火星と金星。地球の両側にある、2つの惑星ですが、人間が住むとしたら、どちらの方がすみやすいのでしょうか。すぐに解答ほしいです!理由なども教えてください!こういうことが得意な方、教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

 火星は大気圏が希薄ですが、大量の氷が存在し、地上に降り立てるので開発には適しています。

火星の地下深くに液体の水が海と同じぐらい大量に埋まっていれば、それをポンプで汲み上げて地表に撒き続けるだけで海を作れる可能性があり、海は地球のように深い必要はなく、深さ数メートルぐらいの浅い海でも広い面積を占めることが出来れば、太陽熱で海から大量の水蒸気が発生して大気圏が湿潤になり、水蒸気濃度が高まれば紫外線を吸収して大気圏が温暖化し、極冠の氷が溶け始めるなど、時間はかかるでしょうが、テラフォーミングが可能かもしれません。

 そこまで大量に地下水が無くても、琵琶湖ぐらいの大きさの湖が作れるぐらいの水量があれば、クレーターの1つを地下水で満たして、そこから水を供給し、地表を開発するのは可能でしょう。

 火星は過去に海が存在したのがわかっていますから、永久凍土ではなく、地下水の形で海が残っているのであれば、地下から汲み上げて地上に戻す方法で現実的なテラフォーミングが可能かもしれません。

 金星は大気圏が厚いので放射線被曝を考えると金星が有利なのですが、自転が止まっているのと地上が500℃に達する灼熱地獄なので惑星開発は大気圏上層しか出来ないでしょう。

 地下水が存在すればの話ですが、海を作るだけでテラフォーミングが出来るのであれば、火星の方が有利なようです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E6%98%9F
    • good
    • 0

 比較的最近の説ですが、地球ですら凍結状態と高温状態を反復してきたんじゃないか、と言われる位です(全球凍結;snowball earth仮説)。

テラフォーミングと言っても、短期間で丁度良い状態を作って維持するのは簡単な話じゃありません。そのうえ、長い年月を掛けて余程旨く行ったとしても、地上に比べたらかなり異常な環境でしょう。紫外線の遮蔽どころか宇宙線の荷電粒子をよけてくれる強い磁場すら火星や金星にはありません。住むなら、放射線のシャワーを常時浴びても大丈夫な用意が必要です。
 誰もいない火星や金星なら好き勝手にいじって失敗してもまあいいや、という考え方もそりゃあるでしょうけど、とてつもないコストを誰が継続的に支払うのか。幾ら自給を原則にしても、当初どうしても必要になるだろう凄まじい量の資材を送り出すために、どれだけ資源を必要とし、またどれだけ地上に熱が発生するのか。実際の所、地球をリフォームする方が技術的にも経済的にも遙かに可能性があると言えます。すなわち、少なくとも地球上の環境問題すら手に余っているうちはテラフォーミングは全くのSF。「家が汚れて来た。掃除が苦手だから、ひとつ日曜大工で新築するか」って言ってるの以上に無理がある。

 こういう事は自明の前提とした上で、果たして住むなら金星がましか火星がましかという話をしている訳ですが、テラフォーミングの技術的可能性ならば今のところ火星の方に分がありそうだし、早く住みつくならぷかぷか方式で金星の方が簡単そうだと思います。
    • good
    • 0

そんなわけで、金星の気球を調べたら、やっぱりありましたよ。


気温・気圧が丁度良い位の高度もあるそうです。でも大気は二酸化炭素ばっかりですから酸素ボンベは不可欠ですね。
 (先に調べてから回答すりゃよかった...)

参考URL:http://www.isas.ac.jp/home/Sci_Bal/venusballoon. …
    • good
    • 0

 みんなが火星と言うから、なんとか金星が有利になる手はないかと考えました。


 地表に住もうと思うから難しいんですよ。本格的なテラフォーミングなんて待ってられないや。
 大気圏にぷかぷか浮かぶ巨大飛行船のプラットフォームならなんとか行けそうじゃないでしょうか?適当な気圧・気温の高度を選べるし、自転が遅いからこそ丁度夜明けぐらいの位置にプラットフォームを維持するにもたいしてエネルギーが要らない。ぷかぷか気球であっちのプラットフォームからこっちのプラットフォームへおでかけする、なんて楽しそう。
如何でしょ?
    • good
    • 0

 テラフォーミングの話題は、火星のほうが多く取上げられていると思います。

もっとも何も付けないで外を歩き回れるようになるのに数百年~数千年かかると思われます。
 それ以前に人類がその期間、存続できるか?という問題もありますがね。
 (われながら夢がないですね。)
    • good
    • 0

