私は、ある病気のため、1ヵ月に1度、血液検査を受けています。
毎回なのですが、血管が見つかりにくいらしく、採血の際に、いつも
難儀されてしまい、時には途中で断念されることもあり、申し訳なく
なってしまいます。
採血しにくい…というのは、体質的なもので仕方のないことなんでしょうか。
体質的なものなら、それはそれであきらめなければならないと思いますが、
もし、何か私ができる対策があれば…と思います。
どうかご回答、よろしくお願いします。

A 回答 (7件)

採血し難い・・私もそうです。

看護師泣かせの血管といわれます。
血管が探せないから中断?!病院を変わりましょう!どんな血管でも採血できるようになったら一人前の看護師なんですから。
でも、どうしても気になるようなら 採血に成功した時の位置を自分で覚えておくのです。
私は初めて受診し注射をする時かならづ看護師の方が顔を悩ましてます。そう言うときにはこちらから「看護師なかせって言われるんです」というと看護師のかたが「そのような血管のようですが頑張ります(笑)痛かったら言ってくださいね」とリラックスされます。その後にまだ、血管をさがしているようなら「以前、採血した時はここのあたりで採ってもらいましたよ」と言うと「やっぱり・・。ここね」と早く採血がすみます。
でもね、今事しなくてもいい病院に変わりましょう。
こういう事をいわなくてもすんなりスムーズに採血する看護師さんいらっしゃいますよ。採血経験の多い人は年齢に関係なく上手です。
    • good
    • 0

採血の工夫はないことはないですが、多くは施行者の工夫です。


される側が出来ることとしては
痩せることも確かに有効
飲水をしておいて採血時に脱水気味でないことも有効だと思います(それらは極度なものは両方とも採血に難渋するので多少でも効果はあるでしょう)
あとこの時期だからではないですが、薄着の重ね着にしておいてください。採血時は薄手のシャツだけに成れるくらいがベスト。服が邪魔だと体位の問題もあるし、まくった時に圧迫が加わったり場所がふさがれたりするからです。そして力を抜いて採血する人の指示に従ってください。

採血者が選べるなら、正中を指で触って見えようと見えまいとそこで採血するベテランを選んでください。皮静脈というのは見える=太いではないのです。皮膚に近ければ見やすいですが逆に細くひらぺったいのです。ですから安易に見えるところを選ぶのは…失敗の確率が高い未熟者です。

男性で隆々とした血管の持ち主だと確かにあえて見えるところを選びますが、女性や老人で見難いときほどこの差があらわれます。
    • good
    • 0

 体質とかとは別次元の話です。

もし肥満であれば痩せることですね。それ以外の場合は諦めるしかないでしょう。
    • good
    • 1

私も看護師さんを困らせてます・・・。


痛くて嫌ですよね・・・。

う~ん、これは難しそうだなぁといいながらも、一発で欠陥を当ててくれる看護師さんのときもあれば、何度も何度もさしたり、ぐりぐりされたり、何ヶ所も試されたり・・・ということもあります。

やっぱり看護師さんの腕ですよね・・・。

寒いより暖かいほうが、採血しやすいらしいので、
暖かくしていくほうがいいと思います。
それくらいしかたぶんできないと思います。
    • good
    • 1

私も腕の血管は浮きにくい?方なので、経験の少ない?看護婦さんだと困る事が多いみたいですね。


でも、看護婦さんによっては、血管が見えてなくとも触っただけ(触覚のみ?)で一発で血管に刺す方も居るので、腕の差?ではないでしょうか。

点滴の時など同じところ刺せなくなると、あちこち探して刺しますし。
点滴や、採血(大量時)の針に比べたら、血液検査時の針って細いのでは無いでしょうか。
その程度で困るというのも変な気もしますね。

昔に、採血針を刺した後血管をそれてしまい、腕の中で針をグリグリされた事がありますが、ちょっと痛かったですね。
    • good
    • 0

皮下脂肪が多いと血管は見えにくいです。

    • good
    • 0

こんばんは。

それは体質というより体格でして、どうしても仕方の無いものです。
患者さんの側でできるとすると、朝食を抜かない事、カーデーガンやジャケットで暖かくして病院へいく事くらいでしょうか。
朝食は抜くと血圧が下がり、血管が浮きだしにくくなり、寒いとやはり血管が縮んでしまいます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動脈の採血のことで教えてほしいことがあるのですが、往診の先生が私の家族の採血の時に血管が出にくいので

動脈の採血のことで教えてほしいことがあるのですが、往診の先生が私の家族の採血の時に血管が出にくいのでいつも足の付け根の動脈からして下さるのですが
針を刺して針を完全に抜ききらないでいろんな方向に3回グサグサ刺したことがあって、3回目に刺したとことで『ブチッ』って音がしてとても驚きました。こんな採血の仕方もあるのですか?

