あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

 今必要にかられて,電話の接続方式について勉強していますが,「SS/SR」や,「4線式」など,初めての言葉ばかりで面食らっています.

 詳しく調べたいのですが,関連する本なども持っておらず,ウェブ上で必要な情報も見つけられませんでした.これらの用語や方式について詳しく(そしてできれば易しく)書かれているウェブのページや書籍があればぜひ教えてください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今回、アナログの電話についてお話します(ISDNはまた別の技術なので))


どの程度のレベルまで勉強したいのか良くわかりませんが、まず、相手に電話が繋がるまでの大まかなことは、
電話のつながるしくみ
http://www.ntt-west.co.jp/info/databook/pdf/040. …
に載ってます。一番簡単な絵だと思います。
直接表示できなければ、以下の順でクリックしてみてください。
http://www.ntt-west.co.jp/info/databook/ >電気通信設備の設置状況 >電話のつながるしくみ

さて、普通アナログ電話は、電話機と「加入者交換機」までは2芯(銅線2本)で繋がってます。
電話機側には、自分のしゃべった言葉の波形を反転させて打ち消すことにより、相手の声が聞こえるように
工夫されてます。
ところが、「加入者交換機」~「中継交換機」~「相手の加入者交換機」は4芯(銅線4本)で音声を
送っています。(1)あなたから相手の方への音声の電気信号。(2)逆に相手からあなたへの音声信号。
別々に分けて送ってるわけです。
なので、これを4線式と言ってます。
SSはSignal send(あなたから相手への言葉の送信)、SRはsignal receive(相手からあなたへの言葉の
信号(※英記など間違ってらごめんなさい)
加入者交換機では、電話機からの2芯で送られた信号を4線式に分離したり、逆に2線用にミックスしたり
する機能を持ってます。
なお、「加入者交換機」~「中継交換機」~「相手の加入者交換機」の4線式は、デジタル音声の多重化
技術の発達で、今は銅線を使いませんが、これまでの名残でSS・SRと言う言葉は残ってます。

話はずれますが、アナログのデータ通信(専用線)では、2線式だと信号がうまく送れないので、お客様の
データ端末から直接4線(SS/SR)で通信をしている場合もあります。

以上、ご参考になれば・・・。
    • good
    • 0

ちょっと専門的になりますが、NTTの技術参考資料が参考になると思います。



http://www.ntt-east.co.jp/gisanshi/analog/pdf/an …

端末設計のプロたちが回線インタフェースのバイブルとして使っています。
2,3回繰り返して眺めているうちに大部分は理解できると思います。

参考URL:http://www.ntt-east.co.jp/gisanshi/analog/pdf/an …
    • good
    • 0

色々あるのですが


http://e-words.jp/
http://dir.kotoba.jp/ncat.cgi?fsz=2&k=40
SS/SRはヒットしないですね。
    • good
    • 2

全く詳しくは無いのですが。

(電話工事には資格が必要だって聞いた事が有るくらい)
 参考になればと思い【アナログ第二種工事担任者】で検索してみました。お勧めの参考書が載ってました。

見当違いの際はお許しください。



 

参考URL:http://large-income.main.jp/ana2.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電話線の2線式と4線式の違い

電話線には2線式と4線式がありますが、2線と4線はどういう基準によって使い分けられているのでしょうか?2線から4線になると何が変わるのでしょうか?(2倍になるのだから機能が増強されるような気はしますが。)

Aベストアンサー

電話機コードの2線・4線ならば先の回答者の通りですが、電話回線の2W・4Wならば違う意味が有ります。

最大の太さの電話線を使っても抵抗値が大きくて、電話のベルが鳴らなくなってしまうほど電話局から遠い場合は4線使用して抵抗値を下げます。
特殊な信号を使う『専用線』等も4Wを使用したりします。

Q地気

電気の法規の勉強をしているのですが、ある参考書に(電路に地気発生)と書いてあったのですが、地気とはどういう意味なのですか?いろいろと調べてみたのですが、わかりませんでした。すごく気になっています。ぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

もともと「地気」と言うのは通信(電話)系の言葉です。
電気で言えば「アース」「大地」「接地」「地絡故障」「絶縁劣化」等の色んな意味で使われます。

Q信号方式?

