【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

早稲田大学の文化構想学部、日本大学芸術学部の文芸学科などが著名ですが、こういった文芸を扱う・文章を書く勉強をしたいと思っています。似たような質問もあるようですが、作家等を目指しているわけではないので「小説家になるなら」といったアドバイスではなく純粋に学校を教えていただきたいと思って質問しました。
地域や学校のレベルは関係なく教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

小説家になりたいのでなく文章を、ということなので、目的などがいまいちわからないのですが、文体研究などをなさりたいのでしょうか? だとしたら、普通の文学部で大なり小なりやっています。


なので、目先を変えて、「どこ(学校)にいくか」でなく「誰(教師)につくか」で探してみてはいかがでしょうか。
相当に本をお読みと思いますので、好きな本(とくに小説ではなく評論系)の奥付を見て、著者が大学で教えているようなら、著者名か勤務校でググってみるんです。
最近はどの大学でも、各教員がそこでどういう授業を持っているか、ネットで公開しているようです。そこでご自分の目的に合う人を探してみるのがいいと思います。

この回答への補足

確かに目的がわからないと答えていただきにくいかもしれません。単純に、「創作はしたいが作家になりたいわけではない」というだけなのですが……

補足日時:2008/06/03 18:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
そういう調べ方もあるんですね!ただ、こういう志望なのにお恥ずかしい話ですが、正直言って私はさほど本を読まないですし、評論には問題集くらいでしか触れません。古典文学の研究とか、そういう本なら読むのですが、志望と違いますので……でも、探してみようと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2008/06/03 19:15

小説が書けるのかは分からないのですが


早稲田の二文や日芸とかには該当者がいそうですね。

創作そのものを専攻するというよりは、文学研究の学科から攻めていった方が選択肢は多いかもしれません。文学部であっても文芸創作のゼミがあったりするので色々調べてみたほうが良いかもしれません。
また、戯曲や舞台芸術方面の学科を研究しても面白い結果が出るかもしれませんよ。日本語コミュニケーション学科や表現学科などという名称のところにもコースがあるかもしれません。

成城・東海・近畿・大阪芸術が有名ですが

今ぐぐってみたところ(学科教育内容として創作を謳っているものも含)
公立では尾道大学
関東では立教・共立女子・和光・和洋女子
関西では神戸松蔭女子学院・帝塚山短大
地方では福岡女学院・山梨英和・東海学園・梅光学院・国学院栃木短
などがあるようです^0^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。

早稲田の文学部は最近再編があり文芸学科は文化構想学部に組み込まれています。日芸は文芸学科と演劇のほうにも劇作コースがありますね。ただ、私はもともと舞台にはあまり興味がなくて、考えていませんでした。
コミュニケーション学科や表現学科も知ってはいたのですが、明治大学の情報コミュニケーション学部というところが日本語でどうこうというよりは英語重視で異文化コミュニケーションをはかるというような感じだったので、私の志望とは違うかなと思っていたのですが、『日本語コミュニケーション』で調べてみるとまたいろいろあるようですね。「困り度」のアイコンの通り正直言ってもう余裕がないのですが、また調べてみようと思います。

大学名の情報もありがとうございました!地道にあたってみます。

お礼日時:2008/06/03 18:59

大正大学の文学部は如何でしょうか?


参照URLを見てみてください。

私も、大学でなくてもいいから、小説を書くためのスキルをアップできるような講義・講座などはないか、と探していた時期がありました。紹介の大学へは、結局は行かなかったのですが。

参考URL:http://www.tais.ac.jp/gakubu2009/writing_1.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまって申し訳ありません。
そのものずばりの学科・コースですね!知りませんでした。大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/06/03 18:42

歴代の作家の出身大学や学部を調べると、いろいろな大学からというのがわかります。


実は短大からも作家になっている人はいます。
東京女子大学短期大学部から、高樹のぶ子と木崎さと子が、芥川賞を受賞しています。
この短大の内容を知っていますが、国語表現法という授業はあります。
美学など、文学の授業もあり、日本語で学ぶ程度ですが、四年制大学のほうから教授や講師が来て教えます。
自分から、読書を重ねるなら、短大でも、作家は輩出されると思います。

この回答への補足

質問文に書いた通り、作家になるための学校を探しているわけではありません。短大でも、という意味では高卒でも中卒でも、作家にはなれると思います。(柳美里などは高校中退ですし)私自身、作家になるためなら、大学では実技をするよりむしろ教養や経験を選んだほうがいいのではないかなと考えることもあります。ただ、私は作家になりたいわけではなく、文芸を勉強したいので……

補足日時:2008/05/30 23:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速な回答ありがとうございます!東京女子大学短期大学部は既に廃止されているようなのですが、四年生のほうの現代文化学部に対応する内容でしょうか?短期大学部、面白そうな学校だったようで、残念です。

お礼日時:2008/05/30 23:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマーチ程度のレベルで、日本文学をやるならどこの大学か

他にも同様の質問はありましたが回答範囲が志望と違うので新規に質問させていただきます。

マーチや成成明学くらいのレベルの大学で日本文学に強い大学を教えてください。東京近郊か関西への進学を希望しており、古典(特に古代)を中心に学びたいと思っています。

教授やテーマから決めることも検討していますが、史料などのことを考えると大学の環境も大事だと思ったので質問しました。ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

すでに出ているように、私立で日本文学なら国学院です。
多くの有名私大は外国文学がメインだからです。
国学院の日本文学科は歴史が古く、資料も多いです。この学科は国学院ではトップの看板学科で、この分野での知名度は高いです。

Q文学部で現代日本文学作品だけを学ぶのは無理?

文学部進学を選択肢の一つに考えている高校生です。

文学部に進学したら現代日本文学作品を学びたいと思っています。昔から小説を読むのが好きで、古典作品よりも、明治以降の作品(さらに言えば、例えば村上春樹さんのように今リアルタイムで執筆活動をされているような作家さんの作品)の方にに学問的な興味も寄っています。大衆文学でも純文学でも。自分が読んで育ってきた時代のものを研究したいという気持ちが強いです。
ちなみに志望校については、京都大学の学風に大変惹かれており、今のところそれ以外を考えたことがありません。

しかし、その文学部について調べていて引っかかる点が少しありました。
他の大学もそうだと思うのですが、国文学は文学部の中でも「東洋文化系」という大きなくくりの中に属していますよね。
その東洋文化系の必修科目や専門科目は、
・中国・韓国語・サンスクリット語などの外国語
・中国古典文学・漢文・国語古典文学・インド古典文学
がほとんどという印象でした。
国語学や国文学もありますが、それ以上に外国語や他国の古典文学の授業がかなりを占めていると思います。
さらに国文学の授業でも、古典文学だけを扱うのが文学部の一般的常識だと聞きました。これは本当なのでしょうか。
教授の研究テーマを見ていても、現代日本文学を専門にしていらっしゃる方がいらっしゃいませんでした。
京大以外の国立大も軽く見てみましたが同じような印象を持ちました。

これは、大学の文学部に進学しても現代日本文学を本格的に学ぶことはあまりできず(卒論を除く)、他国のものを含む古典文学・外国語ばかりということになるのでしょうか?

古典文学も外国語も嫌いではありませんが、現代日本文学をあまり学べず、そちらにウェイトがかなり寄っているなら、他学部に進学して独学で文学を学ぶ方が幸せなのかなぁという気がして迷っています。
文学部で現代日本文学作品だけを、とまでは言いませんが、少なくともそれを専攻にしていると言えるようにはなりたいのです。
それが無理ならば、現代日本文学を学びたいという人が、古典文学や外国語をやる意味って何でしょうか?

文学部に在籍経験のある方や、その辺の事情に詳しい方の回答を頂けたらと思います。些細な情報でもかまいません。よろしくお願いします。

文学部進学を選択肢の一つに考えている高校生です。

文学部に進学したら現代日本文学作品を学びたいと思っています。昔から小説を読むのが好きで、古典作品よりも、明治以降の作品(さらに言えば、例えば村上春樹さんのように今リアルタイムで執筆活動をされているような作家さんの作品)の方にに学問的な興味も寄っています。大衆文学でも純文学でも。自分が読んで育ってきた時代のものを研究したいという気持ちが強いです。
ちなみに志望校については、京都大学の学風に大変惹かれており、今のところそれ以外を...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。「文学が好き」と「文学を学ぶ」では「文学」というもののスタンスが異なることにお気付きでしょうか。そして「文学が接している領域」がどこまで及ぶか、をお考えになったことがあるでしょうか。高校生を含めての受験生にとってはいささか失礼かと存じますが、敢えてこのような問いを返させていただきます。
 口幅ったい言い方かもしれませんが、「文学」を人間の精神的な営みと理解するのであるなら、それが関わる範囲は「人間が関わる全ての領域」と規定することも可能で、それは社会学や法律学、政治学などの社会科学はもとより心理学や哲学といった思想系、時には人間が対象として観察している自然科学分野にまで及びます。そしてそうした全てをひっくるめた歴史にも脚を踏み入れねばならないことも普通です。
 「小説を読むのが好き」と仰る質問者からすれば、近代以前の作品は「小説」ではないのかもしれません。けれど『蜻蛉日記』や『更級日記』も解釈次第では「小説」でもあるとの事実を忘れてはならないでしょう。両者は共に「私小説」です。それは「私に降りかかった事象」を私の目線で見たこととして「自己対象化」の要件を完璧にクリアしていることによります。
 この要件を近代以後の作品に適用してみるならば、漱石、竜之介、そして公房や由紀夫、健三郎といった作家全てにあてはまることにもなります。
 こうしたことを考えてみると、最初の質問である「文学を学ぶ」とはどの様な意味を持ってくるといえるでしょう。そして具体的な内容はどの様な言葉として説明することになるでしょう。ここまで来た時、一先ずの定義を示すこともできます。少なくとも「文学なるもの」を研究対象とする時にしか、この言葉を使うことが出来なくなるとの話です。
 恐らく今後もノミネートされることはあっても村上春樹さんがノーベル賞を受賞することもないでしょう。それは文学が時空を越えて数多くの人と感動や認識を共有することで認められているからとの「文学の存在理由」との間でかなりの隔たりがあることも作用しています。
 『青が消える』が普遍の問題を扱っているといえるでしょうか。この作品をどの様な視点からターゲットとして観察することができるでしょうか。少なくとも僕には公房と類似するテーマを扱いながら彼の一連の作品を凌駕するとも考えられません。春樹が書いているのは「僕にとっては大切なもの」が他から見れば「さほどの意味はないもの」であるとの描写に留まっている点で、公房の足下にすら及ばない。だからどうしたの?で終わってしまうほどの作品ともいえます。
 質問者は「同時代の作家を対象とした」と肩に力を入れて力説していますが、戦後そして1945年以前の作家が同時代の空気を採り上げていないとの考えならば、それは大間違いともいえます。彼らは全員「自分の目線」とのフィルターを通じて社会そして世界を観察し、それを「言葉」として再び世界に放ち、読者(研究者も評論家も)に投げ返してきた、「社会とは…」「世界とは…」「私とは…」そして「これら私を取り巻くものと私の関係は…」との形で。
 少し厳しい言い方になりますが、質問者は「文学」を全く知らないといっても過言ではありません。公房が海外でF.カフカやS.ベケットさらにはA.カミュ、健三郎がG.グラスなどとの同時代の観察者として考察の対象になっていることをご存知でしょうか。またなぜ和歌や俳句に関する研究で外国の研究者の方がより本質的な部分にまで切り込むことができるのか考えたことがあるでしょうか。
 芭蕉の旅は西行の旅と重なる部分が数多くあります。清少納言や兼好の言葉には李・杜、白居易をはじめ多くの言葉がちりばめられてもいます。これはなぜでしょう。それを読む人からすれば、まさに現代の言葉でもあるからです。雪降る朝の光景が「香炉峰の雪」を想起させると清少納言が感じたから、それを言葉にしたのであり、そうした姿をペダンティックと評するのも一つの解釈です。けれどもそれは「清少納言という人物像に対する評価」であり「『枕草子』に対する評価」とは異質なものといえます。
 どうやら質問者は「大学で学ぶ」ことを勘違いしている可能性も多分にあります。専門の教員がいないから学ぶことができないとなれば、質問者の文学に対する姿勢は常に受け身といえ、そこから何を引っ張り出すかとの最も大切な作業を放棄することになります。このような生半可な姿勢では理論構築のない分野とはいえ、何を求めるかとの自らが立てた問いに対する答えを見つけることは到底叶わないともいえます。
 「京都大学の学風に惹かれる」とはあっても、文学部に学風は無関係です。京大文学で「学風」と呼ばれるのは歴史学での「内藤史学」や哲学での「西田哲学」といった「研究スタイル」や「アプローチ視角」での特色です。老婆心ながら誤解されませんように。
 なお「日本文学科」や「国文科」が対象領域として扱うのは必ずしも古典だけではありません。近代以後、「第三の新人」と呼ばれる作家までは対象範囲に含まれます。志望選択をする以前に少なくとも、近代文学史の概要程度は頭に叩き込んでおいていただきたいですね。それが常識ですよ。

 こんにちは。「文学が好き」と「文学を学ぶ」では「文学」というもののスタンスが異なることにお気付きでしょうか。そして「文学が接している領域」がどこまで及ぶか、をお考えになったことがあるでしょうか。高校生を含めての受験生にとってはいささか失礼かと存じますが、敢えてこのような問いを返させていただきます。
 口幅ったい言い方かもしれませんが、「文学」を人間の精神的な営みと理解するのであるなら、それが関わる範囲は「人間が関わる全ての領域」と規定することも可能で、それは社会学や法律学...続きを読む


人気Q&Aランキング