金星と地球では星の大きさがほとんど同じなので、重力という点では金星の方が良いかもしれませんが、あの暑い星を冷却する方法がありません。

また自転の周期がやたらと長いことから人が住むには向かないでしょう。

火星の方は、自転の周期が23時間くらいで地球とほぼ同じ、地軸の傾きも地球とほぼ同じなので、重力が地球の半分くらいという点を考えても、火星のほうが良いでしょう。
気温が低い点については、フロンガスとかを撒き散らして温める、なんて話をどこかで聞いた覚えがあります。
    • good
    • 0

 やっぱり火星ですよね。



 少し前に「テラフォーミング」の質問があったのですが(参考URL)、もしテラフォーミングで大気の改質ができても、金星には自転の遅さという致命的な欠点があります。

 参考URLのなかの参考URL(笑)も見てください。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=35529
    • good
    • 0

得意不得意は別にして火星や金星についてちょっと調べてみれば想像はつきますよ。


火星の気圧は地球の1/200。気温は-20度から-80度程度。大気の主成分は二酸化炭素。
一方金星は高濃度の二酸化炭素(90気圧)により、太陽に近いのともあいまって温室効果で気温が500度にも達します。
金星の方が火星より近いですが、環境はかなり異なります。
    • good
    • 0

火星でしょうね。


金星は太陽からの距離とガスによる温室効果のため灼熱地獄でとても人間が住むには耐えられません。
火星は大気が薄いために昼熱く夜寒い環境ですがもし何らかの方法で極冠やその周辺の氷を蒸発さえることが出来たら温室効果で人間が何とか住める環境になるでしょう。
    • good
    • 0

火星でしょう。



金星は地球より太陽に近く、その為表面の温度は500度ぐらいになります。
地表近くには濃硫酸の雲もあります。

火星には水があることも考えると、tez3さんが仰るように人間が住める環境を
作るためには、火星の方が手っ取り早いです。

但し私も素人意見ですので、間違いがあればお許し下さい。。。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球から見た空は太陽が出ている時青いですが、水星、金星、火星からはそれぞれどのように見えるのでしょう

地球から見た空は太陽が出ている時青いですが、水星、金星、火星からはそれぞれどのように見えるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

水星にはほとんど大気がないようですから、地球の様に太陽光が散乱されることもないでしょう。
ということで、青空とかそういうのではなく、月の昼間の空(?)のように黒い宇宙空間が見えるかと。

金星は厚い雲に覆われていますので、見上げた場合に見えるのは雲の底…でしょう。
地球での曇り空みたいな感じでしょうかね?
ベネラが着陸して、地面の写真を送ってきていたはずなので真っ暗ではないようですが。

火星に関しては…NASAのサイトにローバーやキュリオシティが撮影した写真が公開されていますので確認できるかと。
オカルト系雑誌だとカラー調整していて本当の色じゃない。という意見もありますが。

Qなぜ地球型惑星と木星型惑星に違いができたのか?

太陽系の惑星は地球型惑星と木星型惑星に大別される。そしてこれらはその大きさや構成物質等に違いが見られるが、なぜこのような違いができたのだろうか? ということを教えて下さい。。

Aベストアンサー

簡単にいうと太陽からの距離による違いです。
水星、金星、地球、火星は太陽からの距離が近く、従って温度が相対的に高くなります。温度が高くなると気体の運動量も大きくなり、惑星の重力では水素、ヘリウムなどの軽い気体をつなぎ止めておけず、これらの惑星にはほとんど残らない状態となり、結果として比較的重い原子で構成される事になります。こうして地球型惑星が形成されます。
一方、木星、土星、天王星、海王星は太陽からの距離が遠く、温度も当然低くなります。従って気体の運動量も小さく、惑星の重力で軽い元素を充分に引き止めておけるようになります。そして引き止めておくだけでなく、その重力によって周りの空間にある物質も引きつけ、取り込んでいくことにより大きく成長していくことになります。ということで比較的軽い物質からなる巨大な惑星ができあがることになります。これが木星型惑星です。
惑星にはもう一つ、冥王星がありますが、これはあまりに遠く且つ探査機もまだ到達していないので詳しいことはわかっていませんが、どちらの型にもあてはまらないものと考えられています。木星や土星の衛星のような氷状物質でできているというのが一般的な説です。したがって、元来は惑星ではなく海王星の衛星であったのではないかという説や、超巨大な彗星だという説があります。

簡単にいうと太陽からの距離による違いです。
水星、金星、地球、火星は太陽からの距離が近く、従って温度が相対的に高くなります。温度が高くなると気体の運動量も大きくなり、惑星の重力では水素、ヘリウムなどの軽い気体をつなぎ止めておけず、これらの惑星にはほとんど残らない状態となり、結果として比較的重い原子で構成される事になります。こうして地球型惑星が形成されます。
一方、木星、土星、天王星、海王星は太陽からの距離が遠く、温度も当然低くなります。従って気体の運動量も小さく、惑星の重...続きを読む

Q地球型惑星と、それ以外の惑星や衛星の違いの原因

近頃宇宙に興味を持ち始めまして、色々調べています。
惑星には地球型惑星、木星型惑星、天王星型惑星と種類がありますが、
惑星がつくられる経緯などで、そういった特徴の違いができる原因は何なのでしょうか?

できるだけ詳しく教えてくださると有難いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 宇宙のあらゆる物質は超新星爆発から起こります。太陽も超新星が爆発した破片が集まって誕生し、重力が大きくなるにつれてり、宇宙空間一帯の物質を引き寄せ、飲み込んで巨大化しました。太陽は太陽系のすべての質量の99.86%を占めます。ですので、惑星は太陽に飲み込まれずに残ったカスのような存在とも言えます。

 内惑星は地球型ですが、岩石や金属など密度の高いものが重力により引き寄せられました。今も軌道に沿って運行しているのは、無限に起こった偶然の積み重ねのようです。どこかで僅かな力が違った方向に向いていたら、これらの惑星は今頃太陽の一部として輝いているのかも知れません。

 木星・土星は気体でできていますので、太陽からの距離が遠いため、重力によっても引き寄せられずに空間に残り、やがて集まって惑星になりました。ただし、内部は重力により固体化していると考えられています。木星や土星の衛星は岩石でできていますが、これは(宇宙規模でいえば)極微量の岩石が集まってできたのです。木星や土星の重力は巨大で、近づく岩石を重力の力で砕いてしまうほどです。砕かれた岩石はそれ以上太陽へは近づきません。太陽の重力よりも、惑星からの距離が近いために留まることになったのです。

 天王星型は水とメタン、アンモニアでできていることが分かってきました。地球のような距離であれば気体や液体にもなるのでしょうが、太陽からあまりに遠く、温度が低いため氷でしか存在できません。地球上でできる雲はミクロの氷の粒ですが、そのような状態で漂っていたのが、長年月を経て惑星にまで成長したのでしょう。それ以外の彗星やイトカワのような小惑星もこのような氷や雪でできていると言われています。
 

 宇宙のあらゆる物質は超新星爆発から起こります。太陽も超新星が爆発した破片が集まって誕生し、重力が大きくなるにつれてり、宇宙空間一帯の物質を引き寄せ、飲み込んで巨大化しました。太陽は太陽系のすべての質量の99.86%を占めます。ですので、惑星は太陽に飲み込まれずに残ったカスのような存在とも言えます。

 内惑星は地球型ですが、岩石や金属など密度の高いものが重力により引き寄せられました。今も軌道に沿って運行しているのは、無限に起こった偶然の積み重ねのようです。どこかで僅かな力が違っ...続きを読む

Q地球以外の惑星から見た他の惑星の光度について教えてください。

地球以外の惑星から見た他の惑星の光度について教えてください。
地球から見た場合、太陽系の惑星で最も明るく見えるのは最大光輝の時の金星でマイナス4.6等級程度ですが、地球以外の惑星から他の惑星を見たとき最も明るく見えるのは、何を見たときになるでしょうか。(例えば火星から見て最も明るく見える惑星は何でしょうか)またその中でも最も明るく見えるのは何から何を見たときでしょうか。細かく言えば惑星によっては、厚い雲におおわれていたり、地球のような地表が存在しなかったりするなど条件が違いますが、そうしたことまでは考慮せず、その惑星の位置から見て他の惑星がどのくらいの明るさに見えるかということが知りたいのです。

Aベストアンサー

厳密な光度計算ではありませんが……
実視等級の等差mは距離がn倍の時

 m = log10(n)

で表されるので、地球から見た各惑星の明るさから、それぞれの距離を換算して明るさを求めてみます。
ただし、各惑星の位置は平均軌道半径を太陽からの距離とし、軌道中心に太陽がある円形とします。また、内惑星の明るさは最大離角の時、外惑星の明るさは衝の時に最も明るくなるとして、この時の明るさとして計算します。太陽や近傍天体の明るさによる影響とか、地球やその惑星の大気による明るさの減衰とかの影響は考えていません。
 準惑星のケレスと冥王星も入れてみました。ついでに、各惑星から見た太陽と(地球の)月の明るさも求めてみます。(地球は適当なデータが見つからなかったので割愛)

(1)水星
 最も明るい惑星:金星(-6.2)
 最も暗い惑星:冥王星(14.0)
 ぎりぎり肉眼で見える惑星:天王星(5.7)
 太陽(-28.9)、月(-2.1)

(2)金星
 最も明るい惑星:木星(-2.8) ※実際は地球が一番明るいはず
 最も暗い惑星:冥王星(14.0)
 ぎりぎり肉眼で見える惑星:天王星(5.6)
 太陽(-27.5)、月(-3.8)

(3)火星
 最も明るい惑星:木星(-3.2)
 最も暗い惑星:冥王星(14.0)
 ぎりぎり肉眼で見える惑星:ケレス(5.7)
 太陽(-25.9)、月(-0.8)

(4)ケレス
 最も明るい惑星:木星(-4.1)
 最も暗い惑星:冥王星(13.9)
 ぎりぎり肉眼で見える惑星:天王星(5.4)
 太陽(-24.6)、月(1.0)

(5)木星
 最も明るい惑星:土星(-1.0)
 最も暗い惑星:冥王星(13.8)
 ぎりぎり肉眼で見える惑星:天王星(5.0)
 太陽(-23.2)、月(2.5)

(6)土星
 最も明るい惑星:木星(-1.5)
 最も暗い惑星:冥王星(13.5)
 ぎりぎり肉眼で見える惑星:水星(4.7)
 太陽(-21.9)、月(3.8)

(7)天王星
 最も明るい惑星:木星(0.3)
 最も暗い惑星:冥王星(12.6)
 ぎりぎり肉眼で見える惑星:海王星(5.9)
 太陽(-20.4)、月(5.4)

(8)海王星
 最も明るい惑星:木星(1.3)
 最も暗い惑星:ケレス(12.7)
 ぎりぎり肉眼で見える惑星:火星(5.8)
 太陽(-19.4)、月(6.3)

(9)冥王星
 最も明るい惑星:木星(1.9)
 最も暗い惑星:ケレス(13.2)
 ぎりぎり肉眼で見える惑星:金星(4.2)
 太陽(-18.9)、月(6.9)

(参考)太陽
 最も明るい惑星:金星(-4.5)
 最も暗い惑星:冥王星(14.0)
 ぎりぎり肉眼で見える惑星:天王星(5.7)
 太陽(---.-)、月(-1.1)

(参考)地球
 最も明るい惑星:金星(-4.6)
 最も暗い惑星:冥王星(14.0)
 ぎりぎり肉眼で見える惑星:天王星(5.6)
 太陽(-26.8)、月(-14.0)

あくまで上記の条件によるいい加減な計算なので、実際の数値とは違っていると思います。とくに冥王星は長楕円軌道を描いているので、遠日点付近ではかなり違った明るさになるはずです。

厳密な光度計算ではありませんが……
実視等級の等差mは距離がn倍の時

 m = log10(n)

で表されるので、地球から見た各惑星の明るさから、それぞれの距離を換算して明るさを求めてみます。
ただし、各惑星の位置は平均軌道半径を太陽からの距離とし、軌道中心に太陽がある円形とします。また、内惑星の明るさは最大離角の時、外惑星の明るさは衝の時に最も明るくなるとして、この時の明るさとして計算します。太陽や近傍天体の明るさによる影響とか、地球やその惑星の大気による明るさの減衰とかの影響は考え...続きを読む

Q地球の直径が1.2mmの場合、地球から火星の距離

地球の直径が1.2mmの場合、地球から火星の距離はどのように計算すればいいでしょうか?

1.地球から火星の本当の距離
78338770Km
78338770000m
7833877000000cm
78338770000000mm

2.地球の直径
12000Km
12000000000mm

地球の直径が1.2mmの場合、地球から火星の距離の計算
78338770000000mm÷12000000000mm=6528mm
6m528cm
で合ってますでしょうか?

地球と太陽は実際にどれくらいの距離があって、もし地球の直径が1.2mmの時、どれくらいの距離になるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

地球の直径が12000Km=12000000000mmなので、
1.2mmにするには、100億分の1にします。つまり100億で割ります。
よって地球から火星の距離78338770Km=78338770000m=7833877000000cm=78338770000000mm
78338770000000mm÷100億=7833.877mm=7.833877mとなります。

平均公転半径 1.49597870700×10^11mなので同様に100億分の1にすると、14.9597870700mとなります。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83


以下のサイトは、10億分の一なのでそれを更に10分の一にすると、、上記計算が合っていることがわかります。
http://www2.ocn.ne.jp/~houhou/solar.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報