確か、ネットワーク回線(専用線)か何かの信号方式ではなかったかと思いますが、ご存知の方がおられましたら教えて下さい。
1.LD(ループダイヤル?)
2.RD
3.SRD

  以上の3点について教えて下さい
よろしくお願いします

Aベストアンサー

1.LD(ループダイヤル)・・・メタル回線でプッシュ電話でない昔の回転ダイヤルの電話等で使う信号方式(主に市内回線で使う。必要芯線は2W)

2.RD (リングダウン)・・・メタル回線でダイヤルではなく送信側から受信側に16Hzの交流信号を直接送ってベルを鳴らす方式(主に市内回線で使う、市外回線で使うときにはNTTでメタルから市外回線用に乗り換える変換装置が必要。必要芯線は2W)

3.SRD (SRダイヤル)・・・メタル回線でも搬送回線(メタル以外の伝送路)でもそうですが、音声帯域で使うとは別に信号(オンフック、オフフック、ダイヤル等)の送受信に使う線を持った回線(主に市外回線で使う。PBXの交換機相互の接続で使用される信号方式。必要芯線は4W or 6W )

  

Q電話回線2W。では4Wって何?

電話回線の2Wは何となく分かるのですが、4Wというのは、上り・下り各2回線って意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

>電気信号を伝送するには1対(2本)の電線が必要です というのがいまいちしっくり来ないで早速調べようと思います。

電気は1本の線では流れません

電池に豆電球をつなぐ場合でも電池の+豆電球、電池のーと豆電球 をつなぎます
2本の電線と言うことがわかりにくいのかと思いますが
電池には2本の電線がつながっています、豆電球にも2本の電線がつながっています
これと同じことです

特別な場合として、片方の線をアース(プリント板のアースの場合もあるし、大地の場合も、電車のようにレールの場合もあります)で代用することがあります

家電製品が2本の線を電源につながらなければ動作しないのも、同様の理由です

ただ意識していないだけです

Q音声ラインの600Ωは何故600Ωなのか

 音響関係や、電話の伝送ラインは殆どが600Ωで伝送しています。
 なぜ10kオームや200Ωでなくて600Ωが多いのでしょうか?
 参考になるURLでも結構です。
 どなたか教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

音響関係の600Ωは、電話線の600Ωを受け継いでいるようです。
http://ottotto.com/sound/09/imp.htm
では、なぜ電話線が600Ωかと言えば、電話線の太さが0.65mmで1kHz(音声周波数帯域)の時の特性インピーダンスが600Ωだからだそうです。
http://miyasan.serio.jp/series2/noise061.html

Q電話線の不思議(有線通信の原理)

1.アナログ電話機は、一般的に昔から2芯ケーブルで接続されていますが、どうして2芯で通話できるのでしょうか? 私のイメージでは、最低でも3芯(送信用、受信用、アース)が必要かと思うのですが、同じ電線上を流れる送信信号と受信信号をどのように区別しているのか、お教え頂けませんでしょうか。
2.電話機と交換機は1対1の電話線で繋がっていると思われます。一台の交換機で10000回線(電話番号4桁分)を担当していると仮定すると、交換機から出ている電話線は10000回線×2芯=20000本になり、電話局近くの電話線は、とんでもなく太いものになると思われます。しかし、電柱に架かっている電話線は、せいぜい直径が数CMしかなく、その中に一万本以上もの電線が入っているようには見えません。交換器から電話機まで、電話線はどのように繋がっているのでしょうか? あわせてお教え下さい。
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なんだかいい加減な回答が多いですが、
1. 送信音声と受信音声とは、フィルタ(またはエコーキャンセラ)で分離して混じらないようになっています。
そうでないと、自分の声が相手に届いてから帰ってくる「エコー」で、通話がし辛くなります。
極端な場合は発振状態(ピーという音)やハウリング(ウワーンと言う音)となって通話ができなくなります。

2. 交換機にどのようなイメージを持っているか分りませんが、交換機は全国に何万台もあり、電話局間は全て地下光ファイバケーブルでつながれてます。
また交換機ー加入者宅間も、地域ごとに加入者宅の近くまで地下を通ってから空中へ架線されています。
(最近は全部地下のことも多い)。
従って電話局の近くの架空線は、全て電話局の近くの家のためのものです。

尚、交換機ー加入者宅間の銅線の太さは確か近距離用の0.3mmから、遠距離用で0.9mmだったと思います。
一加入者ごとに一回線を引きますが、前に書いたように地域ごとに分けて配線するので、銅線を10000回線も束ねる必要はほとんどありません。
因みに一回線につき2本一組ですが、これを2組4本を一単位として束ねられています。

また交換機間は何万回線分も多重化されているので、光でないとしてもそう太い線は必要ありませんが、例えば加入者1万回線分を収容するとしても、その半分以上が同時に使うことはほとんどないので、別の交換機へ向かう回線は数千回線分しかつなぎません。
(これができるのが交換機のいいところ。)
災害時や人気コンサートのチケット販売時に電話がパンクするのはこのためです。

なんだかいい加減な回答が多いですが、
1. 送信音声と受信音声とは、フィルタ(またはエコーキャンセラ)で分離して混じらないようになっています。
そうでないと、自分の声が相手に届いてから帰ってくる「エコー」で、通話がし辛くなります。
極端な場合は発振状態(ピーという音)やハウリング(ウワーンと言う音)となって通話ができなくなります。

2. 交換機にどのようなイメージを持っているか分りませんが、交換機は全国に何万台もあり、電話局間は全て地下光ファイバケーブルでつながれてます。
また交換...続きを読む

Q通信機器はなぜDC-48Vなのか?

通信機器はなぜDC-48Vなのか?

通信機器用の供給電力には、しばしば直流のマイナス48Vが使用されています。
そこで質問です。
(1)なぜ、マイナスなのでしょうか?端子や接合部などの酸化(腐食)防止の為でしょうか?
(2)なぜ、48Vという中途半端な数字なのでしょうか?

いづれか一方の答えでも良いので分かる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

同様の質問は多いみたいですね。
詳しくは、
http://questionbox.jp.msn.com/qa1275026.html
を見てください。

歴史的なものなので、
ようは、電話回線に電流を流す際に、ある程度の高電圧をかけておかないと、
長距離の間に電圧降下が起こり、不安定になるのを避けるため・・・・
といった理由のようです。
それで50V前後に、かつ、鉛蓄電池のバックアップに都合の好さそうな48Vに
という経緯のようですね。

プラス設置についても、いくつか説があるようですが、
従来の交換機にはリレー方式が多かったので、質問者のいうように、腐食を
防止するため・・・という説がもっとも説得力がありそうです。

Qマイナスの電圧が必要な理由

職場で分電盤からマイナスの電圧が来てる装置があるのですが、ネットで調べてもマイナスの電圧というものがいまいちよくわからないので教えてください。

1.マイナス電圧は基準となる電圧があって(アース?)、そこを0とした時に-側に電圧がかかっている?
2.結局+-は気にせず数値だけの電圧がかかっているという認識で合ってますか?
3.マイナス電圧にすると電流などの減衰がしにくいなど理由があるのでしょうか?
4・極性の確認というのは測定する装置などが+電圧なのか-電圧なのかを調べること?

以上よろしくお願いします。
一つずつだけでもいいので色々補足や訂正等ご教授お願いします。

Aベストアンサー

直流の電源(電池・蓄電池などなど)があって、プラス側を接地すれば、マイナス側が主体となると言う事。

マイナス側を接地すばば、その逆・・

さて、電話の(アナログ)交換機など・・プラス接地が標準です。

何故・・・
交換機は昔はリレーで構成されていて、接点が多数ありました。
で、マイナス接地にすると、プラスイオンが接点に衝突・・プラス・つまり陽子は電子の1800倍の質量がありその分接点が傷む・・とか何とか聞いたことがあります。
文献で確認したわけではないです・伝聞です。
何故、マイナス接地だとプラスイオンが多く発生するのかまでは質問しませんでした・・今になって思うと残念・・
が、その話をしてくれた人も、多分答えられなかったとは思う。

