教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

こんにちは。
このごろ、職場でこんな業務連絡が回ってくるのですが。

「(なんとかの件につきましては)周知方お願い致します。」
「(なんとかの件につきましては)出席方お願い致します。」
これは
「周知して下さいますようお願い致します」
「出席して下さいますようお願い致します」
という意味だと思います。
意味はわかるのですが、ちょっぴり気になるのです。
「方」という字を、こんなふうに使ってもいいのでしたっけ?
これは江戸時代か何かの使い回しの名残りでしょうか?
どなたか、この「方」の妥当性について、或は由来について、
教えてください。
どうぞ宜しくご回答「方」お願い致します。

A 回答 (2件)

はじめまして。



ご質問1:
<これは~という意味だと思います。>

ご質問にある解釈で結構です。

この「方」は動詞の連用形、サ変動詞の語幹について「それをすること」という、名詞句として使われています。


ご質問2:
<「方」という字を、こんなふうに使ってもいいのでしたっけ?>

1.古くから使われていた語法なので、使っていけない、ということはありません。

2.ただ、現代ではあまり使わない表現だと思います。


ご質問3:
<これは江戸時代か何かの使い回しの名残りでしょうか?>

1.この語法は既に鎌倉時代には使われていたようです。
例:
「御取計ひ方願ひ上げ候」
=「お取計らいいただくようお願い申し上げます」

2.この用法は元々は古語の「方」=「方法」「手段」からきています。これが、動詞の連用形について「~の仕方」という使われ方をするようになりました。
例:
話し方=「話す方法」

4.動詞が「方法」のニュアンスと相俟って
「~し方」
→「~するやり方で」
→「~するように」
と副詞句的に流れて訳されてきたのが、この語法になります。

5.例えば英語でa way「方法」「やり方」という名詞が、in a way「やり方で」「~のように」という副詞句に使われる用法と同様です。


以上ご参考までに。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

方→~の仕方→~するように
なるほど、わかりやすいです。
自分の中になにか小さな誤解があったようです。これから使ってみようか、となるには、まだ少し気が引けますが、、。
文末に使った時に、スペースをかせげるのはいいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/03 19:48

次のURLの「二の(5)の(ウ)」に意味がでています。


質問者さんのおっしゃる通りの意味です。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%AB …

>「方」という字を、こんなふうに使ってもいいのでしたっけ?
辞書に出ている用法ですから、OKです。
しかし、今ではチョッと古くさい言い方でしょうね。
質問者さんの「周知して下さいますようお願い致します」の方がいいと思います。

>これは江戸時代か何かの使い回しの名残りでしょうか?
特段のことはなにもありません。戦前から役所や企業で使われている普通の言い方です。

URLに出ていた用例の「撃ち方やめ」は軍隊で使われていた言い方です。
「銃を撃つのを止めろ」という命令です。
「方(かた)」という言い方は、もうチョッと古臭いと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

「撃ち―やめ」「依頼―お願いします」
なるほど、ちゃんとありますね。
方にもこんなにあるのですね。知りませんでした。
私はなんとなく、~する担当の人たち、の意味で使われたのが、
拡大して変化したのかと思っていました。「事務方」とかいいますよね。
>チョッと古くさい
ですよねぇ。でも、周りの若い人たちが使い始めたので、
ほんとにいいの??という感じでいつも読んでます。
迅速なご回答とURL、ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/02 20:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング