アダプターの種類で「AC」というのと「DC」というは何がちがうのでしょうか?

A 回答 (3件)

正しい回答としては、nick007さんの回答で良いと思うのですが



一般論としては

ACアダプタは100Vのコンセントでその機器を使えるようにするアダプタ
DCアダプタは車のシガーライター(約12V、13.5Vとも表記される)で
その機器を使えるようにするアダプタであるのが普通です。
    • good
    • 0

それぞれ



AC(Alternating Current)
DC(Direct Current)

の略で交流(AC)電流は電流の流れや向き、大きさが時間により変化します。
(要は+と─が変化する)
直流(DC)電流は電流の流れや向き、大きさが変化しません。
ちなみにACアダプターとは家庭用AC(交流)電源をDC(直流)に変換する
ための装置です。
    • good
    • 0

「ACアダプター」とは交流(AC)電流を直流(DC)電流に変換し、電圧を100V(日本のみ)から使機種用のボルテージ(通称ボルト)に変換します。


ACは交流  DCは直流の意味です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