ところで危機管理ってどういうことですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

直接的な回答ではありませんが、以下の成書は如何でしょうか(内容未確認!)?


-------------------------------
行政の危機管理システム/行政管理研究センター…[他]/中央法規出版/2000.8 
ネットワーク危機管理入門/上原孝之/翔泳社/2000.7 
健康危機管理の手引き/大分県/〔2000〕 
平成の危機管理/日本防災研究会/日本防災協会出版局/2000.5 
権力の失墜/下/ボブ・ウッドワード[他]/日本経済新聞社/2000.6 
危機とシステム変動/田中伯知/北樹出版/2000.6
「危機管理途上国」日本/大森義夫/PHP研究所/2000.6 
市民主体の危機管理/東京ボランティア・市…/筒井書房/2000.1 
健康危機管理マニュアル/東京都衛生局医療計画…/東京都衛生局/2000.4 
安全保障論/森本敏/PHP研究所/2000.5 
学校における危機管理/青田祥伸/文教書院/2000.2 
パーソナリティ発達論/岡堂哲雄/金子書房/2000.3 
規範と国家アイデンティティーの形成/西村めぐみ/多賀出版/2000.2 
クライシス/4/真刈信二[他]/講談社/2000.2
--------------------------------
「危機管理」で2000年発行の一部でもこれだけあります。

ご参考まで。
    • good
    • 0

ちなみに「うちのポチが昨日から帰ってこない。

」ってのだって危機管理の問題です。
 「危機管理」とは、文字通り、「危機」を「管理」するという考え方のことです。管理というのはmanagementですね。状況を把握し、適切な手をタイミング良く打って、被害を最小限に抑える。これが管理ということの意味です。だから常時備えを怠らず、点検をし、ルールを決め、役割分担をし、訓練をする、という事前の準備も危機管理の一環なら、いざ事が起こったときにすばやく決断し、行動するというのも危機管理です。誰かが管理してくれる、というものじゃなくて、それぞれのヒトが自分で責任を幾らか分担していると考えるべきですね。
 「危機」はピンチ!のことです。何が起こればどの位のピンチなのか、起こる前に考えてみるのが、危機管理の第一歩です。
    • good
    • 1

私が具体的に危機管理という言葉に直面したのは「Y2K」のときでした。

企業組織として万が一「Y2K」のトラブルが起こった場合のレポートを作成する必要があって(結局、お蔵入りしたんですけど)、いろいろ調べました。

危機管理は「突然の異常事態が発生した場合の対処」を広く言います。この異常事態は自然災害・事故等を含み、規模には関係しないと思われます(規模に関しては私見です)。
たとえば、ある企業で勤務時間内に従業員が階段で転んで怪我をしたという事故があった場合、企業の責任者は労働中の事故ですから、かすり傷であろうと骨折であろうと従業員に対しての何らかの処置をする責任があり、実行しなければなりません。また、他の従業員に対して注意を喚起するなど、同様の事故の再発を防止する必要があります。さらに、建物が企業の持ち物で階段の設計上の問題で怪我をしたとなれば、従業員側から訴えられるかもしれませんし、この従業員が大きな顧客を抱えていて、この怪我のために顧客になんらかの損失を与え、結果的に企業の損失につながる場合もあります。
そういうときの場合に、事前に損失(被害)を最小限に食い止めるための策を立てておく必要があります。

Y2Kの場合、万が一問題が起こったときのために管理責任者や従業員への連絡体系(電話がストップした場合など)、機器復旧のためのマニュアル、顧客からの問い合わせに対するマニュアル、顧客の損失を最小限にするためのマニュアルなどの文書を作成しておく企業もありました。
これは、事故が起こったあと、顧客から訴えられた場合の企業の防衛資料にもなります。
このマニュアルは、作業の対処方法を明記するほかに責任者を明確にしてあります。指揮系統を明確にし、問題発生時には迅速に対応する必要があるからです。

これらのことを全部ひっくるめて危機管理といいます。
企業組織を例に挙げましたが、個人や国家などにも当てはまります。
保険に入っておくことも危機管理の一つです。

最後に富山県政策情報誌「でるくい」1号の記事をご紹介します。

参考URL:http://www.pref.toyama.jp/sections/1012/derukui/ …
    • good
    • 0

「大地震・大停電・テロなど,天災・人災を問わず不測の事態に対して事前の準備を行い,被害を最小限に食い止めるよう対処するための諸政策」



私もよくわかりませんでしたが、調べるとこういうことらしいです。
    • good
    • 0

やばいな って思ったときに、思うだけじゃなくてとりあえず対処するために動く事でしょ。

ゴルフやってないで。 :-P
でもって、あらかじめこんな事が起きたらこういう風に対応しましょうってルールを決めて、実際に起きたときのために備えるのもひっくるめて危機管理かな。

個人だったら、非常食とか非常持ち出し袋とかを用意して、家族間の連絡の仕方とか、どこで落ち合うかとかルールを決めてくと、イザってときにパニックにならないでしょ。まぁ管理って言葉は似合わないかもしれないけど、似たようなもんです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q指揮者西本智実さんへのファンメールを送りたいのですがネットで調べても判

指揮者西本智実さんへのファンメールを送りたいのですがネットで調べても判りません。メールの送り先をご存知でしたら教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

西本智実オフィシャルサイト
http://www.tomomi-n.com/
トップページの一番下に小さく白い文字で
Contact us
と書かれているところをクリックするとメーラーが立ち上がり
そのままメール作成送信できます。
あて先のメールアドレスは
info@tomomi-n.com
となっています。

Q「貴方は月を詠む人ですか?」と聞かれたことがあるのですが、月を詠む人って何のことですか? なにやら比

「貴方は月を詠む人ですか?」と聞かれたことがあるのですが、月を詠む人って何のことですか?
なにやら比喩的な表現が含まれているよいですが……

Aベストアンサー

昔の人にとって月を詠むことは、思い出を詠むことでもあり、
世の中を詠むことでもあった。
その理由は月自体の姿にもよるものもあるでしょうが、月が様々な思いを喚起させるとともに、その思いを映し宿しているものとして捉えられていたと思われます。

Qさんまの夢かなえたろかSPでの西本智実さん

2006年1月4日放送の『さんま玉緒のあんたの夢かなえたろかスペシャル』で、途中途中で有名人の方からの「夢メッセージ」のようなものを紹介していたのですが、その中で指揮者の西本智実さんのメッセージが紹介されました。そのメッセージがとても心に響いたのですが、正確に覚えていません。どなたかそのメッセージと意味が正確にわかるかたいらっしゃいますか?確か、「○○不恐」~孤独を恐れるな~みたいな感じだったと思います

Aベストアンサー

2006年にも出たのかは知りませんが、今年(2008年1月4日)放送ならこれです。

孤高不怖
 (孤独を恐れるな)
  西本智実

Q台湾海峡危機って記憶にありますか? 当時の日本の対応というか日本人の反応はどういう感じだったのでし

台湾海峡危機って記憶にありますか?

当時の日本の対応というか日本人の反応はどういう感じだったのでしょうか?

ただ見てただけですか?

中国と台湾の間の海で中国が軍事演習と名を借りたミサイルを台湾に向けて撃ちまくった事件。

日本でも大規模なニュースで報道されましたか?

そのときの日本政府の動きを教えてください。

Aベストアンサー

随分と古い話ですね、
今から60年近く前の事でしょうか?、

回答者も、実際はどうだったかと言う事は判りません、
以下は歴史的な事実だけです、、

当時の中華民国(台湾)が唯一の中国として世界が認めてた時代です、
大陸にあった蒋介石率いる国民党を毛沢東率いる共産党が台湾へ追い払い、其の後へ中華人民共和国を勝手に設立したに過ぎません、
朝鮮戦争で攻め込んだ金日成に義勇軍の形で力を貸し、
独立したばかりの東トルキスタン(トルコの国旗と同じ図柄で水色の国旗)をわがものとし(今のウイグル自治区)、ダライラマが統治するチベット共和国を搾取される国民を解放するためと称して、ダライラマを追い出して我が物にした(今のチベット自治区)、枚挙に暇無しです、

台湾本島の傍に(大陸寄りに)金門島・馬祖島と言う小ぶりな島が有ります、
此れに向かって大陸の共産党が中華民国へ圧力を掛けるために連日大口径の大砲の弾丸を撃ち続けた、

此れが仰る台湾海峡事件です、

決してミサイルが飛び交ったのでは有りません、当時の共産党にはそんな装備は無かった、ほぼ世界中の国が、、

日本の対応や国民の状態は当時の新聞の縮刷版でも見て下さい、

一つ、
ついこの間、中華人民共和国が抗日戦勝70周年式典を世界中に大々的にアピールしましたが、
旧日本軍が戦火を交えて戦ったのは国民党です、
共産党とは一度も戦った事は有りません、
間違えないで下さいね、

学校では上記の事も含めてどのように教えるのか教えないのかは判りませんが、

参考にして下さい。

随分と古い話ですね、
今から60年近く前の事でしょうか?、

回答者も、実際はどうだったかと言う事は判りません、
以下は歴史的な事実だけです、、

当時の中華民国(台湾)が唯一の中国として世界が認めてた時代です、
大陸にあった蒋介石率いる国民党を毛沢東率いる共産党が台湾へ追い払い、其の後へ中華人民共和国を勝手に設立したに過ぎません、
朝鮮戦争で攻め込んだ金日成に義勇軍の形で力を貸し、
独立したばかりの東トルキスタン(トルコの国旗と同じ図柄で水色の国旗)をわがものとし(今のウイグル自...続きを読む

Q西本智実さんの指揮

こんにちは。いつもありがとうございます。実は 今度 西本智実さんの指揮のオーケストラ(マーラー第5)を見に行きます。テレビなどで拝見し、是非一度行きたいと思っており、チケットの値段が結構高かったのですが 思いきって行く事にしました。が 私はピアノも弾けない 本当に素人で 子供のピアノの先生にも「マーラーは素人には分からない」と言われました。そこで あまり音楽をされてなかったけど 演奏会に行って 良かった 又は 分からなかった体験など 聞かせてもらえれば嬉しいです。

Aベストアンサー

身近に「マーラーは素人には分からない」というようなことを したり顔で話す人がいないので、真意は測りかねますが、音楽を「分かる」という様な言葉で語る、そのピアノの先生は、よっぽどの自信家か、権威主義者か、逆にただのド素人でしょう。

小生は、音楽を 分かったりしたことはありませんし、分かろうとしたこともないのですが、多いときには年間100回くらいクラシックコンサートに行ったことがありますから、楽しむことに関しては人後に落ちません。ただし、楽器演奏にはまったく興味がなく、もっぱら聴いているだけです。

マーラーの交響曲第5番嬰ハ短調は、その第4楽章が、ヴィスコンティの『ヴェニスに死す』で使われた名曲です。
ヴィスコンティがいわゆる芸術派の監督とはいえ、映画のバックミュージックに使われるくらいですから、どなたが聞いても充分に楽しめると曲だと思います。

クラシックファンの中にもこの曲のファンは多く、この曲の美しさをうっとりと語る人が多い名曲です。
楽しんでいらしてください。

Q最近勉強したことで、面白いなっておもったことはどんなことですか?

最近勉強したことで、面白いなっておもったことはどんなことですか?

Aベストアンサー

夫:裁判所が詐欺の対象になること
私:FPジャーナル2016年6月号に載ってたニート対策(クライアントへのアドバイス)

Q演奏後の指揮者の行動

クラシックの演奏会で演奏が終わったあと、指揮者が観客に向かって御礼をしたあと、指揮者は一旦引き上げてすぐ又出てくるのは何故ですか。何故一度引き上げるかが分かりません。お教えください。

Aベストアンサー

アンコールは演奏の終了後に行ないます。
指揮者が引き上げることで演奏の終了が解ります。
指揮者は演奏者より先に引き上げます。
演奏者が引き上げる前にアンコールが起きるので、それに応えるために指揮者がもう一度出てくることになります。
万一アンコールが無ければ、指揮者はもう一度出てくることは無いでしょうが、必ずアンコールが有るのは一種のセレモニーとなっているようです。

Q言語療法士って、どういう。お仕事ですか?

   友達に、言語療法士について、詳しく知りたい人がいます
   資格試験、就職。実際の、現場のお話など、教えてください、
   よろしくお願いします

Aベストアンサー

現在は、「言語聴覚士」として、国家資格化されてます!

「言語聴覚士」で、もうひと検索してみて下さいね。
今だとgoogleだとトップに いいサイトが出ますよ。
みつけにくいと思いましたので、ここでは詳しいいきさつの方をご紹介します。
(↓下記です)

現場では、働く施設によって求められる動きも若干異なりますが、業務内容としてはkyaezawaさんの内容で十分にして網羅されていると思います。
リハビリ畑の職種としては他にPT(理学療法士)、OT(作業療法士)があります。
地域で連携をとらせていただいた看護職の経験からは、本来別の職種ですが、熟練された療法士の方の場合、この3つの職種の働きには差がなくなってくるように思います。異論もある方もあろうかと思いますが、アセスメント(状況の査定)能力・リハビリ計画立案においては一人の方を総合的に把握し、方向を見つけ出せるという点においてはどの職種が特に優れている、ということはありませんし、まあ、あってはならない・・・のだと思います。

参考URL:http://ehrlich.shinshu-u.ac.jp/tateiwa/L9ST0000.htm

現在は、「言語聴覚士」として、国家資格化されてます!

「言語聴覚士」で、もうひと検索してみて下さいね。
今だとgoogleだとトップに いいサイトが出ますよ。
みつけにくいと思いましたので、ここでは詳しいいきさつの方をご紹介します。
(↓下記です)

現場では、働く施設によって求められる動きも若干異なりますが、業務内容としてはkyaezawaさんの内容で十分にして網羅されていると思います。
リハビリ畑の職種としては他にPT(理学療法士)、OT(作業療法士)があります。
地域で連携をとらせて...続きを読む

Q指揮者って必要なんでしょうか

オーケストラなどの演奏の指揮者って最初の出だしは
どこで入るか知るために必要だと思うのですが
演奏が始まっちゃえば、ほとんどの人が楽譜を見ていて
指揮者をあまり見ていないですよね。指揮者って必要なんでしょうか?

あと
クラッシック演奏には指揮者が居るのに
ギター、ドラム、キーボードなどのバンドには
指揮者が居ないのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、指揮者が必要か否か??

(1) オーケストラなどの大編成
  と、
(2)バンドに近い室内楽(室内楽団や重奏団)
  で、
 考えて見ましょう。

>オーケストラなどの演奏の指揮者って最初の出だしは
>どこで入るか知るために必要だと思うのですが
>演奏が始まっちゃえば、ほとんどの人が楽譜を見ていて
>指揮者をあまり見ていないですよね。指揮者って必要なんでしょうか?
指揮者の役目として一番重要なものは、質問者様の仰せの通り
(A)演奏者に音の「入る切っ掛け」と「終わるタイミング」の指示を行う事です。
(B)次に、オーケストラ全体の音のバランスを聞き、曲をまとめあげる指導をするのが指揮者の役目です。特に現代曲などには曲の途中のテンポの変わる作品も沢山有り、そんな時には指揮者の指示が大変重要になります
(C)更には、その音楽の持つ構成や作曲家の意図を把握して、音楽を盛り上げたり、抑えたりするなど、表現や曲の流れをオーケストラに意識させるのも指揮者の重要な役目です。この指揮者の指示に因って、演奏のスタイルや曲のイメージが大きく変わるので、指示の違いがそのまま指揮者の個性となり、同じ曲であっても指揮者が違う事で訴求力にも影響します。そして、その指揮者が常任などであるならば、そのオーケストラの評価にも繋がります。
 この為に指揮者はスコアーに記述されている事を分析し、そこから書表わせなかっただろう作曲家の深層意図を汲み取り、それを繰り返す楽団との練習にて、各楽器のパートに周知させ、その結果として指揮者毎で違えど洗練された乱れの無いアンサンブルが生まれる訳です。
 この点を見れば、指揮者の最も重要なのは、練習の中で如何に指揮者の想いを伝え切るかに掛かっているとも申せましょう。言い換えればゲネプロまでに9割がたの役目は終っていると言っても良いかも知れません。
 しかし、
(D)指揮者の役目はこの様な物理的なことだけではなく、指揮者は演奏者に対し心理的な影響を及ぼす事も有ります。演奏中の指揮者の気迫や表情、棒捌きに因って奏者が刺激を受け、指揮者の目指す音楽に引き込まれて練習以上の音楽性を発揮する事も有ります。
 例えば、客演指揮者として招かれた指揮者で演奏会までの練習時間が満足に取れない場合も有るでしょうが、それでも時として思いもしない程の好演になる事も有ります。カリスマと言われる指揮者はその様な人達かも知れませんね!?

 ここで、2曲の第一楽章のみでは有りますが、良く行われる聴き比べを質問者様も少しお付き合い下さい。
 上記四項目の絡み合った結果が少しは感じられるのではないかと思います。
 試聴出来る演奏全てをお聴き頂くと指揮者の違いによる曲の訴求力の変化がよりはっきりお解かり頂けると思いますが、お時間が無い様でしたら、間引いても結構ですので、冒頭部分だけでも聴き比べて下さい。
 但し、録音された時代や録音条件に因って音質の差がかなり有りますので、その辺に尽きましてはお含み頂きつつお聴き下さい。

●ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調Op.67 から 第一楽章
  【海外】
・アルトゥール・ニキッシュ指揮/ベルリン・フィル(1913年録音)http://www.youtube.com/watch?v=SFY1s6y6r5M&feature=related
・トスカニーニ指揮/NBC交響楽団(1952年録音)http://www.youtube.com/watch?v=N6K_IuBsRM4&feature=related
・フルト・ヴェングラー指揮/ベルリン・フィル(1954年録音)http://www.youtube.com/watch?v=AXbm-w8jdm4&feature=related
・カラヤン指揮/ベルリン・フィル(1966年録音) http://www.youtube.com/watch?v=zhcR1ZS2hVo
・カラヤン指揮/ベルリン・フィル(録音データー不明) http://www.youtube.com/watch?v=67_cS1xlrYA
・カラヤン指揮/ウィーン・フィル(録音データー不明) http://www.youtube.com/watch?v=by7H2uT52MA
・バーンスタイン指揮/バイエルン放送交響楽団(1976年録音)http://www.youtube.com/watch?v=ivvn04Zdxt4&feature=related
・バーンスタイン指揮/ウィーン・フィル(1977年録音)http://www.youtube.com/watch?v=NAm4e45Z25k&feature=related
・ベーム指揮/ウィーン・フィル(1977年録音) http://www.youtube.com/watch?v=r32QPNdopVg
・ジュリーニ指揮/???(録音データー不明) http://www.youtube.com/watch?v=HuQYV6rpW3I&feature=related
・バレンボイム指揮/ベルリン・フィル(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=VHAaVVytQF0&feature=related
・アバド指揮/ベルリン・フィル(2001年録音) http://www.youtube.com/watch?v=SExR2h20HlQ&feature=related
・林克昌指揮/長榮交響樂團(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=DuvIiteKIg4&feature=related
・ブロムシュテット指揮/ゲヴァントハウス管弦楽団(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=cO2bp7hSYHI
  【国内】 国内外不明のものも、此処に載せました。
・全てのデーター不明 http://www.youtube.com/watch?v=_4IRMYuE1hI&feature=related
・全てのデーター不明 http://www.youtube.com/watch?v=evr7pgSsVoo&feature=related
・全てのデーター不明 http://www.youtube.com/watch?v=zI_3nDnWwmo
・宇宿允人指揮/フロイデフィルハーモニー(2005年 東京芸術劇場大ホール)http://www.youtube.com/watch?v=pZETc2uprBY&feature=related
・古谷誠一指揮/中部フィルハーモニー交響楽団(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=rccdbLWOdPU
・???/高津市民オーケストラ(2007年)http://www.youtube.com/watch?v=VvIJksNlfjE
・???/洗足学園音楽大学ポップスオーケストラ(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=IWw6Q9pu8TE
・なかむらゆういち指揮/???(2009年5月)http://www.youtube.com/watch?v=Jrf5YFg7ctc
  【参考】下記は、DL試聴が前提ですが、比較するのには便利ですので載せておきます。お時間が有ればどうぞ!
・パブリックドメインの歴史的音源 http://freeclassicmusicmp3.blog23.fc2.com/blog-entry-645.html
・パブリックドメイン・クラシック http://public-domain-archive.com/classic/composition.php?album_no=12

●ブラームス:交響曲第1番ハ短調op.68 から 第一楽章
  【海外】
・トスカニーニ指揮/NBC交響楽団(多分1950年代?)http://www.youtube.com/watch?v=PvvNFD1uLtI
・ブルーノ・ワルター指揮/ニューヨークフィル(多分1950年代?)http://www.youtube.com/watch?v=eTll47U6FVc&feature=related
・クレンペラー指揮/フィルハーモニア管弦楽団(1958年録音)http://www.youtube.com/watch?v=HkgiwJTXHlE&feature=related
・カラヤン指揮/???(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=he41HHCjMWM&feature=related
・カラヤン&ベルリ ン・フィル7度目の来日(1981年 東京) http://www.youtube.com/watch?v=hCo1iBkcta0
・オットマール・スウィトナー指揮/ベルリン国立歌劇場管弦楽団(1988年録音)http://www.youtube.com/watch?v=VY2-EP2QNs8&feature=PlayList&p=5981DBC5A27A37CE&playnext=1&playnext_from=PL&index=8
・Hirofumi Inoue (Japan)指揮/サンクト・ペテルブルグ国立交響楽団(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=2fFgDlS05Ss&feature=related
・ロバート・Debbaut指揮/???(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=OlrazikpaJo&feature=related
・テオ・アルカンタラ指揮/プエリトルコ交響楽団(2005年録音)http://www.youtube.com/watch?v=S_BVvT_P880&feature=related
  【国内】
・なかむらゆういち指揮/???(2009年録音) http://www.youtube.com/watch?v=qes7tNw5Meg
  【参考】下記は、DL試聴が前提ですが、比較するのには便利ですので載せておきます。お時間が有ればどうぞ!
・パブリックドメインの歴史的音源 http://freeclassicmusicmp3.blog23.fc2.com/blog-entry-549.html
・パブリックドメイン・クラシック http://public-domain-archive.com/classic/composition.php?album_no=158

