天体観測が趣味のかた教えてください。プラネタリウムにいって感動しました。本物が見てみたい・・・天体観測をはじめるには道具はどこでかえばいいですか?いっぱい星についてしりたくなりました。皆さんはどこで知識を手に入れたのでしょうか?大阪に住んでますが、車でいけるお勧めの天体観測場所など教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

一口に天体観測といっても、楽しみ方は色々です。


プラネタリウムで感動されたということでしたが、どのようなプログラムでした?

星座と神話に関することでしたか?
それとも衛星の姿や星雲の鑑賞だったでしょうか?
あるいは、宇宙の起源とか形状に関することでしたか?
はたまた、人類が宇宙へ踏み出す歴史的な見聞?
もしかしたら新星の発見なんてテーマでした?

やはり入門的なテーマは、星座と神話辺りが面白みもあるし、器具なども最低限なので入りやすいと思います。書店で天文図鑑と星座速見盤、星座の神話なんてものを購入して、郊外へ出てみてはいかがでしょうか。大阪なら奈良か和歌山方面へ進めば光害の少ないところもまだまだあると思います。
    • good
    • 0

まとはずれだったら、ごめんなさい。



星座早見盤をもって街明かりのない郊外へ出かけてみては。

星座早見盤は書店でも売ってますが、簡単なものなら以下HPで。
http://www.nhao.go.jp/~tokimasa/hayami/hayami.html

星座がわかれば神話にも興味がでますし、星座の中の名前がある星にもさらに興味がわいてくると思います。例えば、夏の大三角形は、こと座のα星”ベガ”(たぶんこの星の名前は聞いたことがあると思います)を含んだ3つの星で構成されているとか。
    • good
    • 0

今までいくつかの望遠鏡を使ってきましたが、最初から望遠鏡を買う必要は全くないというか、不要だと思います。


今も大きな望遠鏡を持っていますが、一番好きな星の見方は地面にねっころがって肉眼で星を見上げることです。
この方法は「星を観る」というよりも「宇宙を感じる」というほうが適切かもしれません。本当に綺麗な空の下でこれをやると、宇宙を見上げているのではなく、地球を背負って宇宙を航行している(または落下している)ような錯覚になります。(私だけ?)

望遠鏡はとても視野が狭いので、観測対象がはっきりしないうちは買うべきではないでしょう。おそらくすぐに飽きてしまいます。どちらかというと、なるべく明るい(ひとみ径の大きい)双眼鏡をお勧めします。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

http://www.nhao.go.jp/
播磨天文台は如何中国道で直ぐだと思いますが

参考URL:http://www.nhao.go.jp/
    • good
    • 0

当方東京に住んでいるのでお勧めのスポットなどはわかりませんが・・・



> 天体観測をはじめるには道具はどこでかえばいいですか?
先ずは道具がなくても始められるのが天体観測です。
街灯が明るすぎる街中以外ならどこでも始められるのです。

また、望遠鏡を使ったとしても大きく見えて感動するのは月ぐらいな物で、
ある程度いいものなら土星の輪や、木星の衛星を見ることは出来ますが、
プラネタリウムで見られるような鮮明さは難しいです。
恒星はどんなに性能がいい望遠鏡でも点にしか見えません。

また、星雲なども一部の物を除いて肉眼では見ることが出来ません。
写真で長時間光を集めてやっと綺麗に写る物です。
星野観察→いずれは天体撮影に興味が出てくるかもしれませんね。

とにかく、有名な雑誌としては「天文ガイド」という本が出ています。
天体の情報から始まり道具の知識も乗っているはずです。
とりあえず本屋で見てみたらいかがでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天体観測

ど素人の質問で、経験者の方は辟易とされるかもしれませんが
お許しください

最近、双眼鏡で土星の輪が見えると聞き実家の双眼鏡で
試しに木星を観たんですけど全然見えませんでした
多分バードウォッチング用だからだとおもいます

それなりに自分でググって調べたんですが
いまいちよく分かりません
どういった双眼鏡なら観れますか?
具体的な機種名を教えてほしいです

希望としては、木星の縞模様や衛星、土星の輪を観たいです
また双眼鏡で天体観測するメリットや
天体望遠鏡での天体観測との違いなど教えていただけると幸いです

またよりよい双眼鏡なり望遠鏡なり使うと
たとえばカニ星雲とかメシエ天体は
写真集で観るようにカラフルで幻想的に観れる物なのでしょうか?

Aベストアンサー

NO.1の方も指摘しているとおり、土星の環を見るためには、20倍くらいないと厳しいかも。それと、双眼鏡の天体観測となるとやはり三脚は必須です。三脚に固定できるのが最低条件でしょう。
(具体的な機種まではわかりませんが)双眼鏡メーカーでは「ビクセン」とか「ケンコー」というメーカーがよいかもしれません。
天体望遠鏡にくらべて双眼鏡のメリットは視野が広く、目的の天体を見つけやすい、といったところでしょうか。
それと、ご質問のあったカニ星雲やメシエ天体は、残念ながら、カラフルで幻想的には見れない・・・のが現実です。

Q今後天体観測、天体写真を楽しむ上でどういった展望が見込めるでしょうか

今後天体観測、天体写真を楽しむ上でどういった展望が見込めるでしょうか


今年、天体観測、写真共に始めた初心者です

手持ちの機材は
望遠鏡 :VIXEN R114M 反射式望遠鏡 焦点距離900mm(F7.9)
アイピース:UW-20mm(45倍、実視界88度) UW-6mm(150倍、実視界26度)
架台 :ポルタII経緯台
双眼鏡 :VIXEN アスコット SW 10X50 
カメラ :KISS x4 ダブルズームキット
レンズフィルター :Kenko 58S PRO1D プロソフトン[A]
カメラ&双眼鏡用の三脚

という具合です


現状の観望は惑星や二重星を見たり、眼視や双眼鏡で星座や星雲を見るといった具合です
東京郊外に住んでおり、住まいの近くではあまり暗い空は見込めません

ただし、関東内なら週末に、更に遠くへは長期休暇に遠征を行っています

また天体写真については、すべてカメラ単体による星野、星景写真のみです


今後、どういった活動の展望が望めるでしょうか
また、そのためにはどういった機材が必要になってくるでしょうか
お勧めなどありましたら是非教えてもらいです

鏡筒があまり天体写真には向かないと分かっていながら購入したので
コリメート撮影は諦め気味なのですが、取り付けるアダプタさえ買えばそこそこは写せるでしょうか

月くらいなら携帯でも撮れたのでなんとかなりそうですが

今新たに購入検討している機材としては

・コリメート撮影のためのカメラと望遠鏡を繋ぐアダプター
・木星をもっと大きくみるための4mmくらいのアイピース
・現在フォトショでやってるコンポジットの幅を広げるためのステラナビゲーター

など、比較的低コストで活動の幅を広げれるものを検討しています
天文ファンの知り合いがほとんどいないもので、助言を貰う機会がなく投稿させて頂きました。

アドバイスやお勧め等ありましたら、宜しくお願いします

今後天体観測、天体写真を楽しむ上でどういった展望が見込めるでしょうか


今年、天体観測、写真共に始めた初心者です

手持ちの機材は
望遠鏡 :VIXEN R114M 反射式望遠鏡 焦点距離900mm(F7.9)
アイピース:UW-20mm(45倍、実視界88度) UW-6mm(150倍、実視界26度)
架台 :ポルタII経緯台
双眼鏡 :VIXEN アスコット SW 10X50 
カメラ :KISS x4 ダブルズームキット
レンズフィルター :Kenko 58S PRO1D プロソフトン[A]
カメラ&双眼鏡用の三脚

という具合です


現状の観望は惑星や二重星を見たり...続きを読む

Aベストアンサー

>今後、どういった活動の展望が望めるでしょうか
>また、そのためにはどういった機材が必要になってくるでしょうか

それについては質問者様自身がどうしたいのか?ってこと次第かと思われます。
目的が定まれば自ずと使う機材の方向性も見えて来る筈ですよ。
まずは天文雑誌を講読して視野を広げるところからはじめましょう。そこには質問者様にとって有益な、あるいは目の毒なw情報が溢れてますよ(^-^)

>コリメート撮影は諦め気味なのですが、取り付けるアダプタさえ買えばそこそこは写せるでしょうか

アイピースを介したコリメート法だとかなりの拡大率&合計F値になりますので、経緯台ではかなり辛いかと。それこそ惑星なんかだと数秒は露光時間がかかりますよ。
質問者様の求める結果のレベルが不明なので明言出来ませんが、今の装備ではあまり現実的とは言いかねます。
アイピースを介さない直焦点撮影ならなんとか月くらいはいける感じでしょうか。
観望だけなら経緯台で全然構わないのですが、本格的に天体写真を考えるならやはり赤道儀は必須です。
なにしろ殆どの天体写真の相手は暗い上に移動するものですので。

観望に特化するならドブソニアンとか大型双眼鏡という方向性もありますし、撮影であれば月・惑星系か星雲・星団系かで装備が異なります。
質問者様の住環境を考えれば自宅からコンスタントに行なえる撮影は月・惑星系に限定されてしまいますし、星雲・星団系なら何にせよ「移動」を前提とした装備にならざるを得ません。まぁ考え方によっては移動の為の車も「撮影の必須道具」と見做すことも出来ます。天体写真を撮る人間ならば実際にそういう観点で車選びをしますしね。

>天文ファンの知り合いがほとんどいないもので、助言を貰う機会がなく投稿させて頂きました。

であればまずは仲間探しから始めるというのも一つの考え方です。
あまり大々的に活動していなくても、必ずや近隣に天文ファンの社会人団体がある筈ですよ。それこそ胎内星祭りみたいなイベントともなれば全国各地からそういった団体が押し寄せてきますので。

>今後、どういった活動の展望が望めるでしょうか
>また、そのためにはどういった機材が必要になってくるでしょうか

それについては質問者様自身がどうしたいのか?ってこと次第かと思われます。
目的が定まれば自ずと使う機材の方向性も見えて来る筈ですよ。
まずは天文雑誌を講読して視野を広げるところからはじめましょう。そこには質問者様にとって有益な、あるいは目の毒なw情報が溢れてますよ(^-^)

>コリメート撮影は諦め気味なのですが、取り付けるアダプタさえ買えばそこそこは写せるでしょうか

ア...続きを読む

Q天体観測の楽しみ方について

昔からの夢で天体望遠鏡を買って天体観測をしたいと思ってます。
土星の輪や木星の縞模様を見てみたいのですが、どこにあるのかわかるものでしょうか?
また、それらを観測した後、それ以外の観測の楽しみはどのようなことがあるのでしょうか?
全くの初心者なので、観測の楽しみをいろいろ教えていただきたいと思ってます。

Aベストアンサー

今年の1月に、何の予備知識もなくVixenの天体望遠鏡ミニポルタA70Lfを購入しました。
家電量販店で、3万円ほどのものです。
「おもちゃ」の域を何とか超えた、「天体望遠鏡」を名乗れる最低限度をクリアした入門機と言えるでしょう。
同時に、「星空年鑑」という書籍を購入し、いろいろと勉強しました。

まず、月のクレーターは実にあっさりと観察できました。
あっさりではありますが、やはり感動します。

木星と土星の位置は、インターネットでちょっと調べれば、その日の何時にどのあたりにいるか分かりますし、
両方とも明るく目立つので、「このあたり」さえ分かっていれば、簡単に見つけることができます。
今の時期、木星は夕方に西の低い空に現れ、速い時刻に地平線に沈んでしまいます。
低い空の天体は、大気のゆらぎの影響を強く受けるので、今ごろは木星の観察は難しいです。
5月頃までは、夜の8時9時くらいに南の空高くにいたので、初心者の私にも簡単に観察できました。
縞模様も見えますし、ガリレオ衛星と呼ばれる4つの衛星も見えます。
今は、土星が観察しやすいです。
写真で見る土星の画像を想像するとガッカリしてしまいますが、それでも輪は明らかに見えます。
惑星を視野に入れてピントを合わせるのは、慣れるまではうまくいかず、けっこうストレスだったりします。

購入後しばらくして、望遠鏡に一眼カメラを接続するTリングを購入し、写真を撮れるようになりました。
これがなかなか、奥が深くて楽しい。

この入門機では、ここまでがせいぜいだと思います。
これ以上を目指そうとすると、とりあえず十数万円、次のステップで30万円、
次のステップでは一気に80万円という世界ですから、私はここまでで充分かなあと思っています。

なお、天体観測を始めると、ほとんどの日が曇りか雨であることに気付かされます。
始める前は、半分ちょっとは晴れて星が出ているような印象でしたが、とんでもない。
今の私の感覚では、晴れて星が出ている夜なんて、2割いくかいかないかくらいです。
おかげで、今年4月4日の皆既月食も、7月1日の木星金星大接近も、
厚い雲に遮られて見ることができませんでした。
これまでのように、そんなことを知らなければ、悔しい思いをすることもなかっただろうに、
曇ってて残念、という感覚は、天体観測を始めると常につきまとってくると思いますよ。

