人気雑誌が読み放題♪

商業のオリジナルBLを殆ど読んだことがありません。
漫画・小説どちらでも構いませんので、私の好みに合いそうな、
皆様の「コレ!」というオススメ作品(作家さん)が在りましたら教えて下さい。

数少ないですが今までに読んで好きな作品は、
「炎の蜃気楼」
BL抜きにしても濃厚なストーリーが好きでした。
ご存知の方はお分かりになると思いますが、BLに対する免疫は結構あります(^-^ゝ
「世紀末☆ダーリン(メインCP)」
性描写なし・コメディ調の漫画で大好きですが複数CPが少し苦手。
「旋風は江を駆ける」
少しだけ物足りない?
男らしいけど可愛い受け、ちょっと捻くれている受けが好きみたいです。攻めは理性を失っていなければいいかな(笑)
イラストは、ほたか乱さん、茶屋町勝呂さん等の絵柄が好きです。

逆に苦手だった作品は、
「お金がないっ」
ごめんなさい。この作品が本当に苦手で、商業のオリジナルBL全体に苦手意識を持ってしまいました。
「LOVELESS」、「ニューヨーク ニューヨーク」
好評なので読んでみましたが、余り好きではありませんでした。

次のような傾向が特に苦手です。
・性描写が過激で、紙幅の大半を占めているもの。
・主人公が複数人に狙われていたり、襲われたりするもの。
・生徒会長が出てくるような学園もの。
・極端な悲恋。切ないものは好きです。

簡単なオススメ理由も添えて頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは!


質問者さんの好みに合うかわかりませんが、私のオススメです。

▼高月まつりさん
コメディ調+男らしくて天邪鬼な受け+おバカで受けにめろめろな攻めという設定が多いです。
伯爵様シリーズ(吸血鬼もの)も面白いですが、私のオススメはアパレル業界ものです。(ラブショップ・ア・ゴーゴー、FITTIN FINGER LOVERS等)

▼高将にぐんさん
http://ponkotu.chocot.net/b_index.htm
サイトでも作品が読めますが、「キミログ」という作品が本当にオススメです。
インターネットが恋愛のツールとして使われていて、ちょっと珍しいです。
見ていてついつい照れてしまうほど、可愛い作品ですので是非ご覧になってください^^

▼志麻友紀さん
BLというかティーンズノベルですが、男同士のCPなので、一応記載しておきます!
・ローゼンクロイツシリーズ
https://www.saidoku.com/Saidoku/GoodsDetail.do?t …
国を巡っての陰謀が渦巻く壮大な作品です。とても読み応えがあって面白いです。
・神父と悪魔シリーズ
http://www.amazon.co.jp/%E7%A5%9E%E7%88%B6%E3%81 …
外面はとても良い神父(実は腹黒)や出自が謎めいた悪魔他、個性溢れるキャラのテンポのよい掛け合いが楽しい作品です。
まだ簡潔していないので謎が多く先が気になりますが、オススメです。

参考になれば幸いです^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

可愛い作品と読み応えのある作品の両方をオススメして下さって、
ありがとうございます。

高月まつりさんの作品は、アパレル業界ものがオススメなんですね。
オススメいただいた作品の中で、社会人設定の作品が少なかったので嬉しいです。

高将にぐんさんの「キミログ」、サイトで試し読みしてみました!
とっても可愛らしいお話で、gl0_0lbさんの仰る通り、ちょっと照れてしまいますね。
主人公が普通の男の子なのが好みでした。

志麻友紀さんの作品は世界観がしっかりしていて、読み応えありそうですね。
イラストが、さいとうちほさんで少し懐かしいです。
サイトと参考URLも丁寧に教えていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/03 20:47

【小説】


英田サキ DEADLOCKシリーズ(徳間書店キャラ文庫)
冤罪で投獄された元麻薬捜査官が解放を条件に刑務所に潜むテロリスト集団のボスを探し出す話です。
BL要素を除いても良質な作品です。

たかもり諫也 夜の声 冥々たり(新書館ディアプラス文庫)
仕事に疲れて旅に出た青年が寂しい野原に住まう陶芸家と出会い、惹かれていく話です。
和を意識したもので文章がとても綺麗です。

久能千明 月の砂漠殺人事件(ムービックGENKIノベルズ)
親族の経営する民宿へ遊びに行った主人公が久しぶりに再会した幼馴染と部活仲間とともに殺人事件に巻き込まれる話です。
事件を通して主人公の葛藤が描かれています。

五百香ノエル MYSTERIOUS DAM!!シリーズ(新書館ディアプラス文庫)
本格推理小説家とライトミステリ小説家の2人組が行く先々で事件に巻き込まれる話です。
殺人モノのわりにサクサクと読めます。

岩本薫 ロッセリーニ家の息子シリーズ(角川書店)
イタリアはシチリアを牛耳るロッセリーニ家の3兄弟それぞれの恋物語を描いた話です。
特に3冊目はホテル事情に触れているので恋愛小説だけでは片付けられないです。


【漫画】
一之瀬綾子 ゴーゴー僕たち(幻冬舎ルチルコミックス)
美形揃いの助っ人専門部(別名ヒモ部)の部長に好意を寄せられた新入生の苦悩と葛藤を描いた作品です。
露骨なシーンもなく勢いで話を進めている感じでBLっぽくもありません。

南野ましろ 新書館ディアプラスコミックス一連作品
明聖学院という風変わりの学校に通う生徒を中心に色々なカップルを取り上げているシリーズです。
どのくらい風変わりかというとオネエの理事長がいたり制服改造OKだったり卒業式に落とし穴を掘ったり忍者装束で校舎に潜んだり山羊が生徒として通っていたり…と挙げればキリがないです。
この学院に通う生徒の関係者の話もありますがシリーズ名はありません。

佐久間智代 天使×密造(角川書店CIELコミックス)
アイドルグループCROWのバラエティ担当・凛は相棒で演技担当・八雲に寄せる想いをひたすら隠して接するところから始まる作品です。
編集命令(笑)で性描写を含みますが、本人があまり描くことを好んでいないようなのでサクサクと片付けられているので大丈夫だと思います。

高河ゆん アーシアン(創美社コミックス)
地球を監視する天使たちの中でも黒髪黒瞳の異端児・ちはやが地球を守るために人間の良いおこないを探していく話です。
BLというカテゴリから外れますが、高河ゆんの作品を読むなら最初にこれを読むべきだと思います。
同性愛は天使たちの中でもタブーで、それでも抑え切れない衝動を抱える若い世代とひたすら隠す大人の世代の比較が美しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ご紹介いただいた作品の中で、
特に小説は私の好みにぴったり当てはまるものばかりでした!
ミステリーとかサスペンスなどBL要素がなくても大好きなので、とても楽しめそうです。
英田サキさんと岩本薫さんの作品は、
駆け引き、仁義など、男らしい世界観に一目で惹かれてしまいました。

漫画はコメディ作品がとても面白そうです。
「どのくらい風変わりかというと~」のあらすじでお腹を抱えてしまいました(笑)
すごく読みたいです。
BLのコメディ漫画はあまりないのかと思っていましたが、
面白そうな作品を教えていただけて嬉しいです。

同性愛に対する葛藤や苦悩などが描かれている作品は、心理描写に深みがあって良いと思います。

最近のBLの傾向に少々嘆いていましたが、こうしてお尋ねすると、色々な作品が沢山あるんですね。
編集命令という辺りで、何となく事情が分かった気がします…(笑)
オススメいただいた作品から徐々に読んでいきたいと思います。

難しいリクエストにお応えいただいて、ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/03 20:28

今晩は。


最近のBL本は性描写の激しいものが多いですよね…。
小説で私のおススメをあげてみます。



■ FLESH&BLOOD 松岡なつき(徳間書店キャラ文庫)

イギリス海賊の英雄キャプテン・ドレイク―彼に憧れる高校生の海斗は、夏休みを利用して、海賊巡りの旅を計画。ところがドレイクゆかりの地プリマスで、海斗はなんと、次元の壁に飲み込まれ、大航海時代へタイムスリップ!!ドレイクの信頼も厚い、海賊船の船長ジェフリーに助けられ…!?エリザベス女王率いる海賊達と、スペイン無敵艦隊がくり広げる海洋ラブ・ロマン。 【1巻あらすじより】

主人公がイギリス大航海時代へタイムスリップしてしまうお話です。←これだけでは軽い感じに聞こえてしまうかもしれませんが、時代背景のしっかりした読み応えのある作品です。
BL作品ですが、Hシーンはありません。今のところ。
現在11巻まで出ています(続刊中)

http://www.amazon.co.jp/FLESH-BLOOD%E3%80%881%E3 …



■ 暗夜鬼譚(シリーズ)瀬川貴次(集英社スーパーファンタジー文庫)

平安建都から百五十年あまり。時代はまさに貴族文化が花開かんとしているころ―夏樹は元服したばかりの十五歳。周防の国司である父の元を離れ、ひと月前から近衛府に勤め始めたばかり。宮中での生活は珍しくておもしろいが、上司にかわいがられるために同僚の嫉妬を買っている。唯一の息抜きが弘徽殿に勤めるいとこの深雪を訪ねてのおしゃべりだった。そんな帰り道のこと、月のない夜の闇の中に立ちつくす美少年と遭遇。さらに、彼が指を差す先では、一体の馬頭鬼が踊っていた。【1巻 春宵白梅花あらすじより】

BL作品ではありませんが、平安時代の近衛府に勤め始めたばかりの少年と陰陽寮の学生の友情が妄想をかきたてます。
華やかな宮中の中に渦巻く陰謀、怪奇事件など話が面白く、とにかく出てくるキャラが全員魅力的です。
難を言えば現在入手が困難な事でしょうか。
(調べてみたところ、Amazonのマーケットプレイスにて購入可能なようです)
http://www.amazon.co.jp/%E6%9A%97%E5%A4%9C%E9%AC …




■ 騎士と誓いの花 六青みつみ(幻冬舎リンクスロマンス)

戦乱と飢饉によって衰えていくシャルハン皇国で、過酷な生活をおくる奴隷のリィト。そんな彼を救ってくれたのは、端正な容貌の黒衣の騎士・グリファスだった。両親亡き後、誰からも優しくされなかったリィトは、彼の包みこむような気持ちに惹かれていく。そんな幸せな時を過ごしていたある日、リィトはグリファスから、彼が仕える皇子の身代わりを頼まれる。命を救ってくれたグリファスのため、リィトは身代わりとなることを決意するが…。 【あらすじより】

切ないものは好きとかかれていたので、BL作品より切なくて泣ける1冊を選んでみました。(恥ずかしながら、私はこの本でぼろぼろ泣いてしまいました///)
Hシーンは巻末あたりにありますが、激しくはありません。
ただ、お話の中でsorrow22さんが苦手と言われている「主人公が複数人に狙われていたり、襲われたりするもの」にあたる部分が少しあるのですが、よくある激しいシーンといった感じではなく、切なくなる要素の一部分というか、ラストのハッピーエンドへの複線的な感じです。
気になるようでしたら、ブックレビュー等参考にしてみて下さい。

http://www.amazon.co.jp/%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E3%81 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

決してエロが嫌いとは言いませんが、あまりに大々的に書かれると、
かえって白けてしまうタイプなので、最近のBLは凄いなぁ…と思います(笑)

オススメ頂いた作品すべて、とても気に入りました!

