セレクトショップとは?
セレクトショップってどうなるんだろう?
と考えています
メジャーセレクトショップ?
・ビームス
・アローズ
・シップス
を例にして考えたいと思うのですが
3ショップについて皆さんどう思います?
気楽に答えてもらえたらと思います
宜しく!

A 回答 (1件)

ちょっと意味が分かりません。

ここは困っていることや疑問に思っていることについて質問するところですよ。チャットや掲示板ではありませんよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシップスやアローズのようなセレクトショップのセール

シップスやアローズのようなセレクトショップのセールは冬はいつ頃行われるのでしょうか?

Aベストアンサー

大体のショップは2006年1月初旬頃からだと思いますよ。
(早いショップでは12月ぐらいから)
ファッション雑誌の1月号(11月下旬~12月初旬に発売)に
各ショップのセール開催日などが載っていると思います。

Qセレクトショップ(ユナイテッドアローズ等)と言われる店はなぜいつも人が

セレクトショップ(ユナイテッドアローズ等)と言われる店はなぜいつも人が多いのですか?

こんばんは。

セレクトショップについてです。

私はたまに街に買い物に行きますが、不況の影響もあってか、
ブランドショップ(ファイブフォックス系列、ワールド系列、等)はガラガラなのに、
セレクトショップ(シップス・ビームス・ユナイテッドアローズ、等)はなぜかいつも人が多いです。

ユナイテッドアローズだってユニクロみたいに特別安いわけでもなく、
値段もそこそこで、その辺のブランド(ファイブフォックス系列、ワールド系列等)とそんなに大差はないように思います。
(ただ他のブランドショップとは違って過剰に接客してきませんが)


なぜいつも人が多いのでしょうか?
人気の理由は何なのでしょうか?

もしかして過剰に接客してこないのが人気の理由とかでしょうか??

Aベストアンサー

”セレクトショップ”とは日本語であって、英語を話す外国人に言っても通じません。また
”セレクトショップ”とは、外国、特に欧米には存在しない形式の小売店です。何が日本独特
なのかと言えば、例えば、人気のある紳士服のスタイルについて、大変高価な世界のトップ
ブランドやレーベルの商品が実際に店内で販売されているのと同時に、ほぼ同じスタイリング
ながら、同セレクトショップのレーベルが付いた日本で通称”オリジナル”と呼ばれる低価格な
自社開発商品に至るまで、同じテイスト、スタイリングの商品が価格的に何段階にも渡って様々
なブランドネームで販売されている点です。
外国は、今でも階級社会なので、所得や社会的階級などによって購入する店舗は異なってきますが、
日本だけは人間皆平等と考えている人が多い国なのです。
日本の大手の”セレクトショップ”の創業者や幹部の方達は、単なる服好き、服オタクではなく、
しっかりした経営ビジョンを持ち、日本と欧米の文化の違いなどをある程度正しく理解することが
出来る優秀な人たちが揃っていると思います。
日本の一般消費者の方々が購入したいのは、恒に”普通の”商品ではあるのですが、凡人が作った
普通の商品ではなく、極めて感性の鋭い人たちが創った”普通の商品”なのです。日本の一般消費者
の知性、感性は世界的に見てもかなり高いと考えられており、従って、”普通ではない普通の商品”
をきちんと見極められたり、感じることが出来る消費者の方々が多いのだと思います。
 また、人気になった商品を売り過ぎず、適度な、ややのどが渇くくらいの状態で見切ってしまう
ことなども、逆にプラスに作用していると考えられます。

”セレクトショップ”とは日本語であって、英語を話す外国人に言っても通じません。また
”セレクトショップ”とは、外国、特に欧米には存在しない形式の小売店です。何が日本独特
なのかと言えば、例えば、人気のある紳士服のスタイルについて、大変高価な世界のトップ
ブランドやレーベルの商品が実際に店内で販売されているのと同時に、ほぼ同じスタイリング
ながら、同セレクトショップのレーベルが付いた日本で通称”オリジナル”と呼ばれる低価格な
自社開発商品に至るまで、同じテイスト、スタイリングの商品が価...続きを読む

Qセレクトショップとブランドショップ?

パルコやそこらにある、服飾系の、ライトオンやユニクロなんかよりもちょっと高めのショップ(冬物コート3万~5万とか?)の呼び方についてです。

自分の店で作るのではなく、いろんなところから独自に仕入れて売るのがセレクトショップ。

自分の店で作ってそれを直販店かなんかで売るのがブランドショップ。

これって正しい考え方なんでしょうか?

だとするとタケオキクチやトルネードマートもブランドショップなんですか?ブランドというとグッチやシャネルなんかの(冬物コートが、何十万など)、もっと高級感のあるイメージがあるので違和感があります。

誰か正しい知識を教えてください。

Aベストアンサー

 ニューヨークから失礼します。まあ、気持ちはわからないでもないですが、このあたりのことはあまりまじめに考え過ぎることもないのでは、とも思います。 元々複雑で、常にビジネスの仕組みが変化している世界ですし、それに日本のアパレルビジネスにおける考え方、ネーミングなんぞ所詮 日本だけで通じるもので、日本を一歩出ると”ブランド ショップ”、”セレクト ショップ”などと言ったところで欧米では誰も理解出来ませんから。 この業界は、実際服は好きでも外国語が堪能でない人がほとんどで、いわゆる”ジャパニーズ イングリッシュ”の宝庫なのです。例えば”ブランド ショップ”だと、外国では、何か様々な商標そのものを商品として売っていると勘違いされるのが関の山ですし、”セレクトショップ”にいたっては、英米人にとっては
”なんのこっちゃ?”、です。
 日本では、ブランドの旗艦店を”フラッグシップ ショップ”と言わず、いまだに”フラッグショップ”などと称している英語の出来ない企業がまだまだありますが、”フラッグ ショップ”では文字通り、”旗屋”です。
 もともとブランドとは、中世のヨーロッパで、酪農家などの間で、自分と他人の牛や羊の所有と、それに伴う責任を明確にするために作った焼きゴテが、その言葉のルーツなのですが...
以降、あくまで日本だけで通じる話ですが;
 一般に”セレクトショップ”とは、ビームス、ユナイテッドアローズ、シップス、トゥモローランド、エディフスなど大手専門店チェーンに代表される、シーズンごとに研ぎ澄まされた(本当かね?)コンセプトを軸に、世界中の、彼らの鑑識眼にかなった取引先各位と商品を共同で企画開発し、それぞれ店のテーストにあった編集(mix up)を施した独自商品のラインアップと、こうした事情を良く理解したセールススタッフの行き届いた顧客サービスとのコンビネーションを売り物にした小売ビジネスということが言える, のですが、ビームスなどにおいては、昔から社内でテースト、コンセプト別に分社化が盛んで、それによって、同じ仕入先からでも、”ビームス”のレーベル、”ビームス何々”とそれぞれに分社化されたレーベルのついた商品と、それらとはまた別に、いわゆる取引先とのダブルネームとなった商品など、実に様々です。 
 つまり、一見 単一の”ブランド ショップ”の形態をとっているように見えながら、実質”セレクトショップ”としての運営形態をとっている企業もあれば、それとは、逆に”セレクトショップ”と称しながら、自社レーベルを全ての商品を付けることにこだわっている企業もあるので、”ブランド ショップ”と”セレクト ショップ”の線引きは、本当のところは、あくまでも”見方次第”ということが最近益々言えるようになってきているわけなのです。
 日本において”ブランド ショップ”のイメージを優先するのであれば、とにもかくにも、まずレーベルをどうするかということになるわけです。 商品の全てを自社のレーベル(商標)で統一すれば、日本では一般消費者から見れば、単純ですが、単一の”ブランド ショップ”と見えるでしょう。 但し、先述しましたように、内情を知る業界人から見れば、これは”セレクト ショップ”(色々な取引先から 商品を絞り込んで仕入れているという意味において)の一種に見えるものでもありましょう。
 また、商品の領域がバッグや、靴、ネクタイなど、単一のものに絞り込んだ”専門店”であれば、”ブランド ショップ”として、まだまだ”自分で作って自分で売る”ということも可能だろうとは思いますが、日本の消費者のレベルでは、どんなアイテムでも自分の好きなブランドが付いていた方が安心、つまりベターと考える人がまだまだ多く、そのためか、例えば本来バッグやベルトなど、革物を専門としている”ブランドショップ”であっても、商品の領域を広げてビジネスを拡大させるため、シャツやネクタイ、ジャケットなど本来の店の商品でないものまでも同一のレーベルで売ろうとすれば、当然 取引先を探して、自分の店のバッグが好きな顧客は、”こんな格好をするだろう、またはしてほしい、”というデザインを仕入れするシャツ、ネクタイ、ジャケットなどにアレンジ、施さねばならず、こうなれば、このお店も一見 単一の”ブランドショップ”ながら、実質”セレクトショップ”とも言えることになるわけで、結局のところ、ビジネスをしている本人たちが、
自分たちのことを何と称しているか、それに頼るしかないというのが、正直なところなのです。英語圏の欧米では、日本で言う”セレクト ショップ”は、Specialty Storeというのが一般的です。つまりアイテムやそれらのテーストに特化したと言う意味においてのSpecialtyです。
”ブランド ショップ”は、これにPrivate Labelを付ければ、日本人
的なニュアンスが伝わるでしょうか。以上、失礼をいたしました。

 ニューヨークから失礼します。まあ、気持ちはわからないでもないですが、このあたりのことはあまりまじめに考え過ぎることもないのでは、とも思います。 元々複雑で、常にビジネスの仕組みが変化している世界ですし、それに日本のアパレルビジネスにおける考え方、ネーミングなんぞ所詮 日本だけで通じるもので、日本を一歩出ると”ブランド ショップ”、”セレクト ショップ”などと言ったところで欧米では誰も理解出来ませんから。 この業界は、実際服は好きでも外国語が堪能でない人がほとんどで、いわゆる”...続きを読む

Qセレクトショップ「the Closet」の場所

雑誌でよく見るセレクトショップ「the Closet」が、大阪の心斎橋と梅田茶屋町にできたそうなのですが、肝心の場所がわかりません。ご存知の方いらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

下のサイト見つけました。
あってますでしょうか??
地図も住所ものっています。

参考URL:http://www.the-closet.com/tc.html

Qセレクトショップ

セレクトショップって、どんなお店なんですか?なんかイメージ的にめちゃ高いものしか置いてないって感じがするんですけど・・。ちなみに自分は高2の男です。

Aベストアンサー

一般的にセレクトショップは海外ブランドを集めてお店に置いている店のことを言います。バイヤーと言われる買い付け担当がヨーロッパなどに出向きいろいろなブランドの展示会でオーダーしてきます。インポートものと言われるものです。
ヨーロッパとアメリカものがほとんどです。バイヤーと言われる方々は常にアンテナをはりめぐらして、日本にまだ紹介されていないレアなブランドを探すのに必死です。

ただ、やはり輸入品ですので高いです!また、デザインも街で着るのはちょっと、、みたいなのが多いので最近は主にお店を飾る程度にとどめているとこが多い様です。#2さんが挙げられている代表的なお店では最近、ほとんどが値段を押さえたお店のオリジナル商品です。日本製、中国製もあります。お店の方々が日本の流行に合わせてデザインしているものです。今や割合はインポート2割、オリジナル8割位でしょうか?

その方が、一般的なお客さんが買いやすいし売り上げ
が上がるからなのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報