出産前後の痔にはご注意!

NPO法人がイベントで体験ツアーなどを主催する場合について
旅行業法にするかどうか、お尋ねします。

(1)報酬を得なければ旅行業法には抵触しないと聞いておりますが
 営利目的ではないにせよ
 広告代や雑費などもろもろを含めた経費から算出した
 参加料を徴収した場合
 「実費」のみを徴収しているというわけではないので
 これは「報酬」とみなされてしまうのでしょうか。

(2)そもそも「旅行」の定義がどのあたりまでを指すのでしょうか。
 現地集合で、「屋形船体験」で船に乗るとか
 まちなかウォーキングをするとかは
「イベント」であって、「旅行」ではないという
 考え方でもよいのでしょうか。
 
(3)宿泊を伴うイベントの場合、現地集合で自前の施設であれば
 旅行業法に抵触しないと考えてよいのでしょうか。

旅行業法を読んだのですが
「どういう場合が該当しないのか」が
よくわからないので、どうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

A2ですが,引用文章がおかしくなっていました。



旅行業(法第二条第一項)
(2) 企画旅行のように包括料金で取引されるものは、旅行者から収受した金銭は全て一旦事業者の収入として計上されるので、報酬を得ているものと認められる。
    • good
    • 0

切符購入等で報酬を取っていないようでも,全体で包括料金を得ていれば,以下の文面から,違法ではないかと解釈しているんですが…



旅行業(法第二条第一項)(2) 企画旅行のように包括料金で取引されるも(2) 主催旅行のように包括料金で取引されるものは、旅行者から収受した金銭は全て一旦事のは、旅行者から収受した金銭は全て一旦事業者の収入として計上されるので、報酬を得業者の収入として計上されるので、報酬を得ているものと認められる。

参考URL:http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/kanko/pdf/ryok …
    • good
    • 0

(1)実費のみ以外を徴収すれば旅行業法に抵触します。


 それが広告費であるとか、雑費であるとかは関係ありません。

(2)屋形船の手配は「手配旅行」ですね。
 ウォーキングは問題ないでしょう。

(3)自前の宿泊施設であれば「手配」ではないので、問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2008/06/15 03:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバス旅行の主催について

とある公共団体に勤務する者です。
地域PRのために、毎年都市部から人を集めて町内を周遊するツアーを実施しております。
この時に昼食代の実費代だけはいただいておりますが、バス代・入館料等はすべて当方が負担しております。
とある旅行社から、「これは旅行業法に抵触するので違反です。(その旅行社も含めて)どこか旅行者の主催という形にしてください」
実際にそうなるわけでしょうか?

Aベストアンサー

旅行会社経営者です。

募集型企画旅行(旧・主催旅行)なら、その旅行会社の言うとおり、非旅行会社による運営・実施は出来ません。

募集型企画旅行とは大雑把に言えば、
1.旅行に含まれる手配やサービス、日程などがあらかじめチラシなど書面などで明示されている
2.その費用が明示されている
3.広く、不特定多数の消費者を募集する

ご質問だけではその企画が厳密な募集型企画旅行にあたるかは分かりませんが、かなり近似型、あるいはそのものずばりの可能性があります。実費しか受け取らない、と言うのは本質的な問題ではありません。

私達旅行業界にとっても、あなたの組織で行う地域観光振興は大事なことです。今後も支障なく行うためにも、国土交通省外局である観光庁・観光産業課、あるいは観光地域振興課、または各地にある運輸局にお問い合わせになることをお勧めします。
http://www.mlit.go.jp/kankocho/about/soshiki.html

参考URL:http://www.mlit.go.jp/kankocho/about/soshiki.html

旅行会社経営者です。

募集型企画旅行(旧・主催旅行)なら、その旅行会社の言うとおり、非旅行会社による運営・実施は出来ません。

募集型企画旅行とは大雑把に言えば、
1.旅行に含まれる手配やサービス、日程などがあらかじめチラシなど書面などで明示されている
2.その費用が明示されている
3.広く、不特定多数の消費者を募集する

ご質問だけではその企画が厳密な募集型企画旅行にあたるかは分かりませんが、かなり近似型、あるいはそのものずばりの可能性があります。実費しか受け取らない...続きを読む

Q旅行業違反でしょうか?

旅行業違反でしょうか?

旅行業ではない会社に勤めています。当社の取締役から指示がありその取締役が所属する別の団体の一部(6名程)で国内旅行(場所・ホテル・ゴルフ場は指定)をしたいので航空券とレンタカー、ゴルフ場の予約をしてほしいと依頼がありました。個人的な依頼でしたので私個人がネット等で予約の手配をいたしました。もちろん報酬は受けておりません。費用の清算は私個人で立て替えてクレジットカードで支払い後日総額を取締役から個人的にいただくことになりましたので費用の明細を書面で渡しました。その際会社で使用している請求書の書式(社名入)に金額を記載して提出しました。するとその旅行に行かれる方からこれは旅行業違反であるとの指摘を受けました。私としては報酬も受け取らず善意で手配をしたつもりでしたがメモのつもりで作成した請求書によって問題となり大変困惑しております。私の行った事は本当に旅行業違反なのでしょうか?

Aベストアンサー

旅行会社経営者です。手配、お疲れ様。苦労した挙句に、そんなことを言われたら不愉快ですよね。

結論を先に申し上げましょう。「旅行業法には全く違反していません。つまりあなたの行った行為は旅行業務ではありません」(苦笑)。

その理由
1. 報酬を得ていない
2. 業としていない

1.は明らかですね。あなたは必要な実費を立て替えていただけです。報酬とは利益と考えてください。仮に上司から報酬に相当するような金銭をもらったとしても、それは「ありがとう」と言う好意であり、手配への報酬とは言えませんね。
2.の「業」とは事業とも言えるものです。反復継続する業務のことです。必ずしも営業と同じ意味ではありません。今回の事例では、たまたま上司に頼まれて旅行手配をしただけであって、ごく一過性のものであり、法でいう「業」や「事業」には全く当たりません。

個人間の依頼でありながら会社の請求を使った事はあまり好ましいとは言えません。しかしそれも旅行業か否かの判断とは無関係です。

中途半端な知識を持った人、勘違いなどをする人はどこにでもいます。気にしないで下さい。


人気Q&Aランキング