アミノ酸の原子の種類を変えることにより、違うアミノ酸に変換しますが、
そのため、原始の種類を変えるには、原子の電荷とファンデルワールス半径を
変えればよいのですが、その際の変換を列挙してくれませんか?
ファンデルワールス半径とはなんのことなのかわからずで、まったくわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)


>原始の種類を変えるには、原子の電荷とファンデルワールス半径を変えればよいのですが、
 お書きになっ

ている意味がわかりません。電荷とファンデルワールス半径は原子に固有の性質です。したがって,これらを変えるという事は原子の種類を変えるという事です。

>その際の変換を列挙してくれませんか?
 変換ってどういう意味ですか?化学反応ですか?あるアミノ酸の構造式から別のアミノ酸の構造式を導く事ですか?それとも,別の何か? 補足下さい。

>ファンデルワールス半径とはなんのことなのかわからずで、まったくわかりません。
 適当な教科書に説明があると思います。アミノ酸の質問でもありますので,「レ-ニンジャ-の新生化学 上」p.108 を見て下さい。図4-8 の説明文に定義がのっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。変換とは多分原子の交換だと思います。
なにぶんじぶんでも分からないので…お手数かけました。

お礼日時:2001/02/19 09:28

質問の意味が分からないのですが・・・。


アミノ酸の種類を変えるには確かに原子自身が変換すれば変わるでしょうが、現実問題としてそのような変換はおきません。ファンデルワールス半径は要するに原子の大きさみたいなものですが、原子固有の値ですのでやっぱりこれも無理です。
アミノ酸を変換したいのなら化学反応で原子をすげ替えなければ無理です。
もう一回どういった意味の質問かを教えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。質問の仕方があいまいで。僕も何を言ってるのかよくわからないのです。
時間がないので、締め切ります。おさがわせしました。

お礼日時:2001/02/19 09:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qαアミノ酸は、、βアミノ酸はある?

よろしくお願いします。

αグルコースとβグルコースは一位の位置のOHの違いで
すがアミノ酸の場合はαばかりで全然βアミノ酸と出会いません。
βアミノ酸は存在するのでしょうか?するとすればどんな構造で
何故こんなに影が薄いのでしょうか?
ご教授ください

Aベストアンサー

ちと Wikipedia で調べたけど, 「βアラニン」は必須だそうです. 「パントテン酸」として, あるいは「補酵素A」という形で体内に存在します.
ちなみにその先の γアミノ酸では GABA (gammaaminobutyric acid) がメジャーでしょうか.
グリシン→βアラニン→GABA と, アミノ基とカルボキシ基が 1つずつ離れているのがおもしろいかも.

Qアミノ酸の種類とペプチド結合について

学校のレポートなんですがよく分かりません。誰か詳しくアミノ酸の種類とペプチド結合の両方を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

rei00 です。

補足拝見しました。そういう事なら仕方がないですね。

ところで,学校の図書館は調べられましたか。それとも,専門学校の図書館だと,そんなに教科書の類は置いてないのかな。

さて,「味の素」の「なぜ?なに?アミノ酸」というペ-ジを参考 URL にあげておきます。このペ-ジの内容,あるいは,右下の方にある「アミノ酸関連事業の紹介」のペ-ジの内容を参考にしてみて下さい。

参考URL:http://www.ajinomoto.co.jp/ajinomoto/A-Life/index.html

Qあるアミノ酸に対応するtRNAの種類

tRNAに関してお訊きしたいことがあります。
ある1種類のアミノ酸に対応するtRNAは、数種類持っているものなのでしょうか?
sigma aldrichのカタログを見ていましたら、大腸菌由来のチロシン特異的なtRNAが
 ・Ribonucleic acid, transfer,
   tyrosine-specific I from Escherichia coli
 ・Ribonucleic acid, transfer,
   tyrosine-specific II from Escherichia coli
と2種類ありました。

「I」や「II」の区別は、メーカー側の都合でつけたものなのでしょうか?
それとも、そのような一般的な区別があるものなのでしょうか。
このあたりのお話に詳しくないもので、ご存知の方、ご教授下さいますと幸いです。

Aベストアンサー

はい。同じアミノ酸に対するtRNAを複数持っていることが多いです。(参考URL)

大腸菌の場合も、多くのアミノ酸に対して、複数のtRNAを持っており、それぞれに番号が振られているようです。
http://www.brh.co.jp/s_library/j_site/scientistweb/no11/photo_07.html

しかも、Tyr-tRNAの場合は、1の遺伝子は同じ配列が2つ並んであるようです。2は、1と97%の相同性があります。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/viewer.fcgi?db=nucleotide&val=147971

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/viewer.fcgi?db=nucleotide&val=174469

参考URL:http://www.nig.ac.jp/museum/evolution/F/kodon-04.html

QGABA(ガンマアミノ酸)を大量に摂取すると、脳内で『ニューロン同士のグルタミン酸による結合』が弱くなったりするの??

発芽玄米やチョコレートなどに多く含まれているという、『抑制性神経伝達物質』のGABA(ガンマ・アミノ酸)。

最近は、GABAが一袋に数百ミリグラムも入っているサプリメントなどが健康食品売り場の店頭などで売られていたりするのを、よく見かけます。
 
このGABAは『グルタミン酸へのブレーキ』のような役割もこなすと、ちまたで聞いたのですが。

ということは、つまり、このGABAをサプリメントなどで過剰に大量に摂取すると、脳内での『グルタミン酸によるニューロン同士の神経接続』が弱くなったり、接続が切れていったりするものなのでしょうか・・・??

向学のために、GABAを体内に大量に摂取しすぎるとどうなるのか、知っておきたいのですよね。

Aベストアンサー

グルタミン酸へのブレーキというのはグルタミン酸が興奮性神経伝達物質なのに対して、GABAが抑制性神経伝達物質であり、逆の作用をするということなのではないでしょうか??

また、GABAはBBB(血液脳関門)を通過できないので、体外から摂取しても脳内に入ることはできません。しかしGABAは末梢(腸管・ランゲルハンス島B細胞・卵管・副交感神経支配臓器・内分泌臓器)でも作用するので、食品から得られるリラックス効果は末梢に働くために起こると考えられます。

Qアミノ酸について

アミノ酸というのは20種類あると聞いたことありまして、
一覧表も持ってます。

何かの本で「カイニン酸」というアミノ酸があると言うのを見ました。

これはアミノ酸のリストにはありませんでした。
これはどういう事でしょうか?

アミノ基とカルボキシル基を両方持つ有機物を総して「アミノ酸」と呼ぶ定義でもあるんでしょうか?

よくわかりません。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

アミノ酸の定義はアミノ基(NH3)とカルボキシル基(COOH)の両方をもつ有機化合物です。
Uragimielさんの言うアミノ酸20種というのはアミノ酸のうち一般のたんぱく質を構成するアミノ酸です。
20種のうちいくつかのアミノ酸が組み合わさってタンパク質になります。
カイニン酸ももちろんアミノ酸です。
構造をみるときちんとアミノ基とカルボキシル基があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報