今年の1月に、何の予備知識もなくVixenの天体望遠鏡ミニポルタA70Lfを購入しました。
家電量販店で、3万円ほどのものです。
「おもちゃ」の域を何とか超えた、「天体望遠鏡」を名乗れる最低限度をクリアした入門機と言えるでしょう。
同時に、「星空年鑑」という書籍を購入し、いろいろと勉強しました。

まず、月のクレーターは実にあっさりと観察できました。
あっさりではありますが、やはり感動します。

木星と土星の位置は、インターネットでちょっと調べれば、その日の何時にどのあたりにいるか分かります...続きを読む

Q天体観測をする場所で有名な場所を教えてください!!お願いします!!

天体観測をする場所で有名な場所を教えてください!!お願いします!!

Aベストアンサー

こちらで、日本全国255箇所出ました。最寄の行きやすい所をどうぞ。

http://www.its-mo.com/c/%E5%B1%95%E6%9C%9B%E3%83%BB%E5%A4%95%E6%97%A5%E3%83%BB%E5%A4%9C%E6%99%AF%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88+%E6%98%9F%E3%83%BB%E5%A4%A9%E4%BD%93%E8%A6%B3%E6%B8%AC/020000:020500:020507/

Q天体観測の双眼鏡

全くの初心者です
お願いします

天体観測したいと思い、ネットで色々調べてみたんですが
よく分かりません

木星の縞模様とガリレオ衛星、土星の輪、簡単な星雲 など
出来れば双眼鏡で観たいです

具体的にどうな機種がお薦めか教えて下さい
お使いの機種でどのように見えるかなど
お話いただけたら、なお幸いです

安易な物を買ってしまい結局観れなかったでは
大切なお金を損してしまうので嫌です

ネットで質問したら、木星の縞模様をみるには
20倍くらいないと観れないといわれました

20倍というとズーム双眼鏡以外では検索でヒットしません
ズーム双眼鏡は天体観測に否定的な意見の方もいましたが
実際どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

>木星の縞模様とガリレオ衛星、土星の輪、簡単な星雲 
簡単な星雲というのが、何を指しているかは判りませんが
天体用として作られたまともな望遠鏡であれば、土星の環までは
50mm径程度の望遠鏡でも見えます。
http://scopetown.jp/prod_st_raptor_1.html

でも、双眼鏡で土星の環を(楕円形でなく)環として分離して
見ようをすれば、かなり上質の20~30倍程度の双眼鏡か
双眼望遠鏡が必要です。(それも丈夫で微動のついた三脚が必要)
#価格的には上記の望遠鏡の10倍以上は必要か・・?

これまで、50mm径20倍、60mm径20倍、70mm径30倍などの20倍以上の
双眼鏡(ヤフオクの中古ですが)でチャレンジしましたが、
未だに土星の環がちゃんと見える双眼鏡はお目にかかっていません。
#フジノンとかニコンの20倍程度のなら見えるらしいが10万以上・・・

Q双眼鏡で天体観測

双眼鏡を使って手軽に天体観測をしてみたいと思っています。
倍率は7×50くらいが最適という話を聞いたのですが、何かおすすめはないでしょうか。
下のミザールというのが非常に良さげなのですが、これより安いとあまり良いものは手に入りませんか?
http://www.skygrove.co.jp/eyebell/tentaisougankyou.htm

Aベストアンサー

おそらく数値でいわれても実感がないとおもいますので、実際にいくつか種類のおいてあるお店で高級機も含め景色を覗いてみて、違いを実感した上で予算との兼ね合いで選ぶことをお勧めします。(高いものはそれなりに良いということです)
それほどこだわりがないのであればミザールのものでも良いと思いますが、それ以下の無名ブランドのものは避けた方が無難です。
レンズ等のコーティングがすぐはがれたり(最初からないかもしれません)、ひどいものになると光軸がずれているものもあります。こんなもので星を見るのはとっても苦痛なものです。

それと、7x50でも手持ちで星を観ていると結構腕が疲れます。自作でも良いので三脚を使うことをお勧めします。

Q天体観測がしたい!!

