【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

デジタルカメラもデジタルビデオカメラも
レンズ→CCD(CMOS)→画像処理エンジン→記録
って感じの流れだと思います。(素人判断)

キャノンのHPを見ると
デジタル一眼レフカメラだと 「COMS」、「DIGIC III」
デジタルビデオカメラだと 「フルHD CMOS」、「DIGIC DV II 」
というように使われている物が違います。

写真一枚を撮る機械と写真の連続を撮る機械と使われている物が違うのは何故ですか?
画像処理エンジンが違うのは何となく分かるのですがCMOSセンサーを変える必要があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

安価なトイカメラを除いて、シャッターユニットの構造の違い


メカ式シャッターユニットと電子式シャッターの併用がデジタルカメラ。
電子式シャッターのみがビデオカメラ。

電子式シャッターはシャッター速度が速いというメリットありますが、反面、スミアに弱い欠点もあります。
画面に太陽などが写りこんだときに、強い縦方向の筋(スミア)が瞬間的に発生しても、動画を写すビデオでは大きな問題にはなりません。

静止画を写すデジタルカメラでは、意図的に太陽を写しこんだり、新緑の間を透ける太陽を写したりすることが当然あります。
その際に、強い縦方向の筋(スミア)が発生したら、写真になりません。
デジタルカメラでは、スミア防止のためにメカ式電子式シャッターの他にメカ式シャッターユニットが組み込まれています。
なお、デジタルカメラの動画撮影時はメカシャッターは使用しません。
デジタルカメラの動画撮影時はビデオカメラと同様にスミアが発生します。

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/0309/08/n_key4 …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9F% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました♪
勉強になりました♪

お礼日時:2008/06/05 22:07

まず、「カメラ」とはスチルカメラとムービーカメラの総称。


デジタルカメラといった場合、立場や状況によってデジタルビデオカメラだったりデジタルスチルカメラだったりします。

ビデオカメラでは最終的な表示デバイスがテレビになるのでNTSC方式やハイビジョン、フルスペックハイビジョンに準拠する必要があります。
テレビではどんなに大画面になっても必要な画素数は一緒です。

スチルカメラでは紙に印刷して利用するケースが多く、用紙サイズも名刺サイズから街頭広告のように縦横のサイズが数メートルの物まで様々。その為画像の縦横のドット数(画素数)が多い方が大きいサイズに印刷した時に有利となります。そのためデジタル一眼レフではEOS 1Ds MarkIIIの様な高画素機の需要があります。デジタルビデオカメラではそこまで高画素にする必要はあまりありません。

また、動画と静止画では画像処理に要求される内容が異なります。
その為デジタルスチルカメラでは「DIGIC」、デジタルビデオカメラでは「DIGIC DV」と使い分けが必要となります。ローマ数字はバージョン番号のようなもの。彩度やシャープーネスト言った共通項目もあるので「DIGIC」がベースとなっているはずです。
この辺はコンピューター用ソフトでも同じです。Photoshopでは静止画の編集はできるが動画の編集は出来ないように、向き不向きがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました♪
勉強になりました

お礼日時:2008/06/05 22:09

No.1です。


誤記があります。
誤:デジタルカメラでは、スミア防止のためにメカ式電子式シャッターの他にメカ式シャッターユニットが組み込まれています。
正:デジタルカメラでは、スミア防止のために電子式シャッターの他にメカ式シャッターユニットが組み込まれています。

失礼しました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング