これからの季節に親子でハイキング! >>

卒業研究で、為替のデータを扱うことになりました。
為替の過去のデータを手に入れるのはインターネットを使えば簡単なのですが、信頼性や著作権などの問題があると思います。

卒業論文で利用する場合、インターネットでの為替データを使うことは問題あるんでしょうか?
また引用元としてどのように書けばいいんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>為替の過去のデータを手に入れるのはインターネットを使えば簡単なのですが、信頼性や著作権などの問題があると思います。



簡単?
為替の何のデータ?

月次以上の期間の為替レートの統計ならIMFの統計を使うのが普通。
CD-ROMが販売されているが、大学生に買える値段と思えない。
というわけで、大学生なら、大学図書館でinternational Financial
Statistics というIMFの統計書からデータを拾うのが普通と思う。
分析内容により、期中平均など使うデータを変える。
日銀のデータを使っているのはあまり見たことがない。

卒業論文の指導教官がIMFの上記統計のCD-ROMを持っているなら、借りれば?
大学がIMFの統計にアクセスできる権利を購入していれば、学内のパソコンを利用して統計を拾えるかもね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング