親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

傷害事件の被害者です。

先日被害届けを出していた事件の犯人が逮捕され、相手の弁護士側から示談金10万円で示談をして欲しいとの要求がありましたが、未だ返事をしていません。

鉄製のチリトリで(重さのある大きいものです)目を2回殴られました。

全治2週間の通院を要したとの診断でしたが、1年以上経つ今も目の奥がズンと重く痛んだりチカチカすることがあります。

事件後の仕事にも支障があり(日中高いところに上って作業する仕事)、また睡眠も満足にとれなくなり、よくうなされて起きるなどの障害もでました。

示談となると、要した通院費、仕事を休んだ分の日当等の請求はできるのでしょうか?
また示談金の相場はどの程度のものなのでしょうか?
こちらも弁護士をつけてやりとりをした方がよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

そのレベル(推測ですが)の事件であれば、あなたが刑事事件で告訴するといえば、そのようになり、取り下げるといえば、そのようになります。

告訴すれば、裁判を経て、有罪が確定する可能性が高いでしょう。そうなれば、刑務所で服役、あわよくば執行猶予がついたとしても、有罪判決には変わりないので、前科がつきます。つまり、俗に言う「前科者」になるということ。そうなれば、世間的には不都合が出てきます。家族の引越しや離散、就職問題など。それを避けるために「10万円あげますから、事件としてはなかったことにしてください」と言ってるのです。被害届けや告訴取り下げとは、そういうことです。

で、刑事事件と民事事件は別物です。わかりやすい例では、アメリカの例ですが、OJシンプソンの裁判。あれは同一事例にもかかわらず、刑事事件では無罪、民事事件では無罪となりました。つまり、刑事と民事は別に争うものなのです。殺人事件などで、判決は無期懲役で服役、しかし、被害者の家族が別に民事裁判を起こして損害賠償を請求するなんて話は、よくあります。

結局、今回、刑事民事を別立てにするのか、それとも刑事事件で示談して、その示談金を損害賠償相当とするのかと言う話です。まあ、民事の厄介なところは、あなたが要求する額が必ず手に入るものではないと言うことと、支払うように判決は出ても、それを強制する手立てがない(強制執行や差し押さえは可能ですが、無い袖は振れない可能性もある)ことでしょう。つまり、取りはぐれる可能性がある。
そう考えれば、今回の示談金で、治療費や補償なども含めて、「○○円いただけるなら、取り下げます」と、逆に提示するしかないのでしょう。まあ、この辺の言い方によっては、切れ者弁護士だと、逆に脅迫とか変なことを言い出しかねないので、そもそもこういうのに不案内なら、あなたも弁護士つけた方がいいですよって話です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>切れ者弁護士だと、逆に脅迫とか変なことを言い出しかねないので

その不安がありました。こういうことはここでみなさんに1から教えていただいたように何もわからない者なので、じっくりと進めていきたいと思います。

お礼日時:2008/06/09 13:52

>民事の損害賠償請求となると、裁判になるのでしょうか?



同じ裁判所に刑事と民事があります。民事では加害者被害者双方に弁護士がついて戦います。検察官(検事)はいません。

>今は刑事事件。それを民事事件として扱うのにはどのような段階を踏んでそうなるのでしょうか?

もう刑事事件にしてしまったのでまずこれを終わらせてから民事で訴えるかどうかを考えましょう。刑事で勝てば民事でさらに訴える必要はないと思います。刑事でも加害者は刑を軽くするために当然あなたに損害賠償をしてきます。あなたはその金額をもらってあなたの出方を決めたらいいです。たとえばこんな風にです。(一つの例であってこのようにしなさいとは言っておりません)
10万円と謝罪 
裁判で「金額には不満だが一応、10万円の損害賠償があった」と述べてあげる。それにより加害者の罪が軽くなる。
20万円と謝罪
誠意ある損害賠償があったので刑を軽くしてあげてほしいと書面で裁判所に提出する。(相手側の弁護士に渡せばいい)
30万円と謝罪
加害者側の弁護士が希望しているように告訴を取り下げて和解する。裁判無し。もちろん民事裁判もなし。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

いつもありがとうございます。

こちらの出方をそろそろまとめていこうと思います。

ぜひ参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/06/09 13:47

一番のNishikasaiです。

今回三度目の登場です。

>示談に応じず告訴して、損害賠償請求を行う方法もあるのですね。

いまあなたは刑事事件として訴えています。刑事事件とは相手を刑務所に入れるためのものです。損害賠償請求というのは民事事件でやります。こちらは刑務所は関係ないです。お金だけです。もちろん刑事事件でも罪を軽くするために加害者が自発的に損害賠償をする場合がありますが、義務ではありません。

>その場合はやはりこちらも弁護士をたてるべきなのでしょうか?

民事では被害者側も弁護士をたてます。刑事ではなぜたてないかというと検事と警察があなたの側にいるからです。刑事事件は加害者を刑務所に送るためのもの。民事は損害賠償のためのもの。覚えといてください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

重ね重ね、ありがとうございます。

>刑事事件は加害者を刑務所に送るためのもの。民事は損害賠償のためのもの。
なるほどです。覚えておきます。
民事の損害賠償請求となると、裁判になるのでしょうか?

今は刑事事件。それを民事事件として扱うのにはどのような段階を踏んでそうなるのでしょうか?

お礼日時:2008/06/07 01:47

>刑事事件になると困るのはなぜなのかわかればお教えください。



刑事事件になるとこのケースでは罰金だけかまたは懲役3ヶ月で執行猶予3年みたいなことになるでしょう。いくら執行猶予で刑務所には入らないといっても有罪です。ちゃんとした企業ならクビになる可能性がありますし、普通の人でも人生の汚点になるのは間違いないからです。

>示談よりも刑事事件にした方が良いのでしょうか?

本人のしたことが憎くてたまらない、復讐したいなら刑事事件にすべきですが、それより慰謝料を取って忘れたいなら示談です。

>こちらが○○円くらいなら・・・と伝えて後々こちらが困ることにはならないでしょうか?

