平成12年8月15日から平成20年7月10日まで、211,696円と平成12年11月21日から平成20年7月10日まで、97,016円を年5%の利息を付けると、幾らになるか解る方いらっしゃいますか?計算式も教えていただけると、とても助かります。回答に自信の
ある方、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

それはですね。


利息制限法計算ソフトをダウンロードして、エクセルで勝手にやってもらうのです。
はじめのは、8万3648円。
次のは、3万7031円。
ソフトは、名古屋消費者信用問題研究会ホームページよりダウンロードしました。
http://www.kabarai.net/
    • good
    • 3
この回答へのお礼

答えを出していただき真に有難うございました。

お礼日時:2008/06/08 23:02

ご質問とは直接関係ありませんが、どうして5%で計算するんでしょう?


貸金業者に過払い金を請求するつもりで計算するのなら、
民法で定めている5%ではダメですよ。

貸金業者が相手なら利息制限法の金利が上限です。
 元本が10万円未満なら 20%
 10万以上100万未満なら 18%
 100万以上なら 15%

これを超えた超過部分が無効となり、
不当利得として返還請求しうる対象になります。
任意に支払った場合は、一定の条件のもとに出資法で定める29.2%が上限になりますが、
通常は利息制限法で考えて大丈夫だと思います。

お求めの回答でないのでしたら、失礼しました。
    • good
    • 1

答えとなる額は出していませんが、計算式は次の通りです。


元金×日数(暦の通り数えて下さい。閏年要注意)×0.05÷365(または366)=利息額
〔注〕あなたが請求する方なら365日で割った方が多くとれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

具体的な計算式を有難うございました。

お礼日時:2008/06/08 22:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q滞納賃料の利息計算

滞納賃料の利息計算

たびたびの質問で恐縮です。
滞納料の利息の計算ですが、念書では期日を指定し合計金額を提示しました。
年14.6%とのことで計算しますが・・・
指定した期日からの利息の計算になりますか?
それとも、滞納のあった月からの計算でしょうか?
滞納賃料は8ヶ月におよびます。
たとえば昨年の8月の賃料は、9月1日から7ヶ月・・・
9月の賃料は10月1日から6ヶ月・・・
とだんだん利息の計算の額が変わってきます。

よろしくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

滞納のあった月からの計算で良いと思いますが・・・

実際には8月分の家賃は7月中に入れる、というのがほとんどの契約だと思います。
ですので
8月の賃料は、8月1日から8ヶ月
9月の賃料は、9月1日から7ヶ月・・・と、なると思います。

Q過払い金請求に追加する法定利息(5%)について。

お世話になります。
過払い金の返還請求時にさらに法定利息の5%を追加して請求出来ると言われていますが、それは何時の時点から、どの様に計算すればよいのでしょうか?
何方かご存知の方、教えて頂ければ有りがたいです。

Aベストアンサー

>それは何時の時点から、どの様に計算すればよいのでしょうか?
不当利得(過払い金)が生じた翌日からです。

金銭貸借の取引により過払い金が生じるタイミングは二通りあります。
1.最終弁済日(完済日)に過払い金が生じる。
2.取引途中に一旦過払い金が生じ、その後の返済状況により累積、消滅、あるいは再発生となる。

1の場合は最終弁済日に生じた過払い金に対して、単純に年5%の割合で日割り計算すれば良いです。
ただし、日割りの日数が確定できませんので、損害金も未確定となります。

2は少々複雑になります。
というのは過払い金が発生の都度、それぞれの過払い金に対して日割りで計算しなければならないからです。
まとめてドンと計算しても良いのですが、そうすると質問者が損をします。
あとは取引履歴により、累積していくのか消滅するのか再発生するのか異なりますので簡単には説明できません。
なお、1同様最終弁済日に発生した過払い金に対する損害金は未確定となります。

Excel等で組めないなら、過払い金計算のフリーソフトを利用するか(ただし、遅延利息の計算はお粗末でしょう)、専門家にお願いしてください。

>それは何時の時点から、どの様に計算すればよいのでしょうか?
不当利得(過払い金)が生じた翌日からです。

金銭貸借の取引により過払い金が生じるタイミングは二通りあります。
1.最終弁済日(完済日)に過払い金が生じる。
2.取引途中に一旦過払い金が生じ、その後の返済状況により累積、消滅、あるいは再発生となる。

1の場合は最終弁済日に生じた過払い金に対して、単純に年5%の割合で日割り計算すれば良いです。
ただし、日割りの日数が確定できませんので、損害金も未確定となります。
...続きを読む

Q25年以降の利息の税金計算方法

H25年1月1日以降の、普通預金利息の国税、地方税の求め方について教えて下さい。

25年1月1日以降に受け取る利息から計算方法が変わるという事ですか?
預け入れ期間に関わらず?

入金額÷79.685%=利息
利息×15.315%=国税
利息×5%=地方税

この計算で合っていますか?

Aベストアンサー

あってますよ。
復興特別税がかかるので、受取利息の割戻し計算はそうなります。
利子に対しての源泉徴収は支払日で判断しますので、預け入れ期間は無関係です。

http://www.mizuhobank.co.jp/oshirase/hukkouzouzei.html

なお個人の場合は源泉分離課税ですので、受取の際には事業主借勘定を使うため計算の必要がありません。
平成28年1月からは、法人のもつ預金への利子割りが廃止されますので、割戻しの計算をする必要がなくなります。

Q早期完済後に利息の過払い請求

消費者金融からお金を借りると毎日利子が掛かるので、早期に完済をしました。
当然、過払い請求に時間を費やすと、例え、利息制限法の利息で後日に引き直し+過払い分の利息の返還があったとしても、確定するまでの間日割りの利息が掛かるので完済しました。

そこで、疑問点が出ました。このように利息制限法を越えて早期の完済をした場合には「みなし弁済」などと消費者金融側から主張され利息の過払い請求が出来ないなどということもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>消費者金融側から主張され利息の過払い請求が出来ないなどということもあるのでしょうか?
それはありませんが、どの程度の早期なんでしょうか。
それによって本人訴訟(当然、専門家費用は割りにあわないでしょうから)を視野に入れた場合に手間、時間、費用に見合わないこともあります。
個人的な目安として、過払いが10万円以上でなければ時間その他の無駄です。

Q定期預金の利息計算方法

こんにちは。海外在住です。
実は定期預金の利息の計算方法を教えてほしいのです。口座を作ったのですが、どうも私の想像していた利息と、銀行側の言う利息が違うのです。私の計算が間違っているのだろうとは思うのですが・・・。
1ヶ月の利息が17.5%の場合、150ドル(例えばですが)次の月に受け取る利息はいくらになるのでしょうか。計算方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

1ヶ月で17.5%増えると思っていませんか?それは間違っています。
17.5%は年率です。1か月分は12分の1です。

150×0.175=26.25→1年分の利息
150×0.175÷12=2.1875→1か月分の利息

これは簡単に計算しているので、正確なのは銀行がやります。
預金金利は、満期の期間にかかわらず年率で表示することになっています。また、利息から源泉徴収税20%が引かれます。

例えば、よくあるパンフレットは、
「只今、外貨預金おためしキャンペーン、ニュージーランドドル17.5%」と大きく書いてあり
(期間1ヶ月、経過後は通常の利率を適用します。)、、、。と小さな字で書いてある。

こうのに釣られたらいけないのですよね、、、。

Q過払い金についてです 平成7年に20万を年利率29%で借りたのが始まり

過払い金についてです 平成7年に20万を年利率29%で借りたのが始まりで 何回か増枠と利率の引き下げがあり 最終的には平成15年9月には200万の年利率25.5%でした
平成17年の12月に200万一気に完済しました

大体でかまわないので過払い金はどの位になるか知りたいです 常に限度額一杯でした

だいたいどの位の金額になるか分かる人がいましたら教えて貰えると助かります 情報が少なくすみませんがお願いします

Aベストアンサー

> 情報が少なく
はい。少なすぎです。

> 大体でかまわないので
大体の金額を出せるだけの情報がありません。


平成7年から平成17年までの平均借入額と、平均利率が必要です。

10年間、平均200万、平均25%で計算すると、過払い金は約200万円。

Q利息再計算時の遅延利率

過払い請求する為に利息を再計算しています。
返済期日が遅れた為、遅延利息が発生した場合、利息再計算する場合はどのようにして計算すれば良いのでしょうか?

また、利息制限法に基づいて、遅延利息も計算する場合、遅延利率は何%になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

遅延損害金は無視して、遅延した部分も、通常の法定利率で計算してかまいません。

元金がマイナスになる前であっても、契約に比べて過剰な返済をしているのですから、違法な利率に基づいて計算された返済額・返済期日に遅れたからといって、直ちに遅延とみなせるか疑問があります。

そういったことを考慮すると非常に面倒なことになるので、貸金業者も通常、遅延損害金の主張はしません。

Q過払い請求時の請求利息と訴状の記入について

さて、6月に過払い請求書を消費者金融に送り、断られました。
ですので裁判のための過払い請求の訴状を作成中ですが、いくつか疑問が有りますので詳しい方よろしくお願いします。

(1)「1度は消費者金融に請求をした」という証拠を提出しないといけないらしいのですが、6月に送った(請求した)過払い請求書(6月の請求)でも有効でしょうか?(証拠としての有効期間など有りますか?)
それとも、もう1度請求書を送らなければいけないのでしょうか?

(2)もし6月の請求書で良い場合、訴状に記入する「発生当日から年5%の割合による未払利息」は、6月の請求書に書き込んだ金額にしなければいけないのでしょうか?
それとも、訴状作成時点の金額でいいのでしょうか?

(3)今回、請求利子は5%にしました。ですが6%にしてる場合もあるらしいのですが、6%でも裁判で通用するのでしょうか?
(もう1件控えてるので、参考にしたいと思っています)

自分でやってるので疑問に思う事が沢山あります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 6月のは配達記録として期日と相手が分かる簡易書留で送っています。
では6配達記録を取り寄せて、送達の事実を証明できるようすれば問題ないと思います。
ただ、単なる手紙を送ったのか、請求書を送ったのかの証明はされない。
だから、改めて内容証明を送るよう言われる可能性も有る。

> 簡易書留では問題でしょうか?
何を送ったのか解るような手段ではないから、問題が無いわけではない。

> 期間が開いたことが、証明として問題になりませんか?
年単位で開けば問題だが、この程度は問題なならない可能性が高い。

> 5%と6%の基準はいったい何処にあるのでしょうか?
悪意(違法性)の存在。
グレーゾーン金利であっても、許認可を受けて監督官庁の基指導に従って営業しているところは悪意無しと見られるのが普通だから、6%で請求すると、大抵判決で否認されて利子は無しとなる場合が多いと聞く。
闇金等の違法なところなら、6%でも行けると思われます。

Q預金の利息の計算方法について

定期預金の利息の計算方法について分からないことがあります。

「スーパー定期 預入期間3年 利率0.45% 6ヵ月複利で計算 」
という商品に100万円預け入れたら、3年後の満期日に受け取る利息はいくらになるか??ということを実際に計算してみようとしたのですが、
半年後につく利息は、
100万×0.0045×182/365-(国税15%)-(地方税5%)=(A)

一年後につく利息は
{100万+(A)}×0.0045×183/365-(国税15%)-(地方税5%)=(B)

・・・・というようにして利息が半年ごとにつくたびに税金を引いた額を元金に組み入れて計算して、最終的に得られる利息は
(A)+(B)+・・・・(○)というように計算するのか、

あるいは、
半年後につく利息は
100万×0.045×182/365=(A)

一年後につく利息は
{100万+(A)}+0.045×183/365=(B)

というように、計算して、
(A)+(B)+・・・・(○)の合計に対して国税15%と地方税5%を引くのでしょうか。

おそらく前者だと思うのですが、実際はどうなのでしょうか。


分かる方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか。

定期預金の利息の計算方法について分からないことがあります。

「スーパー定期 預入期間3年 利率0.45% 6ヵ月複利で計算 」
という商品に100万円預け入れたら、3年後の満期日に受け取る利息はいくらになるか??ということを実際に計算してみようとしたのですが、
半年後につく利息は、
100万×0.0045×182/365-(国税15%)-(地方税5%)=(A)

一年後につく利息は
{100万+(A)}×0.0045×183/365-(国税15%)-(地方税5%)=(B)

・・・・というようにして利息が半年ごとにつくたび...続きを読む

Aベストアンサー

定期預金の利息にかかる税金は、満期または中途解約の時にしか取られません。
したがって、後者です。

なお、銀行によっては「付利単位」というものが定められています。
利息を計算する場合に、元本の 100円未満、あるいは 1,000円未満は切り捨てられてしまいますので、お書きの計算式どおりでは不十分といえます。

100万×0.045×182/365= 2,243 円ですが、
一年後につく利息は
{100万+2,243}+0.045×183/365=
ではなく、
{100万+2,200}+0.045×183/365 + 43=
または
{100万+2,000}+0.045×183/365 + 243=
となります。
100円で足切りか 1,000円で足切りかは、銀行によって違います。

Q完済後の過払い金請求について

1年ぐらい前に、消費者金融からの借入れを返済したのですが、過払い金返還請求を行おうと思っています。そこで、引き直し計算方法について、ご質問させて頂きます。最近の判例によると、過払い金に対する利息を請求できるとのことでした。では、いつまで、その利息を付けてよいのでしょうか、たとえば、契約を解除したその日まで利息を付けてよろしいのでしょうか。ご理解のある皆様よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> いつまで、その利息を付けてよいのでしょうか
請求額を計算して、請求書に記載する日付(書類を出した日)まで。

気を付けたいのは、請求する権利はあるが、相手は支払う義務はないと言うこと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報