天体観測が趣味のかた教えてください。プラネタリウムにいって感動しました。本物が見てみたい・・・天体観測をはじめるには道具はどこでかえばいいですか?いっぱい星についてしりたくなりました。皆さんはどこで知識を手に入れたのでしょうか?大阪に住んでますが、車でいけるお勧めの天体観測場所など教えて下さい。

Aベストアンサー

一口に天体観測といっても、楽しみ方は色々です。
プラネタリウムで感動されたということでしたが、どのようなプログラムでした?

星座と神話に関することでしたか?
それとも衛星の姿や星雲の鑑賞だったでしょうか?
あるいは、宇宙の起源とか形状に関することでしたか?
はたまた、人類が宇宙へ踏み出す歴史的な見聞?
もしかしたら新星の発見なんてテーマでした?

やはり入門的なテーマは、星座と神話辺りが面白みもあるし、器具なども最低限なので入りやすいと思います。書店で天文図鑑と星座速見盤、星座の神話なんてものを購入して、郊外へ出てみてはいかがでしょうか。大阪なら奈良か和歌山方面へ進めば光害の少ないところもまだまだあると思います。

Q天体観測

この夏七月後半から八月の頭にかけて
大阪、京都、奈良、滋賀、のどこかで
流れ星に出会えますか?
流星群以外には流れ星に出会ったことが無いのですが
普通にキャンプ地とかで流星に出会えたりしますか?
おすすめなところがあれば教えて下さい!
おねがいします☆

Aベストアンサー

私のお薦めは、琵琶湖の北にある余呉湖周辺です。

余呉湖は周りが山に囲まれていて、光を発するものが周りに
あまりないので、星や流れ星はよく見えます。

前に行った時は、10分に1つ位流れ星が見えました。

ただし、冬の方が空気が澄んでいるので私は星を見に行くのは
たいてい冬です。

また、和歌山の龍神スカイライン辺りでも、星が綺麗に見えるので
流れ星もよく見えるのではないでしょうか。

Q山に登って天体観測をしたいのですが、何が必要ですか?

これから、天体観測のことについてしっかり勉強しようと思います。
何が必要でしょうか?
天体観測をするためのノウハウが得られるサイトなども教えてください。

Aベストアンサー

星座早見盤・・・これは山で見るんですと、ペンライトが必要です。
数人で見るんだと、単一の電池が4つ入るような大きい懐中電灯があると、星まで指し示すことができますよ。星座確認のとき、わかりやすいです。

双眼鏡or単眼鏡・・・私は双眼鏡ですが、7×50とか、かな。あまり倍率の高いものは、意外と見づらいです。

あと夏でも夜は結構寒かったりします。防寒具っていうか、はおるものを用意しましょう。

とりあえずそんなところからスタートして、徐々に考えていけばいいのでは? 
たくさん見れるといいですね。
私もこの夏、高原に見に行きますよぉ。

Q女子部員の天体観測

お世話になります。

私は大学一年生で部活動で天文に所属している女子です。
天文、という事で天体観測にも行ったりする事があるのですが
それを親に言うと

・女子が山奥に一晩いる事
・若い人の山道の運転(夜道だったり徹夜明けだったり)に乗る事

の2つの点をとても心配してくれて「行かない方が良いのではないか」と言ってくれています。
勿論、女子だけまたは一人で行く訳ではなく女子数人男子数人の大体10~20人程度のグループになります。
また近々天体観測に行く事になっていて、同じ一回生の人は女の子も含め皆参加するようですが私は親に言われた事に悩んでいます。

親は最終決定は私に委ねてくれているのですが、私は「皆行くから平気、行きたい」という気持ちと同時に「親に心配をかけたくない、やはり危険なのだろうか」という反対の気持ちが同じくらいあり悩んでいます。
天体観測は任意の参加なので行かなくても部に在籍する事は可能です。
やはり行かない方がいいものでしょうか?

アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご本人、ご両親ともに危ぶむ気持ちがあるのなら、今回は見合わせた方がいいのではないですか。

まず、ご本人が、行程に安心していない、自信がないわけですからね。
自身の見解で、ご両親に「心配ない。安心して」といえる程度に、もろもろ理解を深めてから参加するようにしても遅くはないでしょう。
まわりの人も気を使ってしまうかもしれませんし。

天体観測に対する意欲が、今後も高いままならば、次の機会はすぐにくるんじゃないでしょうか。


人気Q&Aランキング