Aベストアンサー

救急外来ではよくソケイ部(足の付け根)から採血します。心臓が動いていなくてもソケイ部の動脈は蝕知できることが多いので重宝します。私は針で血管を探さず、当たらなければよく触って確認してから再度、刺します。私は心臓カテーテル検査をソケイ部からしていた頃からの医師なので、針で探す怖さを知っているからですが。ちなみにソケイの動脈を刺すときは針をもっていない方の手で動かないようにするので血管が逃げるという事はないです。

なお、ソケイ部は静脈より動脈のほうが簡単に採血できます。

Q採血する時に困らない血管になるには・・・・。

タイトルのとうりなのですが、
採血のたびに一人居残りのような状態になり、
看護婦さんが何人もいらっしゃって、大変迷惑な患者状態です(^^;

今回あまり体調の良くない状態で妊娠してしまい、
病院へ行くたびに採血でほとほと困っています。
仕方が無いので、手の甲からとっていますが、
私自身は指を使う仕事をしていたり、前回は太い針のまま
採血されたせいなのか、いまだに痛みが残り困っています。

あまりに何度も続くのも嫌ですし、
でも、看護婦さんも「わからない」、
もし運よく見つかってさしてみても、血管自体が逃げてしまってダメだとかで、
本当に困っています。

これって、どうにかならないんでしょうか???
あと、やはり手の甲などの細い血管のときは、
注射の針を変えてもらったほうがいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

採血する方からも大変迷惑な患者です。(^_-)
こうゆう方は女性で水太り傾向があり、手足の冷えが有るようです。(水太りと冷えは関係有り)
手足が冷たいと→血管は収縮する。
根本的にはこの冷えを無くす事と、手・腕の筋肉をよく使う事でしょう。筋肉をよく使えば、血流が増加します。→血管が太くなる。
即効性を狙うなら、腕を暖める事です。
入浴直後とか、足浴ならぬ腕浴するとかでしょう。
お互いの幸せのために試して下さい。

Qかなり採血がしづらい体質 アドバイスが失礼だった?

とても血管が出にくいです。採血ですら小1時間手間取らせてしまうこともあり、点滴も未経験です。
ごくたまにひじ(まともなところ)で取れます。こちらとしては多忙な病院・他の患者さんを待たせても、と思ってのつもりで
「非常に出にくいらしいので手の甲・手首のつもりでいたほうがいいと思います。痛さは慣れてますので」と申告します。

実際そうなることのほうが多いのですが、本日なにを言っても「そういうことは自分が決めますので」と。
次が待っている風でもない診療所でのことでしたが、もしかして、混んでいてもそうでなくても、失礼な行為だったのでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえず、看護師さんが経験が豊富そうでしたら、一度は看護師さんを信じてお任せした方が良いと思います。

看護師もプロとはいえ人間、患者さんの血管が出にくいというとあせりますし、指示されるとそこに絶対に入れないといけないというプレッシャーがひどくかかったりします。ここは良く出るといわれています。とかなら良いのですが、ここにお願いします。といわれると正直、かなりプレッシャーです。ピッチャーに絶対ストライクにしなければいけないと言っている様なもので、過剰に負担と感じる者もいるかもしれません。
ちなみに私は小児科にいたり、老人、肥満体質の人、女性など様々な人を数多く採血や注射をしてきた経験から、採血、注射だけが唯一、得意という者なのですが、それでも血管が出にくいとか分かると、患者さんに負担をかけまいと緊張します。
私も手の甲などは痛いというのは理解しているつもりなので、負担をかけたくないと最初は必ず肘の内側にある血管が無いか探します。温めてみたり、駆血帯を絞めたら手をグーパー、グーパーとしたり、心臓より下にだらんと腕を下げたりすると出やすくなるので、まずは試みます。
どうしても探せないという方は何度も刺すというのも負担かと思われますので手の甲などから採らせていただいています。
患者さんとしてホッカイロなどてあらかじめ温めておく、水分摂取が少なく、ちょっと脱水気味だと血管に張りが無く、出にくい、採りにくいという場合もあるので、あらかじめ、お茶や白湯(湯をぬるく冷ました物)などの飲み物などあらかじめ採っておくと良いかもしれませんね。

二度失敗した場合、交代できる者がいればするというのは多くの病院などでは暗黙のルールのようになっています。三度目となった場合には失礼ですが、誰か代わってもらえる方いますか?といっても失礼ではありません。人が代わると案外すんなり入るというケースは多いです。

とりあえず、看護師さんが経験が豊富そうでしたら、一度は看護師さんを信じてお任せした方が良いと思います。

看護師もプロとはいえ人間、患者さんの血管が出にくいというとあせりますし、指示されるとそこに絶対に入れないといけないというプレッシャーがひどくかかったりします。ここは良く出るといわれています。とかなら良いのですが、ここにお願いします。といわれると正直、かなりプレッシャーです。ピッチャーに絶対ストライクにしなければいけないと言っている様なもので、過剰に負担と感じる者もいる...続きを読む

Q耳抜きしにくい体質?

耳抜きのやり方など、いろいろ質問でてますが、私の場合とちょっと違うので質問させてください><

新幹線でトンネルなどに入ったとき、耳がキーンとなるので
つばを飲み込んだりアクビをしたりなんとか頑張ってみるのですが
長くもたず、すぐに耳が痛くなります。
下手すると5秒くらいでまた痛くなっちゃうんです(涙)

鼻をつまんで軽くいきんでみたりもするのですが、これは何も変わらず…
(↑やり方が悪いんだと思いますが…)

なので人よりも耳抜きが出来にくいタイプだと思うのです。
でもダイビングしたいんですが…危険でしょうか??

Aベストアンサー

http://www.eb-saipan.com/diving3.html
http://www.noris.co.jp/diving/miminuki-nayami.html

こういうサイトを読みコツを掴んではいかがでしょうか。
ダイビングをお考えなら必須です。

Q第102回看護師国家試験は断念するべきでしょうか

 現在私は30代半ばの独身女性です。看護職に就いていますが准看護師です。さいわい准看護師として10年以上の経験があったために通信制で2年間の学校に入学することができました。
 半年ぐらいまえにある30代男性と知り合いました。その男性は私が今までに会ったことがないと断言できるほど繊細なのに、そうかと思えば万引きをしたり、(衣類 靴 食べ物)・・・30代の男性にしては情緒不安定で、思考も幼稚なので思い切って彼に問いただしたところ20代前半から覚せい剤を使用し、前科もあるというのです!その前科が元で両親、親族一同からは絶縁されており、覚せい剤の長期乱用で覚せい剤精神病を患っています。
 つい先日彼から「捕まる!」とメールがあり電話したところ4人の警察官に取り押さえられているとのことでした。その時彼は体内に覚せい剤がある状態だったようで職務質問を受けた際暴れてしまいそのまま連行されたようです。前科もあったため強制的な尿検査は免れず、陽性反応がでてしまったために、逮捕に至ってしまったようです。
 前置きが長くなってしまいましたが恋人という関係でもないのに自分の体の一部のように彼のことを毎日のように考えてしまい、たった一人で孤独や不安、悲しみ、厳しい取り調べに耐えているかと思うと、そして仕事中もひたすら考えてしまいます。当然のように仕事や学校にも支障をきたしはじめ、学校の友達も私の激やせぶりにびっくりし、心配してくれます。机に向かっても集中力がまるでなく、数分後には忘れてしまう有様です。このまま学校生活は続け国試を受けることができるでしょうか?そして皆さんでしたらどういう対応をしますか?

 現在私は30代半ばの独身女性です。看護職に就いていますが准看護師です。さいわい准看護師として10年以上の経験があったために通信制で2年間の学校に入学することができました。
 半年ぐらいまえにある30代男性と知り合いました。その男性は私が今までに会ったことがないと断言できるほど繊細なのに、そうかと思えば万引きをしたり、(衣類 靴 食べ物)・・・30代の男性にしては情緒不安定で、思考も幼稚なので思い切って彼に問いただしたところ20代前半から覚せい剤を使用し、前科もあるというのです!...続きを読む

Aベストアンサー

 MSWをさせていただいております。
 ご質問の文章、なんと独りよがりな内容かと驚愕しました。現実逃避のために犯罪を犯すような人間を自分のスケープゴートに仕立て上げたところで、あなたの今抱えている問題は全く解決しません。
 あなたの関心は別のところに存在します。国試を受けることの不安感を回避するための言い訳を必死に探してみたら、たまたまその対象としてふさわしいこの男性をリストアップすることにしたわけです。
 あなたは彼のことを心配しているのではありません。自分のマイナスの部分を誰かになすりつけようとしているに過ぎません。
 国試の合否はあなたが決めることではありません。試験結果が全てです。彼にしてもこのように精神的にまとわりつかれるなら迷惑でしょう。たとえ後々“あのときの判断は間違っていた”と後悔しても、自分の人生の方向性は自分で決定しなければなりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報