松岡なつきさんの作品の「イギリス海賊の英雄キャプテン・ドレイクに憧れる高校生」ここから、もう可愛くて好きです。
現在11巻も発行されていて、Hシーンがないというのもまた良いですね。
ここまで来て、まだ結ばれないの~!というくらいヤキモキするお話も好きだったりします(^^ゞ

瀬川貴次さんの作品は古本屋で見かけたことがあるかもしれません。
「馬頭鬼が踊っていた」あたりにも妄想かきたてられます…。
平安モノ好きなので、また探してみます。

切ないの大好きです!
意味のないHシーンは苦手ですが、そういうものなら大丈夫です。
BLの泣ける一冊というのは、なかなか出会えそうにないので、是非読んでみたいと思います。

あらすじ、URLなど丁寧にご紹介して下さって本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/06/03 19:43

最近は性描写がない方が少なくなってきましたよね。


BL要素があるもの、性描写が少なくストーリー重視のもので紹介しますね。

小説は、
真堂樹さんの「四龍島」シリーズ
久能千明さんの「青の奇跡」シリーズ

2つともストーリーがしっかりしていて、会話の部分も楽しいです。
(2つとも片方は、ひねくれキャラといった感じです。)

「四龍島」に絡みはないですが、妙に色気があって、あの際どい関係が大好きです。

「青の奇跡」は絡みが出てきますけど、エロいという感じではなく、何というかこれも色気があって大好きです。心理描写もよく描かれています。

漫画は、
尾崎南さんの「絶愛」+「BRONZE」
有那寿実さんの「Midnight Sun」
高城可奈さんの「嵐のデスティニー」シリーズ

「絶愛」+「BRONZE」はとにかく純粋です。男を好きになってしまった戸惑いと、人間として相手が好きってろころがいいです。

「Midnight Sun」は、う~ん、とにかくストーリーが面白いです。
BL要素があるとしか言えませんが、いい感じの関係です。
続きが出るのかが心配ですが・・・。

「嵐のデスティニー」は、主人公が元気で可愛いのでいいですよ。
シリアスな場面とコメディな場面が両方あっていいと思います。

いい所がうまく言葉に表せず残念なんですが、「とにかくいい!」としか言えません・・・

とりあえず今思い付いたものを挙げてみました。
ご参考にしていただければと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

最近のBL事情は、やはり、そういう傾向にあるんですね。
売り場の雰囲気が少し恐ろしく感じてしまいます(笑)

沢山オススメして下さって、ありがとうございます。

小説は二つとも、とても私の好みに合いそうです。
真堂樹さんはコバルト文庫を読んでいた頃に少しだけ知っていたのですが、
BL要素があるとは全然思いませんでした!
BLの長編小説は、先ずストーリーがあるものでないと読み続けられないのですが、
どちらとも重みのありそうな作品で気に入りました。

漫画は、尾崎南さんの作品は有名だったりしますか?
昔、読んでみたいと思っていた作品に似てました(^-^ヾ)
その他の漫画は、ストーリーは面白そうなのですが、
少し絵柄が苦手かもしれません…。ごめんなさい(>_<)
可愛らしい少女漫画の絵柄のBLが苦手でしたが、書き忘れていました。

そして、思い出したのですが、好きな作品に、三浦しおんさんの「月魚」がありました。

他にもオススメのBL小説・漫画が在りましたら、よろしくお願いします。

お礼日時:2008/06/02 18:18

猫田リコ、でアマゾン検索してみてください。

すごく個性的な絵のかたで、おもしろいです。

よしなが ふみ も同様にやってみてください。きのう何食べた、西洋骨董洋菓子店が特におすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

猫田リコさん、全く知らない作家さんでしたが、絵柄も作品のあらすじを読んだ印象も私の好みでした!
和風レトロな「ロロロロマンチック」やリーマンものの雰囲気な「丸の内ラプソディ」が特に面白そうです。

よしながふみさんの「西洋骨董洋菓子店」は少し知っていましたが、BLだったんですね。
よしながふみさんの作品は、登場人物が同性愛者というだけで、恋愛には発展しないストーリーかと思っていました。
じっくり読んでみたいと思います。

お礼日時:2008/06/02 17:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング