この間、通行のじゃまになるとかで木の枝を切除しているのを見掛けました。
その切除された部分を含めて木は何らかの形で部分修復(ないし再生)をするのでしょうか?
そうだとすると、どのようしてそれが起るのか知りたいです。
詳しい方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

傷害応答機構についてはMiJunさんが研究事例を紹介されていますが、詳しくは判っておりません。



現象的な面で解説しましょう。
樹木の茎が切断されると、切断面の細胞が機械的に死に、水分の蒸発を抑制します。
 次ぎに古い細胞の集まりである木部では、切断面に隣接する細胞複数層が傷害応答機構により枯死し硬い防護壁を作ります。
 一方、比較的新しい細胞のある形成層付近では細胞分裂が盛んになり、非組織的なカルス(癒傷組織)が形成されます。カルスは傷口全体を覆うように発達し、表面に近い部分はコルク化して外気から内部を守ります。カルスは未分化の細胞塊ですが、いずれこの中に維管束等も発達してきます。
 次ぎに、切り口の先にこれまで存在した生長点が摘除されたことにより、頂芽優性の原則に従って、傷口の直下から新しい芽を伸ばそうとします。この場合、傷口よりも下に、以前から存在していた芽が勢いよく伸びてくる場合、休眠していた芽が活動を開始する場合、形成層又はカルス組織に新しい芽(不定芽)が形成されて伸長を開始する場合の3種類があります。
 草本の場合は、中心部まで細胞が新しいので、断面のほぼ全面からカルス化してくることもあります。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
難解でしたが、何となく理解できました。
気が枯れないですんでいるメカニズムが分かった気がします。

お礼日時:2001/02/21 19:55

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「農業生物資源研究所ニュース;No.45 (1996.07)」

更に、
http://www.affrc.go.jp/seika/data_niar/h07/abr95 …
(傷シグナル伝達に関与するMAPキナーゼ)
「組換えタバコ」の例ですが・・・?
http://ss.cc.affrc.go.jp/tbh/news11/211.html
(美しい花を咲かせて)
==================================
損傷の場合には、損傷抵抗性(リグニン化面積を最小限に止めるなど)を増強するためのジャスモン酸が植物体内に生成されます.
=================================
http://www.bioweb.ne.jp/content/kyouritu/tan9704 …
(蛋白質 核酸 酵素)


補足お願いします。

参考URL:http://www.google.com/search?q=cache:ss.abr.affr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも調べていただきありがとうございます。
素人なもので、専門的な文章は少し敬遠されるのですが、
参考にしたいと思います

お礼日時:2001/02/21 19:58

あまり詳しくないのですが、切られた部分は、樹皮に包まれてきます。

これにあわせて、切られた側(周囲)から新しく枝が生えてきます。(さすがにトカゲの尻尾のようには、再生しません)
樹皮で包まれた切り口は、『こぶ』のようになりますし、処理を上手く行わないと、そこから腐朽菌(樹木を腐らせてしまう菌)が入って、その木自体枯れてしまうこともあるようです。
新しく生えてくる枝は、同じように生えるのではなく、数本が一度に生えて来ると思います。
どうして起こるのかというのは、きっと、樹木が、光合成で必要な栄養分を作り出しているため、必要な樹量(葉の量)を確保するためだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。木も病気になるというのは初耳です。
ただ切るだけでなくて色々工夫されてるんですね。

お礼日時:2001/02/21 19:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q花の咲かなかった木の剪定時期

4月に樹高が2mほどのエゴノキを植えました。
そろそろ花のつぼみが付いても良い時期だと思うのですが、
そのような気配が全くありません。
木自体は大変元気で若葉がどんどん伸びてきています。
花が咲き終わった直後以降に剪定をすると花芽を切ってしまう
ので、翌年は花が咲かないと聞きましたが、購入時に樹形が
大変良かったので(それを気に入って購入したのですが)、
販売直前に剪定がされたと想像しています。
このまま、今年は花が咲かない場合、来年の花芽の事を考える
と、やはり花の時期直後の6月頃に剪定をすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

エゴノキは、自然に樹形が整うタイプの樹で、あまり剪定を必要としません。
おっしゃるとおり、花芽の形成時期は花後の7~8月ですが、
徒長枝には花芽がつかず、太短いガッシリとした枝の先につきます。
そのため、一般には真冬(1~3月)に(花芽がないことを確認しながら、)
込み合ったところや、樹形を乱している枝を切ります。

http://www.nararinshi.pref.nara.jp/gumoku/e.html
http://www.san.town.sonobe.kyoto.jp/bio/baio/qa75.htm

参考URL:http://www.san.town.sonobe.kyoto.jp/bio/baio/qa75.htm

Q木の枝の先端にあるゴミっぽい塊について

風や雨が強かった翌日にクスノキの木の下に,小枝や葉でできた塊がたくさん落ちていて不思議に思っていました。
落ちていたその塊を蹴ったりしても容易に崩れることはなく,何かで接着されているように感じました。
同じものがクスノキの枝の先端にたくさんあるのが確認できました。(おそらく風雨に耐えたもの)
クスノキの木の上で葉や枝が集まって自然にできるようなものではないと思います。

いまのところ,クモの類?の生物の巣が風雨で落ちたのだと考えているのですが,その生物の正体を知りたいのです。
もし,生物由来でない場合はこの塊の出来る原因を教えてください。

場所は名古屋近郊の平地で,特別な環境でもなく
気候は名古屋と似ていると思います。

Aベストアンサー

くもの糸が絡まっているよりは毛虫の類の巣の後と考えるのが妥当かなと思います。高いところのくもは枝の先端に固まるような巣は張りません。
蛾、アメリカシロヒトリなどは集団でくもの巣状の塊を作ります。
暖かくなったら夏くらいまで観察をしてみると答えが分るかもしれませんよ。

Q柿とイチジクの木の剪定の可否と時期

柿とイチジクの秋苗を先週買ってきたので、今週末に庭植えを考えています。スペースが狭いので、成長したら剪定して丈を170cmくらいに押さえたいのですが、可能でしょうか。また剪定可能な場合、剪定は秋しかできないのでしょうか。

Aベストアンサー

柿は前年の枝に翌年新しい枝を伸ばし結実する物ですから、翌年が当たり年でも裏年でも剪定した枝には結実しません。柿は隔年結実樹ですので剪定する場合は一度に全体を剪定するのではなく毎年質の良い果樹が均等に結実するように枝を透かす様に剪定して下さい。
イチジクの剪定時期は12月~2月頃が良いと思います。

イチジクの育て方
http://www.komeri.com/howto/html/01950.html
こんなに小さ果樹でも生ってます。
http://plaza.rakuten.co.jp/kaju38/diary/200608100000/
イチジクの増殖は鹿沼土、赤玉土、富士砂、堆肥等を混合し、排水、保水性の有る土壌に3月~4月頃に挿して下さい。
http://www.yamaen.co.jp/plantsguide/pb-info-sim.asp?kensakumoji=354
イチジクの害虫はスミチオン乳剤等で対処して下さい
http://www.h.chiba-u.jp/soudan/kajyu/ichijiku.htm
イチジクの冬期収穫栽培で着果を促進するための枝管理法
http://www.affrc.go.jp/seika/data_kanto/h16/04/16_04_16.html
イチジク
http://www.pref.shiga.jp/minakuchi-pbo/nogyo/itijiku/itijiku.htm

柿は前年の枝に翌年新しい枝を伸ばし結実する物ですから、翌年が当たり年でも裏年でも剪定した枝には結実しません。柿は隔年結実樹ですので剪定する場合は一度に全体を剪定するのではなく毎年質の良い果樹が均等に結実するように枝を透かす様に剪定して下さい。
イチジクの剪定時期は12月~2月頃が良いと思います。

イチジクの育て方
http://www.komeri.com/howto/html/01950.html
こんなに小さ果樹でも生ってます。
http://plaza.rakuten.co.jp/kaju38/diary/200608100000/
イチジクの増殖は鹿沼土、赤玉...続きを読む

Q木の枝からぶら下がっているこの物体はナニ?

静岡県東部にある取引先企業を訪ねた折、奇妙な物体を見つけました。その企業の駐車場は楓やヒノキ、松などの木に囲まれています。帰ろうとふと車の近くで上を見上げたところ、こんなものを見つけたので撮影しました。

楓の枝からぶら下がっています。まるで編んだような篭状の形です。タテ8cm、横4-5cm程度で枝には細い糸のようなもので繋がっていますが、風で揺れます。横には縦に長い入口状の穴があります。その穴の幅は2cm程です。。

その会社の従業員が数名通りかかったので撮影した写真をデジカメのモニターで見てもらい、実物も見上げてもらいましたが、「初めてこんなものを見ました」とのことです。

当地は標高600m、かなり自然豊かで鹿、イノシシ、ウサギ、キツツキもいます。

これがぶら下がっている場所は午後になると陽が当たります。鳥の巣なら親鳥の糞がいくつも地面に落ちているはずなんですが、それらしきものは見当たりませんでした。また鳥の巣だとすると入口の幅や物体の大きさからして、その鳥はかなり小型のものと思えます。

思い当たる方、どうか教えて下さい、

Aベストアンサー

 メジロの巣に間違いありません。
メジロの巣は,茂る葉の間に隠れて作られます。
古巣で,巣が放棄された後,楓の枝が伸びてしまい,巣が,落下寸前の状況になっています。
緑で太い楓は今年伸びたものですから,メジロの家族が住んでいた頃は,目に付かないように葉で隠されていたのです。

メジロの巣は,地面から2メートル前後か,それ以下の比較的低い灌木の葉の茂み内にあります。

Q6月の木の剪定について。

剪定に関しては初心者です。近々知り合いの家に剪定の手伝いに行くことになりました。木はウメ、ソテツ、松、サカキ、カイヅカ、一応これだけの木が伸び放題になっていることから、これらの木から剪定することになりました。他にも常緑広葉樹があるみたいなのですが・・。剪定には時期的なものがあると聞きました。あまり強い剪定はこの時期は適していないようなので、徒長枝だけでも切ろうかなと思っています。6月の剪定は徒長枝だけを省くような剪定の仕方でよろしいのでしょうか?お答えいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

常緑樹は今くらいの時期が剪定に適しています。
落葉樹は冬の時期が適していますが、今くらいになると樹液の流れもある程度落ち着いてきていますので、おそらく問題ないと思います。
ただし、今の時期に強剪定すると、そこらじゅうから徒長枝が出て始末に負えなくなってしまいます。
剪定ばさみでバサバサ切るくらいなら問題ないですが、のこぎりで太い枝を落とすのは避けたほうが無難です。

Qバニラのような香りがする枝のような形をした木の実の名前を知りたいのです

バニラのような香りがする枝のような形をした木の実の名前を知りたいのです。
子供の頃近所に大きな木があって近燐のお兄さんがその家の塀の外に落ちた
木の実?の皮を削いで食べさせてくれた思い出があるのですが・・・たしかそれは
甘くてバニラのような香りがしたように記憶しています。その後その木は無くなって
その家の主も絶え、その木の実のことを尋ねるすべもありません。
ずーっと気になっているのでどなたかお分かりの方がいらっしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

枝のような形をした実と言うとケンポナシでしょうか。
http://www.okadanouen.com/zukan/kenponasi.html

Q剪定時期

木というよりも茎のような植物です。
これから花を咲かせるようです。
茂り過ぎるので剪定したいのですが、この植物を知る人は剪定すると枯れると言います。
しかし挿し木をすると容易に根付くとも言います。

そこで質問です。
一般的に、剪定すると枯れるような植物の剪定時期はいつごろでしょうか?

Aベストアンサー

すみません。外国の植物ですと経験がないので分かりません。
人間も傷を受けた時に何も手当や消毒をしないと、化膿してひどくなるのと同じです。
木の外皮も同じように内部を守ってやっています。もちろん手当をしなくても丈夫な木もあります。

<最高気温は28度、最低気温は7度くらいです。
はっきりした休眠時期はないのかもしれません。でも剪定するとしたら、できるだけあまり成長しない時期が良いと思います。
切った時に切り口から液体が流れ出る状態ですと難しいです。
専用の切り口保護剤が入手できなければ、木工ボンドでも良いです。切り口を外気に触れさせないことです。

剪定する時に、その幹の葉がある部分より上を切ります。剪定した時に葉または葉が出る部分が残っていませんと枯れる木は日本でも多くあります。

Q皮枝・筋枝について

神経のところを見ていて、皮枝・筋枝と言う言葉がでてきました。
どういう意味でしょうか。どなたか教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

末梢神経が本幹から分枝したものを『~枝』とよびます。筋肉に分布する枝を筋枝、皮膚に分布する枝を皮枝といいます。がんばってね。

Q庭木の剪定時期について

よろしくお願いいます。

庭木の剪定時期について、本などを読むといろいろ書いてありますが、内容が異なっていて良く分かりません。

大まかに言うと、11月か3月位が良さそうで、真冬は避けたほうが良いとあります。

だけど、一方では木が元気に活動している時のほうが切り口が早く直って良いとも書いています。
そうすると、剪定時期は初夏ではないかと思ってしまいます。

また、もみじはどの本にも注意が必要と有ります。
春先では、樹液が動き出しているので遅く、2月が良い。
あるいは、12月では遅く、落葉後すぐが良い。
あるいは、木が動き出して安定している初夏が良い。
と、さまざまです。

花芽を考慮する必要等あるでしょうが、

1.基本的な考え方として剪定時期はいつが良いのでしょうか?
2.またその理由はなぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

そうですね...。
1年ほど造園屋で修行していた者ですが、時期的にいつだとは断定できません。
はっきりいってプロの選定は一年中やってますからね。

mk1234さんが本で読んだことは間違いではないと思います。
色々な説があるのは樹木の種類や目的によって最適な時期が違うからです。
花を楽しむ木もあれば、樹形を整える木や腐りやすい木、樹液が垂れる木など様々です。
木の状態によっても変わってきます。元気がない木は負担のかかる時期や量はさけるべきです。

一年に一回プロに頼む人の多くは正月にきれいにしておきたいので11・12月が多いです。(松や常緑の木が多い庭)

花を楽しむ木であれば、花が咲いてから花芽がでる前に選定(刈込み)しないと花が少なくなったり咲かなくなったりします。

自分で行う場合は木によって変えるのが良いと思います。また、強選定でなければ基本的にいつでも良いと思いますので庭を見て気になる枝があったらそのつど切る程度であれば木の負担は軽くなります。

ちなみに植物の活動温度は7(5)~37℃といわれています。春先は休眠からさめて根が動き出し、水を吸い上げて新芽を出す時期で植物としては一番がんばっている時期なので負担はあまりかけないほうが良いです。

そうですね...。
1年ほど造園屋で修行していた者ですが、時期的にいつだとは断定できません。
はっきりいってプロの選定は一年中やってますからね。

mk1234さんが本で読んだことは間違いではないと思います。
色々な説があるのは樹木の種類や目的によって最適な時期が違うからです。
花を楽しむ木もあれば、樹形を整える木や腐りやすい木、樹液が垂れる木など様々です。
木の状態によっても変わってきます。元気がない木は負担のかかる時期や量はさけるべきです。

一年に一回プロに頼む人の...続きを読む

Qこの木なんの木・・・・名前も知らない木ですか・・・・

某電機メーカーのテレビCMで、「この木なんの木、気になる気になる 名前も知らない木ですか・・・」という歌が流れ、太い幹の周りにかなり幅広く枝を伸ばして、まるで巨大なビーチパラソルのような木が風に葉を揺らすシーンがあるのですが、あの木は実際はどんな名前で、どこにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

お答えします。
あのCMの舞台はハワイ、ホノルル郊外のモアナルア・ガーデンパークという公園です。
「モアナルア・ガーデンパーク」はハワイでも無名の普通の公園で、日本人以外の観光客はまずきません。
あの木は「モンキーポッド」別名「アメリカネム」と呼ばれる木です。かなり大きいですよ、幅が40mくらいありました。
実は、「モンキーポッド」は別にそんなに珍しい木ではないんです。アメリカ軍の陸軍基地にはたいてい植えてあります。というのも、あの木の傘のような形状から、かつては上空から見えないようにあの下に戦車を隠すためにさかんに植えたらしいのです。
ご参考になりましたでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報