『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

FINAが2005年に策定したルールでは「生地の表面に明かな加工をしてはいけない」という制限が設けられている。国内3社は「禁止」と受け止めた。

参考先:http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0805/29/news …

というホームページを見ました。
スピード社と国内3社で、なぜ解釈の違いが生まれたのでしょうか?
また、政治的な問題もあると言われている面もありますが、この表面加工に関するルールの原文を読みたいのですが、教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

昨日見たニュースだと、その後2007年の11月に、


「生地を一体成型するなどした場合は表面加工と見なさない。」
という一文が追加されたそうです。
(スピード社は、それ以前から開発を行なっていたそうですが。)

国内メーカーは、その規約変更に敏感に反応できず、出遅れた、情報戦に負けたって事だそうです。

FINA(多分)のロゴの入った分厚いハンドブックが参考写真に出てました。


同様の事として、スキージャンプのスーツについても、ヨーロッパの選手が使っていたスーツに対し、日本が遅れをとったと言う事例が紹介されていました。
見た目、股の間がムササビ?ローライズジーンズ?っぽくなって、いかにも風に乗りそうでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いろいろ問題になっているみたいですが、日本選手が活躍することを期待したいです。

お礼日時:2008/06/15 14:19

http://www.fina.org/project/index.php?option=com …

国際水泳連盟(FINA)のサイトです。
ルールについてはサイトに掲載されておらず、おそらくここにある
FINAハンドブック2005-2009に掲載されていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/06/15 14:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング