人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

こんにちは。
このごろ、職場でこんな業務連絡が回ってくるのですが。

「(なんとかの件につきましては)周知方お願い致します。」
「(なんとかの件につきましては)出席方お願い致します。」
これは
「周知して下さいますようお願い致します」
「出席して下さいますようお願い致します」
という意味だと思います。
意味はわかるのですが、ちょっぴり気になるのです。
「方」という字を、こんなふうに使ってもいいのでしたっけ?
これは江戸時代か何かの使い回しの名残りでしょうか?
どなたか、この「方」の妥当性について、或は由来について、
教えてください。
どうぞ宜しくご回答「方」お願い致します。

A 回答 (2件)

はじめまして。



ご質問1:
<これは~という意味だと思います。>

ご質問にある解釈で結構です。

この「方」は動詞の連用形、サ変動詞の語幹について「それをすること」という、名詞句として使われています。


ご質問2:
<「方」という字を、こんなふうに使ってもいいのでしたっけ?>

1.古くから使われていた語法なので、使っていけない、ということはありません。

2.ただ、現代ではあまり使わない表現だと思います。


ご質問3:
<これは江戸時代か何かの使い回しの名残りでしょうか?>

1.この語法は既に鎌倉時代には使われていたようです。
例:
「御取計ひ方願ひ上げ候」
=「お取計らいいただくようお願い申し上げます」

2.この用法は元々は古語の「方」=「方法」「手段」からきています。これが、動詞の連用形について「~の仕方」という使われ方をするようになりました。
例:
話し方=「話す方法」

4.動詞が「方法」のニュアンスと相俟って
「~し方」
→「~するやり方で」
→「~するように」
と副詞句的に流れて訳されてきたのが、この語法になります。

5.例えば英語でa way「方法」「やり方」という名詞が、in a way「やり方で」「~のように」という副詞句に使われる用法と同様です。


以上ご参考までに。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

方→~の仕方→~するように
なるほど、わかりやすいです。
自分の中になにか小さな誤解があったようです。これから使ってみようか、となるには、まだ少し気が引けますが、、。
文末に使った時に、スペースをかせげるのはいいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/03 19:48

次のURLの「二の(5)の(ウ)」に意味がでています。


質問者さんのおっしゃる通りの意味です。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%AB …

>「方」という字を、こんなふうに使ってもいいのでしたっけ?
辞書に出ている用法ですから、OKです。
しかし、今ではチョッと古くさい言い方でしょうね。
質問者さんの「周知して下さいますようお願い致します」の方がいいと思います。

>これは江戸時代か何かの使い回しの名残りでしょうか?
特段のことはなにもありません。戦前から役所や企業で使われている普通の言い方です。

URLに出ていた用例の「撃ち方やめ」は軍隊で使われていた言い方です。
「銃を撃つのを止めろ」という命令です。
「方(かた)」という言い方は、もうチョッと古臭いと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

「撃ち―やめ」「依頼―お願いします」
なるほど、ちゃんとありますね。
方にもこんなにあるのですね。知りませんでした。
私はなんとなく、~する担当の人たち、の意味で使われたのが、
拡大して変化したのかと思っていました。「事務方」とかいいますよね。
>チョッと古くさい
ですよねぇ。でも、周りの若い人たちが使い始めたので、
ほんとにいいの??という感じでいつも読んでます。
迅速なご回答とURL、ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/02 20:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「かた」「方」の使い方は。

今、書類を整理していて思ったのですが、「かた」と「方」の使い方ですが。
例えば、「そちらのほう」と「そちらの方」はどっちが正しいのでしょうか。「話しの方を聞いて」と「話のほうを聞いて」ですが。何か定義のようなものがあればお教え下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 「方」は、一般的には、人(「かた」と読みます)か、方角(「ほう」と読みます)、方法の略(「ほう」または「かた」と読みます)として使います。
 以上を前提に、

>「そちらのほう」と「そちらの方」はどっちが正しいのでしょうか。

 どちらでも間違いではありませんが、文書で書くときは「そちらの方」とかくと「方角」か「人」のどちらを表しているのか分かりませんので、前者がいいと思います。前後の文章から判断できるようでしたら、どちらでもいいと思います。
 ただ使い方によっては間違いの事もあります。
 例えば、
 「そちらの方(ほう)←<物です>も、お願いします。」はいいです。
 「そちらの方(ほう)←<人です>は、いかがですか?」は「そちらは、いかがですか?」でいいと思います。

>「話しの方を聞いて」と「話のほうを聞いて」ですが

 これは、どちらも日本語としてはおかしいですね。現在では通じると思いますが。正しくは「話を聞いて」で「ほう(方)」は不要です。ファミレスやコンビニ言葉につられた使い方ですね。

 つまり、ファミレスで使われる、「ご注文の方(ほう)、確認いたします。」と同じ使い方ですね。これも、「ご注文を確認いたします。」が正しいです。

 こんばんは。

 「方」は、一般的には、人(「かた」と読みます)か、方角(「ほう」と読みます)、方法の略(「ほう」または「かた」と読みます)として使います。
 以上を前提に、

>「そちらのほう」と「そちらの方」はどっちが正しいのでしょうか。

 どちらでも間違いではありませんが、文書で書くときは「そちらの方」とかくと「方角」か「人」のどちらを表しているのか分かりませんので、前者がいいと思います。前後の文章から判断できるようでしたら、どちらでもいいと思います。
 ただ使...続きを読む

Q「御返答の方宜しくお願い致します」の中の「方」の意味と読み方

いつもお世話になっております。

「御返答の方宜しくお願い致します。」の中の「方」はどんな意味でしょうか。どのように読みますか。「御返答宜しくお願い致します。」とのニュアンスは違いますか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「方」を「かた」と読むと人と言う意味になり丁寧な言い方ですが
言葉の流れからこの場合は「ごへんとうの『ほう』」でしょうね。

この言葉の使いかたは例えば
ファーストフードで「ポテトのほうはよろしかったでしょうか?」
デパートで「お会計のほう、○○○円になります。」
ホテルで「お荷物のほう、お持ちいたしましょうか?」
など表現を耳にしたことはありうませんか?
これらの表現は「何々『は』」の前につけることで
話題の対象(この場合は「ポテト」と「お会計」「お荷物」)をあいまいにすることで断定的な物言いを避け
全体的な印象を和らげる効果を狙って使われると思われます。

ただし、厳密にはこれは正しい使いかたでなく
「2つあるうちの片方のこちら」を指す場合が
「方」の正しい使いかたで、
対象がひとつしかない場合、あるいはたくさんあるうちの
「これ」を指す場合に使われるものではありません。

つまり質問にある
「御返答の方宜しくお願い致します。」
が正しく使われているためには何かもうひとつ違う話題があって、
それとは別に最後に念を押すように「御返答お願いします」という場合に限られてきます。

言ってみれば半疑問形のような目的なわけですが
「ほうは、ほうは」と敬語とでも思っているのか使いすぎている人を見ると
ちょっとなんだかなあと思うこともあります。

「方」を「かた」と読むと人と言う意味になり丁寧な言い方ですが
言葉の流れからこの場合は「ごへんとうの『ほう』」でしょうね。

この言葉の使いかたは例えば
ファーストフードで「ポテトのほうはよろしかったでしょうか?」
デパートで「お会計のほう、○○○円になります。」
ホテルで「お荷物のほう、お持ちいたしましょうか?」
など表現を耳にしたことはありうませんか?
これらの表現は「何々『は』」の前につけることで
話題の対象(この場合は「ポテト」と「お会計」「お荷物」)をあいまいにする...続きを読む

Q居候している場合、郵便物等は「○○方」でいいのでしょうか?

正式な書き方がよくわからないのですが、
山田太郎さん家に居候(?)している、鈴木一郎さんに
郵便物を出す場合、

住所が、東京都千代田区○○3-3-3
だとしたら、
東京都千代田区○○3-3-3 山田方
鈴木一郎 様

でいいのでしょうか?
滅多にそういう書き方をしないので、困っています。
検索しても関係ないページがヒットします。
誰か助けてください。

Aベストアンサー

自分の住所を記入する際は

東京都千代田区○○3-3-3 山田方
鈴木一郎

その相手に手紙を書くときは

東京都千代田区○○3-3-3 山田様方
鈴木一郎 様

ですね。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q~~の方(ほう)おつけしますか?とかの「方(ほう)」の使い方。

自分でもおかしいとは思いながらつい使ってしまったり
するんですが、

~~の方、おつけしますか?とか例えばおはしの方おつけしますか?とか請求書の方を作成して頂きましたので~とか

つい、つい方を使いたくなってしまいます。
この「方」って使い方はおかしいんですよね?
何故使ってしまっちゃうんでしょう。なんか
丁寧な感じに聞こえますか?
言われた方は不快ですかね?
教えて下さい。

Aベストアンサー

「~の方」というのは、物事そのものではなく曖昧にして言うときに用いられます。
「私の家は西の方にあります。」
と言うように方角につけて言うのならなんら違和感はないのですが、
「これからバスは平安神宮の方に向かいます。」
と言われると、バスの行き先は平安神宮ではなく、平安神宮のある方角にすぎないように聞こえます。しかし、「平安神宮の方に」と言いながら、そのバスの目的地は平安神宮であるわけです。
「お箸の方おつけしますか?」
と言われると、実際にコンビニなどでもらうのはお箸そのものですから、なんだか違和感を感じます。
「お箸」と言うのはぼかして言う必要のないものですよね。
ご質問のあった「~の方」という表現は、文法上誤った表現であるということになります。

「~の方」という言い方は、どうやら若い世代に多いようです。また、元々はファミリーレストランやコンビニエンスストアなどで多用されていたようです。
丁寧に話そうという意気込みがずれてしまうのでしょう。適切な敬語表現というのは確かに難しいものです。ひとつひとつは正しい敬語であっても過剰な装飾や重ねすぎた敬語表現は、敬意ではなく慇懃無礼という印象を相手に与えてしまうこともあります。

日本語自体が物事そのものではなくどこか曖昧に表現することが多い、というのはあります。
自分で「こうだろう」と思っていても、それを発言するときには「こうですよね?」と疑問形で言い、相手に同意を求めようとする、というのも、日本語の特徴の一つでしょう。最近はそれが多すぎるようです。

とは言え、最近は新語のみならず新表現も多くなっており、
世代ごとに日本語表現への違和感も増えているのでしょうね。
日本語自体が時代によって変化しているのは事実ですが、昔から伝わってきた、今ある表現が変質していってしまうのは寂しいことです。

「~の方」というのは、物事そのものではなく曖昧にして言うときに用いられます。
「私の家は西の方にあります。」
と言うように方角につけて言うのならなんら違和感はないのですが、
「これからバスは平安神宮の方に向かいます。」
と言われると、バスの行き先は平安神宮ではなく、平安神宮のある方角にすぎないように聞こえます。しかし、「平安神宮の方に」と言いながら、そのバスの目的地は平安神宮であるわけです。
「お箸の方おつけしますか?」
と言われると、実際にコンビニなどでもらうのはお箸そ...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q思慮、思料、思量の使い分けを教えて下さい

自分がこう思うとの表現で、「思慮」と「思料」と「思量」はどう使い分けるものでしょうか?

また、
「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

上記使い方はお客様への公文で使ってもよいでしょうか?

Aベストアンサー

>「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

はい、変です。思慮するがおかしい以上は思慮で止めるのも輪をかけて奇妙です。客を相手の文章と限らず、「と思う」の意味で使うわけには一切いきますまい。

思量と思料はまったく同義と見なして差し支えないと思います。どちらも「と思います」や「と考えます」を四角張って言いたいときに使うものですな。

Q「~のほど」の正しい使い方を教えてください

お世話になります。

お客様にメールを出すのですが、
「ご連絡の程、お待ちしております」というのは、
正式な日本語として正しいのでしょうか。
上記は他人の書き方で、私としては
「ご連絡のほど、よろしくお願い申し上げます」
と書きたいところなんですが、
どちらが正しいのでしょうか。
もしくは両方間違っている場合、
何が正しいのでしょうか。

もう一つお願いします。
~の程、の漢字は合っていますか?
こういった場合に使う「程」なのでしょうか?

ご存知の方(一般常識かもしれませんが)、
アドバイスいただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)「程」に「お待ちしております」をつけてよいかの問題

 「程」に「お待ちしております」をつけるのは違和感があります。「程」はぼかした言い方で、連絡に必要な準備や配慮を含めたものごとの一式を意味すると思います。

 したがって、「よろしくお願いします」というあいまいな文句と相性が良いと思います。
「お待ちしております」では具体的な「連絡そのもの」を待っているのですから、「程」は余計な言葉になります。

 ただし、「…の程、お待ちしております」がまちがいだと断定はできません。

(2)「程」は漢字か平仮名か
 「ご理解の程」「ご了承の程」「ご了解の程」「ご利用の程」などで検索すると、漢字派と平仮名派の勢力はほぼ拮抗しているようです。おおむね平仮名がやや多いようですが、これは、「程」に名詞としての明確な意味がないと感じるためだと思います。面白いのは、「ご了解の程」では漢字が多数であることで、これは言い訳をするときは漢字を使いたくなる(=わかりやすく書きたくない)心理かもしれないと思いました。

(3)辞書による説明
 「程」をいくつかの辞書で引いてみましたが、それらの意味の説明は大きく異なります。辞書編纂者も手を焼く言葉のようです。

(1)「程」に「お待ちしております」をつけてよいかの問題

 「程」に「お待ちしております」をつけるのは違和感があります。「程」はぼかした言い方で、連絡に必要な準備や配慮を含めたものごとの一式を意味すると思います。

 したがって、「よろしくお願いします」というあいまいな文句と相性が良いと思います。
「お待ちしております」では具体的な「連絡そのもの」を待っているのですから、「程」は余計な言葉になります。

 ただし、「…の程、お待ちしております」がまちがいだと断定はできません...続きを読む

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング