Windowsの画面のプロパティの設定タブのところで、16色や256色、high color(16ビット)、true color(32ビット)などと有りますが(カードによっては15bitや24bitが有ると思いますが)、15bitや24bitは3で割り切れるのですが(つまりRGBそれぞれに5bitや8bitを割り当てられると思うのですが)、16bitや32bitでは3で割り切れないのでどのようになっているのか知りたいのですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

基本的なコンピュータの表示において輝度が直接使用される事はありません


輝度値はRGBそれぞれの値に係数をかけて計算する事により求められるからです
また、モニタにはRとGとBの蛍光体に電荷をあたえて発光させるため輝度信号は不要です

また、Windowsの基本的な画像形式であるDIB(DeviceIndependentBitmap、一般的にBMPファイルといわれるもの)では32bit、16bit時にはマスクビットが用意されており、32ビット時には1バイト(8ビット)分捨てられるようです>参考URLを参照してください

参考URL:http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articl …
    • good
    • 0

32bitはRGB+輝度だったと思いますよ。


それを8bitづつわりあてて32bitです。
256色の場合はパレットを参照したりしますので各色数の設定によりbitの割り当ては
ずいぶん違います。
    • good
    • 0

16ビットではR:G:Bを5:6:5に分けたり(人は通常緑色に対する分解能が高い)


RGBA(Aはalpha、半透明度)として5:5:5:1にしたりしています
32ビットカラーはCPUのメモリアクセスがワード単位でした方が良い為、8ビット捨ててアクセスしている事が多いようです
3DであればRGBAで8:8:8:8として使っているようです
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング