それを使いこなせる専門家が育っていない、ということなのかもしれません。

精神分析療法が似非かどうかは素人なのでわかりませんが、その本質は、
(無意識に)隠れているからといって無いものとせず、それを白日の下にさらけだすことによって、自らの意志によって制御できる対象としてまな板に乗せることなのかな、というように捉えています。
精神分析によってこうした本質的原因を了解しつつ、認知行動療法などの現実的対症療法を組み合わせていくことが効果的なのではないか、などということは考えます。
 

一素人ですが精神分析に興味を持っている者です。
まず、基本的には、『>本人を抑圧している「無意識」を「意識化させる」ことが治療方法』と捉えて良いのではないかと私も思っています。
ご質問は、「>問題の原因の自覚」がなぜ治療につながるのか、ということですね。

端的に言うと、「>今となってはどうしようもないこと」であっても、「納得する」ということが心の安定をもたらすからではないか、という気がします。

認知行動療法やゲシュタルト療法、あるいは森田療法など、過去は不問にして現在...続きを読む

Q席描きで似顔絵を描きたいが会話が苦手で…

私は駆け出しの似顔絵師です。


現在、ネットからのご依頼がある時に送られてきたお写真を元に似顔絵を描いているのですが、
ゆくゆくはイベントなどで席描き(お客さんを前に短時間で描きあげる)ができるようになりたいと考えております。


しかし、かなりの人見知りで会話など何を話していいかわかりません。


他の席描きをしている似顔絵師の方達は一体お客さんとどのような会話をしているのか知りたいです。
会話の内容や、お客さんを退屈させないコツなどあれば教えてください。


ちなみに私は離島の田舎に住んでいるもので他の似顔絵師の会話の研究は厳しいです。

Aベストアンサー

ぼくは、6度ほど質問者さんの仰る席描きをしたことがあります。
6度程度なので何か物事を説くほどの経験値ではないですが、やっぱり会話はあった方が間が持つので大切だと思います。

特に最初のうちは、要領を得るのに時間が掛かり、描き上げるのにも時間が掛かるため会話が死に間を埋めてくれます。

ボクの場合は、何となく相手の仕草などから会話の糸口を拾っていました。
又、机に置いておいた鉛筆立てが少し変わったもので、それで会話が広がったこともあります。
しかし、ボクも人付き合いは苦手な方なので、無言な時も結構ありました。

似顔絵って割と子どもが多いと思います。
なので子供が興味を持ちそうなものを机に置いておくとか、似顔絵以外の物(風景スケッチや落書きなど)を置いておいても、相手の人との会話の糸口になるかもしれません。

No2の人は、描かれる側のためああ言った意見になっていますが、質問者さんも分かると思いますが、絵を描く時って割と会話していても描けるものです。
特に似顔絵は要領の部分が大きいため、集中していなくても手癖で描く部分が多分にあると思います。

似顔絵には、キャラクターぽいものから写実的な描き方まであるので質問者さんがどんなスタイルかわかりませんが、それと同じように無口な人がいて会話する人がいるのも現場だと思います。

なので、会話をしたいという質問者さんのスタイルはそのまま進んでいけば良いと思います。

ぼくは、6度ほど質問者さんの仰る席描きをしたことがあります。
6度程度なので何か物事を説くほどの経験値ではないですが、やっぱり会話はあった方が間が持つので大切だと思います。

特に最初のうちは、要領を得るのに時間が掛かり、描き上げるのにも時間が掛かるため会話が死に間を埋めてくれます。

ボクの場合は、何となく相手の仕草などから会話の糸口を拾っていました。
又、机に置いておいた鉛筆立てが少し変わったもので、それで会話が広がったこともあります。
しかし、ボクも人付き合いは苦手な方なの...続きを読む

Q精神分析(学)

なぜ慶應義塾大学には「精神分析(学)」があり東大には無いのですか?

Aベストアンサー

精神分析学というのは、比較的新しい研究分野です。ヒステリーの研究者、シャルコーに学んだフロイトから発展したと言っていいと思いますが、いわゆる精神分析とわれわれが言っているものは、エリクソンなくして語れません。1903年生まれのエリクソンなどの業績を、いちはやく理解し、日本に学問として取り入れたのが小此木啓吾氏であり、彼は慶応大学教授だったため、慶応大学には精神分析学があるわけです。でも、なぜ東大にないかと言われても、ないものを証明することは困難で、私には答えられません。

以上、ご参考になればと思います。

Q絵が苦手だけれど、これなら何とか様になる・・・

私は絵が苦手で、孫にせがまれてると困ってしまいます。
でも、馬と潜水艦の絵なら何とか様になるので、馬とその類似の動物でごまかしています。
因みに、馬は競馬が好きで、潜水艦は小沢さとるさんの『サブマリン707』が好きで、それぞれよく描いたものですから。。。

絵が苦手な方に質問します。これなら何とか描けるという絵は、何ですか?
絵が得意な方は、逆にこれだけは描くのが苦手だというものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

絵は下手ですが、フリフリのドレスを着たお姫様を描くのだけは得意です(^o^)
理由は、やはり少女漫画でそういうのに憧れて良く描いていたからですね。ベルサイユのバラの、マリー・アントワネットとか。


人気Q&Aランキング