 これで納得が得られるかどうかは解りませんが、多少のニュアンスはお解かり頂けるのではないかと思います。


 次に
>クラッシック演奏には指揮者が居るのに
>ギター、ドラム、キーボードなどのバンドには
>指揮者が居ないのは何故でしょうか?

 クラシックでも普通のオーケストラに比べ小編成の室内管弦楽団や更に少ない人数の場合は指揮者が居ない事の方が普通です。
 当然普段の練習にて、曲のテンポや強弱に対する阿吽の呼吸が合わせられるまで、そして解釈や訴求力が自分達の思い通りになるまで努力する事は当然ですが、人数が少ないメリットしてお互いの音を聴き合い、その場の雰囲気で瞬間的な音の会話が出来易くなります。(ジャズなどのアドリブと言える程の自由は有りませんが、それでも、その場の熱気に相応しいテンポや強弱の差はオーケストラよりも出易くなります。それが一期一会でしか得られない感動的な演奏に廻りあうかも知れない醍醐味とも言えましょう。)
 何となく聴いていたら、同じ曲を同じ様な演奏で何度聴いても唯のコピーとしか聞えなかった曲も、少し注意して耳を傾けると、演奏家が違えば当然こと、同じ演奏家であっても日時や場所、そして観客の違いで、演奏が違ってきます。
 小編成はお互いの音の会話がし易い事で、演奏が無秩序にならずに、そのメリットを生かしやすいのです。
 ここで、室内楽団や重奏団の演奏風景を見て頂きましょう。
http://www.youtube.com/results?search_query=%E5%AE%A4%E5%86%85%E6%A5%BD&search_type=&aq=f

 蛇足です。
 日本人にも優れた重奏団が無い訳では有りませんが、文化の違いからか交響曲や管弦楽曲に比べ室内楽曲への関心が低くニーズが少ないので、後継者が中々育たない土壌があります。その点で言えばヨーロッパでは、幼稚園前位の子供さえもクラシックアーティストの評価をしたりオペラの出来不出来を語るのが特別な事ではない風土にて、その様な環境からは、指揮者が居なくてもお互いの呼吸を知り尽くした公私の別無く四六時中の付き合い(それ程に練習時間を要し、世界を駆け巡る演奏スケジュールに因り個々のプライベイトタイムは極端に少ない)を要して完熟して行く重奏団も取り組む意義を見出し易いのでしょう。その様な風土の違いに因って、日本でのクラシックは、一般の方が室内楽に接する事が稀有なため、クラシックと言えば全て指揮者がセットの様に思って居る方も居られるかも知れませんね。
 説明が下手で、ご理解頂けたか不安ですが、様はクラシックでも小編成では指揮者が居ないのが一般的です。そう言う意味からすれば、自由なアドリブや掛け合いを楽しむバンドには指揮者が居る事の方が邪魔だと思います。

 以上ですが、長文になってしまい御免なさい。

こんにちは、指揮者が必要か否か??

(1) オーケストラなどの大編成
  と、
(2)バンドに近い室内楽(室内楽団や重奏団)
  で、
 考えて見ましょう。

>オーケストラなどの演奏の指揮者って最初の出だしは
>どこで入るか知るために必要だと思うのですが
>演奏が始まっちゃえば、ほとんどの人が楽譜を見ていて
>指揮者をあまり見ていないですよね。指揮者って必要なんでしょうか?
指揮者の役目として一番重要なものは、質問者様の仰せの通り
(A)演奏者に音の「入る切っ掛け」と「終わる...続きを読む

Qいま日本でいう政治の松下塾は松下村塾のことですか?松下政経塾のことですか? 松下塾生ってどっちの塾

いま日本でいう政治の松下塾は松下村塾のことですか?松下政経塾のことですか?

松下塾生ってどっちの塾生ですか?

Aベストアンサー

今の日本でと言うことなら、松下政経塾でしょうね。

松下村塾は現在は存在してないはずですし。


人気Q&Aランキング