QAコラム第01弾配信中!

トランスのコアで、「EE」とか「EI」といった言葉がありますが、
どのような意味なのでしょう?

また、フライバックトランスとはどのような特徴をもったトランスなのでしょうか?

電気技術者の方でお分かりになる方は教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Sailorさんの回答に補足します。



小型変圧器積層鉄心(薄い鉄板を積み重ねて作る鉄心)の種類としてはEI, EE, UI型が良く使われます。これらは鉄心の形状からつけられた名称です。

フライバックトランスとは、テレビの受像機に使用されているトランスで、水平走査線の帰線(フライバック)時間を利用して高圧(数万V)を発生させる為に考案されたトランスです。
高圧部の電流は少ない(1mA?)のですが、扱っている周波数が比較的高い(15.75KHz~数10KHz)ためフェライト鉄心を使用しているケースがほとんどです。
    • good
    • 0

回答はでているようですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?



これらのサイト以外にも検索すると各社のスペックがHITします。

ご参考まで。

参考URL:http://www.toho-zinc.co.jp/jp/products/electroni … http://www.fdk.co.jp/cyber-j/se05-j/se05.html
    • good
    • 0

積層型鉄心についてはすでにお二人が回答されていますが、


下記のURLに写真が載っています。
このような形にするのは、コイルと鉄心を別々に作って
組み立てでトランスを作るためです。
本当は鉄心は一体で作った方がいいのですが。
薄い珪素鋼板を重ねますので、例えばIとEを交互に互い違いに
重ねることで、磁気抵抗を減らすことができます。

参考URL:http://www.wombat.or.jp/ikedamfg/
    • good
    • 0

コアのEIとかEEとはコアを形成するパーツの形状からついた名前EIとはボビンに巻いたコイルをE型をしたコアに差込み残りの1辺をI型のコアで塞ぎ閉磁路を形成しEEコアではコイルの両端からE型のコアを向き合わせるように差し込むタイプです。



フライバックトランスの件ですが、これはスイッチング電源の一種のフライバック回路に用いられるトランスと言う意味ではないでしょうか?トランス自体の区別ではなく用途による呼び名ではないでしょうか?特徴としてはトランスコア内にエアギャップがあるものが多い、一次巻線と二次巻線の極性が逆、程度しか思いつきません。用途としては一番有名なのがテレビのアノードキャップに高電圧を供給するトランスでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコアのギャップについて

高電圧トランスのコアにギャップを入れる事は、どの様な効果があるのでしょうか?
飽和しにくく、一定のインダクタンスが得られるとは思うのですが、その他にも効果があるのでしょうか?

当方、あまり磁気学は詳しくありません。やさしい回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>当方、あまり磁気学は詳しくありません。
トランスのコアにギャップを入れる質問をされている時点ですでにだいぶ詳しいと思いますが (^^;

高電圧トランスというより、高周波トランス全般ですね。
ギャップの役割は、おっしゃるとおり磁気飽和を防ぎ、AL値を一定化させ、一定のインダクタンスが得られるようにすることです。

特に高電圧トランスの場合AL値が高いと1次巻き線の巻数が極端に下がり、製造に支障をきたすため、ギャップは重要な役割となります。

EIコアではPETフィルムをはさむなどしてスペーサギャップをつけますが、生産性が悪いのでEEコア、ERコアなどではセンタコアを削ってギャップを作るほうが多く、一見するとギャップがないように見えます。

Qトロイダルトランスの作り方

トロイダルトランスで困っております。
必要となるトランスが売っていないため自分で
トランスを作りたいのですが正直皆目よくわかりません。

作りたいのは1次に10Vrms500mA
      2次に50Vrms100mAを出力される
トランスを作りたいです。

まずよくわからないのが巻き方です。
巻数は計算により出てきますが巻き方の方式とかあるのでしょうか?
バイファラ巻とかネットを見るとあるのですが
この場合どのようにまくのでしょうか?
留意点、よい資料等あったら教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

巻き方以前に、トロイダルコアに使う材料とサイズを教えてください。資料 [1] にTDKのトロイダルコアのカタログがありますが、この中のどれに該当するのでしょうか。材料とサイズによって巻き数や線径が異なります(そのサイズと材料では実現が難しいということもあります)。コア材の飽和磁束密度や温度上昇、結合係数などを考えると、設計は結構大変です。私はトランスの専門家でないのですが、2次側に整流・平滑回路があるときの設計はかなり難しいようです。

結合係数を良くするには巻き方が重要になります。結合係数を大きくする巻き方は資料 [2] にあります。本サイト(OK Wave/教えてGoo)でも、過去にトランス設計の質問 [3] があります。

[1] TDKのトロイダルコア http://www.tdk.co.jp/tjfx01/ferrite.htm
[2] 結合を良くするコイルの巻き方 http://www1.ocn.ne.jp/~pulse/ketugou.html
[3] http://oshiete1.goo.ne.jp/qa471813.html

巻き方以前に、トロイダルコアに使う材料とサイズを教えてください。資料 [1] にTDKのトロイダルコアのカタログがありますが、この中のどれに該当するのでしょうか。材料とサイズによって巻き数や線径が異なります(そのサイズと材料では実現が難しいということもあります)。コア材の飽和磁束密度や温度上昇、結合係数などを考えると、設計は結構大変です。私はトランスの専門家でないのですが、2次側に整流・平滑回路があるときの設計はかなり難しいようです。

結合係数を良くするには巻き方が重要になりま...続きを読む

QフェライトコアのAL-valueとは?

私は現在フェライトの勉強をしています。
特性のグラフを見るときに「AL-value」単位:[nH/N2]
という値が出てきたのですが,これが何を表しているのかが
よく分からなくて困っています。調べてもよく分からなかったので,
ここで質問させていただきました。

詳しい方がおられたらお願いいたします。

Aベストアンサー

フェライトとは直接関係有りませんが
スイッチング電源のトランスを設計するときに重要なパラメータの一つです。
トランスのコア材の AL値×巻数^2 が巻線のインダクタンスとなります。
スイッチング電源トランスを設計する場合,コアボリューム(コアの実効体積:実際の体積ではない)に対し損失が少なく,巻線の抵抗損失が少なく,トータルの損失ができるだけ少なくなるように設計します。
同じコアサイズでギャップゼロ(磁路に隙間がない状態)のAL値がカタログ等に記載されていますが,スイッチング電源(特にフライバック式)を設計する場合磁路にギャップ(隙間)を設け,AL値を調整します。
尚,同じコアでもギャップゼロの場合は許容できる(コアが磁気飽和しない)NI値(巻数×電流)は小さくてもギャップを大きくす事でNI値も大きくとれます。
これら事を考慮してスイッチング電源のトランスを設計します。
詳しい説明は専門書を参照してください。又,コアメーカーに問い合わせると良いと思います。
もしスイッチング電源のトランスに関することで有れば,電源ICメーカーPower Integrationsのサイトに役立つ情報が有ると思います。

フェライトとは直接関係有りませんが
スイッチング電源のトランスを設計するときに重要なパラメータの一つです。
トランスのコア材の AL値×巻数^2 が巻線のインダクタンスとなります。
スイッチング電源トランスを設計する場合,コアボリューム(コアの実効体積:実際の体積ではない)に対し損失が少なく,巻線の抵抗損失が少なく,トータルの損失ができるだけ少なくなるように設計します。
同じコアサイズでギャップゼロ(磁路に隙間がない状態)のAL値がカタログ等に記載されていますが,スイッチング電源...続きを読む

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q±4σに入る確率について教えてください

ウィキペディアの検索より、
確率変数XがN( μ, σ2)に従う時、平均 μ からのずれがσ以下の範囲にXが含まれる確率は68.26%、2σ以下だと95.44%、さらに3σだと99.74%となる。
と分かりました。

そこで
4σ、


の場合確率はどうなるか教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Excel で NORMDIST を使い、平均 50、標準偏差 10 (いわゆる偏差値)で計算してみましたら、次のようになりました。

 σ 0.682689492137086
2σ 0.954499736103641
3σ 0.997300203936740
4σ 0.999936657516326
5σ 0.999999426696856
6σ 0.999999998026825
7σ 0.999999999997440
8σ 0.999999999999999
9σ 1.000000000000000

Excelの関数の精度がどの程度のものか分かりませんが、9σで100%になりました。

Q抵抗の1/2W、1/4Wの違いについて

 クルマのLED工作で抵抗を使おうと思っています。

 その時 抵抗には、〇Ω以外にも
1/2W、1/4W等の規格があるのですが、よくわかりません
調べてみたところ<電力消費>という
キーワードが分かりましたが他がサッパリ・・・・

・例えば (+)1/4W 430Ω LED (-)という場合
抵抗を 1/2W 430Ωでは、ダメなのですよね?
 1/2Wの場合 〇Ωになるのでしょうか?

・また、1/2W、1/4Wは、単純に大きさ(太さ、長さ)で
判別がつくのでしょうか?

Aベストアンサー

抵抗が焼ききれずに使用できる or 性能を保証できる電力です。

例えば1kΩの抵抗に24Vの電圧を与えると、抵抗はP=V*I=(V^2)/R=0.576Wの電力を熱として消費します。
1/2W抵抗は0.5Wまでしか持たないので1W抵抗を使用することになります。
一瞬でも定格を越えるとダメなので、通常は余裕を持って考えます。

>・例えば (+)1/4W 430Ω LED (-)という場合
>抵抗を 1/2W 430Ωでは、ダメなのですよね?

定格を満たしているため問題ありません。

>・また、1/2W、1/4Wは、単純に大きさ(太さ、長さ)で
>判別がつくのでしょうか?

大抵の場合大きさで分かります。長さも太さも違います。
同一シリーズであれば確実にワット数の大きいほうがサイズがでかいです。
(1/2W>1/4W)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1314083328

Q銅線の許容電流が分からず困っております。

銅線の許容電流について

コイルに使用する銅線の許容電流値が分からず困っております。

直径0.8mmの銅線に10Aの電流を流すことは可能でしょうか?
銅線の被膜はポリウレタンです。
また電流は長時間連続して流れる事はなく、0.1秒間隔で流れます。

盤屋さんの技術講座
http://www9.plala.or.jp/c-hokuto/page28.html

上のサイトを見る限り、直径0.8mmの電線は断面積0.503mm^2となるので
流せるだろうと思ったのですが、
このサイトでは「碍子引き ビニル電線の許容電流」と書かれており
私が使用するポリウレタン被膜の電線にこの許容電流値を適用して良いものか悩んでいるところです。


どなたか教えては頂けませんか?

ちなみに使用する銅線は
RSコンポーネンツ社の
http://jp.rs-online.com/web/p/hookup-equipment-wire/0357772/
となっております。

Aベストアンサー

結論から言います。
焼損して使い物になりません。

こちらをご覧ください。
http://www.oyaide.com/catalog/products/p-1036.html
銅線自体の抵抗はどのメーカでもほとんど変わりませんので
上記の一覧から、0.8mmは34.3Ω/km(0.0343Ω/m)と
なります。
0.1秒間隔で10A(印加電圧を方形波とすれば平均5A)、
銅線長6mとのことですから相抵抗=6×0.0343=0.2058、
発熱容量はI^2Rから
5^2×0.2058=5.145W
となります。
5Wの発熱量とはどれほどのものかわかりますか?
抵抗で5Wのものを検索してみてください。
ホウロウびきのとてつもなくごっついものが出てくると思います。

銅線抵抗を1ケタ以上下げるべきです。


人気Q&Aランキング