すみません。毎日不安でたまらないので教えてください。
父は11年前に悪性リンパ腫、4年前に心臓バイパス手術、昨年は春にSLE,秋に結核となりました。初め結核治療は特に副作用もなく順調でしたが退院後排菌(死菌でしたが)のため昨年末に再入院、今年初め足から浮腫み始めそれが全身に及び冠動脈静脈拡張剤・利尿剤の服用による治療を行いましたが改善せず、その間(理由は省略しますが)結果として悪性リンパ腫の再発とみなされ、その後心不全としての治療はなされないまま3月末に退院、5月に入り胸痛があり一般病院に入院、心臓肥大のためハンプ注射用1000(3ml/h)の治療で5ヶ月に及ぶ全身の浮腫が2日間で引き、ようやく希望が見えたところ、また排菌のため結核病院へ逆戻りとなってしまいました。治療は引き続きハンプが行われていますが、心臓肥大は改善せず右肺は中も外も水が溜まっているそうで、点滴は5ml/hに増えました。私としてはかえって心臓に負担になるのではないかと毎日不安でなりません。父はここ1ヶ月全くと言えるほど何も食べておらず、右手はハンプ左手は栄養剤の点滴です。それも2週間前から手首から上が両腕とも浮腫み、今では血管を確保するのが困難です。今の浮腫は以前(パンパンでした)とは違い水が溜まってタポタポしている感じで皮膚は赤味を帯びています。点滴が吸収されず漏れているのではと思いますが、主治医は浮腫と言います。心臓の状態が改善されなかったらまた量が増えるのでしょうか。腕から点滴が入らなくなったら中心静脈と言われており、これも不安の一つです。父は痰も自分では出せずゼイゼイ苦しそうで、口の渇きからか言葉も聞き取れなくなりました。またほとんど眠っており先日は丸2日間眼を覚まさない事もありました。父は高齢ですが、こんな状態になったのは年のせいだけではないと思われてなりません。現在の治療は適切なのでしょうか。まだ体力のあった1月の時点で治療が為されていたら違った結果になっていたかもしれないと思うと残念で、また悔しくてたまりません。父以外の方についても、この結核病院は合併症に関して積極的な治療が行われている気配は感じられず、ほったらかし、そして対象療法的な治療で、患者本人を見ず血液検査やレントゲン等のデータだけを見、毎日の記録もろくに目を通していないようです。結核患者は薬服用中は他の病院に入院する事が不可能に近く、専門的な治療を受けられず、もどかしいです。
長々とわかりにくくなってしまいましたが、ご回答頂けると助かります。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

長期に及ぶ加療でご家族もお疲れだと思います。


医療者が血液検査・レントゲンなどのデータは大事ですので、毎日チェックします。そればかり見ている様に感じるのは仕方ないのかな、とも思います。
お父様の今までの病気から、今の治療の結果となるのも仕方ないかと思います。

経口摂取が困難であれば、腕からの点滴だけでは栄養も取れずいいことはありません。
中心静脈にしておいた方が急な対応もでき、安全ではないでしょうか。
もちろん感染のリスクはありますが、心不全の状態を把握する材料となる圧測定もできます。
消化管を全く使わないのも良くないので、中心静脈栄養でなく、鼻から管を入れて栄養剤の注入、胃に直接穴を開けて管を入れる(胃瘻)の方が長期的に見たら良いですが、今は中心静脈栄養の時期なのではないでしょうか。

心不全ですが、ハンプ・利尿剤・血管拡張剤の投与でも肺の水が引ききれない・浮腫が強い・呼吸苦もある様なので、今後はもっと大がかりな治療が必要となってくるかもしれません。
アルブミンといって血液製剤の使用・輸血、人工呼吸器の装着、透析など集中治療が必要な状態となるかもしれません。
お父様の場合、結核病棟を出て集中治療を受けたとしても、年齢的にも治療をしたからといって必ず発症前の状態、自立した生活ができる様な状態に戻ることはとても困難なのではないでしょうか。

まずは担当の医師とちゃんとお話しをすることからではないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にお返事をありがとうございます。
実は父の容態が悪化し昨夜は病院に泊まり、現在一時帰宅中です。
内容を拝見し、もっと早くご相談させていただいてたらと思いました。
主治医とはなかなか会えず、疑問点を質問をしようと思ってもタイミングがずれたり、看護師を通して聞いて頂こうとしても、看護師の方から「先生は病棟にあまりみえないので、私達もなかなか会えない。ご家族の方が先に会うかもしれないので、その場合は聞いてみてください」などと言われてしまう始末です。その結果として何かにつけ不信感ばかりが募ってしまいました。
皆さんは、父の年齢では仕方のない事と思われますが、毎日一緒に過していた私には、なかなか受け入れられないのです。
ただ、いろいろな病気をかかえ、徐々に体力が落ちた事は否めないと思います。
もう今は静かに父を見守る状況となってしまい残念でなりません。
これからまた病院へ戻ります。
ご丁寧なお返事、本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/06/10 11:49

お父さんを思う、優しいお気持ちは痛いほど分かります。


ただ…どんな医師が治療しても難しい状況であると思います。

75歳頃から、今まで悪性リンパ腫、心臓バイパス手術と大きな病気を通り越えられてきました。結核は体力が低下すれば…昔知らないうちにかかっていた結核が再発することが多いもので、今でも高齢者には多い病気です。きっと色々な病気を経て年を取るにつれて体力が落ちてきたという印象を受けます。体力が落ちれば結核だけでなく心臓の力も弱まります。ですから…経過を拝見すると致し方ない経過を辿っているとの印象を受けます。むくみに関しても…高齢者の場合、利尿剤や強心剤を使っても、どうにもならない場合も多いものです。

確かに結核にかかっていれば一般病院での専門的な治療は受けられませんが、自分にはお父様の状況が専門病院の治療を受けても難しい状況であるとの印象を受けます。ただ…医師の説明が十分にされていないのが問題なのかな?と思います。主治医の先生に…しっかりとした説明を求めるべきだと感じます。それほど…間違っている治療をしていないような感じを受けるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速お返事を頂きましたのに遅くなりまして申し訳ありません。
実は父の容態が悪化し昨夜は病院に泊まり今一時帰宅中です。
父は高齢、また度重なる病をしたのにもかかわらず元気で過しておりました。ただ、おっしゃるとおり徐々に体力が落ちてきていたのだと思います。
結果が同じだったとしても誠意をもって接して下さっていることが感じられたら、家族は納得できるのだと思います。
細かい事はなかなか文章には現わせませんが、主治医・病院に対しての不信感があるため何をされても疑問が先に立ってしまいます。
父の周りにはかかりつけ医を初め患者をちゃんと診てくださる先生がおります。今回、その先生方に診て頂けないことが私の悔しさになっているのだとも思います。
もう今は、治療云々という段階ではなく父を静かに見守ってあげたいという思いで一杯です。
ご丁寧にお返事を頂きましてありがとうございました。
感謝いたします。

お礼日時:2008/06/10 11:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 皮膚悪性リンパ腫<皮膚の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    皮膚悪性リンパ腫とはどんな病気か  リンパ球はその顔つき(表面マーカー)により大きくTリンパ球とBリンパ球とに分類されます。また、皮膚はリンパ節以外でリンパ腫を生じる代表的な臓器のひとつであり、とくにT細胞リンパ腫が好発します。また、悪性リンパ腫や白血病のなかにはしばしば皮膚病変を生じるものがあり、その皮疹(ひしん)の正確な評価は診断や病期分類に役立ちます。  皮膚に原発するT細胞リンパ腫の代表が...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長期療養型の病院に入院しているのですが…

母が約一年位前から長期療養型の病院に入院しています。
最近不安になることがあり書き込みをしました。
母の新たな病気の事で主治医ともめてしまいました。
その時感情的になり、泣いて母のことをちゃんとみてくれと伝えたのですが主治医は「ここでは検査できない」や「そんなに言うならほかの病院に移って検査したほうがいいんじゃないですか」など言われました。その時兄弟が落ち着いて私の代わり話をしてくれてようやくその病院の系列病院で検査をするといってくれました。(結局は今の病院で検査をしたみたいですが…)あと、そこにいた違う医者も「そんなに熱心にならなくても…」と言い愕然としました。もし「自分の親が同じ立場だったらどうするの?」と言ってやりたいくらいでした。
そのときに思ったのは長期療養型の病院は熱心に診てくれたりできないのかなと…今まで病院を転々とし、今の病院でやっと落ち着けたと思っていたのですが病院を変えたほうがいいのでしょうか?
これからもこのように新しい病気が発覚しても同じ対応だったら…と思うとやりきれません。
それと2012年にこのような病院がすべて廃止されると聞きました。そういうことも踏まえてそういった施設などを探したほうがよいでしょうか?

長分になりましたがアドバイスよろしくお願いします。

母が約一年位前から長期療養型の病院に入院しています。
最近不安になることがあり書き込みをしました。
母の新たな病気の事で主治医ともめてしまいました。
その時感情的になり、泣いて母のことをちゃんとみてくれと伝えたのですが主治医は「ここでは検査できない」や「そんなに言うならほかの病院に移って検査したほうがいいんじゃないですか」など言われました。その時兄弟が落ち着いて私の代わり話をしてくれてようやくその病院の系列病院で検査をするといってくれました。(結局は今の病院で検査をしたみ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして
質問者様の苦しみ、そしてお母様に対する思いが
痛いほど伝わってきました。

私の母もさまざまな病院を転々としており、
つい先日まで療養型の病院におりましたが、
具合が悪くなり、普通の病院へ移動させたところです。

今までの患者の家族としての経験でしか申し上げられませんが、
療養型の病院は、患者一人に対する一ヶ月の国から支給される金額が決まっています。
その中ですべてをまかなっていきます。
そこで差額ベット代というもの請求し、利益を上げようとしています。

なので、結局患者は比較的安定し治療をさほど必要としない方か、
もしくは末期でもうあまり医療行為を行わない方が入るところなのかと実感しました
療養型の病院は人工蘇生も行わないと言われます。

病院というよりも、看護婦さんとお医者さんがいる宿みたいなものです。

なので、患者の容態が悪くなり、本人、家族が治療を希望する場合、
普通の病院に転院させてもらうように、医師に紹介状を書いてもらい、
かかりつけの医者があるならそこに、
または家族が探して患者を連れて行きます。

それを私は何度も繰り返しています。
病院側に任せるのではなく、私がイニシアチブを取って動きます。
療養型の病院に入院させたとしても、
母の状態の観察、また介護にも私は積極的に参加し、
変化がある場合、その場で対応を考えます。

それを繰り返します
日本のシステム上致しかたない現状です。

在宅で母の療養が可能ならば、
訪問看護婦さんに来てもらい、
容態に変化があるときはすぐに急性期の患者を扱う病院に外来受診に行き、その場で入院とか、すぐに検査、治療をしてもらうことのほうが本人にはいいのかもしれないと思いはじめました。

そのような病院は帰るところが決まっていれば、治療のための入院を拒否するところはありません。
1週間でも入院して、元気にしてもらって帰るのが理想的ですね。

基本は在宅で療養することを国は力を入れています。

「なんで私が?」と思うときがあるかもしれません。
でも、私がここまで生きてきたのは母親の忍耐と寛容さがあってこそ(それだけ泣かしましたから。。)
母が大切で大好きだから私はもうそれをすることを腹をくくりました。

きっと道はあるはずです。
あきらめずに、悲観的にならずにがんばってください。納得いかないシステムの中でも、沢山の方に助けられました。
がんばって!!!

はじめまして
質問者様の苦しみ、そしてお母様に対する思いが
痛いほど伝わってきました。

私の母もさまざまな病院を転々としており、
つい先日まで療養型の病院におりましたが、
具合が悪くなり、普通の病院へ移動させたところです。

今までの患者の家族としての経験でしか申し上げられませんが、
療養型の病院は、患者一人に対する一ヶ月の国から支給される金額が決まっています。
その中ですべてをまかなっていきます。
そこで差額ベット代というもの請求し、利益を上げようとしています。

な...続きを読む

Q点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。
心拍数は70くらいで酸素濃度は時々80代まで下がってしまうようですが基本的に95以上はありますし、おしっこもちゃんと出ているようです。
血圧も標準です。
何を言っているか聞き取れないのですが、1日2.3回は口を動かして言葉を発します。
寝返りもうちます。
時々笑ってくれたりもします。
帰りたいのに帰れない、言葉も伝わらないことで怒って弱々しくですがパンチしたりもしたそうです。

それでも病院側はまた鼻から管を入れて食事するのは難しいでしょうと言います。
このまま点滴だけで...と言う感じです。

重度ではないですがもともとパーキンソン病も持っています。
身長140cmない位で体重は今25kgあるかないか位です。
今は歩くことは不可能です。

身内として見てるのも辛い、可哀想で仕方ありません。
私達の家から祖母のいる病院まで片道3時間程かかるので、次また危篤の連絡が来た時、最後一緒にいてあげられないんじゃないかと母といつもヒステリックになってしまってしまいます。
私も仕事が忙しく、母も父方の祖父祖母の世話をしていてずうっと付きっきりにはなれない状態です。
鼻からの管がこれから先出来ないと断定された時、点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?
昼間はKN3号と言う点滴を入れているようです。

どなたかお返事くだされば嬉しいです(;_;)

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。...続きを読む

Aベストアンサー

水分と最低限の栄養素だけ点滴で賄えれば、何年も生きる方もいますよ。
自発で呼吸ができず人工呼吸器をつけ、点滴だけで数年生きて、数年ぶりに目覚めたといった話を聞いた事はありませんか?

KN3は維持薬ですね。水分の維持をする為のものです。これだけでも生きられますが、胃ろうができない方に高カロリーの点滴を使う事もありますが、高齢でその状態ではちょっと難しいかも知れませんね。

人間は、食事をせずとも点滴だけで生きていられるんですよ。

ただし高齢で体重も少ないですからどうしても感染症等の危険もあるでしょうし、臓器の状態、おそらく血液検査や胸部、腹部エコー等もされているでしょうが書かれていませんからなんとも。。
前日まで元気そうに見えていても、翌日急変してその数時間後にはという方もいれば、数か月の方もいますしね。

余命は、現場にいても医師でも数時間前~数日前まで判断できないものです。

残された時間を大事にお過ごしください。お大事に。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報