法律の分野とも重なるのですが
老人介護にあたって医療行為とみなされるのは「吸引」や「経管栄養」の他になにがあるでしょうか
また<介護福祉士>はこれらの行為を法律上 行えるでしょうか?
よろしく お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

施設では、そこの判断によってかなり差があることと思います。



しかし法律上は吸引・経管栄養はもちろん、薬を飲ませるのも
厳密に言えばダメという見方すらできます。
ですから、文面どおりの事にお答えするとすれば、
「ダメです・・」という結論に達します。

しかし・・・ここからは補足と、私的な感想です。

・・・・現場はそうはいかないじゃないですか。
介護の教科書に、行ってはならないはずの医療処置が
詳しく述べられているのは何故でしょうか。
ナースも顔負けです、これは明らかに、
「知識として知っておく」以上の意図が、なくはないでしょうか・・・。

建前では違法と言わざるをえなくとも、現場では、要求されている
技術も多々あります。
医療従事者の到着を待つ中、目の前で、気管に痰が詰まって亡くなっていく人を
介護福祉士の方が、わが身を引き裂かれる思いで、どうすることもできず、
立ち尽くす、そんなことはあってはならないと思います。
習得すれば、家族でも行える吸引を、介護のプロたる介護福祉士が
救急救命の一手段として行えない、それは現状のとんでもない矛盾だと
わたしは思っています。

まず注射など、わかりやすく医療行為なものは
説明を省かせていただきまして・・
わたしの地元では、おおざっぱに言うと、
「利用者さんの体に出し入れするのは医療行為」
とみなしているラインがあるようです。

つまり:座薬の挿入、浣腸の挿入は医療行為。用手摘便も医療行為。
    しかし、他にどうしようもない場合、浣腸・座薬の挿入について、
    在宅では「介護者に手を添える」という名目でOKしてる施設もあります。
    苦しいですが、現場の事情としては仕方ないと思います。
微妙なもの:耳掃除・鼻掃除は微妙ですが、やる人と消極的な人がいらっしゃる。      やっても見える部分だけ。これは施設によるようです。
     :内服薬の介助はOKだけど、薬箱へのセッティング
      (曜日・朝昼晩ごとの)はやらない。これは「与薬管理」に
      あたると「医療行為」だという考えということで、わたしも
      理解できます。

しかし、必要としている人にとっては「吸引」も「経管栄養」も
生活行為です。それを現実の必要性のほうがないがしろにされ、
これらの「医療行為」が必要な方々の受け入れ先が非常に狭められている、
介護者が倒れようが、家庭崩壊しようが、「法律だからサクション(吸引)の必要な人はうちでは(建前上)受け入れられないです」という施設も、地域も、日本にはたくさんあります。何が医療か、生活行為か、いう見直しを危急に専門家には行って欲しいと、切に願っている一人であります。
すみません、長くなりました。
    • good
    • 0

 旧厚生省でも、危険度の低い医療行為については、介護士にも認める方向で検討がすすんでいるようです。


なお
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive …
http://www.morimoto-sr.ac/deloffice/99/04/25.htm …
http://www.jvnf.or.jp/katsudo/soudan/Q&A/k_hoken …

参考URL:http://www.welfareinfo.com/news/news/0004/09medi …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q免許の無い助手の医療行為について

ちょっとどうかなー、と思った事が有るので質問します。保健師助産師看護師法 31条に看護師でない者は
医療行為を行ってはならない。ただし、医師法、歯科医師法で定める行為は除く。と有るのですが、これは看護師免許が無くても医師の指示なら医療行為をしても良いという事ですか?実際、クリニック等で看護師の方が薬の調合をしてますが、行為は違いますが同じ
ように捉えてみると医師の指示で免許のない助手の人
が医療行為をしても良い様に捉えてしまいます。いかがですか。

Aベストアンサー

見当違いの話ならば、ごめんなさい。

「医療的ケア」ってご存じですか?
免許のない者が、医師の許で、研修を受けてから行われる医療行為です。(実際には吸引・吸入などの簡単なモノだけですが・・・)

実際、薬の調合まで医師が免許のない助手に任せるかは、疑問ですが・・・

Q介護職ですが、介護福祉士 資格あったほういいですか? 国は本気で介護福祉士増やす気ある?

今後、介護の人数は増えていくし
安定してるし

特養とか、ハローワークで検索すると
介護福祉士の資格をもった人 でないと
面接できないことが多いようで・・・

介護福祉士実務者研修
10万くらいお金かかるし
今後、資格 入手する人すくなくなるのでは?

国は、介護福祉士を増やしたいのでしょうか?・・・

特養は、おむつ交換はきつそうですが
給与がボーナス年4ヶ月分くらい くるのでしょうか?