ま、それは示談をしやすいようにしているだけです。賢い方法は「10万円では不満だ。ぼくはこんなに損害を受けている」とだけ説明すればいいですが、そういわれても相手も困って「いくらでしたら受けてくれますか」とまた聞いてくるでしょう。だからまあまあの額を決めておいたほうがいいでしょう。

>10万円の示談で弁護士が大げさならば加害者側が弁護士を立てているのはなぜでしょうか?

そりゃ、被害者は訴えられて刑務所にぶちこまれるかもしれないと思うからです。それを思えば弁護士への謝礼が高くても仕方ないでしょう。
あなたも別に気軽に頼める弁護士がいるなら頼んでもいいけど高いですよ。普通は被害者は弁護士に頼みません。頼むのは刑務所にぶちこまれる加害者のほうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。だんだんとわかってきました。

いただいた意見と知識を元に調べを重ねてじっくり考えたいと思います。

弁護士についても少し調べましたが、気軽には頼める額ではないようですね。

お礼日時:2008/06/07 01:40

示談っていうのは、民事の損害賠償の示談でしょうか。

それとも刑事事件にしてほしくないがための示談でしょうか。

いまだにおかしいということは、単純に言って、完治はしてないってことでしょう。また、そのような事故は、保険適用外だと思いますが、どのような治療をして、どれくらい治療費がかかったのでしょうか。その辺で額はかなり変わってきます。向こう1年ぐらいなら、温存療法の治療費も示談金に加算できるはずですが。

高が10万円程度の金で弁護士というのも解せませんね。なにか、うまく丸めこもうとしてるような気配も。あなたも弁護士やとって、双方で話をさせたらどうですか? 弁護士費用は賠償金から出るかも知れまえんよ。成功報酬って部分もあるし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

今のところ刑事事件の段階です。

>高が10万円程度の金で弁護士というのも解せませんね。なにか、うまく丸めこもうとしてるような気配も。
そうですよね。ここはじっくりと計画を立てようと思います。

お礼日時:2008/06/07 01:32

No.2です。


傷害罪は、裁判に持ち込まれると実刑もありえる重罪なので、加害者は必死になります。
告訴は、巡査部長以上の警察官へ口頭または書面により行います。
マズは、最寄の警察署へ相談するのが良いでしょう。
ただし、警察官は「面倒くさがり」が多いので(失言!)、正直な自分の気持ちと、今の困っている症状を伝えることが大切です。
損害賠償については、無料法律相談を利用して聴取するのが良いでしょう。
最低でも、完治するまで、または、万が一、数年後に悪化した際の保障面を確約する必要はあると思います。

無料法律相談
http://law.legal-act.net/index.html
告訴
http://www.naiken.jp/kokuso.htm#step1
傷害罪(204条)
http://www.lufimia.net/sub/keiho1/2020.htm
告訴状
http://w-jimusho.com/kokusojou.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございます。

>万が一、数年後に悪化した際の保障面を確約する必要はある
これもなるほどです。目はとても大事な部分だし、仕事中に差し障りがあるのはとてもストレスになりますし。そういった精神面のこともふまえて考えたいものですね。

無料法律相談のサイトも見させていただきましたし、じぶんでもいくつか調べましたが、知人の話によると法律事務所では盗聴される危険があると言われましたが、そのような心配は過度でしょうか?

警察官は確かに面倒くさがりというかなんというか・・・

実際に犯人が逮捕される今までの間にも、同じ店に何度か足を運んでいたようです・・・

お礼日時:2008/06/07 01:23

完治されているのならば、10万円は妥当な金額だと思います。


しかし、傷は、全治(全治療期間)2週間かもしれませんが、この2週間は外科的な治療期間ですよね。
y5o5s5h5i様の傷は完治(完全治癒)されていないわけですよね。
また、神経へのダメージの完治見通しはたっているのでしょうか。
完治していないのに、示談に応ずる必要があるのでしょうか。
示談に応ずれば、多くの場合、加害者は減刑されます。
いまだに、y5o5s5h5i様が苦しんでいることを加害者に理解してもらう必要があるのではないですか。
示談に応ずれば、y5o5s5h5i様が苦しんでいることを加害者に理解してもらうことは出来ません。
そのような加害者には、刑務所へ入って良く反省してもらったほうが良いのではないですか。

犯人が逮捕されたのならば、示談などに応じずに、普通に告訴して、損害賠償請求を行えば良いのではないですか。
少なくとも、損害賠償請求額は10万円では済まないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

完治しているならば・・・なのですね。

示談に応じず告訴して、損害賠償請求を行う方法もあるのですね。

その場合はやはりこちらも弁護士をたてるべきなのでしょうか?

お礼日時:2008/06/05 13:13

10万円くらいの示談で弁護士は大袈裟でしょう。


通院費、仕事を休んだ日当、一年経っても目の奥がずんと重く痛む、事件後の仕事にも支障をきたした、睡眠も満足にとれなくなった。
「以上の損失で10万円では納得できない。○○円くらいなら示談にしてもよい」と先方の弁護士に伝えれば良いと思います。
刑事事件になったら困るのは向こうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

刑事事件になると困るのはなぜなのかわかればお教えください。

示談よりも刑事事件にした方が良いのでしょうか?

こちらが○○円くらいなら・・・と伝えて後々こちらが困ることにはならないでしょうか?

10万円の示談で弁護士が大げさならば加害者側が弁護士を立てているのはなぜでしょうか?

何もわからないのですみません。

お礼日時:2008/06/05 12:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q傷害事件の示談金の相場は

 お世話になります。
筆頭に書きました傷害事件の示談金について質問です。
 友人が些細なことから傷害事件を起こし、被害者から示談金を要求されました。

被害者は飲食店の店員(経営者同様)で、被害の状況は側頭部を殴打したための全治一週間の外傷です。
 治療費や飲食店を休業したため経営上の損害、慰謝料などで請求されていますが、加害者の支払う示談金の額は、いくら位が相応なのでしょうか?

Aベストアンサー

治療費全額と慰謝料10~20万円が通常ではないでしょうか。
労務不能であれば、その期間の賃金も保障するのが妥当だと思います。

経営上の損害は無視してもかまわないと思いますが、気持ちがあれば支払っても良いです。
(取引先の信用をなくしたとか、顧客が離れたとか、いろいろ難癖つけやすいですし、損額の算定基準も不明なため、法律上必ず払わなければならないという物ではありません)

相手が納得しなければ、訴訟提起されて提出された証拠に基づき裁判官が妥当な金額を判断してくれます。(おそらく相手の請求金額よりは低くなるでしょう)
訴訟にかかる費用や時間を考えたら、相場よりも多少大目に渡して、示談にしてしまった方が得かもしれません。

Q傷害事件の被害者になってしまい。これからどういう手続きをとったらいいでしょうか?

2日前の夜中傷害事件に巻き込まれました。
スナックで3人(先輩、友人、私)で、飲んでいたときに、一緒に飲んでいた先輩が知らない隣のテーブルの人に話しかけにいっていました。
私と友人はその間二人で飲んでいて、隣のテーブルの人とは話もしていません。
帰りに、店を出たところで、その知らない隣のテーブルの人たちが私たちに声をかけてきたと思ったら、友人の一人が突然殴られました。止めに入ったところ、私も殴られ、意識を失いその間も暴行を受けていました。
(私も友人も一切相手に手を出してはいません。)

私たちは救急車で運ばれ、警察も駆けつけ、事情聴取も一応終わり、私たちに暴行を加えた相手も警察に捕まってます。
結果的に、頭を5針縫い、顔面打撲とても腫れていて、全治1週間の診断が下りました。
診断書も警察へ提出しています。
私としては、医療費、破かれた洋服代、血だらけになった洋服のクリーニング代、休業補償、慰謝料までもらいたいのですが、これからどういう手続きをとったらいいのでしょうか?
全くわからないので、宜しくお願いいたします。

相手の人はガラが悪そうな人たちでした。

2日前の夜中傷害事件に巻き込まれました。
スナックで3人(先輩、友人、私)で、飲んでいたときに、一緒に飲んでいた先輩が知らない隣のテーブルの人に話しかけにいっていました。
私と友人はその間二人で飲んでいて、隣のテーブルの人とは話もしていません。
帰りに、店を出たところで、その知らない隣のテーブルの人たちが私たちに声をかけてきたと思ったら、友人の一人が突然殴られました。止めに入ったところ、私も殴られ、意識を失いその間も暴行を受けていました。
(私も友人も一切相手に手を出しては...続きを読む

Aベストアンサー

加害者は傷害罪の被疑者であり、これから加害者に対する刑事手続が進められてゆくことになります。具体的には、警察署で両当事者や目撃者などから事情聴取をしたり実況見分を行ったりし、その後に検察庁へ送致して、更に検察官による捜査が行われます。そして、最後に、その検察官が、(1)起訴、(2)不起訴、(3)略式命令請求(罰金刑の処分)のどれかの終局処分を選択するということになります。

この手続の中で、被害者である貴殿は、警察署と検察庁に呼ばれて詳しく事情を聴かれ、話した内容について供述調書と採られることになると思います。その時は、堂々とした態度で事実を正しく供述して下さい。
被害者と示談が成立するかどうかは、検察官が終局処分を選択する際に重要な判断材料になりますので、加害者が検察官から「示談しないと起訴するぞ」と言われ、慌てて示談の申し入れを行ってくるケースも少なくありません。その場合は、専門家に相談して適正な賠償額を算定して貰うとか、その専門家に委任して示談交渉を行って貰うとかの対応をなされると良いでしょう。

これに対し、加害者が示談の申し入れをしてこない場合もあります。その場合は、貴殿の側から損害賠償請求を行い、それでも不誠実な対応に終始されれば、弁護士を代理人を立てて請求するとか、調停・仲裁・訴訟等のしかるべき法的アクションに踏み切ることになるでしょう。

いずれにしても、早い段階で弁護士に相談なされ、その助言に沿って今後の対応をなされるのが良いと思いますよ。

加害者は傷害罪の被疑者であり、これから加害者に対する刑事手続が進められてゆくことになります。具体的には、警察署で両当事者や目撃者などから事情聴取をしたり実況見分を行ったりし、その後に検察庁へ送致して、更に検察官による捜査が行われます。そして、最後に、その検察官が、(1)起訴、(2)不起訴、(3)略式命令請求(罰金刑の処分)のどれかの終局処分を選択するということになります。

この手続の中で、被害者である貴殿は、警察署と検察庁に呼ばれて詳しく事情を聴かれ、話した内容について供述調書と...続きを読む

Q傷害事件に遭いました。慰謝料を請求したいのですが

先日、知人と酒を飲みに行き、お互いかなりの量の酒を飲み口論となり、知人に顔面を思い切り殴られ怪我を負いました。殴った後も店の中で知人は怒鳴り散らしていたので、収集つかなくなり、店員さんに警察を呼んでもらい、警察署に行きました。酔いも覚めたころ、知人であるが故、反省の色が見られれば被害届等提出するのはやめようと思っていたのですが、話を聞いても、謝罪こそあるものの、誠意を感じられる内容ではなかったので、被害届を提出し、翌日医師の診断書を提出しました。診断書の内容は、全治一週間とありましたが、10日経った今でも、腫れとアザが取れません。仕事に支障をきたす(接客業)怪我でもありますし、それ以降なんの謝罪もないことから、医者の費用と慰謝料を請求したいと考えているのですが、どういった手順で請求するのが一番なのでしょうか、、警察に聞いても何も教えてくれません。
電話番号は知っているので、直接相手に請求するのがいいのか、やはり弁護士さんを通した方がいいのでしょうか。
問題がなければ、直接連絡してしまおうと思っているのですが、当時から話していない事もあり、相手の出方の想像がつかないので、その場合どういった交渉をすればいいのか良くわかりません。

知人ということで、逮捕はしないと警察は言っていました。
ちなみに知人と言っても、2、3回一緒に酒を飲んだ事があるだけの浅い知人です。当時のことに関しても、きちんとした謝罪もないので、まだ怒りが収まりません。もう、付き合いをすることもないであろう相手なので、徹底的に、取れるものは取っておきたいというのが正直な所です。

先日、知人と酒を飲みに行き、お互いかなりの量の酒を飲み口論となり、知人に顔面を思い切り殴られ怪我を負いました。殴った後も店の中で知人は怒鳴り散らしていたので、収集つかなくなり、店員さんに警察を呼んでもらい、警察署に行きました。酔いも覚めたころ、知人であるが故、反省の色が見られれば被害届等提出するのはやめようと思っていたのですが、話を聞いても、謝罪こそあるものの、誠意を感じられる内容ではなかったので、被害届を提出し、翌日医師の診断書を提出しました。診断書の内容は、全治一週間...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえずは「謝罪・治療費・休業補償・慰謝料」を相手に請求(示談)して、
誠意のない対応なら「弁護士を通して傷害罪で刑事告訴する」と伝えては。
ただし高額な慰謝料や脅迫めいた言葉などを使ってはいけません。逆に脅迫罪に問われますから。
また交渉の過程は録音しておいてください。

相手に資産があり定職について給与所得などがあれば補償はとれますが、なければ弁護士を使っても無駄です。

Q暴力・傷害事件で相手を告訴するには何が必要ですか?

暴力・傷害事件で相手を告訴するには、
目撃証人、病院の治療領収書など、何か
必要ですか?

------------------------
相手に殴られるという暴行を受けました。
体に見えるほどの傷は受けませんでしたが、
法的に相手に訴えたいと考えています。

警察に「暴行を受けた」のみで、逮捕等などに進展しますか?何か他に必要なものがありますか?

Aベストアンサー

怪我をしたのであれば、傷害罪となりますので診断書をもって証人とともに出頭します。
怪我が無い場合は、暴行罪として立件してもらいます。
できれば、その事実に至った経過を上申書として住所、氏名入りで文書にまとめたものも添付した方が、警察も対応しやすくなります。
警察に処罰を求める方法としては、告訴と被害届の2種類がありますが、徹底的に処罰を願いたいのであれば、告訴状を提出した方が良いと思います。
警察としては被害届で十分と行ってくると思いますが、被害届の単に届けなので警察には捜査が義務づけられません。よって、ついでの時に調べてくれる程度となってしまうことにもなりかねません。
告訴状を受理した場合は、刑事訴訟法上正式に捜査が義務づけられますので、事も大きくなりますが確実です。
しかし、警察も捜査が義務づけられるので、なかなか告訴を受け付けようとはしてくれませんので、強行に告訴を主張して、写しに受理印を押してもらう必要があります。
出来れば弁護士、司法書士、行政書士等に告訴状を作成してもらって提出すると尚良いと思われます。
(Net上にも行政書士のHP等で書式がたくさんあるので、自分で作成してもかまいません)
相手を厳罰に処罰して欲しいのであれば、被害者調書に必ずその旨を記入してもらってください。
相手が警察に呼ばれたら、おそらく相手から示談交渉の申し入れがありますので、あなたの考えを主張すれば良いと思います。
相手に厳罰を望んでいるのであれば。示談しないことです。金銭で解決してあげるのであれば、示談に応じてあげれば、多少罪も軽くなり、状況によっては不起訴になります。

怪我をしたのであれば、傷害罪となりますので診断書をもって証人とともに出頭します。
怪我が無い場合は、暴行罪として立件してもらいます。
できれば、その事実に至った経過を上申書として住所、氏名入りで文書にまとめたものも添付した方が、警察も対応しやすくなります。
警察に処罰を求める方法としては、告訴と被害届の2種類がありますが、徹底的に処罰を願いたいのであれば、告訴状を提出した方が良いと思います。
警察としては被害届で十分と行ってくると思いますが、被害届の単に届けなので警察には捜...続きを読む

Q傷害事件の慰謝料の相場を教えて下さい

息子がアルバイト先の人に暴力を振るってしまい、
その方は2週間仕事を休まれ、目の周りにあざを作ってしまいました。
息子が未成年という事で先方も気遣ってくれたとの事で
刑事事件にしないようにしたと言われました。

相手が仕事できなかった期間の給与保障と病院にかかった費用は
こちらが負担したのですが、その他慰謝料として30万円
請求がありました。
一応示談みたいな形になっており、相応で慰謝料の額は相談みたいに
なってるのですが、
慰謝料30万円は高い気がしています

相場を知りたいと思うのですが、どれくらい負担するのが
良いでしょうか

Aベストアンサー

慰謝料の支払いは行いたいが、金額の内訳に納得できないと支払いたくても支払えないという形にしては?
30万円の明細を提示してもらい、質問者さんが納得できる治療費の明細や内訳が提示されれば、気持ち良く支払いに応じられるでしょうし。

一般的には、交通事故での慰謝料を基準に、治療費+通院/治療日数1日あたり4,500円とか5,400円などで計算されます。
顔のあざで後日残るようなものなら、外貌の醜状という事で、傷やあざの程度に応じて等級を決めて慰謝料の基準がありますし。

1回での支払いが困難なら、分割で支払うような事も相談できますし。

Q【至急】傷害事件の示談金について【お礼500枚】

私は大阪に住む24歳の男でバンド活動をしております。先日、親戚兼旧友が秋田県から遊びに来ました。滞在は6日間です。
彼が到着初日に私のライブを観て合流し、その後居酒屋に向かいました。
食事をしていると壁越しに飲んでいたサラリーマンのグループが壁を「ドン!」と5発ほど叩くのがわかりました。
我々は決して騒いでおらず、機材を少し整理する程度でした。
会計をし、エレベーターに向かうとグループのうちの二人が着いたエレベーターに先に乗り込み、私が行き先ボタンを押したところ、いきなり顔面や腹などを殴るけるなどされ一階に付くまでの間暴行されました。
(加害者Aが私へ、加害者Bが親戚へ暴行した)
不審に思った店主がもう一基のエレベーターで一階まで降りて止めに入りすぐに警察を呼びました。

以上が事件についてです。
両者ともに全治一週間という診断書を書いてもらい被害届を出したところ、犯人は翌日に見つかりましが、加害者側の『会社の上司』が示談という形で告訴を取り下げてほしいと言う意思があると刑事から伝えられました。
当然のことながら慰謝料を請求することが妥当であると考えております。

ふまえていただきたい点をまとめます。

・私はバンドのボーカルをやっており、顎を開くと痛むため歌の練習の妨げになる。
・私はバンドのジャンル上、顔の痣や傷、腫れなどは一番避けたいものだった。
・私は祖母の喪中でもあり、気が滅入っていた。
・親戚は自営業で飲食店を経営しており、一週間の休暇を取ることが困難であり、今回は特別な休暇であった。
・親戚は旅行も初めてで、大阪も初めてで思い切った旅でもあり、以前からとても楽しみにしていた。
・暴行されたのが初日ということもあり、当初の予定では回るはずだった観光地などに行けず、貴重な6日間のうちの4日を病院と警察署で潰された。
・親戚は飲食店のオーナーと言うこともあり、顔面の痣や腫れなどは接客の際の妨げとなりかねない。
・親戚は新調した洋服に血が付きシミになっている。
・犯人は捕まった当初「最初に殴ったのは向こうだ」などと嘘を付いている。
・相手は9人グループで、皆すぐに逃げた。
・我々は再会初日で、静かながらも心からお酒や食事を楽しんでいた。(私は飲酒をしてなかった)
・我々に一切非がない。

決して大怪我ではありませんが、上記の事柄を踏まえ、相手方二人への慰謝料請求として妥当な金額は1人おいくら程でしょうか?(Aから私へ、Bから親戚へという形になるかと思います。)
皆様の考えをお聞かせください。

私は大阪に住む24歳の男でバンド活動をしております。先日、親戚兼旧友が秋田県から遊びに来ました。滞在は6日間です。
彼が到着初日に私のライブを観て合流し、その後居酒屋に向かいました。
食事をしていると壁越しに飲んでいたサラリーマンのグループが壁を「ドン!」と5発ほど叩くのがわかりました。
我々は決して騒いでおらず、機材を少し整理する程度でした。
会計をし、エレベーターに向かうとグループのうちの二人が着いたエレベーターに先に乗り込み、私が行き先ボタンを押したところ、いきなり顔面...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんが、どうしたいか?です。
沢山お金が欲しいのか?、処罰して欲しいのか?です。

そもそも慰謝料などと言うものは、質問者さんの精神的苦痛の度合いは、質問者さんにしか判らないので、1千万円請求したって構わないです。
それに加害者側が応じるかどうか?です。
応じない場合は訴訟になり、裁判所が判断します。

ただ全治1週間ですと、幸いと言うか残念ながらと言うべきか、傷害の程度としては最も軽微な部類ですから、いくら質問者さんの感情部分を述べたところで、慰謝料はせいぜい20万円以内が相場です。

それ以外に、モチロン経済的な損失は、担保されねばいけませんので、休業補償や治療費などは請求すれば良いです。

休業補償部分は、質問者さんの所得にもよりますが、1~2万円/日くらいが相場でしょう。
これらを合算し、一人当たり30~50万円くらいの提示であれば、和解金としてはまあ妥当な範囲では?と思いますよ。

でもこれはあくまで一般論であり、中には社会的地位がある人などが100万円単位のお金で早急に示談する例もありますので、一概には言えません。

また、勘違いなさっておられる方も多いですが、示談と言うのは、民事事件の示談です。
被害届の取り下げなどはしなくても、民事の慰謝料請求は出来ます。

和解と言うのは、被害者と加害者は、この件では仲直りしたとか、この件は水に流したと言うことです。
だから被害届の取り下げが遅れても、民事で和解していれば、加害者に前科が無ければ、事件の内容によっては不起訴処分とか、起訴されてしまっても罰金刑(20~30万円?)で済む場合が殆どなので、加害者側は、刑事が決着するまでに、民事の和解をしたがるワケです。

質問者さんが刑罰を望むなら、警察や検察には「厳罰を望みます」と言い、刑事罰が確定してから示談交渉したり、加害者側が示談に応じなければ、民事の賠償請求訴訟を行っても構いません。
また、質問者さんがそう言う態度で望んだ方が、結果的には相手方も和解金を吊り上げてくると思いますよ。

違う視点から言えば、質問者さんは、刑事罰が確定してから、ゆっくり民事を考えても良い立場ですが、加害者側は、刑事が決着する前に民事を決着せねば、大変なんです。

普通はタイムリミットまでは、和解金を吊り上げてきます。
質問者さんはそのタイミングを見誤らなければ良いワケで、また見誤っても、賠償請求権が無くなるワケでもありません。
加害者の提示額に納得出来なければ、慌てて和解に合意したり、即答する必要も無いです。

質問者さんがお金を望む場合、「断固、刑罰を望む」などと言う姿勢は出し過ぎず、「金額によっては和解しても良い」と言う姿勢を見せ、とは言え「簡単に許す気は無い」「ハシタ金で示談する気は無い」「もしバカにした様な金額提示が行われたら、係争します」と言う姿勢で臨めば良いですね。

逆に質問者さんから請求する場合、質問者さん側が遠慮する必要は無いですし、高額側から妥協していくのが、請求者側の和解交渉の常套手段です。

加害者側の単純な経済性を考えれば、100万円くらい請求し、落として行けば良いかと思います。
加害者にとって最悪のシナリオは、
(1)いずれにせよ慰謝料などで、少なくとも20~30万円。
(2)刑事で起訴され有罪となり、罰金20~30万円。
(3)もし民事で訴訟になれば、加害者は弁護士費用など訴訟費用が数十万円。
と言う感じです。

この内、(3)の民事訴訟をするかどうか?(逆に言えば、示談するかどうか?)は、質問者さんが決められます。

これらを合算すれば、加害者側の負担額は最大100万円前後になりますからね。
更に、加害者にとって最良の場合は、前科者にならないと言うプライスレスの最大のメリットもあります。

これを上手く被害者側に伝えることが出来れば、加害者が賢く、かつお金があれば、100万円でも示談を望む可能性は十分にありますよ。

裁判になれば、質問者さんも弁護士費用が発生しますので、100万円を獲得出来る可能性はありませんが、加害者側が総額100万円前後を負担せねばならない可能性は大なんですよ。

ただ弁護士としては民事訴訟などになった方が、儲かる仕事なので、間に弁護士が入ると話しはややこしくなりますので、加害者側と直接話しした方が良いと思います。

また、被害者側と接触する場合、証拠化のため、ICレコーダなどで会話を録音しておくことをお勧めしますし、逆に加害者側が録音している可能性もあるので、不用意な発言(脅しとかたかりと思われる様な発言)は気をるけて下さいね。

たとえば「僕が裁判をすれば、ソッチも何十万円も弁護士費用が掛かりますよ。それなら僕にその金を払った方がマシじゃないですか?」などと言う言い方はしない方が良いですよ。

「僕自身は、今回の件では激しく憤りを感じており、公に理非を糺したい気持ちも強いです。もし民事訴訟をすれば、私もアナタ方も、高額な係争費用が掛かることになり、弁護士だけが儲かる結果になりますが、慰謝料を受け取る側の被害者側の僕達は、加害者のアナタ方に比べると、全然マシですからね。その訴訟をするかしないかは、僕の一存で決められますし。」などと言い、相手に気付かせましょう。

質問者さんが足元を見られる立場じゃないし、加害者側にはタイムリミットがあり、尻に火がついている状態ですから、有利で強気に交渉が出来ます。
もし交渉中に、わずかでも相手に気に入らない点があれば、即座に交渉を打ち切れば良いです。

たとえば相手ば弁護士を立てた場合でもビビる必要は有りません。
弁護士は相手を素人と考え、「これくらいが相場ですから」などと言い、最低ラインの示談金を提示する場合が多く、最初は慰謝料部分は5~10万円くらいを言ってくる可能性が高いです。

そんな場合は、質問者さんは、相手がたとえ弁護士であっても、数字を見た途端に、「不愉快です。今日は交渉を打ち切り、日を改めましょう。」とか、究極は「私は今後、アナタとは一切交渉はしません。」など言い、席を立っても構わない立場です。

また、弁護士は法律のプロだから、下手に会話や交渉をすれば不利ですからね。
余り話しをしない方が良いです。

「ではいくらなら和解しますか?」などと食い下がってくるかも知れませんが、まともに相手にする必要は有りません。
「被害者の私に考えさせる気ですか?ソレはソチラが必死に誠意を持って考え、私に提示するコトでしょう。私はソレに納得すれば示談しますし、納得出来なければ示談しない。それだけです。」って言っておけば良いです。

「アナタとは交渉しない」と言う場合は、「アナタとは交渉しないと言ったでしょ?私の言葉が通じないのでしょうか?やはりアナタは交渉相手として不適格と言わざるを得ないです。」とでも言っておけば良いです。

弁護士はクライアントに利益を守らねばならないので、弁護士が加害者を怒らせ示談交渉に失敗した結果、クライアント(加害者)が起訴され有罪にでもなったら、弁護士としては致命的です。
質問者さんが弁護士に対し硬直な態度を取れば、早晩、弁護士は示談交渉の場に姿はあらわさないでしょう。

他には奥の手として、顔を殴られたのであれば、外傷性頸部症(いわゆるムチ打ち症)などを主張し通院し、被害額や慰謝料を吊り上げる手もありますけどね。
でもこれは、事実無根の場合、一種の詐欺行為でもありますので、余りお勧めはしません。
よほど相手が悪質とか、ふざけた慰謝料を提示した場合にのみ、考慮して下さい。
とは言え、もしホントに痛い部位などがあれば、我慢する必要は一切無いので、バンバン通院する方が良いですよ。

それとメンタルな部分は、考慮されにくいです。
たとえば傷害事件に遭った結果、夜に繁華街を歩くのが恐くなって、社会生活に支障を来す様になったとしても、その事実関係・因果関係を立証するのは難しいからです。
とは言えこれも、一応は心療内科になど通院し、「夜、行動するのが恐くなった」などと相談しておくのは、交渉上や裁判上は、有利になるかも知れません。

私の結論としては、「目指せ総額50万円以上!」ってトコかと思います。
それが出来れば大成功ってトコですかね。

質問者さんが、どうしたいか?です。
沢山お金が欲しいのか?、処罰して欲しいのか?です。

そもそも慰謝料などと言うものは、質問者さんの精神的苦痛の度合いは、質問者さんにしか判らないので、1千万円請求したって構わないです。
それに加害者側が応じるかどうか?です。
応じない場合は訴訟になり、裁判所が判断します。

ただ全治1週間ですと、幸いと言うか残念ながらと言うべきか、傷害の程度としては最も軽微な部類ですから、いくら質問者さんの感情部分を述べたところで、慰謝料はせいぜい20万円以内...続きを読む

Q息子が傷害事件を起こして慰謝料(示談金)を請求されました。

どうして良いのか?わかりません。よろしくお願いします。
息子20歳
被害者18歳(女性)全治一週間(警察で聞きました)
被害者の彼?20歳 息子に車を壊されています。(被害届けは、なし)

息子は、逮捕され10日間の拘留後20万の罰金を支払って
現在、釈放されていますが
相手の親から慰謝料を支払って貰えば示談にすると言われました。
金額は、下記のとおりです
100万~150万+治療費+アパートの引越し費用+休業補償と
なぜか?相手の男の車の修理代金46万円(これは、被害者の親とは、まったく関係ないとおもいますが)
それも被害者の親と一緒に話し合いの場所に来ていました。(まるで親子のような感じでいろいろ指図されていました)
示談書の見本も提示されました。

・示談金として正しいのか?
・金銭的な理由で払えなかった場合はどのようになるのか?
 教えてください。

被害者の親には、連絡先がわかった日にお菓子と10万円をもって
謝罪にいきました。
加害者である息子には、絶対に会いたくないとのことで
息子は、現在のところ謝罪には、行っていません
被害者の彼?には、謝罪と車の修理代金を払うと伝えて事前に謝罪しています(相手の親にも)

元々の発端は、被害者と付き合いがあり別の男性との付き合い(浮気)で被害者に切れてしまい。被害者に暴力をふるったようです。
その際に被害者からも暴力を受けたようです。

息子のとった行動は、決して許されるものでは、ありませんが・・・
よろしくお願いします。長文で失礼します。

どうして良いのか?わかりません。よろしくお願いします。
息子20歳
被害者18歳(女性)全治一週間(警察で聞きました)
被害者の彼?20歳 息子に車を壊されています。(被害届けは、なし)

息子は、逮捕され10日間の拘留後20万の罰金を支払って
現在、釈放されていますが
相手の親から慰謝料を支払って貰えば示談にすると言われました。
金額は、下記のとおりです
100万~150万+治療費+アパートの引越し費用+休業補償と
なぜか?相手の男の車の修理代金46万円(これは、被害者...続きを読む

Aベストアンサー

たぶん相手から「いいカモ」扱いにされているのでしょうね。連絡先がわかった日に10万円も持っていってますし、取れるだけとってやろう、というところかと。

100万~150万+治療費+アパートの引越し費用+休業補償

まず、全治1週間程度でこの慰謝料はちょっと法外です。請求することはできますが、そのまま払う必要はないです。
治療費は実費払い。領収書のある金額でホントに治療に要したオカネだけ払いましょう。
アパートの引越し費用?これってどういう意味なのでしょう?
休業補償は休んだ日の分ですね。これは仕方がないけれど、この日は休んで給料を支払いませんでした、という証明が必要です。

ヘンな相手のようですので、弁護士に相談することをオススメします。被害者(彼女)とまったく面識がなかった、というなら別ですが、事情が事情なだけに、言い値を払う必要はありません。

でもよかったですね、こういう「ゆすり屋」と親戚にならずにすんで。彼女が浮気しなかったら、質問者さんと親戚になっていたかもしれませんし。息子さんも暴力をうけて怪我をしているようなら、それは相殺しましょう。

たぶん相手から「いいカモ」扱いにされているのでしょうね。連絡先がわかった日に10万円も持っていってますし、取れるだけとってやろう、というところかと。

100万~150万+治療費+アパートの引越し費用+休業補償

まず、全治1週間程度でこの慰謝料はちょっと法外です。請求することはできますが、そのまま払う必要はないです。
治療費は実費払い。領収書のある金額でホントに治療に要したオカネだけ払いましょう。
アパートの引越し費用?これってどういう意味なのでしょう?
休業補償は休んだ...続きを読む

Q傷害事件で検察庁からの呼び出しは何日後にくるの?

ささいな事から相手の挑発に乗ってしまい、軽くですが1発殴ってしまいました。(大人気ないです・・・)

相手側が傷害として訴え、逮捕され24時間後に釈放されました。

釈放後、検察庁からの呼び出しは何日経てば連絡が入るのでしょうか?
又、その知らせは電話でしょうか?それともハガキでしょうか?

逮捕されてから毎日反省の日々を送っております。
バカな私ですが、御回答のほど宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

いくら相手が挑発してきても、公の場で暴力をふるったら負けです。

それはさておきですが、1発殴ったのが、どの程度の損害を相手に与えたかがわかりませんので、暴行罪にとわれるか、傷害罪にとわれるかどちらかと思います。

質問者さまが前科がなく初犯で、真摯に反省していて、かつ被害者との示談が成立していて、被害届を取り下げてもらえたら、検事の裁量で起訴猶予か不起訴にもちこめて、刑事事件としては処理されない場合もあります。

相手との示談についてですが、むちゃくちゃな金額の示談金を要求してくる場合でしたら、示談が成立していなくても、反省している態度を検事の方が察してくれれば、起訴猶予または不起訴になるかもしれません。仮に起訴されて罰金刑になっても初犯であれば傷害罪の場合、罰金10万円位です。

いずれにしても相手方が慰謝料100万円払えとか無茶苦茶いっていないのでしたら示談して被害届を取り下げてもらうことをおすすめします。

直接相手と交渉するよりも弁護士を間に入れて交渉するほうがスムーズに事が進むと思います。着手金5万円+成功報酬20%位の報酬が必要となります。

私の妻が交通事故に遭遇した際、所轄の警察署に通報しなくて、道路交通法違反(通報義務違反)で書類送検された場合、検察庁から封書で事情聴取の呼び出しがありました。(結果、不起訴となり刑事事件にはなりませんでした)

前科がついた場合、役所の戸籍の原簿というものに当該事実が記載されて5年間消えませんが、一般の人が見ることはできないので、その点につきましては心配しなくていいと思います。(ただ、道路交通法違反と違って刑法上の犯罪の前科があったら世間ではかなりのマイナス評価を受けると思います)

いくら相手が挑発してきても、公の場で暴力をふるったら負けです。

それはさておきですが、1発殴ったのが、どの程度の損害を相手に与えたかがわかりませんので、暴行罪にとわれるか、傷害罪にとわれるかどちらかと思います。

質問者さまが前科がなく初犯で、真摯に反省していて、かつ被害者との示談が成立していて、被害届を取り下げてもらえたら、検事の裁量で起訴猶予か不起訴にもちこめて、刑事事件としては処理されない場合もあります。

相手との示談についてですが、むちゃくちゃな金額の示談金を...続きを読む

Q傷害罪でも逮捕されないケースはあるのか?

知り合いが傷害罪となりましたが、「証拠隠滅の心配がない」という理由で逮捕されませんでした。
私は被害者で、仕返しが怖いです。
逮捕されない傷害罪というのはあるのですか?

Aベストアンサー

私は傷害罪の被害者になり、相手を警察に突き出したことが複数回あります。いずれの場合も、相手は逮捕・拘留とはなりませんでした。
例えば
「身元を黙秘、身分証明書を提示しない」
「犯行を認めない、被害者の言い分と全く違う事を言う」
といった場合、正しく「証拠隠滅の恐れがある」ということで逮捕・拘留して拘留期限一杯調べるでしょう。

警察が来る前、あるいは警察が来た時にどんなに威勢の良いアンチャンやオッサンでも、警察に身柄を確保され、適用法規を告げられて取り調べられれば驚くほど素直になって自分の行為を認め、被害者に「誠意ある示談」を申し出るものです。

警察としても、暴行罪・傷害罪で立件して検察庁に書類一式を送るのは何かと面倒なので
「容疑者は暴力を振るって相手をケガさせたことを深く反省し、二度としないと誓約。被害者の供述とも一致しており、本当のことを言っている。被害者との間で示談が成立。罰するに及ばない」
したことを理由に「厳重説諭で微罪処分、釈放」とすることが多いようです。

「私は被害者で、仕返しが怖いです」
ご心配は分かりますが、恐らく心配はないと思います。

このケースでは、「『証拠隠滅の心配がない』という理由で逮捕されませんでした」ということで、相手は複数の警官の前で自分のやったことを全て認めているはずです。起訴されて有罪となれば、前科者となってまともな職につけなくなることなどを詳細に説明され、震え上がっているはずです。

相手が暴走族とかヤクザ(準構成員を含む)であれば警察は逮捕するでしょう。逮捕していないのであれば相手は素人ですよね?相手が度し難いアホで、仮にお礼参りにやって来たりすれば、直ちに110番通報して下さい。今度はしっかり逮捕してくれるはずです。

私は傷害罪の被害者になり、相手を警察に突き出したことが複数回あります。いずれの場合も、相手は逮捕・拘留とはなりませんでした。
例えば
「身元を黙秘、身分証明書を提示しない」
「犯行を認めない、被害者の言い分と全く違う事を言う」
といった場合、正しく「証拠隠滅の恐れがある」ということで逮捕・拘留して拘留期限一杯調べるでしょう。

警察が来る前、あるいは警察が来た時にどんなに威勢の良いアンチャンやオッサンでも、警察に身柄を確保され、適用法規を告げられて取り調べられれば驚くほど...続きを読む

Q暴行被害に対する慰謝料の請求根拠の考え方について教えて下さい。

 先日、友人達と居酒屋で飲食していたところ、突然見ず知らずの人から、言いがかりをつけられ口論になりました。
 あまりにもしつこく、また一方的に罵詈雑言を浴びせてくるのでこちらも言い返していたのですが、途中で馬鹿らしくなり、支払いをして店から出ようとしたところ、いきなり背後から殴りつけられ、右耳を7針縫う(通院9日間)怪我をさせられました。
 当然警察沙汰になりましたが、その後の話し合いの結果、現在は訴訟はせずに示談で進めようと考えています。
 先方は弁護士を代理人にして、私は弁護士には相談せずに交渉を行い、先日その代理人から慰謝料の提示がありました。
 先方の主張は、交通事故や労働災害の場合の傷害慰謝料を算定基準として、通院9日間=8万円のところ、事情を考慮して20万円を支払うとの申し出でした。
 私としては、勝手に酔っ払って赤の他人に言いがかりをつけ、挙句の果てに暴行されたことと、事情を考慮されたとはいえ、交通事故や労災と同じ扱いでは全く納得行きません。
 その旨を回答したところ、「いくらが妥当なのか根拠をもって提示せよ」との返答でした。
 個人的には、素人考えゆえ甘いかも知れませんが、一桁違うのではないかと思っているのですが・・・
 ただ、それも根拠があってのことではないため、強く言えないのが悔しくてなりません。
 裁判になれば明確になるのでしょうが、相手の社会的立場を配慮して、示談ですましてあげようと考えていました。やっぱり裁判ではっきりさせた方がいいのでしょうか?
 

 先日、友人達と居酒屋で飲食していたところ、突然見ず知らずの人から、言いがかりをつけられ口論になりました。
 あまりにもしつこく、また一方的に罵詈雑言を浴びせてくるのでこちらも言い返していたのですが、途中で馬鹿らしくなり、支払いをして店から出ようとしたところ、いきなり背後から殴りつけられ、右耳を7針縫う(通院9日間)怪我をさせられました。
 当然警察沙汰になりましたが、その後の話し合いの結果、現在は訴訟はせずに示談で進めようと考えています。
 先方は弁護士を代理人にして、私...続きを読む

Aベストアンサー

まず、

a)治療費
 実費金額で請求します。
 ご質問者は健康保険を使われたと思いますが、その場合は健康保険に届け出が必要です(第三者行為による傷病届け)。
 そして、健康保険が支払った分は健康保険が加害者に請求することになりますので、「勝手に示談せずに健康保険と共同で示談するようにして下さい」
 勝手に示談してしまい、健康保険の方で加害者に請求できなくなった場合は、健康保険は代わりにあなたに請求してきます。

で、ご質問ではこの治療費は除いて考えて良いのでしょうか?
治療費込みの話であれば治療分はまた別途ということにしませんと、上記に書いたとおり面倒なことになりますので。

で、いわゆる慰謝料関係は以下の通りです。

b)恐怖の慰謝料
 一応こういう物もありますが、今回は...認められても極めて少ないので...5万円位請求してみましょう。
 (死ぬかもしれないという恐怖を1時間以上味わった場合で25万円という例がある)

c)休業損害
 会社等の仕事を休んだことによる損害です。基本的には給与が減った金額分です。
 年休を使った場合は実は厳密には請求できないのですが、とりあえずふっかける為に計算して請求してみましょう。
 計算は年収を360日で割る、過去三ヶ月の収入の合計を90日で割るなどして一日あたりの金額を算出。

d)通院慰謝料
 全部で通院した期間はどの位ですか?
 基本的には通院して治療が完了するまでの全期間ですが、通院日数が9日ということですから、最大でも、
 9×3.5(裁判所基準)=31.5日までが限界です。
 通院期間と31.5日のすくない方の日数が計算対象となる日数です。
 その日数×6500円(おおざっぱな裁判所基準)位請求してみましょうよ。(自賠責基準は4100円)

e)その他通院関係でかかった費用(交通費等、ガス代でもよい)があればそれらも
 ただ常識的範囲に押さえます。

f)後遺症害
 耳に傷が残る場合は認定されます。とはいえ男性の場合は女性よりも低いので該当しても、最低等級の14級です。
「 10 円硬貨大以上の瘢痕、長さ 3 cm以上の線状痕など」です。これ以下だと後遺症害対象外です。

上記で集計してみて下さい。

少なくとも上記で出した金額の10倍というのは無理です。
特に裁判では無理です。

相手は裁判にしたくないと考えるからこそ上乗せにも乗ってくるのです。

まず、

a)治療費
 実費金額で請求します。
 ご質問者は健康保険を使われたと思いますが、その場合は健康保険に届け出が必要です(第三者行為による傷病届け)。
 そして、健康保険が支払った分は健康保険が加害者に請求することになりますので、「勝手に示談せずに健康保険と共同で示談するようにして下さい」
 勝手に示談してしまい、健康保険の方で加害者に請求できなくなった場合は、健康保険は代わりにあなたに請求してきます。

で、ご質問ではこの治療費は除いて考えて良いのでしょうか?
...続きを読む


人気Q&Aランキング