わたしは八百屋さんの店先などで桃をみかけると、指でぎゅぅ~っ!て押してしまいたくなる衝動に駆られます。あれってどうして?
それと、スーパーでぴっちりキレイに張られているラップに指で穴をあけてみたくなるのはどうして?
※ わたしはよい子なので上記のようなことはしません!したいけど。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

赤ちゃんのポテチンとしたお尻は食べちゃいたいくらい(思わず頬ずりしたくなるくらい)可愛いですよね。

ビジュアル的にプリプリしていると、スキンシップしたくなるそんな本能みたいなもんが人間にはあるんじゃないのかなぁーー
スーパーのラップはなんか、あの無味乾燥なツンツンバリアに抵抗して
緊張感というかテンションを開放するように穴あけたくなる、
そんな心理なのかなぁーー逆にルーズソックス見ると、テンションあげたくなるけどね(爆笑)
私ど素人なんで参考にならないでしょうが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ふむふむ。「本能」っていうコトバに、ミョーに納得しちゃいました。
> ルーズソックス見ると、テンションあげたくなるけどね
なっとく~(^^)

お礼日時:2001/02/15 12:58

桃に限らず、食品スーパーなどで手にとって見られるものを品定めする時に、見るだけでなく、押して感触を確かめる人は以外と多い。

しかし、よく観察してみると、何故かこのような動作をする人は大抵が女性である。この点、男性は見るだけで、押してみたり、手にしてみないと気が済まないということは一般的に少ないようだ。
理由は太古、男性は猟や漁で「動く物」を狩ることがその役割であり、そのためには「動いている物は新鮮」=見るだけでよく、女性は果物や植物など「動かない物」を採取することでした。これが女性の一般的な役割であったことにより、鮮度や食べ頃を知るために「押す」ことが必要でした。それが長い年月を経て人間の遺伝子に組み込まれたことにより、賞味期限を見るだけでは女性の体が納得しないのです。またラップはその本能を妨げる邪魔者です。かわいいですね。女性って。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく論理的な回答ありがとうございます。
ということは、わたしの衝動は遺伝子のしわざってわけねっ。
うぬぬぬ・・・!遺伝子め~!

お礼日時:2001/02/15 14:52

私の彼女がそうです。


店で目を離すとそういうことをしようとしているときがあります(苦笑)

単純にはコワレモノにふれてみたいというのは幼児性の現れ
なんじゃないかと思っていますが心理学的に分析するとどうなんでしょうね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。コワレモノにふれてみたい・・・それもあるかも・・・。
でも、小学校の頃に机にえんぴつであけた穴なんかがあると、消しゴムのカスで埋めてみたくなる心理と「桃にぎゅぅ~!」の心理って似てる気がするんだけどなぁ。わたしだけなんかなぁ?

お礼日時:2001/02/15 12:50

貴女が可愛らしい悪戯っ子だからです!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

きゃふっ!「自信:あり」なところがニクイわっ!
ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/15 12:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q福島の桃「あかつき」を東京で探しています

ふるさと福島の夏の味、桃の「あかつき」を東京で売っている店はありますでしょうか。
帰省はお盆なので、いつも「あかつき」の旬を逃してしまいます。(大体「川中島」が出回っている頃ですね)
首都圏育ちの夫に、ぜひあの豊潤で甘い桃を食べさせてあげたい!

8個入りくらいから通販で買うこともできるようですが、2人暮らしなので、新鮮なうちに食べきるには2~3個あればいいのです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

今ならこんなのがありますよ

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/fukushimaya/806177/845210/#805010

Q性的衝動と破壊的衝動について

幼少期から成長するに従い、性的衝動と破壊的衝動は分離されていくという一説があり、でも虐待とか悲惨な幼少期を過ごした人は性的衝動と破壊的衝動が分離されないまま、サディストになったり暴力が性的興奮につながる説があります。


この説について何か具体的で体系的なお話していただける方いますか?

Aベストアンサー

人間はアプリオリに性的衝動と破壊衝動を抱えて生まれてくると考えられます。
フロイトは当初、前者しかないと考えましたが、後年、後者の存在に気づき、それがタナトス。
性的衝動のエネルギー源がリビドーと呼ばれるもので、エスの段階においては愛の形を取る。
自らの存在を保存しようとする傾向を持ちます。
これに対応する破壊衝動は、全てを破壊して物質本来の姿(=原始レベル)に立ち戻ることで安定を目指すもので、エスの段階では、その名のとおり破壊の形を取ります。
自我の段階においては、友愛⇔攻撃性、超自我では、慈愛⇔知力、という対応関係を持ちます。

人は、いわゆる「衝動」を抱えて生まれてくるわけですが、(わかりやすくするために簡潔に言うと)リビドーとタナトスを抱えた状態で人は生まれてくる。
衝動は物理的原理により常にはけ口を求めますが、そこに親などによる抑圧が掛かるのが常です。
抑圧が効果的に働くと昇華が行なわれることで超自我的発育につながりますが、過剰すぎると、いわゆる変態的発達(厳密には「後退」)に繋がる可能性が増えます。
しかも、その抑圧が暴力的に為される場合、幼児は、自らの性的衝動が破壊衝動によって受け止められたと認識せざるを得ず、そのことは記憶領域に格納される。
しかも、幼児は、本来、親を一方的に信頼するしかないため、親を否定するということを当初、知り得ません。
つまり、そのようにして記憶された体験内容は、すべて愛の証である、と認識さざるを得ない。

また、質問者さんも体験なさっていると思いますが、たとえば、ある思い出シーンが何らかの音楽とセットになって記憶されることが、よくあるように、脳は「セットで記憶」します。
暴力と愛が同時期に記憶され、しかも、愛をもらえるはずの人から受けた暴力なので、無意識的には肯定せざるを得ず、且つ、暴力によって愛が生起されるという、記憶にとっては極めて論理的な反応が発生するわけです。
当時の自分に執着すればマゾヒズムとなり、当時の(愛すべき)親の立場を代替する感覚が強ければサディズムとなる。

若干の個人的見解も交えて申し上げると、およそ、こういった経緯になるかと思われます。

人間はアプリオリに性的衝動と破壊衝動を抱えて生まれてくると考えられます。
フロイトは当初、前者しかないと考えましたが、後年、後者の存在に気づき、それがタナトス。
性的衝動のエネルギー源がリビドーと呼ばれるもので、エスの段階においては愛の形を取る。
自らの存在を保存しようとする傾向を持ちます。
これに対応する破壊衝動は、全てを破壊して物質本来の姿(=原始レベル)に立ち戻ることで安定を目指すもので、エスの段階では、その名のとおり破壊の形を取ります。
自我の段階においては、友愛⇔攻撃...続きを読む

Q山梨の桃狩り

かたい桃のあかつきとかおどろきって通販ではやってますが桃狩りってないですよね?山梨でかたい桃狩りできるとこはありますでしょうか?

Aベストアンサー

私も2週間前に行ってきました。山梨の桃は他より全体的に硬めですが、桃狩り時に“硬いのがいい”と言うといいと思います。多くの種類を栽培していますが以下は、「あかつき」や「おどろき」他硬い桃狩りにいいと思います。

理想園 http://www.koshu-kankou.jp/member/farm/risouen.html
果王園 http://www6.ocn.ne.jp/~kaoen/momo/index.html
豊玉園 http://tabihatsu.jp/program/64051.html
     http://www.eps4.comlink.ne.jp/~toyotama/
樋口桃園 http://www.kcnet.ne.jp/~ma-ka-mi/sub2%20hinsyuryoukin.html#money

くぬぎ観光農園(あかつき)http://www4.ocn.ne.jp/~kunugi/
西村農園 http://www.catv.wakwak.com/~sakuranbogari/momo-annai/index.html

★種類によって桃狩りの時期が異なりますので注意して下さい。
★7/20ですと、【れいほう、長沢白鳳、あかつき」あたりでしょうか。
まどか(硬い/8月)、おどろき(硬い/8月)、れいほう(嶺鳳:硬めで大きい)、長沢白鳳(硬め)、あかつき(わざと早く収穫したものは硬め)

私も2週間前に行ってきました。山梨の桃は他より全体的に硬めですが、桃狩り時に“硬いのがいい”と言うといいと思います。多くの種類を栽培していますが以下は、「あかつき」や「おどろき」他硬い桃狩りにいいと思います。

理想園 http://www.koshu-kankou.jp/member/farm/risouen.html
果王園 http://www6.ocn.ne.jp/~kaoen/momo/index.html
豊玉園 http://tabihatsu.jp/program/64051.html
     http://www.eps4.comlink.ne.jp/~toyotama/
樋口桃園 http://www.kcnet.ne.jp/~ma-ka-mi/sub2%20hi...続きを読む

Q衝動的な心理

1年続けていたブログを衝動的に消しました。
ブログを消した理由は、ある人のコメントで傷ついたからです。
今はたかがあんなコメントでどうして傷つくんだろう…と思うのですが、あの時は衝動的にブログを削除していました。我に返って、「あれ?どうして消しちゃったんだろ」と思ってます。
いままで頑張って書いた文章も、画像も、人脈も消えてしまいました。
以前もある日突然ブログがやめたくなり、消しました。そして消してから、後悔しました。
どうしてこんな簡単に自分の努力とか積み上げたものを消してしまうことができるのでしょうか?
私を駆り立てるものはなんなのでしょうか?

Aベストアンサー

細かな判断材料がないのでトンチンカンな文章になるかも知れません。そのときはご寛恕ください。

多分、キーワードは、「自己評価」と「プライド」かな、と思いました。

「衝動的に」って、流行りのことばでいえば、「切れてる」ってことですよね。
不愉快なことがあって、その場で冷静でいられなくなり、その不愉快の原因を即座に「消す」ことによって精神的打撃を最小限にしようとした訳です。

通常、自己評価の低い人、自分に自信がない人、他人からの評価が低いと思っている人は、そのままでは生活上の快適さが得にくいですから、それを補償するかたちで「高いプライド」を持つことになります。そのプライドは普段は表に現れませんが、自我が攻撃されたりするとスイッチが入り、自分を攻撃してきた対象に向かいます。もともと根拠があってのプライドの高さではありませんから、理詰めで相手に迫るというより、「切れて」みせて相手を怯ませる形をとります。

勉強に自信がなくて学歴社会のシステムから外れてしまった若者などがこの典型です。

逆に、自分に自信がある人、実体に裏打ちされたプライドを持つ人はどうかというと、まず、根拠のない自身への攻撃でも自我が脅かされることがありませんから、理性的に対処しようとします。またある程度根拠や理由があっても、それへの対処は何をするのが有効かを判断します。

例えば、こころないコメントの場合は、相手の出方を伺ったり、何かこちらの不手際や配慮のない表現が原因が相手の攻撃的言辞を誘発したのなら、穏やかにそのことへのこちらの感想や、必要があれば非礼への詫びをして、関係を「取り繕う」努力をします。あるいは、相手が愉快犯的に匿名を嵩にきた「攻撃のための攻撃」をしていると判断したなら、コメント欄を一時休止したり、特定者をブロックしたりして様子を見ることをします。
なぜなら、一年もかけて自分で気づいてきたブログは、ふざけ半分のものでない限り、自分の精神の記録となる貴重なものだからです。それが「一過性」の攻撃のために消滅させるのは「もったいない」という判断が働くからです。

質問者さんが、自己評価が低くてプライドだけ高い人物だとは思いませんが、一般的な傾向としてそう言えるのではないかと思います。

攻撃されたことによって傷ついたプライドのダメージを最小限にするために、相手に攻撃をし返そうとします。しかし、自分のブログへの中傷という「受け身」を余儀なくされたために、相手への攻撃のエネルギーが、攻撃された原因たるブログそのものを消滅させるような方向へ働いたとうことではないでしょうか。原因がなくなれば攻撃されることもなくなると。

こういった心的な機制が条件反射的に行われるために、通常は自分にとってこの行動はいいことなのか悪いことなのかといった「判断」が働いてから行動に移るという過程がすっ飛ばされて、ブログを削除するという「衝動的」行動となってしまったのではないでしょうか。

今後、必要なことは「自己評価を高め」ていく行動を心掛けることだと思います。たかが私的なブログであろうと、この表現は誤解を招かないだろうかとか、この表現に自分は責任が持てるのだろうかとか考えて、そういったブログを読む人への配慮を経た上で文章を投稿することです。
それは、不要な攻撃を招きたくないとか、揚げ足を取られたくないからという後ろ向きな理由からではなく、自分を表現する際にもう一人の「検閲官」である自分というフィルターを通していることで、その文章に対して「自信を持つ」ことが出来るのです。

自信のある文章であれば、多少の根拠に乏しい攻撃には耐えられます。自分の文章は、「自分の分身」です。これに「耐性」を持たせることが出来れば、言いかえれば表現に自信があれば、「衝動的」に消してしまおうということにはならないと思います。

さて、ご質問に応えるなら、

>私を駆り立てるものはなんなのでしょうか?

あなたを駆り立てているものは、「自分への低評価を守ろうとするプライドを、性急に満足させようとする気持ち」=「自己愛」です。その「自己愛」が盲目的に発露されてしまったのです。

もっと、自分に自信を持つようにしましょう。これは、そういう気持ちがあれば誰にでも持てるようになるものです。

細かな判断材料がないのでトンチンカンな文章になるかも知れません。そのときはご寛恕ください。

多分、キーワードは、「自己評価」と「プライド」かな、と思いました。

「衝動的に」って、流行りのことばでいえば、「切れてる」ってことですよね。
不愉快なことがあって、その場で冷静でいられなくなり、その不愉快の原因を即座に「消す」ことによって精神的打撃を最小限にしようとした訳です。

通常、自己評価の低い人、自分に自信がない人、他人からの評価が低いと思っている人は、そのままでは生活上の快適...続きを読む

Q桃の形

子供の童話「桃太郎」の本の挿絵をみてふと思ったのです
が、桃太郎に出てくる桃はやや尖った形をしています、
ハート形を上下逆さまにしたような感じで下側が桃の
特徴のおしりのような凹みになって、葉っぱがついてい
ますが、店で売っている食べる桃は球に近い形です、
 これは食用の桃と種類が違うのでしょうか、古来日本の
桃が桃太郎の形で、店に売っているのは品種改良されたか
外来の桃なんでしょうか?

Aベストアンサー

日本人は果物は甘いものと思っていますが、元々果物(果実)はそんなに甘いものではなく、より美味しくする為に改良を重ねて、甘く美味しい果物を作っています。

桃の原産国は中国で、それを改良していったものがよく売られてる白っぽい丸い桃だと思います。

http://www.meisan.net/momo/momo_gannso.htm

http://www.sanyo.oni.co.jp/2001/06/30/20010630momo.html

参考URL:http://www.meisan.net/momo/momo_gannso.htm

Q衝動ですが

人が衝動を持つ基準というのは何なのでしょうか?

というのも、この前殺人サイトを見ていたら人が殺したくなったという事件がありましたし、ほかにも、衝動買いや、突然やりたくなってくる衝動が起きるというのは誰でも起きることだとは思いますが、ではなぜやりたくなったりするのかなと思うんですよ。

突然やりたくなったり、見たらやりたくなってくることというのはたくさんあると思います。

ですが、こういうことというのは、全ての人が一様にやりたくなるというわけではないですよね?

だからちょっと気になりました。

それと、もう一つ、なぜ、人はこの欲求に敗北するのかということです。やった後はまずいとわかっているのに(この前の妹を殴ったという事件も、警察に自分で電話しているので善悪はあったと思います)やってしまうということありますよね(衝動買いをして、後で鬱になる人も多いと思います)?

こんな感じじゃないかなということでもいいですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

衝動を持っているのは人間に限らず、すべての動物に言えることでしょう。すべての動物に本質的なものであるというべきかもしれません。

脳は、脳幹から始まり、辺縁系、大脳旧皮質、新皮質、そしてその中でも前頭葉の肥大へと進化してきました。

これらの機能的発達は生存に必要不可欠なものから順に獲得してきたのです。衝動は本能的に生命維持に必要なものなのです。

感情は旧皮質がかかわっていますし、特に好き嫌いは扁桃体によって制御されています。これらの衝動や感情は、暴走しないように新皮質が抑えているのです。

つまり衝動がそのまま行為として現れる者は、新皮質の制御が弱いということも言えるのです。

特に新皮質の機能は後天的な記憶による部分も大きいわけです。だから成長段階で刷り込まれたタブーなどの社会的規範に影響を受けています。

精神分析などでは、これを意識される部分と意識されない前意識などに分類したり、自我、超自我などに分類していますね。

また特に人間は前頭葉が発達していて、自我が、他の動物に比べ飛躍的に発達しています。自我とは自分を客観的に見ることですから、時間観念の中で未来予測もできるわけです。つまりこの行動の結果はどうなるかということも予測できるわけです。

ですから衝動を抑えるものとしては、解剖学的には大脳新皮質の機能であり、それに影響を与えているものとして社会規範がタブーとして意識されないレベルで働いていたり、あるいは意識レベルとしての規範意識だったり、あるいはその結果を予測して損得を判断するなどによっているなどが考えられます。

いずれにせよ新皮質と旧皮質の力のせめぎ合いの結果でしょう。飲酒や薬物使用などによってそれを意図的に変えることも可能です。

人間だれしも新皮質の機能だけでは生きられません。むしろこの衝動こそが人間の本質です。衝動が抑えられればそれでよいというわけではありません。抑えられた衝動が上手く昇華されないと、色々な面で影響がでることもあります。人間はそれが意識に出てくるのを防ぐために防衛という機能がありますが、これがために無意識とか前意識に抑えられた衝動が巣くって悪さをすることもあるのです。

フロイトは人間は性衝動によって決定ずけられるのだ、とまで言っています。

衝動を持っているのは人間に限らず、すべての動物に言えることでしょう。すべての動物に本質的なものであるというべきかもしれません。

脳は、脳幹から始まり、辺縁系、大脳旧皮質、新皮質、そしてその中でも前頭葉の肥大へと進化してきました。

これらの機能的発達は生存に必要不可欠なものから順に獲得してきたのです。衝動は本能的に生命維持に必要なものなのです。

感情は旧皮質がかかわっていますし、特に好き嫌いは扁桃体によって制御されています。これらの衝動や感情は、暴走しないように新皮質...続きを読む

Q寝台特急なは、あかつき寝台急行銀河の思い出話。

こんにちは、鉄道ファン高校生です。いきなりですが皆さんにお願いがあります。今年寝台特急なは、あかつき寝台急行が廃止されました。僕は、お金があまりなく、寝台特急や寝台急行に乗ったことは一度もありません。
大人になったらなは、あかつき、銀河に、乗りに行こうと思いましたが廃止され残念です。
そこで寝台特急なは、あかつき寝台急行銀河に乗車された方、もし良かったら乗車したときの思い出話し、次に寝台特急なは、あかつき寝台急行廃止された時の皆さんの思いを聞かせて頂きませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在22歳で、今まで寝台列車に乗ったのは9回。そのうちブルートレインと呼ばれるものには、6回乗っています。そして、僕が初めて乗った寝台列車って言うのが、まさに今年廃止された銀河でしたね。小学2年の時に、東京経由で北陸に行く際に乗りまして、初めての寝台列車にちょっと興奮して寝られなかったですね。解放式のB寝台は、今となってはちと窮屈ですが、当時は広々と快適な感じでした。
なはとあかつきにも乗ったことがあります。特になはに関しては3回乗っています。これらは、全て個室寝台でしたね。その中でも一番快適だったのは、なはの2人用個室デュエットですね。B寝台の割に広いです。あかつきのときに乗ったA寝台個室シングルよりも若干広かったですね……まぁ2人用なので、当たり前と言えばそうなのですが、何となく得な感じはしました。それに比べて最後に乗ったソロは……ホント寝るだけのスペースって感じでしたね。
無くなってしまったのは非常に残念ですが、新幹線と言う存在が出来た以上、廃止は避けては通れないでしょう。来年春に唯一残っていた九州行きの寝台列車だった、はやぶさと富士も廃止が決定しています。もうブルートレインは長くないと考えていいでしょう。使われている客車も限界超えてますし……豪華寝台列車と呼ばれるカシオペアやトワイライトも、北海道新幹線ができれば、廃止されるでしょうから……僕から質問者さんに対する言葉としては、とにかく乗れる時に乗っておいた方が良いです。今走っている寝台列車は、将来全て消える……そう思っておいてください。頑張って乗ってくださいね!

現在22歳で、今まで寝台列車に乗ったのは9回。そのうちブルートレインと呼ばれるものには、6回乗っています。そして、僕が初めて乗った寝台列車って言うのが、まさに今年廃止された銀河でしたね。小学2年の時に、東京経由で北陸に行く際に乗りまして、初めての寝台列車にちょっと興奮して寝られなかったですね。解放式のB寝台は、今となってはちと窮屈ですが、当時は広々と快適な感じでした。
なはとあかつきにも乗ったことがあります。特になはに関しては3回乗っています。これらは、全て個室寝台でした...続きを読む

Q感情による衝動や行動等の制御と自律

こんばんは。(おはようございます?)

カテゴリー違いでしたらごめんなさい。

私は「怒り等の感情による(例えば『人を殴りたい』『人を殴る』等の)衝動や行動等を自律では制御することができず、(例えば法律や法律に基づく罰等の)他律の力を借りることで、精神的苦痛を伴いながらも何とか制御することができた」と言う状況を幾度となく経験して参りました。

当時の状況を思い出すと、一見同じような状況であっても、感情による衝動や行動等を自律で制御することができたケースと、制御することができなかったケースとがありました。

また、当初は感情による衝動や行動等を自律で制御することができなくても、時間が経過するにつれて自律で制御することができるようになったケースもありますし、逆に当初は感情による衝動や行動等を自律で制御することができたのに、時間が経過するにつれて自律では制御しきれない状況になったこともあります。

感情による衝動や行動等を自律で制御することのできる状況と、自律では制御することができない状況とでは何が違うのでしょうか? 感情による衝動や行動等を自律で制御するには、どのような条件が必要なのでしょうか?

当質問において、私は「自律」と言う言葉を使っておりますが、もしかしたら、感情による衝動や行動を制御しているのは「自律ではない別の何か」なのかもしれません。この辺りも含めましてご回答やご指摘等を頂けたら助かります。

宜しくお願い致します。

こんばんは。(おはようございます?)

カテゴリー違いでしたらごめんなさい。

私は「怒り等の感情による(例えば『人を殴りたい』『人を殴る』等の)衝動や行動等を自律では制御することができず、(例えば法律や法律に基づく罰等の)他律の力を借りることで、精神的苦痛を伴いながらも何とか制御することができた」と言う状況を幾度となく経験して参りました。

当時の状況を思い出すと、一見同じような状況であっても、感情による衝動や行動等を自律で制御することができたケースと、制御することがで...続きを読む

Aベストアンサー

imananjiさん、こんばんはm(__)m

私は勉強中の一般民間人ですので、正解は書けないと思いますが、がんばってみます。

>怒りや怒りによる衝動の発生が抑えられている段階では、>欲求自体が無い(または弱い)ので欲求不満にはならない>(またはなり難い)為、怒りが誘発される確率(または怒>りのレベル)も低いのですね。

一つずつ分けて考えてみましょうか。

まず一つには、衝動の発生を抑える以前に怒りの度合いと不満度の関係があります。
感情には「怒り」「喜び」「期待」など、基本となる感情が8つあり、それぞれには強度がある、という考え方があります。
怒りの場合には、困惑<怒り<激怒 となるそうです。
ある事象に対する欲求不満度・苦痛度で、怒りの強度も変わってくるのですね。
つまり、欲求不満度は衝動の抑制に直接関係しているのではなく、怒りの強度に関係していることになります。

そして次に、この怒りの強度と攻撃行動への衝動との関係です。
攻撃行動は何も怒りだけではなく、嫌悪とか恐れ、悲しみなどでも見られることだと思いますが、それぞれの感情には怒りと同じように強度があります。
それらの感情が強ければ攻撃行動への衝動も強いものになると、これは私の経験からですが、考えられると思います。
不満度によって怒りの強度が変わり、怒りの強度によって攻撃行動への衝動が変わる、ということになるかと思います。

>怒りや怒りによる衝動があるのに行動を抑えている段階に
>なると、欲求不満により怒りが誘発されるのですね。

これは、すでにある怒りが原因で更なる強い怒りが生じたということですね。

そして更に、攻撃行動への衝動の強度とそれを抑える力の関係があります。
ここに関係してくるのが、「自我」というものになるのでしょう。
自我というのは、働きというよりも、人間の精神構造が自我を含めた欲求・自我・超自我からなっている、としか私には説明ができません。
ゴメンナサイ。
このあたりのことは書くと論文になってしまいます?ので、参考URLを書いておきます。

怒りという感情は、知らない人よりも身近な人にほど向けられ易いですね。
骨肉の争い、なんて言いますが、典型例ではないでしょうか。
十何年も経ってから思い出される怒りというのは、発散されていないのでしょう。
誰にも「あ、思い出しちゃった。今ごろになって超ムカつく!」ってことはありますって。
冷静になるだけではなく、その後に発散されることが怒りの解消には必要なんですね。

参考になるのか?ならないのか?
ならなくても怒りのレベル弱にしておいてください(~~;)

参考URL:http://homepage1.nifty.com/~watawata/psycho/p3.htm

imananjiさん、こんばんはm(__)m

私は勉強中の一般民間人ですので、正解は書けないと思いますが、がんばってみます。

>怒りや怒りによる衝動の発生が抑えられている段階では、>欲求自体が無い(または弱い)ので欲求不満にはならない>(またはなり難い)為、怒りが誘発される確率(または怒>りのレベル)も低いのですね。

一つずつ分けて考えてみましょうか。

まず一つには、衝動の発生を抑える以前に怒りの度合いと不満度の関係があります。
感情には「怒り」「喜び」「期待」など、基本となる感情...続きを読む

Qエンブレムにびっくり。(なは・あかつき)

熊本駅で三角行きを待っていたら『寝台特急なは』が入線してきました。
先頭の機関車のエンブレムがなんと『あかつき』でした。
これでいいのでしょうか。
車両の表示幕は『なは』になってました。
あかつきのエンブレムが熊本にあるんですね。
たいした事ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

よ~~~く見ましたか?

「なは」と「あかつき」は鳥栖まで併結して(2列車を連結して)走ってますので、ヘッドマークには「なは」と「あかつき」の双方の名前が書かれています。もしも「あかつき」だけしか書かれていないヘッドマークなら、通常は現在使わないタイプですね。「なは」と「あかつき」の双方の名前が書かれたマークが盗難にあいピンチヒッターで登板したのかもしれません。

Qかわいいものをいじめたくなる衝動

こんばんは、いきなりこんな質問してしまいすいません。
タイトル通り、『かわいいものをいじめたくなる衝動』です。
例えば、かわいい子猫をみたら無性に抱きしめたくなり、そのままクチュッと潰してしまいたくなるとか、かわいい子供になぜか意地悪したくなるとか・・・。(読み方によっては勘違いされますが、僕はそんなこと思った事あるくらいで、やったことはないです。その辺よろしくお願いします。)
急に気になって質問いたしました。
そのようなの気持ちが自分にあるので、みなさんも同じようなことを思った方がおられるなら、どうぞご意見お願いいたします。
特に心理学にお詳しい方、この気持ちは心理学的にどのように分析されているのか、専門用語を交えて説明してくださいますと、嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします  m(_ _)m

Aベストアンサー

あなたは、そのかわいいものを手にして満足します。
この状態がいつまでも続いてほしい。
それが、他人が手に触れることを排除したいという
気持ちに変わり、独占していたいという心理が生まれます。
独占とは、自分の所有物とすることです。
あなたはそれを手に入れているので、その価値は
よく分かっています。しかし、他の人がその価値を分から
なくなれば、もっと自分だけのものにできます。
そして、同時に、あなたは自分の所有感を確かめたくなり
ます。どこまで意地悪をしたら、反抗してくるだろうか、
どこまで、苦しめたら、自分から離れていくだろうか。
そして、あなたは、そっと首を絞めてみたくなります。
自分を信頼しきって気持ちよさそうにしていると、もっと
その程度を試したくなります。そして、ついには対象を
死に至らしめてしまうかもしれません。
しかし、あなたにとって、死はあなたがその対象物を完全
に所有したという証拠でもあるのです。
こういう所有欲は歪んだという形容詞がつけられることも
ありますが、犯罪心理学では良く知られた心理行動です。
今田勇次が犯した犯罪はこの種の心理の典型的なものです。

あなたは、そのかわいいものを手にして満足します。
この状態がいつまでも続いてほしい。
それが、他人が手に触れることを排除したいという
気持ちに変わり、独占していたいという心理が生まれます。
独占とは、自分の所有物とすることです。
あなたはそれを手に入れているので、その価値は
よく分かっています。しかし、他の人がその価値を分から
なくなれば、もっと自分だけのものにできます。
そして、同時に、あなたは自分の所有感を確かめたくなり
ます。どこまで意地悪をしたら、反抗してくるだろ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報