ショートステイは、入所、退所が面倒で
色々、人の入れ替わりが面倒です

Aベストアンサー

もちろんあった方が就職には有利ですし、ケアマネを取る際にも実質必須となっています。
が、増やす気を国が持ってるかどうかについては疑問ですね。
むしろ増やしたいのは外国人ばかりで介護福祉士は増やしたくないんじゃないか?と思う改正ばかりです。

Q医療行為の範囲(視力検査)と判例、あなたの判断は?

 眼鏡店で視力検査をして眼鏡をいつもつくっていましたが、眼科医会のHP  
 http://www.gankaikai.or.jp/health/11/09.html

 などそれは医療行為であるとしています。しかし、実際には多くの眼鏡店が普通に検査しています。

そこでいくつかの疑問があります。判例や専門家の方の判断はもちろん私と同じような法律を学ぶ学生のかたの判断をお聞かせください。ちなみに教授は「グレーゾーンだから答えは出てこない」とのことでした。

1,近視とか乱視ということが医療行為なのか
2,視力を計ることが医療行為なのか
3,たとえば白内障かもしれないから医者へ行きなさいとか病名を口にするから医療行為なのか
4、そもそも処方箋以外の眼鏡作成が違法行為なのか

 眼科医の方や眼鏡店の方とくにアドバイスお願いします。HPや参考文献等の情報も待ってます。

 医師法の17条だけでははっきりしませんでした。

Aベストアンサー

タダの素人が検索しただけですので,そのお積りで参考にして,御自分で良くお考え下さい。

 チョット古いですが,下記の通知を御覧下さい。

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFSNO=766&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=6
  検眼行為について

『眼鏡店において、非医師が、検眼機を使用して検眼を行う場合・・・(中略)・・・医師法第十七条・・・(中略)・・・違反を構成するものと解せられる。』

『なお、検眼について非医師の行い得る範囲は、眼鏡の需要者が自己の眼に適当な眼鏡を選択する場合の補助等人体に害を及ぼすおそれが殆んどない程度に止るべきであり、通常の検眼器等を用いて度数の測定を行うが如きは、許されないものと思料する。』

 どの様な検眼の仕方をするかが問題なようです。どこまでが『人体に害を及ぼすおそれが殆んどない程度』かの判断は難しそうですね。その意味では,教授がおっしゃる「グレーゾーンだから答えは出てこない」となるのかもしれません。

 なお,同じ事ですが,こちらも参考になるかもしれません。

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFSNO=294&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=4
  検眼の広告及びその行為について

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFSNO=780&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=3
  検眼器設置による眼鏡の販売について

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8c%9f%8a%e1&EFSNO=784&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=1
  コンタクトレンズの取扱について

参考URL:http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFS

タダの素人が検索しただけですので,そのお積りで参考にして,御自分で良くお考え下さい。

 チョット古いですが,下記の通知を御覧下さい。

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFSNO=766&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=6
  検眼行為について

『眼鏡店において、非医師が、検眼機を使用して検眼を行う場合・・・(中略)・・・医師法第十七条・・・(中略)・・・違反を構成するものと解せられる。』

『なお、...続きを読む

Q'06 介護福祉士でないと介護ができないそうですが

私の奥さんからの質問です。
代理UPですが、皆様よろしくお願いします。

-------------------------
1級ヘルパーを受講中です。オプションでガイドヘルパー(全身と視覚)とホームヘルパー(精神部門)の受講を予定してます。
'06からホームヘルパーは介護ができなくなり、介護福祉士が在宅介護等をするようになるそうですが、上記の講座を受講する必要(受講する意味)があるでしょうか?
また、来年4月で実働3年になります。介護福祉士の受験を計画しています。独学で受験資格があるのでしょうか?

Aベストアンサー

数日前??に「在宅や施設で働く介護職員を、将来的に国家資格の介護福祉士に統一する」と厚生労働省の方針が示されたようです。
今のホームヘルパーから介護福祉士への資格習得に向けて、2006年度中に介護保険制度の中に介護福祉士とヘルパーの中間に当たる新たな資格が導入される予定だそうです。そして、この新資格を今後(一定期間後に)介護職員の就業用件とする方針だそうです。
今お友達は一級の習得を目指しており、来年には介護福祉士の受験資格ができるのですね。
来年度中に介護福祉士資格を習得することをおすすめします。もし2-3年内に合格できなかった場合、2006年度以降は、一定期間内に新資格の認定(研修・受講程度だそうですがもしかしたらかなりの時間数の設定になるかも)を受けなければなりませんから、より時間がかかりそうです。
まぁ、一級ヘルパーなら新資格認定の為の受講は一部免除などの措置があるかもしれません。
まだ不明な点が多いですよね(^^; 今のガイドヘルパーなどの資格が今後の新資格にどのように繁栄されるかは私にはわかりません。

とはいっても、今現在受講中のお友達には費用も時間もかかっているし、ましてやオプションの選択は思案の事と思います。お友達の職場ではガイドヘルパーなどに対する評価はどうなのでしょうか??
私には、あまりおすすめの資格には・・・とても専門性を維持できている資格には思えません。
ガイドなどの資格で具体的な賃金アップがあるなら取ればいいでしょう。また、学びたいという意欲が強ければ、今後資格として役立つかどうかは別として、知識として得るものも多いと思います。ただ、学んだことを実践でいかせず忘れるくらいなら、取らなくてもいいのでは??

介護福祉士ですが、独学(最低限の本は必要)でも合格可能です。
でも心配なら、受験講座を申し込んでもいいかもしれませんね。

数日前??に「在宅や施設で働く介護職員を、将来的に国家資格の介護福祉士に統一する」と厚生労働省の方針が示されたようです。
今のホームヘルパーから介護福祉士への資格習得に向けて、2006年度中に介護保険制度の中に介護福祉士とヘルパーの中間に当たる新たな資格が導入される予定だそうです。そして、この新資格を今後(一定期間後に)介護職員の就業用件とする方針だそうです。
今お友達は一級の習得を目指しており、来年には介護福祉士の受験資格ができるのですね。
来年度中に介護福祉士資格を習得するこ...続きを読む

Qヘルパーの医療行為

ヘルパーの医療行為

ヘルパーの人は、医療行為をする事もあると聞いたのですが本当ですか?

実際、どんな事をするのですか?

Aベストアンサー

禁止されているけどあるにはある。
でもそれは施設などでどこまで容認されているかにもよると思うから、一概には言えないと思う。
看護師がやるのは当然だけど、看護師が手が離せないとか急ぐとか、これくらいなら自分で出来るなんて時はやる事もある。

Q訪問介護で、3年勤めると介護福祉士の受験資格は得られますか?

ホームヘルパー2級を所持している場合、
施設や病院で3年勤めると、受験資格が得られたと思うのですが、訪問介護の場合も同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

出来るようですが、注釈があるようですので、次のアドレスの内容をよく確認してみてください。

厚生労働省 介護福祉士受験資格
介護福祉士国家試験の施行
http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/25.html

「5 受験資格」のところのカとケとテに該当するところがあるようですので、確認してみてください。

Q「医師法でいう医業」と「医療行為」は業(なりわい)として行うかどうかで違うのではないですか

 医師法第17条にある、医師でしかできない「医業」というのは、なりわいとして行う医療行為であって、単にボランティアでアドバイスをするといった医療行為は、この条文でいう医業にあたらないと思うのですが、法律的な解釈はどうなっているのでしょうか。
 たとえば、風邪をひいて熱がある人に、「薬を飲んで休養しなさい」というのは、広い意味では医療行為かもしれませんが、その対価をもらっていなければ、業としては行っておらず、医業にはあたらないように考えます。
 ところが、なんとか治療院として、医師やその他の資格、免許を持っていないにもかかわらず、治療して、治療費を受け取っていましたら、業として行っていることから、「医業」にあたり、取締りにはなると考えます。
 そうでなければ、民間療法として、たとえば、おばあさんの知恵といったものまで禁止され、非常に生きにくい社会になってしまいます。
 職業としての医師の身分を保証した条文なのはわかりますが、業(なりわい)としていない、単なるアドバイスとしての「医療行為」までは禁止した法律ではないと考えますが、いかがでしょうか。

 医師法第17条にある、医師でしかできない「医業」というのは、なりわいとして行う医療行為であって、単にボランティアでアドバイスをするといった医療行為は、この条文でいう医業にあたらないと思うのですが、法律的な解釈はどうなっているのでしょうか。
 たとえば、風邪をひいて熱がある人に、「薬を飲んで休養しなさい」というのは、広い意味では医療行為かもしれませんが、その対価をもらっていなければ、業としては行っておらず、医業にはあたらないように考えます。
 ところが、なんとか治療院とし...続きを読む

Aベストアンサー

 医療カテゴリで「専門家って何」のご質問でNO.7とNO.22でお答えさせていただいた者です。
 私は、かつて医療行政に関わっておりました。もう、その立場からは離れておりますので、一匿名者の個人的な意見としてお聞き下さいませんでしょうか。
 医師法は、NO.3でお答えされている方のとおり、その立法主旨は、「国民の生命・健康に危険のある行為を禁止すること」にあり、違法行為の取り締まりを目的とする意味合いの強い法律です。
 医師以外の医業を禁止するとともに、医師の業務も義務付けられており、ともに、罰則規定が設けられています。

 匿名の元で行われる医療行為は医業に該当するかについては、その判断は恐らく内閣法制局も、現段階では下せないのではないでしょうか。その責任の所在があいまいなこと、特定できないことという理由から推測します。当事者に責任能力があるか、(能力という言葉は不適切かもしれませんが)ということですね。

 しかし、この医療相談により、医療過誤という問題が起こったときは、匿名性などに規制という枠組みをはめようとする議論が、今までの医事法制の流れから、起こることは予見できると思われます。取り越し苦労かもしれませんが、そのようなことは起こって欲しくないことに加えて、何よりも、回答者様には立法主旨を是非ご理解の上、ご回答していただくよう重ねてお願いしたく書きこみました。

 私は、このサイトが好きで、合間にのぞかせてもらっています。他の擬似サイトに比べると、はるかに質が高いように思います。ぜひ、よき方向にご質問者様、ご回答者様、運営者様のもと、このサイトが発展されることを心からお祈りします。

 回答になっていないので、申し訳ないのですが、アドバイスにチェックしてしまいました。

 最後に、ddiibb様、また、最初に回答させていただいたkuaaina様、発言の機会を与えて頂いてありがとうございました。また、一部ひんしゅくを買った記述がもしありましたら、どうぞご容赦下さい。決して批判したり、非難するつもりで書きこんだことではないことをどうぞご理解くださいませ。

 

 医療カテゴリで「専門家って何」のご質問でNO.7とNO.22でお答えさせていただいた者です。
 私は、かつて医療行政に関わっておりました。もう、その立場からは離れておりますので、一匿名者の個人的な意見としてお聞き下さいませんでしょうか。
 医師法は、NO.3でお答えされている方のとおり、その立法主旨は、「国民の生命・健康に危険のある行為を禁止すること」にあり、違法行為の取り締まりを目的とする意味合いの強い法律です。
 医師以外の医業を禁止するとともに、医師の業務も義務付...続きを読む

Q私はデイサービスで管理者、相談員、介護を兼務しています。1日の業務の流れとしては午前中は介護業務にあ

私はデイサービスで管理者、相談員、介護を兼務しています。1日の業務の流れとしては午前中は介護業務にあたり食事介助、午後はオムツ交換後にやっとパソコン作業に取り掛かる事が出来ます。パソコン業務が出来る時間は2時間半程ですが作業中に問題や相談事があればそれについて話し合いを持ったり、又介護現場で危険はないかと気を配り相談員業務が集中する事が出来ません。同じ様な環境の方のアドバイスを頂きたいです。

Aベストアンサー

私の職場も同じです。なのに残業を減らせと言われます。何処の職場も一緒なんですね。なので介護スタッフがオールマイティーになれる様に研修を強化しています。

Q介護職員の医療行為

介護職員の「ある行為」が医療行為かどうか確認するには、どの機関(役所関係等)に問い合わせればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

老健でケアマネしています。

介護職員の医療行為かどうかの確認ですか。
この場合は、その行為が法的に問題があるかどうか、を知りたいのだと思います。

介護保険施設の場合は、保健所から監査が入りまして、そこで問題があれば指導が入ります。
つまり、その行為に問題があるかどうかを判断できるのは、そこ、ということになります。

ですから、私が貴方であれば、該当地域の保健所に電話で問い合わせします。
もっと、はっきりと知りたいのであれば、都道府県の保健福祉部に電話して確認します。

病院等に電話をしても、その行為が医療行為かどうか、そこそこの医師や看護師の個人的見解を聞くだけになるので、あまり意味がないと思います。
グループホームであれば、管轄は市などの役所ですから、そこの福祉課などの管轄の部署に聞きます。

参考までに。

Q介護職→介護職への転職

いつもお世話になっております。

介護職から介護職への転職の場合、施設のやり方や利用者が変わるからまた一から仕事を覚え直しでしょうか?

また、例えば介護職歴数年の新人と介護職歴数ヵ月の新人ではやはり前者の方が飲み込みが早く即戦力と見なされるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

覚え直しは全てではありませんが、施設ごとに本当にやり方が違うため、多くは覚え直しになるでしょう。
ダメな施設の場合、一人ひとりでやり方が違っていて、新人に教えるのでも全員が違うことを言ったりします。
きちんとした施設の場合、やり方は統一されているでしょうけど、細かい所まで合わせるように指導されます。
どちらも大変です。

お書きになった例えでいうと、経験年数よりも向き・不向きが大きいです。
本当の新人でも、向いている人はどんどん覚えて任せられるようになるし、何年やっても覚えられない人もいます。
不真面目でサボったり手を抜く人もいれば、真面目で素直で誰からも信頼される人もいます。
大体やり方を知らなくても、今までと違っていても、ジェット機を操縦するほど複雑な仕事じゃありません。
毎日やっていれば誰でも出来るようになるレベルの仕事です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報