プラス接地にして、マイナスを主にして接点に電流を流すと、何故か接点の磨耗が少ない事実はあります。

リレー接点の、固定側をプラス・・稼働側をマイナスにすると言う意味です。

試行錯誤の結果これらが良いとなったのか、偶然なのかは100年も昔の話しなので、その経緯は不明です。
が、マイナス側を接地するよりも経験上有利ではある様でした。

まあ、時計の針の回転方向が偶然決った様、交換機を発明した人か、改良した人が偶然に決めたもの・・の様に思います。

あるいは、米国では最初の電力はエジソンの直流送電が起源です。
その時に、プラス接地がされていた・・と言う事が理由かも。

プラス接地にしても、マイナス接地にしても減衰量は替わりません。
変わってしまったなら物理法則がひっくり返ってしまいます。
その様な事は断じてありません。

最近は極性の確認は結構難しいです。
以前は、プラスには赤色の線、マイナスには青色の線を使っていましたが、最近では黒色一色で、端末だけに赤のテープ、青のテープを巻くなどが多い様です。
で、テスターなどで、瞬間的に(短時間)電圧を測定、指示数値などで確認します。
あるいはテープの色などを信じて・・



トランジスター・・古い?ですか・・
トランジスターにはPNPタイプとNPNタイプがあります。
集積回路と言ってもこのトランジスターが沢山入っているだけ・・
もちろんLSIとて同じ。

で、PNPタイプの集積回路を使用するか、NPNタイプを使用するかで接地の極性が決ります。

両タイプが混合すると、結構やっかいな問題が起こります。
同一装置内では混合使用は殆ど考えられませんが、多数の装置で組み立てる場合などは混合する場合も多々あります。
故障修理の時など、うっかりすると・・ショート・・装置が破壊などもあります。
ご用心・ご用心。

昔の無線機器(真空管使用)には、プラス側接地と言う事はありません。
これは真空管の動作原理によるものです。
カソード(陰極)とプレート(陽極)があって、カソードを熱して熱電子を放出させました。
プレートにはその電子をキャッチするために当然プラス電圧をかけます。
これは真空管である限り、逆の電圧をかけると言う事は原理的にありえないので、議論の余地はありません。
マイナス接地・・基準電位を与えるための接地で、保安のためと言う事ではありません。
保安も兼ねてはあります。
従って、基準電位を与える(定める)が主で、保安のためは従となります。

まあ、昔から、プラス接地、マイナス接地は業界ごとに色々あったと言う事ですね。

不明の所は補足を・・分かる範囲でお答えします。

マイナスもプラスも、本当は難しく考える必要はありません。
何処か、あるいは何かを基準に定めて、その基準より見て、プラスとするかマイナスとするかだけです。

数直線をイメージしていただければ一目瞭然??かも。

直流の電源(電池・蓄電池などなど)があって、プラス側を接地すれば、マイナス側が主体となると言う事。

マイナス側を接地すばば、その逆・・

さて、電話の(アナログ)交換機など・・プラス接地が標準です。

何故・・・
交換機は昔はリレーで構成されていて、接点が多数ありました。
で、マイナス接地にすると、プラスイオンが接点に衝突・・プラス・つまり陽子は電子の1800倍の質量がありその分接点が傷む・・とか何とか聞いたことがあります。
文献で確認したわけではないです・伝聞です。
...続きを読む

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

Qアナログ専用線の内線延長方式とトールダイヤル方式

NTT東日本のアナログ専用線サービス(音声伝送、2線式)を利用する際に、接続方式として「内線延長」と「トールダイヤル」方式があります。

「内線延長」は、専用線の一方がPBXで対向側が電話機の構成、
「トールダイヤル」方式は、専用線をPBX同士で接続する場合のようですが、
必ずこの組合せの構成でなければ接続できないものでしょうか。

・・というのは、例えば、通常時は「トールダイヤル」方式でPBX同士を接続しておくのですが、片方のPBXが故障した場合に「トールダイヤル」方式において片方がPBXで、対向側が電話機の構成で使用したいためです。

Aベストアンサー

>必ずこの組合せの構成でなければ接続できないものでしょうか。

 制御方式が違うのには、それなりの理由があるでしょうから
普通は、無理でしょう。

 ただし、その「アナログ専用線」が、単一交換局内に有る場合で、
伝送装置を経由しない構成(単にメタル線のみの場合)は、
ユーザが、それぞれの装置の組み合わせを、繋ぎ換えても
動作すると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング